NCIS:LA/シーズン5 視聴始めてます。

c0184546_2195466.jpg
≪ずっと不眠だったディークスが安心して眠れる場所は、やっぱりそこだよね。そこしかないよね≫

第9話ラストにて。

「なんで私をデートに誘ったの?ハッキリ言いなさいよ!」とケンジーに厳しく追及されて、出て来た言葉が、「ここにいたくない」で、「…………はあ?」となるケンジーとワタシ。続けて、「僕のお家に帰りたい…………君と一緒に」と言い、しばし流れる沈黙の時間。
ワタシも頭フル回転させて考えてみたけど、これは彼なりにケンジーを誘ってるんだよね?ていうか、だからハッキリ言えって(笑)。

困惑するケンジーをつぶらな瞳で見つめるディークス。沈黙する2人を見守っている間、「今ここでこの子が首をかしげでもしたら、ワタシ悶絶する。間違いなく萌死にする」と思っていたら…。

やりおったぁぁぁぁぁーーーー!!!(`Д´)

やっぱり、やりおったーーーーーー!!!(うるさい) やりましたよ!やりやがりましたよ!首かしげましたよ!!!やっぱりかー!やっぱりやるかー!!!このワンコめっ!ワンコめぇぇぇぇぇ!!!(超うるさい)

見た瞬間、鼻血が出るイキオイで発狂。悶絶。萌死。するかと思いました。いや、しかけた。確実に。
やだもう、この子。可愛過ぎる。可愛過ぎて苦しい。ケンジーにキツいこと言われてる間は、もうワンコにしか見えない。耳を垂らして、クゥーンて言ってるとしか思えない。ケンジーをちょっと遠慮がちに、でも目パチパチさせながらじっと見つめる姿、もうすべてが可愛過ぎて、あんぐり口開けてたことは内緒です。

で、ケンジーが席を立って、ディークスも後を追いましたが…。この後2人はどうなったのーーー?!
などと発狂しつつも一方で、現実問題2人がくっつくのは大歓迎ですが(どうせ周りにはバレバレだし)、仕事に影響は出ないのか?ヘティーやカレンが支障が出ると危惧しないのか?とか冷めた事考えてしまう自分がちょっと悲しいです。

※溺愛フィルターがかかり過ぎて、実際の言動と違っていても許してください。

NCISシリーズは、シーズンファイナルになるといつも軍がらみの複雑な話になるので、話について行くのがやっとの状態で、なかなか感想かけずにそのまま新シーズンに入ってしまうのですが、このドラマのS4~S5は、ワタシ溺愛のディークスが痛い目に遭った事で特にツライものとなりました。もう直視できないくらいでした(でも見たけど)。事件が解決しても、トラウマを引きずって、いつもの調子が出ないディークスに毎回心を痛めておりましたが、彼の心の拠り所ケンジーのおかげで少しずつ元気を取り戻して、現在は以前同様、明るくてウザくて可愛いディークスに戻っております。ケンジーさまさま。

ディークスが彷徨っている間、ヘティはディークスとケンジーを信じて様子を見守っていましたが、カレンはディークスの精神不安がチームや任務に影響を及ぼすのではないかと心配していて、そこにカレンの感情に左右されない冷静さ、リーダーとしての資質を見た気がします。冷たいようだけど、ディークスやチームの最善を考えているからこその発想(ディークスを外した方がいいんじゃないか?的な)だと思うんですよね。
そんなカレンの危惧は杞憂に終わりましたが。仲間だからこそ、厳しいことも言える。カレンは、危険な任務を遂行するチームのリーダーにふさわしい人物なんだなと改めて思った場面でした。
[PR]

by norarican | 2014-10-07 23:19 | NCIS:LA