WHITE COLLAR/シーズン3 ファイナル16話まで(#44~46)。

c0184546_0273987.jpg

14話からシーズンファイナルの16話まで、まとめ語り。

※ネタバレです!

14話は、名器と呼ばれるヴァイオリンが消えた事件で、サラの上司?同僚?が担当していたことからサラの協力を得て捜査。事件解決後に、ニールとサラはヨリを戻す。
ニールはサラへの想いを捨てずにいたし、サラもニールが変わったことを肌で感じて、もう1度やり直す気になったようです。

15話は、ピーターの意外な過去が明らかに。ヤンキースタジアムに飾られているマニア垂涎のお宝ボールを狙う同業者に有名な人気泥棒テイラーが登場し、ニールとモジーが一味に潜入して阻止する内容。
テイラーを捕まえさせたくないけど減刑が掛かってるニールに頼まれて板ばさみになるモジーだったり、一味に入るためのテストのビリヤードでハスラー級の腕前を見せるニールが見れたりでした。玉を突くニールがセクシーだったお(〃▽〃)。
あと、ピーターががかつてマイナーリーグの選手だったけど肩の故障で引退し、FBIに入局したことが明かされました。ピーターの過去について、「なになに教えて教えて!アンタのこと知りたい~」とニールが尻尾を振っているように見えたのは、ワタシの目が濁ってるからだと思います。自覚はあります。

最後はテイラーからの報酬?でピーターの夢を叶えてあげるという粋なことをするニールなのでした。キャッチボールする2人はホント兄弟のよう。
ちなみに、この回はピーター役のティム・ディケイが監督した…んだと思う(オイ!)。

この2話では、今のニールにとって減刑や自由になることよりも、NYで友人に囲まれてピーターと一緒に事件を解決する生活がいかに大切で楽しいことであるかが描かれてました。ニールがイキイキとしてたYO!!!(゜∀゜)。
ピーターもニールを友人として信頼して、ニールはピーターが信頼してくれるのが嬉しくてたまらないって感じ(←たぶん妄想)。事件を1つ解決するごとにピーターから信頼というご褒美が貰えるのが嬉しくて、「僕、頑張る…!」と一生懸命なニールが可愛い(←これも妄想)。

しかし、同時に不安要素も発生していて…。ニールの減刑についてDCからピーターの恩師で芸術犯罪の専門家クレイマー捜査官が部下を引き連れてやってきて、水面下でニールの調査を開始。ピーターやダイアナ、ジョーンズなどに聴取したり揺さぶりをかけたり、ピーターに「犯罪者は変わらない」と自分の経験談を話したりで、どうやらクレイマーはニールの減刑には反対の模様。
そのうち、ニールがケイトに送った手紙に暗号が隠されていたとかで、クレイマー達は解読を急ぐ一方、ピーターはダイアナを介して捜査状況を入手し、対策を練ろうとするのですが…。

クレイマーはピーターとニールが必要以上に親しいことに懸念を感じていて、調査でニールの余罪が出てきたらピーターの立場も危なくなると再三ピーターに忠告。しかし、ニールを信じているピーターは、「ニールは変わった」と強く訴えるも、クレイマーは過去の経験から、犯罪者と友達になんかなれないし信用するなんてバカげてる、というのが持論のようで聞く耳持たず。

そして、シーズンファイナルの16話。いよいよニールの減刑について聴聞会が開かれる。ニール本人の面接の後、証人が呼ばれ審議が始まるのですが…。



 
ニールとモジーは証人リストにクレイマーの名前を発見し、一抹の不安を覚える。しかし、減刑がダメでもNYで暮らせればいいと楽観視するニールに対し、モジーはもっとマズイことが起こるかも?と心配する。

一方、クレイマーの動向をダイアナから探っていたピーターも不安を覚え、再度クレイマーと話をすることに。ニールの過去について、白状させるためにピーターは免責にしたけど、FBIとしては免責してないので、暗号文が解読されてニールの過去の犯罪が明らかになれば、刑務所に戻るだけでは済まない。減刑どころか、あと2年の刑期が場合によっては数十年延びる可能性があることをピーターは心配していたのですが、クレイマーの狙いはまさにそれだったようです。
でもニールの知識と能力は認めているので、ニールに甘いピーターから引き離してDCへ連れて行き、自分の厳しい監視下で刑期を終えるまでFBIで働かせようとしていたのでした。「死ぬまでこき使ってやる!」というのがクレイマーの本音。

