WHITE COLLAR/シーズン1 第6話まで。

最近ワタシが毎週放送が楽しみなドラマのひとつです。S1は全部で14話、現在S3まで製作が決定してるらしいです。なるべく間あけずにS2も放送して欲しいなー、て今から気の早いこと思ってます。


前回のエピは、著名な作家の高価な絵画が個人宅から盗まれた事件を捜査する一方で、ニールはケイト探しも継続。ケイトは謎好きな女性ということで、最後の面会時にモールス信号でヒントのありかを教えたり、ヒントとなるワインボトルのラベルにあぶり出しの地図を残してみたり、地図に残された場所に残した別れの手紙に場所と時間が暗号で書かれていたりで、ニールと一緒にちょっとした宝探しの気分が味わえます。
そして、ようやくケイトと再会。電話での会話でしたが無事な姿も確認。しかし、ケイトはニールの所有している物品のありかを聞き出そうとして、「それを渡せば戻れる」と言うが、ニールは「それだけは出来ない」と拒否。ケイトは再び姿を消してしまいます。ケイトは誰かに指示されているような様子なんですが…。鍵は監視カメラに映っていた“指輪の男”が握っている…?

これは次のエピで分かるのですが、どうもニールが所有してる物の中に目当ての物があって、ニールは知らずに持っているっぽいです。重要な国家機密的なものが隠されていたりするのかな…?

そして、絵画盗難事件の方でちょっとピーターとニールに気持ちのすれ違いが…。
ピーターはニールは詐欺師だから全面的に信用できないけど、1人の人間としてはニールを信じたいと思ってるし、自分を信用して欲しいと思ってる気がするんですよね。自分だけは騙して欲しくないというか。
ニールはニールでピーターのことを尊敬しているけど、ケイト探しのことを内緒にしているので、ケイトのことが絡むとどうしてもピーターに嘘をつかなくてはならなくなる。そこにちょっとしたズレが生じてしまうんですよね…。

でまあ、絵画事件で使用した10万ドルをニールがわけあって隠してしまい、後にそのことはピーターに正直に告白するんですけど、ピーターはちょっとショック受けたみたいです。たしかにピーターの胸中は複雑ですよね…。

で、このわだかまりが次のエピに多少なりとも続くわけです。



6話では、潜入捜査官が行方不明になり、ニールの過去の偽称を利用してチャイナタウンを牛耳るチャイニーズマフィアと接触させ潜入捜査することになりました。ここでもまたケイトと“指輪の男”が絡み、独断で行動しようとするニールなんですが、ピーターの方が1枚上手。
ニールがそういう行動に出るのはケイト絡みだとピーターも分かってるので、ニールがちゃんと事情をしてくれさえいればピーターはニールの自由にさせてくれると思うんですよね。ニールを守りたいって気持ちもあるだろうし。
エリザベスはそんなピーターとニールの仲を取り持ったりで、でしゃばらない感がいいです。ほどよく2人に関わってアドバイスして、ピーターはもちろんニールも頼ってるみたいだし。

他にもピーターに「パートナー」て言われてちょっと嬉しそうなニールだったり、中国人の少女になぜか懐かれるピーターだったり、ポールが可愛い靴下履いていたり(もちろんエリザベスが買ってきた物)な場面があって、やっぱ面白い。

そして、ラスト。ニールが今回関わった別組織の潜入捜査官から“指輪の男”の情報を得たのですが、名前までは分からないけど、なんとFBIの人間らしいです。自分の回りにケイトを連れ出した黒幕がいる!?なところで終わりました。
ああ、せっかくピーターと信頼関係を築けたと思ったのに…。またケイト絡みですれ違ってしまうのか?それともニールがピーターにすべてを話して2人で協力してケイトの居場所を突き止めるのか。

できればニールには後者を選択して欲しいけどなぁ…。
[PR]

by norarican | 2010-10-07 00:55 | WHITE COLLAR