ウェアハウス13/シーズン3 6話まで。

5話は、ジンクスがお休み。代わりに(?)ホログラムのウェルズが登場。ウェルズは「華麗なるペテン師」のステイシーで視聴が重なっていたので、しょっちゅう彼女を見てる気がする。

ウェルズが12番倉庫の捜査官だった時に関わった遺物が、現代に再び現れたらしい事件が発生。元々ウェルズが捜査官だった1800年代に宇宙ロケット?を製造したけど、動力源にしていた遺物(なんとかの角笛)を悪用されかかって、苦肉の策で宇宙に飛ばしたはずが、1960年代にロケットと共に地上に堕ちて来たらしいです。
角笛は、発する旋風?を受けると、物体は粉塵化して消滅してしまう、とても危険なもの。この時、担当したのが、以前ピートとマイカがタイムワープした時代の捜査官。彼らの報告書によると、遺物を回収しようとしたけど危険で近づけず、発砲したら繋がれていたロケットごと爆発して、捜索したけど角笛を発見することは出来なかった、とのこと。実はこの時、人知れず犠牲になった男性がいて、彼には妻と幼い息子がいたのでした。

ウェルズの登場に強い反発を見せ嫌味連発のピートでしたが、マイカは比較的彼女に友好的。マイカはウェルズに信頼を裏切られたけど、同じ女性として捜査官として、未だ共通するものを感じている模様?
ホログラムだし、彼女の協力が必要とアーティーに言われて3人は角笛捜索へ。その後、角笛の仕業と思われる事件が続々発生し、規模が次第に大きくなっていく。誰かが力を増幅していると気付き、やがて軌道の先に生命体がいる可能性の高い惑星があることが判明。何者かが角笛の力を使って惑星とコンタクトを取ろうとしていると考え、次の発動で4万人が集まる野球場が消滅の危機に。

ネタバレすると、犯人は角笛の暴走で父親を亡くした(表向きは行方不明)、あの幼い少年でした(今はもちろんおっさん)。彼は、父親が宇宙に連れ去られたと信じていて、捜査官の発砲で爆発した際、偶然角笛(捜査官の車に隠れてた)を手に入れ、父親を取り戻そうと力を増幅する機械を製作していたのでした。悲しみのあまり、自らの妄想にとりつかれてしまったわけですね。彼もまた遺物で人生を狂わされた1人。
同じく娘を亡くして遺物で世界を破滅しようとしていたウェルズが、彼を説得して発動を止めさせ、危機を回避。角笛は回収され、ウェルズは再び監獄へと戻って行くのでした。



 
6話は、「ユーリカ」とのクロスオーバーエピ、ファーゴ再び…でした。ちょっと趣向の変わったエピで面白かった。

クローディアの元にファーゴの友人から「助けて!」と連絡があり、ピートとマイカと共にファーゴの元へ駆けつける。ファーゴの友人が「ウォーキング・デッド」のグレンでした。
友人によると、ファーゴが開発したバーチャルゲームをテスト中に仮想現実から抜け出せなくなってしまったとのこと。ゲームをする前にお茶を飲んでいたファーゴ。そのお茶を入れたティーポットとティーカップが実は遺物でした(ファーゴは遺物と知っていて、その効果を利用した)(想像力を増幅するとかだったかな?)。

よりリアルに仮想現実の世界を楽しめるよう天才(?)ファーゴが開発したおかげで、ゲームの中で危険な目に遭えば、現実の自分も危険な目に遭う(最悪、死亡)という素晴らしい仕様のため、ピート達はファーゴと友達の救出に向かう。

ピートとクローディアがゲームの中へ、マイカは外から援護。通信装置は中と外で使えるらしいです。ということで、ゲームの中に入った2人は若干アニメがかった姿に。ちなみに、ピートは剣闘士で、クローディアがエルフ…だったかな。

ファーゴを救出後、マイカも加わり4人パーティーでゲームクリアを目指すものの、もう1人の恐怖心がプログラムに影響して四苦八苦。「カノジョにプロポーズしたいけど断られたらどうしよう」という恐怖心が魔女(カノジョ)を生み出してしまったのですが、勇気を出して魔女にプロポーズして全員脱出し一件落着。
またファーゴがやらかしたんだろうと思ったけど、今回はちょっと違いましたね。まあ、ファーゴが作った装置が高度過ぎたからってのもありますが。

一方、アーティーとジンクスは、ゴッホの絵画「嵐」が展示されている美術館の職員転落事件の調査に。それが、FBIのサリーからの連絡で、こりゃ何か企んでいる臭プンプン。展示されている絵画が嵐を巻き起こす遺物だと気付いたアーティーは、サリーには何も話さず一旦引き上げ、夜の美術館に忍び込み、絵画をすりかえようとした時、サリーが現れる。2人はなんとかサリーを誤魔化して絵をすり替えるが、サリーは警報機を鳴らし、その間に本物を持ち逃げしてしまう。
その後、2人の前に再びサリーが現れ、FBIでの調査だか手続きが必要だったとか何とか言って絵を渡す。サリーの言動がどうも腑に落ちないアーティーでしたが、渡された絵を持って倉庫に戻る。

ところが、倉庫に保管された絵画の中から小さな虫型?の機械が無数現れ、倉庫中を飛び回るヤバイ事態に。サリーが渡したんだから、倉庫にとってマズイ事が起きるのはたしか。遺物が危険に晒されるのでは…?アーティー達はサリーがFBIだと信じてるから、なんか変だなと思いながらも絵を持って帰っちゃって、見てるこっちは絶対ヤバイって分かってるから、もどかしいやらハラハラするやら。一体どうなる?!
[PR]

by norarican | 2013-03-20 23:49 | その他の海外ドラマ