視聴中の海外ドラマや鑑賞した映画(洋画多し)について思ったこと感じたことをひっそりつぶやくところ。時々妄想。予告なしでネタバレしてるのでご注意。

by norarican
XML | ATOM

skin by excite

CHUCK/視聴中。

11月?12月?からスーパードラマTVで始まった『CHUCK/チャック』を見てるんですけど、なかなか面白くて結構毎週の放送を楽しみにしております。スパイアクションだけどコメディなので見やすいし楽しいです。

主人公のチャックはいわゆるPCオタク。でも暗い感じではなくて純粋で家族や友達思いの心優しい青年で、みんなに愛されているので見ててちょっとほっこりします。特にきれいなお姉さんがチャックをとても大事にしてて、いつも弟のことを心配していて、どんな時でも味方でいてくれるのがいいです。それでいて干渉し過ぎずチャックの意思を尊重してくれる。
お姉さんはチャックの親代わりで母親は幼い頃に家を出て父親は他界。あれ、逆だったかも。まあ、とにかく姉弟2人で支えあって生きてきたわけです。片親が出て行った日を「私達が自分の力で生きることを覚えた記念日」として祝ってるくらいポジティブ。2人の絆の深さが伺えます。
スパイアクション的な部分も面白いんだけど、個人的にはお姉さんや親友とのほのぼのとしたホームドラマ要素の部分が結構好き。

チャックは元々いいとこの大学(ケンブリッジとかハーバードとかそんなとこ)に通ってたほど優秀だったけど、同級生のブライスに彼女を取られたあげく退学に追い込まれ(ちょっとこの辺うろ覚え)、今は地元のスーパーでPCトラブル対応の社員として働き、彼女もおらず親友のモーガンとゲームしたりなサエない毎日を送っておりました。
モーガンも部署は違うけど同じスーパーで働いてるんですけど、この親友のモーガンてのがまた色々と騒動を引き起こすやっかい者で。もちろん彼女なしでちょっとうっとおしい面もあったりするんだけど(オタクのイメージは彼の方が強いかも)憎めないキャラクター。

で、チャックを大学から追い出した同級生ってのが実はCIAのエージェントになってて、CIAとNSA(国家安全保障局)が共有している国家機密が入ったホストマシンを破壊しデータをチャックに送った張本人。
チャックは彼から送られたメールを開いて頭の中に国家機密がインプットされてしまったんですが、ブライスがホストマシンを破壊した今チャックがCIAとFBIのホストマシン代わりというわけです。しかし、マシンのように都合良くデータが取り出せないところがミソ。チャック本人の意思と関係ないところで機密情報をじゃんじゃん思い出したりして事件に巻き込まれていきます。「今すれ違った人、国外の工作員だよ!」とか「あの人、マフィアに雇われてるプロの殺し屋だ!」とか。

そんなわけで、チャック=機密情報を守るべくCIAとNSAIからエージェントが派遣されてくるんですが、CIAのエージェントてのがブライスの元相棒で彼女だったという女性(サラ)。NSAのエージェントは体格のいいケイシーという男性。
サラはチャックの彼女として、ケーシーは同じ職場で働く同僚として素性を偽り、チャックを守りつつ毎回起こる様々な国家レベルの事件をチャックの頭の中の機密情報を元に3人で協力して解決して行くというお話。
国家レベルと言ってもそう深刻な話ではないんですけど。チャイニーズマフィアに偶然出くわすとかテロリストの資金源の元を絶つとか国賓参加のパーティーに仕掛けられている爆弾を解除するとか、そういうレベル。

チャックはサラに惹かれてるけど、サラはCIAなので任務が最重要かつ最優先。あくまでも任務としてそばにいるわけだけど、心なしかチャックの人柄に惹かれてる様子。でもブライスのこともあるし機密データのこともあるしで、自分の気持ちだけではどうにもならない状況下で2人の関係が発展するのかしないのか!?なところもまた面白いです。

しかし、ブライスが選んだ相手がなぜチャックだったのか。そもそも、なぜブライスはホストマシンを破壊したのか。などの細かい謎があるんですが、それは今後明かされるのか明かされないのか。それも楽しみです。
Tags:# 
■  [PR]
by norarican | 2010-01-19 01:16 | 【スーパードラマTV】 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://norabunke.exblog.jp/tb/13521153
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。