「ほっ」と。キャンペーン

映画/『マグニフィセント・セブン』

c0184546_1262534.jpg

ここ数日、寝る・食う・働くに通勤とドラマ視聴だけという、必要最低限のことしかしてません。今は身も心もカツカツ。

さて、元になった「七人の侍」もオリジナル版の「荒野の七人」も見ていない人ですが、出演者に惹かれて見に行ってきました。実はすごく楽しみにしていた。クリス・プラット見るの久々だから~。

西部劇はほとんど見たことないのですが、まあ、とにかく7人がカッコイイことカッコイイこと。様々なタイプの“カッコイイ”男達が大集合です。縁もゆかりもない男達が弱き者のために立ち上がり卑劣な悪党を倒すという超シンプルなストーリーは勿論ですが、「あなたはどのタイプがお好き?」な女子的(?)邪目線も楽しめるのです。

ワタシの一推しは、断然クリス・プラット演じる陽気なギャンブラーのファラデーですが、やっぱり絶対的リーダーの賞金稼ぎサム@デンゼル・ワシントンもいいし、繊細な天才スナイパー“死の天使”グッドナイト@イーサン・ホークもいい。そして、グッドナイトの寡黙な相棒で暗殺者のビリー@イ・ボョンホンは、グッドナイトとの間にある海より深い?信頼関係がとてもステキ。妄想心を大いに刺激されました(〃▽〃)。サムとグッドナイトのお互いを認め合っている昔馴染みの関係も良かった。
ビョンホンさん、他の作品では感じなかったけど、カウボーイスタイルになると細い腰が強調されて、妙に色気があってセクシーでした。クリスさんがお茶目で可愛いアイドル的存在ならば、ビョンホンさんはセクシー担当だな。やけにエロかったな~。

ハンターのホーン@ヴィンセント・ドノフリオは、見る度にサンタもしくはドワーフ度がどんどん上がっていくような気が…。森のくまさん状態。声も記憶にあるのと違ってビックリしました。あれは役作りなんだろうか…?アクション作品に出て動くイメージがない役者さんなので、ちょっと不思議な気分でした。

あとは、流れ者メキシカン・カウボーイ(テキシコ)のバスケスと、先住民の戦士レッドハーベスト。7人の男達は職業も人種も多様なのですが、その当時東洋人のカウボーイていたのかしら?なんて疑問も。

ワタシは見慣れないせいか、全員集合するまでの旅シーンがちょっと長いというかテンポが緩くて中だるみ感を感じてしまいましたが、終盤の対決シーンで吹き飛びました。

対決シーンは結構長かった気がします。まあ、それが作品のメインですしね。簡単には片付きません。だって、7人vs軍隊並みの人数だもの。どうやって人数の差を埋めるのか?と、ハラハラしつつワクワクしました。敵が卑怯であればあるほど、決着の時が楽しみなわけで。でもね、後から後から湧いてくるのよ、敵が。そんなにいた?!てくらい。あの時代でマシンガン的な武器(トリンガーだっけ?)は反則よね~。エマも頑張って戦ってました。

7人とエマ達の敵ボーグは、可愛い顔しておでこが広いピーター・サースガード。ワタシは、「エスター」や「グリーン・ランタン」などで馴染みのある役者さん。童顔&華奢過ぎて残酷な暴君には見えない気がするけど、見た目ギャップ狙いか?!
7人の依頼主となるエマは、とてもタフで芯の強く、美人でナイスバディ。ついつい胸元に目がいってしまう(^^;)オヤジか。あれ、よく敵から目付けられなかったよなー。演じているヘイリー・ベネットは今注目の若手女優さんだそうで。第二のジェニファー・ローレンスと言われているのだとか。

そんなエマの旦那は、弱腰な住民の中で1人立ち上がる正義感溢れる勇敢な男でマット・ボマーが演じてました。美男美女カップルなわけですね。エマの助っ人探しの旅にお供する青年テディQもイケメンさん。エマ、逆ハーレム状態。見向きもしないけど。

対決シーンでは7人それぞれ見せ場があったけど、メインどころは最期の見せ場も用意されてました。それがまたカッコイイんだ。キャラの個性が活かされてる。7人のキャラと関係性が良かったな、すごく。
サムは決して善人てわけじゃないけど、過去に2人の妹を亡くしていた(生きていたらエマくらいだったらしい)…とか。ファラデーは女に目がなくて、サムに借りがあって、テキシコ人と軽口叩き合って…とか。グッドナイトは“死の天使”と呼ばれるほどの英雄なのに、実は心に深い傷を抱えていた…とか。そんなグッドナイトにビリーは最期まで一緒…とか。
バランス良く描かれていたけど、欲を言えばもう少し彼らのことを知りたかったな~という気もしてます。まあ、そこは妄想膨らませて勝手に楽しみますけどね!

