映画小ネタ/観賞作品メモ。

次の3連休は予定あるし、台風直撃の予報もあったので、先週の3連休に「見たい映画見ちゃおう!」キャンペーンを実施。まだ「スタトレ」の感想も吐き出してないうちに、4本も見ちゃって、脳領域がだいぶ切迫してます。ワタシの脳いっぱいいっぱい。
とりあえず、見たのだけ書いておくことにして、頭の整理が出来たら感想書くかも書かないかも。

■「ウルヴァリン SAMURAI」
日常の風景にウルヴァリンがいるのがすごく不思議に思えて、リアルと非リアルの融合を脳がなかなか受け入れてくれなかった(^^;)。知ってる場所だからこその違和感。ここはむしろ、いつもの“ファンタジー・ニッポン”の方が良かったんじゃないかと思った。だって、アキバから上野まで歩いて、次の場面では東海道新幹線乗るて。街中で発砲て。ほぼ満席パチ屋で発砲て。ないわー。最後も命助けてもらっておいて、それはないわー。新幹線の上でウルヴァリンと対決するて。日本のヤクザと刃物どんだけ。

■「劇場版ATARU」
いつも思うんだけど、映画で描かれる日本の警察っていつも短絡的で無能なのな。これがリアルなの?
哀しい純粋な想いに感情入り過ぎて泣いた。

■「ジャックと天空の巨人」
ファンタジー・アクションにユアン・マクレガーが出演してるのが珍しい気が(近年の話ね)。でも、カッコ良かった。

■「ウーマン・イン・ブラック亡霊の館」(DVD)
「ハリポタ」ハリーのラドクリフさん主演のゴシック・ホラー。驚かせ場面はあるけど、そんなに怖くはなかった。

あと、これまでに見たけど、なかなか時間なくて語れないうちに記憶が薄れてきちゃった作品を書き出しておきます。

<DVDレンタル>
■「SAIME/シェイム」
■「マイノリティ・リポート」
■「リンカーン/秘密の書」
■「SAFE/セイフ」
■「パーカー」

<劇場観賞>
■「コナン-絶海の探偵」
■「ハングオーバー3」
■「ワイルド・スピード6」
■「ローン・レンジャー」
[PR]

by norarican | 2013-09-21 01:27 | 映画