そこで鍵になるのは、暗号文にありかが隠されているラファエロの絵画。もちろん盗品で保険担当のサラも追っていた品。ケイトに隠し場所を知らせていたらしいけど、それは今のニールからしてみれば昔の自分がしでかしたことで、とっとと過去を清算したいとサラにラファエロを渡そうとするニール。しかし、クレイマーの捜査の手は迫っていて、数時間後にラファエロがサラの元にあることを証明しなければ、マズイ状況(逮捕)に追い込まれてしまう。ニールは急いでラファエロの隠し場所へと向かう。

ニールが画を隠していたのは、警官だった父親のかつての同僚?の女性のもとでした。彼女は、証人保護プログラム対象者らしいのですが、どうやらニールを子供の頃から面倒見てくれていたみたいです。
ニールの父親は警官で(前に語られましたっけ?)、子供の頃は父親と同じ警官を目指していたのだとか。アカデミーまで行ったのかな?しかし、父親が汚職警官であること、死んだはずが生きていたことを知って止めたっぽいです。ちなみに母親も所在は不明だけど生きてるらしい。

画を取り戻しに行くとニールから連絡をもらい心配していたピーターは、ニールの居場所を突き止め出迎える。女性のことはモジーにも誰にも話していないらしく、ピーターにも語ろうとはしませんでしたが、いずれ明かされるのかな?父親の話が出て来たってことは、次シーズンでテーマになりそうな予感?!

ニールとピーターはサラの所へ行こうとするも、動きに気付いたクレイマーに待ち伏せされ、ニールは単独で引き返す。モジーの協力でサラのオフィス近辺までなんとか辿り着くが、クレイマーも先を読み周辺を包囲していた。

一方、ニールと別れたピーターはサラのオフィスへ行き、サラの上司?社長?をなにやら説得。ピーターとサラに説得されて上司は書類にサイン。そこへ絵画を手にしたニールが現れ、クレイマーはニールを逮捕すると言う。ようやくニールを逮捕できてご満悦のクレイマーだったが、サラの上司が現れニールに絵画の鑑定を依頼していたとクレイマーに告げる。書類を見せられ、憤慨しつつも引き下がるしかないクレイマー。
これによってニールがラファエロを持っていても何ら問題なし、保険会社も協力することでラファエロを証拠品として押収されずに済むし、保険金も払わずに済むというわけです。

最大の危機を回避し、聴聞会はピーターの証言とニール本人の面談を残すところだったのですが…。まんまと出し抜かれたクレイマーが簡単には引き下がるはずもなく。クレイマーは、連邦保安官?を引き連れ、ニールを軽犯罪で逮捕(=別件逮捕)するとピーターに告げる。

クレイマーの背後に聴聞会に来たニールの姿を見つけたピーター。ピーターとクレイマーの只ならぬ様子に気付き足を止めるニール。クレイマーを挟んでお互いしばらく見つめあい目で語り合った後、ピーターは小さく首を横に振り、それを見たニールは次の瞬間姿を消す。

そして、聴聞会でニールを高く評価しベタ褒めするピーターと平行して、飛行機に乗り込むニールの姿が。同行者はおそらくモジー。
実は、モジーはナチスの財宝をニールの取り分として半分残していたことを逃走を手伝った際に打ち明けていて、一緒に逃げようと最後の提案したのですが、友人や仲間がいるNYへの想いが強くなっていたニールが断るという場面がありまして。たぶん、それを資金にして2人で逃亡…ということかな?

16話では、ニールがNYに残れるなら他のことはどうでもいい的なことを再三言っていて、「うわー、これフラグ立ってるわー」なんて思っていたのですが、案の定、減刑どころかNYに残ることすら出来ない状況に追い込まれてしまうという顛末。
ていうか、連邦検事が頑張ったから減刑してあげてもいいよ?なんて言い出さなければ、クレイマーが来ることはなかったんですよ!あと2年我慢すれば自由になれたし、今のニールは足枷があっても全然気にならなくなってたのに!もう…!!

それにしても、クレイマー捜査官、FBI犯罪チームのボスともあろう人が、危険行為云々て小っさいことでニールを逮捕しようだなんて、なりふり構わなずな様がなんとも情けない。弟子のピーターは堂々とニールと頭脳戦で戦って逮捕したというのに…。ピーターも「いつから人が信じられなくなったんだ?!」て失望した様子だったしね。

今回の逃亡はピーターを裏切ってというわけではなく、追い込まれてやむを得ずの選択なんだけども、これでどうやってニールはNYに戻って来るのか?!すごい気になる~!!!シーズン4はいつですかー!!!
[PR]

by norarican | 2012-10-16 23:32 | WHITE COLLAR