多種多様なカウボーイ達を楽しめた作品でした。ストーリーがシンプルな分、役者さんを堪能できた印象です。イキオイでパンフ買っちゃった。
[PR]

# by norarican | 2017-02-16 23:26 | 映画 | Trackback | Comments(0)

映画/『ザ・コンサルタント』

c0184546_101382.jpg

公開を楽しみにしていたので、早めに見に行ってきました。

小さな事務所で働く会計士のクリスチャンは、ある日不明な会計を経理に指摘されたという大企業から監査のための財務調査の依頼を受ける。
指摘した経理の女性デイナと交流しつつ、膨大な資料を元に調査していたクリスチャンは巧妙に隠くされた不正に気付くが、調査は突然一方的に打ち切られてしまう。その直後から命を狙われるようになり、やがてデイナにも危険が及ぶことを知り、彼女を救うために悪党退治へと乗り出す…なお話。

ここに、クリスチャンが裏で各国の危険な組織の会計士を務めていると疑い、捜査を始めるFBI捜査官2名の話が絡んできます。

「昼は会計士、夜は暗殺者」という宣伝から、“実はすごいんです”系のギャップの差を楽しむ痛快アクションをイメージしそうですが、自閉症な主人公のこれまでの人生(いかにして今の彼が作られたか)(彼は何者なのか)が描かれた作品だなと思ったです。
数字に強い経理の可憐な女性を抹殺しようとする悪党を退治するので、痛快アクションな部分も勿論あるのですが、クリスチャン(と家族)についてメインに描かれていたような気がします。

あと、彼を知る引退間近のFBI捜査官についても。FBI捜査官の人生については、若干「ここまで描く必要はあるのかな…?」と思わなくもないですが、J.K.シモンズなのでOKです。

ワタシね、たぶんベン・アフレックの演技、すごく好きなんだと思います。あの無表情な中にある感情を読み取るのが好きというか。探るのが好きなのかも。で、勝手に妄想して楽しむ、みたいな。

ストーリーも悪党を退治するという最終目的があるものの、ちょいちょい断片的な回想が出てくるので、その回想が意味するものは何なのか、真の悪党は誰なのか、FBI捜査官の回想にはどんな意味があるのか、クリスチャンの家族はどうしてるのか、などの様々な疑問があり、どんな展開になっていくのか、ずっとワクワクしながら見てました。
FBI捜査官達もクリスチャンの裏稼業を暴くために追うのかと思ったら違っていたし、シンプルかと思ったらなかなか複雑に絡み合っていて、それでいて難し過ぎず、シンプルなところもあったりで、いい意味で予想を裏切られるので、先の展開が読めず、そんなところがワクワク要因だったのかもしれないです。
アクションがありつつも、クリスチャンを中心とする人間描写やドラマもあって、すごく面白かった。ベン・アフレックが良かったわー。今までになかった、“実はすごいんです”系の作品でした。楽しかったYO!!!(゚∀゚)

うっかり会社の不正を見つけてしまった経理女子デイナを演じるアナ・ケンドリックを始めは疎ましく思うも、数字を通して心を通わせる姿にちょっと萌えた。デイナが難解な数字の会話を理解してくれたことに喜んでたよ、クリスチャン。
登場した瞬間から、会計士なのに何故そんなマッチョなのさ、な疑問をずっと抱いていましたが、ストーリーの中で解決されました。

劇中に出て来る暗殺集団のボスをずっと「どこかで見たことあるな~」と思っていたけど、最後の最後で「ウォーキング・デッド」に出ていたシェーン(役)であることに気付いてスッキリしました。
あと、終盤になると色々なこと(回想の意味とかね)が繋がってくるんだけど、クリスチャンには正体不明の秘書がいるんですけども、彼女の正体がラストで明かされて、ちょっとビックリしました。でも、よくよく考えたらそうだよな~と。弟に関してもそうだったし。突然出て来るわけないもんね。
[PR]

# by norarican | 2017-02-03 21:59 | 映画 | Trackback | Comments(0)

Scorpion/スコーピオン/シーズン2 シーズンファイナル。

c0184546_036574.jpg

放送は随分前に終了してますが、S2見終わりましたー。て、実はとっくの昔に終わっていたのですが、まとめる時間がなくて今頃になってしまいました(^^;)。このドラマ25話まであるのね。
記憶を掘り起こしながら書いてますので、間違いがあったらごめんなさい。

※シーズンファイナルまでのネタバレ含みます!ご注意!!

