THE MENTALIST/シーズン4 始まりました!

c0184546_23181626.jpg

始まりました、新シーズン。前シーズンのラストの続きがものすごく気になっていたので、楽しみにしてました!(゚∀゚)
放送局のCMでの囚人服?を着ているジェーンが流れてましたが、例え刑務所に入ったとしても、人の心を操れるジェーンなら何とか出来る…はず!て思ってました。そのタネ明かしが知りたかった。
でも、人1人殺したのは、まぎれもない事実だし、本当にRJだったとしても、何らかのお咎めがあるものだと思ってたのですが…。まさか、そんな結果になろうとは…。予想外。
しかし、考えてみれば、ジェーンの言うように、裁判は結局人の心理が大きく作用する場なんですよね。弁護士だって検事だって、陪審員の心をどう掴むかで勝敗が決まる。ジェーンにしてみたら、簡単なことだったのかも…?

1話と2話がごちゃ混ぜになってるかもだけど許して。※2話までのネタバレありますので、ご注意!


RJを射殺したジェーン。リズボン達がアタフタする中、当の本人は至って冷静で、弁護士もつけずあっさり罪を認めて刑務所へ。リズボンは反対したけど、わざと払うのが困難なくらい莫大な保釈金を提示させて自ら刑務所入り…だったはず。ジェーンは、何か憑き物が落ちたといった様子。

ところが、RJを名乗っていた男は、犯罪歴もなく結婚して妻がいて、ごくフツーの生活をしている一般人だったと分かる。ジェーンが男を撃った銃も、現場からは発見されなかった。CBIのコンサルタントが無実の男性を殺したと世間が騒ぎ始める中、リズボン達はジェーンが射殺した男がRJだと証明するため、辞職覚悟で非公式に再捜査。
リズボンとヴァンベルトが男性の妻に話を聞きに行くも、穏やかで人の良さそうな妻は、愛する夫の死に嘆き悲しみ、近所の同情を買っていた。彼女は、夫はRJなどではない、関係もない、と力説。妻は知らずとも、夫がどこかでRJもしくは、なんらかの関係がある(信奉者とか)のではと根気強く聞き出そうとするが、妻は「自分と夫の間に秘密はない」と断言。さらに、妻は、夫は近所で行方不明になった少女の捜索に積極的に参加&協力し、表彰もされた善良な人だったと言う。

一方、チョウとリグスビーは、事件現場の監視カメラ映像を再調査。カメラには、ジェーンが男を射殺した際、銃を手にしている姿が映っているが、警察が到着して現場検証している時には銃が消えていることを確認。事件直後~警察が到着するまでの映像を細かくチェックすると、被害者に駆け寄ったカフェ店員の姿が。店員に話を聞くと、倒れた被害者のところへ行ったが、直後に警備員が来て、「現場を荒らすな!」と怒鳴られ、すぐに離れたとのこと。警備員の行動を怪しいと睨んだ2人は、警備員に話を聞きに行く。が、警備員は自宅の風呂場で感電死していた。一見、事故にも見えるが、疑わしい人物が話を聞く前に死亡したことで、ますます嫌疑が深まる。



 
その頃、リズボンはジェーンに面会しに行き、状況が不利なことを伝える。すると、ジェーンは危ない連中(囚人)達のポーカーに飛び入り。まんまと大金をせしめ、保釈金を調達。保釈されたその足で、リズボンと共に男の妻に会いに行く。
ジェーンに驚きながらも2人を招き入れた妻は、「私達夫婦に秘密はない」と涙ながらに訴える。そんな妻にジェーンは、夫のキーチェーンを見せ、ひとつだけ余分に付いていた鍵について尋ねる。夫婦間に秘密はないと豪語していた妻は、動揺しながらも「知らない」と答え、ジェーンとリズボンを追い返す。

その後、ジェーンはこっそり開けておいた窓から夫婦の家に侵入。来客が全員帰った後、夫の秘密の鍵の鍵穴を探し始めた妻は、ある部屋へと向かう。その部屋には、行方不明の少女が鎖に繋がれ横たわっていたで、うわー!…( Д)゜゜
奥さん、少女の存在を気にも留めず、むしろ「黙ってろ!」て脅すくらいなんで、夫婦で少女を監禁してたってことだね。たしかに、奥さんが人が良すぎで、周りの同情誘い過ぎで、胡散臭いとは思っていたけど。なんで急に行方不明の少女の話が出て来たのか、気になったけど。そういうことだったのかー!人当たりの良い善人と見せかけて、実は…だったんですね。

