WHITE COLLAR/シーズン3 第5話(#35)まで。

このエピはすごく面白かったー(≧▽≦)。いい感じに力が抜けててコミカルでスマートで、このドラマらしいエピだったと思います。
ナチスのお宝に関することが出てこなくて、キャラクターの個性が出てて、何よりピーターとエリザベスが可愛い。最後にステキなオチまでついて、ホント面白かった。あまりにも楽しかったので2回見ました。

結婚後すぐに夫と死別している女性セリーナ(ニール曰く、女カマキリ)がNYにやって来たので調査することになったピーター班。金目当てかと思われたが、彼女は保険金は受け取っておらず遺産は慈善事業団体に寄付していた。関連性を探るため、セリーナが参加する予定の“大富豪独身男性オークション”に潜入することに。
立候補3人を募り、ニールは当然として、ボスの権限で強引にジョーンズに決め、残る1人は「結婚に向いてる」というニールの推薦でピーターに。決まった途端、エリザベスの心配をするピーターとニール。ピーターは分かるけど、ニールまでもが心配してくれて、2人のことをよく理解してるんだなーと。

2人がかりで説得し、渋々ながらも承諾するエリザベス。仕事とはいえピーターが女性達の機嫌を取ったり、競り落とされるのは、やはりいい気分がしない様子。可愛いよねー。
潜入はニールがメインで他の2人はおまけのつもりなので、ピーターが「僕なんか誰も相手にしないから大丈夫だよ」とエリザベスを安心させようと自虐的な言葉を並べていたら、「ちょっと待って。そんなことないわよ」てムッとしてて、例え本人でも愛するダーリンの悪口は聞き捨てならないようです(笑)。女性関係の仕事はいい気しないけど、ピーターの魅力が理解されないのはもっといい気がしない。とことん愛されてるピーター。

エリザベスからレッスンを受け、いざ本番。ニールは普段どおりだとセリーナが落札できない可能性があるので、彼女以外からは嫌われる作戦で。その結果…。
まあ、男性を騙したりする女性の場合、ニールみたいに女性慣れしてたり頭のキレる人は敬遠しますよね。扱いにくいのは面倒だし、時間もかかるでしょうから。ミイラとりがミイラになりかねないし。
案の定、ニールはセリーナだけでなく他の参加者にも嫌われ、値下げしても入札者がいない。不憫に思ったダイアナがディスカウント価格で落札。セリーナはピーターを気に入った様子で、歴代2番目の価格で落札。エリザベスも鼻高々でしたが…。



 
その後、情報を得るためにデートしなければならず、さらにはプロポーズすることになって、その度にエリザベスに事情を話して理解してもらうため努力するピータと、説得に付き合わされるニールがいいです。

監視のための機械を設置するためセリーナの家に行ったピーター。彼女に迫られてしどろもどろなピーターが危なっかしいのと同時に可笑しい。ニールが緊急の電話を入れて救出してあげるのですが、ピーターの窮地を悪ノリして楽しんだりしないで、すぐさま助けてあげるところがまたいいんですよね。
女性慣れしてないピーターをバカにしてない。あと、オークションで救ってくれたダイアナに手作り料理を差し入れたりとか。ダイアナも珍しく感激してたよ。友人や仲間に対してもおっとこ前なニール。カコイイわー(゜∀゜)

そして、近親者の情報を得るためエリザベスの提案で結婚式の打ち合わせをセッティング。プランナーはもちろんエリザベス。愛妻の前でセリーナと幸せいっぱいのカップルを演じるピーターは冷や汗ものでしょうね。
そこで、理想の結婚式について語るエリザベス。「私の時は、いつの間にか大きなイベントになってしまったの」と言い、「楽しめなかった?」と不安そうに聞くピーターに、「もちろん楽しかったわ。すっごく楽しかった。でも次にするなら2人きりのシンプルな式にするわ」と答えるエリザベス。このやり取り、2人がいかにお互いの気持ちを大事にしているかが伝わってきて好きです。

招待客の情報はあまり得られなかったものの、結婚の手続きに必要だからと書類の提出を依頼することに成功。その直後、ピーターは危うく車に撥ねられそうになるんですけど、もちろん大事には至らず、「私がいるから大丈夫」とセリーナに追い払われ心配そうに去って行くエリザベス。この件は、セリーナが「もしもの時の遺産の話」を自然かつ円滑にするために仕組まれたことだと気付くピーターとニール。

で、提出された書類から犯罪の構図が判明。書類を持ってきたセリーナの弁護士はニセ者で、オークションの司会者でした。2人は各地を転々としながらオークションを開催。金ヅルを見つけては、万が一に備えて慈善団体に多額の寄付をさせていたのですが、その慈善団体は入金されると消滅。保険金目当てでないと思わせれば疑われず、次の犯行も安心して出来るというわけです。

ニールの計画で、共犯者を死んだと思わせてセリーナに銀行から金を引き出させて、出金に気付いた共犯者と口論しているところを逮捕。事件は無事解決しましたが、潜入中に聞いたエリザベスのささやかな願いをピーターが放っておくはずもなく…。

ラストで、立会人にニール&サラ、神父役はモジーという、シンプルな結婚式のやり直し。んー、幸せそう。なごなごするー。ピーターとエリザベスが幸せそうだとこっちもHappy。この夫婦、ホント可愛くて好き。

あと、デートで突然セリーナが家に行きたいと言い出し、急遽ニールの部屋へ行くことになったピーター。ところが、ニールもサラと自宅デート中。寸前のところで気付いてニールとサラは隠し部屋からマジックミラーで監視(ピーターは知ってます)。
彼女から絵を描いてと強請られニールに「HELP ME!!」。ニールが隠し部屋でピーターの代わりに絵を描いていると、何も知らないモジーが登場。ピーターは慌てて、アシスタントとしてモジーを紹介。なんだか分からないけど話を合わせるモジー。さすがです。
その後、隠し部屋のニールから事情を聞いたモジーは、上手く立ち回りちゃっかりピーターからチップをせしめて退場していくのでした。タダでは協力しないよ、てことか(笑)。さすがだな。
[PR]

by norarican | 2012-07-09 01:16 | WHITE COLLAR