ファイナルエピは、スコーピオンの創立メンバーで事件を起こして現在は精神科病院に収容中だったはずのマークが脱走しトビーを人質にしてチームに復讐する話でした。
クリフハンガーになるかとヒヤヒヤしましたが、事件自体は1話の中で完結してるので安心してください。クリフハンガーなのは、ウォルター&ペイジとトビー&ハッピーの恋愛模様の方でした。それぞれの恋の結末は次シーズンまで持ち越し~。

今シーズンはチームの恋愛模様の他に、たった1人の理解者だった姉を失ったウォルターの心境の変化、スライの成長などがありました。

まずスライ。愛するメーガンが亡くなった後は、自分の頭脳を活かして亡き妻のための慈善事業の資金集めに奔走する一方で、父親(軍人)から仕事の依頼があったり、任務で刑務所に潜入したりなどを経て、人として男として、ちょっとだけ成長したように思います。ホントにちょっとだけ(笑)。
あと、ラルフと仲良しな場面が増え、ラルフのプレゼンに付き添ったり、ペイジがラルフを預けるようになったりしました。

続いて、トビー&ハッピーのカップル。気持ちが通じ合った後は、結構仲良くやっていたように見えましたが、シーズンファイナルのラストでトビーがハッピーにプロポーズしたら、まさかの「できない」で、その理由が「もう結婚してる」でした。なんとなくそんな気がしていたのは、どこかで出て来たからなのか、他のドラマと混同してるのか…?チームのメンバー全員知らなかったようだけど、何故か元創立メンバーのマークはどうも知っていたっぽい。
トビーは気持ちを隠さないので、彼の方が愛情が強いのかと思ったら、ハッピーがトビーへの愛情を見せる場面(本人がいない所が多い)がちょいちょいあり、「なんだハッピーもトビーが好きなんじゃん」なんて思っていたのですよね。でも、今ひとつ踏み出せないというか、線を引いているような気がしたのは、それが理由だったのでしょうかね。意外と(?)複雑な恋愛だったのね。
 

もう少しつづく。
[PR]

# by norarican | 2017-02-02 23:36 | 【スーパードラマTV】 | Trackback | Comments(0)

ナイトシフト 真夜中の救命医/シーズン3 視聴始めてます。

c0184546_173366.jpg

ホントにすっかりのんびり更新になってしまってます(^^;)。おまけに、なんだかPCの調子も悪いし…。

前シーズンの終盤の話をしないまま新シーズンが始まってしまいました(^^;)。なので、ちょっとだけ前シーズンファイナルら辺のおさらい。

※S2終盤~S3序盤のネタバレ含みます!ご注意!!

S2終盤、トファーが心臓病の恩人を助けるためにアフガン(かなりの危険地帯)入りし、トファーが心配なTCも同行。
その少し前にジョーダンの妊娠が発覚して、ようやく2人が幸せになれると思った矢先のアフガン同行で、ジョーダンは止めなかったけど(止めても無駄だから)本心では行って欲しくなかった。当たり前だよね。
だけど、TCの方はジョーダンは反対しなかった=賛成してくれたと思っていて、お互い相手が一番大切な存在だけど、心が微妙にすれ違ったまま、TCはアフガンへ。
アフガンでは敵に襲撃されながらも恩人を救うために尽力するトファーとTC。TCは無事に帰国したらジョーダンにプロポーズしようと指輪を用意していました。

その頃、病院周辺では無差別の狙撃犯が出現して医療関係者が慌ただしく対応する中、ジョーダンが脳卒中?で突然倒れてしまい、母子共に危険な状態。スコットはジョーダンの強い希望で母子共に助けられるように頑張ってくれたけど、彼女の容体が悪化したため、止むを得ず母体を優先し、子供は諦めざるを得ませんでした。