必死に秘密の鍵穴を探す妻の前にジェーンが現れ、「秘密の鍵穴なんてない」とタネ明かし。ジェーンは偽の鍵を見せて誘導、妻はまんまと引っ掛かったわけです。もちろんリズボンも登場して現行犯逮捕。少女は救出され、その後ジェーンの裁判で弁護側の証人に。
「ジェーンのおかげで助かった」「ジェーンがいなかったら今も監禁されていた」と証言する少女。そして、ジェーンは自ら弁護人として陪審員の前に立ち、「善良な市民と思われていた男は存在しなかった」「自分は存在しない男を殺した」(うろ覚えだけど、だいたいこんな感じ)と訴え、その結果、無罪となる。

これにはさすがにビックリ。陪審員に訴えた内容が、予想もつかなかった方向で、さすがだな~なんて思ったけど、よもや無罪になろうとは。少女監禁犯なのは確実だけど、連続殺人鬼のRJで、ジェーンが被害者遺族だったとしても、人を殺して無罪…?思わずジェーンが陪審員に、催眠術でもかけたのかと疑ってしまったよ(^^;)。

こうしてジェーンは自由の身となったわけですが、裁判ではRJを殺したと言ったものの、その実自分が殺した男は監禁犯ではあるけど、RJではないと確信に近い疑いを持ち始め、逆にリズボンは死んだ男がRJだったいう意見。

で、2話でジェーンはCBIのコンサルタントとして復帰したけど、リズボンは停職。チームもバラバラに。
オフィスには新しいチームがやって来て、ジェーンはそのチームに協力するよう局長から命じられる。が、大人しく従うようなジェーンではないので、リズボンとチームを復帰させるため、新チームを出し抜いて事件を解決する計画を立てる。
ジェーンの行動に目を光らせていた新チームのボスは、異動をチラつかせてチョウを脅しスパイを強制。チョウは渋々引き受けるが、実はそれもジェーンの計画の一部だった…。

で、その後は当然のようにジェーンが好き放題やらかして、新チームを混乱させ、自分の手綱を握ってコントロール出来るのはリズボンだけと局長を説得してリズボン復帰、チームも復帰。新チームのボスは、ジェーンを上手くコントロール出来なかったと、短期間で異動。ジェーンにしてやられた、というところでしょうか。新チームは悪くないんだけど、リズボンとチームのためだから許して。

局長は、ジェーンの能力は認めてるし、捜査に利用したい(検挙率UP)、って腹があるみたいだし、何より自分に害があっては困るということもあって、承諾したんじゃないかと。リズボンに任せておけば、大人しく事件解決してくれるって算段だと思う。

何も知らないリズボンは、みんなの事を心配して、「あなたたち、何やってんのよ!」て叱るんですけども、みんなは「ボスのため」て一致団結してて、ボスのためなら多少のリスクも厭わない、最悪な事態になっても構わない、て気持ちが心に染みた。いいチームになりましたなー。 いボスの下には、いい部下が育つんですねぇ。しみじみ。

ヴァンベルトは、リズボンを始め、周りにしきりに心配されるも、「みんなと仕事していた方が気が紛れる」と捜査に参加。しかし、信じていた婚約者に裏切られ、その婚約者はRJと繋がっていて、しかもリズボンやハイタワー、自分を殺そうとしていて、反撃して婚約者を射殺したって、こうして書いて見ると壮絶な経験してますよね。婚約者=FBIにRJの手先がいたってだけでも衝撃的。ツライかもしれないけど、少し逞しくなったように見えるのは気のせいでしょうか。カウンセリングの効果が出るといいのですが…。
あと、すごく気になってるんですが、リグスビーはなんで七:三なんでしょ?

んで、表向き死んだ男がRJてことになってるので、内部調査は終了、ラローシュは元の職場に戻るらしいです。今後は、RJはまだ生きてる(ジェーン)vsRJは死んだ(リズボン)の意見の対立を絡めた謎が展開して行くのでしょうね、たぶん。
RJがこんなに簡単に死ぬとは思ってないし、RJの正体は誰も知らないし、信奉者や協力者も多いから、いくらでもカラクリはありそうな気がする。

ずっと同じ敵との対立をここまで引っ張れるとは思ってなかったけど、すごく展開が練られていて面白い。今シーズンも楽しみだよ…!てか、ラストがどうなるのか今から気になるYO!!!(゚∀゚)
[PR]

by norarican | 2013-06-25 23:37 | 【スーパードラマTV】