NCIS/シーズン7 終盤~シーズンファイナルまで。

もうとっくに最新シーズンのシーズン8が放送されているというのに、今頃シーズン7の終盤~ファイナルまでを語ります。コツコツ視聴してますが、まだ最新エピまで追いついてません…。

うろ覚えの記憶で書いてるので違ってたらすみません。シーズン7終盤~8序盤を一気に見てるので、どこまでがシーズン7だったか曖昧で(^^;)。

シーズン7の終盤、アビーが科学捜査の講義かなにかでメキシコ政府関係者と知り合い、「ぜひメキシコで科学捜査の講義を」と依頼され引き受けたのをきっかけに、ギブスに強い恨みを持つベル大佐が不穏な動きをしたり、チームが担当した事件の被害者がメイシー捜査官(NCIS:LAのパイロットに登場)だったりで、一連のことはすべてギブスの秘密に繋がっていました…!で、すべての始まりは20年前にギブスがした事でした。

あ、そうだ。ギブスに色目使ってたハート弁護士も絡んでたわ。彼女のこと、すっかり忘れてた(笑)。弁護士は、何かとギブスに突っかかってギブスと会うのを楽しみにしてる様子だったのよね~。
今回もベル大佐の右腕つーか傭兵のディーンの会社の顧問だったと。彼女はベル大佐を敵視するのはギブスの感情論だ、みたいなこと言ってた(?)けど、自分の顧客達が凶悪犯罪者だった証拠を突きつけられて、現実を知り愕然としとったような…。
彼女は依頼人が本当に無実だと信じてたし、ギブスを心配していたから、攻撃的な態度をとっていたのだと思うんですけど、利益のために犯罪者を庇うのか、とか言われて、自尊心とかその辺傷つけられて心ポッキリ折れてて、何故か胸に爽快感が広がりました(笑)。ギブスのこと何も知らないのに、深入りしてほしくないわー。

そして、ギブスの過去に絡むといえばお馴染みのマイクが登場し、彼と彼の家族の安否を心配しメキシコに飛んだギブスが見たものは…。

焼失したマイクの家と周辺に倒れている男達(見るからに敵)、そして首なし死体の前でうずくまるギブスのこめかみに銃口が向けられた…ところで終わったのがファイナル前か。
ギブスはベル大佐の腹心?右腕?と目されていた人物を追ってメキシコに飛んだんだったか…?

少し前に遡って…。
アビーはマクギーと共にメキシコに行き、資料の中から実際に起きた未解決事件を題材に取り上げ、事件現場で学生達に講義していると、突然麻薬カルテル組織に囲まれてしまいました。現場は組織の縄張りだったようで、そこに許可無く侵入してしまったと。
交渉の末、未解決の狙撃事件を再検証する約束(被害者がカルテルの人間だった)で解放してもらい、アメリカに戻ってダッキーは掘り起こした被害者の遺体を検視、アビーは残された証拠を分析。
そして、2人はある事実に辿り着く…。



 
ネタバレすると、狙撃事件の被害者は麻薬の密売人で現カルテルの女ボス・パロマの父親。そして、ギブスの妻と娘の命を奪った人物。そこから導かれる答え……。それはギブスによる報復。
名スナイパーであるギブスが犯人をじっと待ち構える姿が描かれていました。

ギブスの行為は決して許されることではない。辿りついた答えに戸惑い迷うアビーに、ギブスは正しいことをしろと言う。そして、ギブスの言葉を受け止めたアビーは正しいことする。
この2人の関係がものすごく切なくてですね。色々妄想してしまうのです。

アビーは科学者として事実を曲げることは出来ない、でもそれはギブスを追い詰めることになる。自分の信念を守るか、自分の大好きな人を守るか。心が揺れたと思うのですよ。
でもギブスはアビーの中の答えを見透かしたように、「正しいと思うこと」をしろと。自分のためにアビー自身が後悔するようなことは欲しくないと願ったと思うのですよね。ギブスの中では報復に対する後悔はないから。どんな結果になろうと受け入れる覚悟は出来ていたんだと思う。ギブスが堂々としていて清々しかった。

ギブスもアビーもお互い傷つけたくないし、傷ついて欲しくないと思ってたと思うんだよねー。それと、告発されるならアビーにってギブスは思ってたような気がするー。妄想だけどー。

「ギブスならこう言うはず!」、「アビーならこうするはず!」というのが、ものすごく表現されていると思うし、このドラマのキャラクター設定の秀逸さや奥深さ、強さを感じた場面でした。キャラクターに迷いがなくて確立されてる。

で、この報復事件を捜査したのが「NCIS:LA」に登場したメイシー捜査官。彼女は最終的にギブスの報復行為に目を瞑り報告したらしいことがこれまでに描かれていて、そして今回、狙撃事件の関係者として犠牲となってしまったと。ギブスを罰しなかったことでカルテルの恨みを買ってしまった…のだとワタシは思ってるんだけどあってるかな?。

まさかスピンオフのパイロットエピでちょろっと出て来た話が、本家のシーズンファイナルに繋がっていくとは…!思いもしなかった。すげー。ホント、このドラマの脚本すげぇー。

でもってアビーのメキシコでの講義も実は裏があって、さらにはアビーに近づいたメキシコ政府関係者て奴にも実は裏があって、ベル大佐の動きにも裏があって、ベル大佐の右腕にも裏があって、布石すごすぎ。面白すぎ。そら視聴率№1とりますよ。取るでしょうよ。こんなに面白いんだもの。どんだけ布石ばらまいて回収しちまうんだ。

ということで、ファイナルではそれらの裏がすべて明かされて、パロマはギブスは殺さないけどギブスの周りの大切な人達を危険に晒すと脅し(その方が効果があると知ってる)、最後はパパの店にパロマが現れて、パパ逃げてー!全力で逃げてー!なところで終わったのか。

パロマ達は自分の父親を射殺した人物を漠然と予想していたけど、確証が欲しいのと軍関係への報告をギブスの仲間にさせることを望んでいた、ギブスから大切なものを奪うつもりだったってことでいいのかな。

メキシコでマイクの切断された指を見せられ、安否を心配していたギブスでしたが、もちろんマイクは無事でした。家族も。マイク不死身。
[PR]

by norarican | 2012-03-10 03:13 | NCIS