ファイナルエピでは、TCも帰国してジョーダンに付き添っていて、子供を失った悲しみを一緒にわかちあっていたけど、うっかりジョーダンに話を聞かれた流れでプロポーズするのですが…。
「今はその時じゃない!」て思ったのはワタシだけでしょうか?まあね、TCはジョーダンに聞かれたから正直に言ったまでで、変に隠したら余計にこじれてしまうかもしれない。彼女の信頼を失ってしまうかもしれない。それでも…、やっぱ違うと思うんだよなあ…。

ジョーダンの返事はいかに?!というところでS2は終了。彼女の答えはS3に持ちこされたわけですが…。

S3序盤ネタバレあり!
[PR]

# by norarican | 2017-01-25 01:05 | 【WOWOW】 | Trackback | Comments(0)

オーメン/シーズン1 視聴してみました。

c0184546_155132.jpg

平日も休日も予定がいっぱいでなかなかPCに向かう時間が取れなくて、DMメールがものすごい数になってました(^^;)。

さて、今年最初のドラマ感想は、昨年のクリスマスイヴの深夜からクリスマスの朝にかけて一挙放送(全10話)された「オーメン」(原題:DAMIAN)。レギュラー放送はこれからのようです。

ホラー映画「オーメン」のドラマ版で、主人公はもちろんダミアン。映画の方は、母の影響で子供の頃に見た記憶があるのですが、この映画で「一見事故に見える奇怪なことは、実は悪魔の仕業」というのを知り、かなり衝撃を受けた覚えがあります。中でも、トラックの荷台に載っていたガラスが滑り落ちて、ダミアンに不都合な人間が命を落とすというシーンは未だに忘れられません。
あと、ダミアンの正体を知る神父が落雷によって折れた十字架だか避雷針だかで串刺しになる、とかも覚えてるけど…。あれはホントに「オーメン」だったかな?(^^;)。とにかく、純粋な悪の恐ろしさと悪魔の無敵さを感じた作品でした。

まあ、そんなこんなで馴染みがある作品なのと、悪魔の子ダミアンがドラマの主人公て何するの?と興味があったので視聴することに。さすがに10話一気に見る時間はなくて、半分くらいまで見たとこです。ちなみに、このドラマ、S1で終了です(^^;)。

主演のブラッドリー・ジェームズは、「魔術師マーリン」でアーサー王を演じていた英国俳優さんだそうです。ワタシは見たことないので分かりませんでしたが(^^;)。

ドラマは、映画のその後のダミアンを描いていて、映画のストーリーがダミアンの過去として時折フラッシュバックで出て来ます。「オーメン」シリーズのどこまでが引き継がれているのか分からないですけど(1作目は確実)で、両親が亡くなった後は、大統領夫妻(当時)に引き取られたらしいけど、寄宿舎に入り学校を転々としていたようなことも言っていて、詳細は不明。でも、かなり成長した&普通に生活していたダミアンが主人公なので、映画を見ていなくても大丈夫だと思う。たぶん。

※中盤までのネタバレ含みます!ご注意!!

ダミアンは、戦場カメラマンとして国外を飛び回り、仕事をしていて仲間もいて恋人(元カノだけど)もいる普通の人間として長いこと生活していた様子。でも、本人は常に自分の上に暗い雲が広がっているのを感じていたとか(それが原因でカノジョと別れた)。
そして、30歳の誕生日に仕事先の戦地で血の洗礼を受けたのをきっかけに、ダミアンの周りで不可解な死を遂げる人達が続出し始める…という話。

死者はすべて、ダミアンと何らかの関わりや繋がりがある人物(直接関係のない人物含む)で、ダミアンにとって都合の悪い人物。良い人悪い人問わず。
本人は自分が何者であるか、あまり分かっていない様子なので、しばらく悪魔的なこととは無縁の生活をしていたのかな?でも、寄宿舎では同級生にかなり酷いことしていて、悪魔の片鱗がまだ残っていたようだから、大人になるにつれて鳴りを潜めた…とか?
現在は、線路に落ちた子供を助けたり、元カノの身の安全を考えて別れたりしてたから、普通の人間の感覚は持ち合わせているぽい。
 

ネタバレ含みの続き。
[PR]

# by norarican | 2017-01-17 23:54 | 【FOX/FOX CRIME】 | Trackback | Comments(0)