英国ドラマ/「刑事フォイル」 シーズン6 視聴始めました。

c0184546_1192813.jpg

前回視聴した時は、セレクトエピだったと後から知り、今回ファイナルを含むシーズンを全て放送するというので、再度頭から録画。コツコツと視聴しましたが、どれが抜けエピだったのか分からないっていう(^^;)。みんな見たことある気がするよ?

まず、シーズン構成について仕入れた情報を整理しておきます。でないと、頭混乱して集中できないので(^^;)。
英国での放送は、S1:4話、S2:4話、S3:4話、S4:4話、S5:3話、S6:3話、S7:3話、S8:3話で、シリーズ終了がシーズン8で、2015年2月に放送されたばかり。
一方、日本(AXNミステリー)での放送は、S4の4話を何故か2話ずつに分けて、S4:2話、S5:2話として放送。結果、シーズン数が1つズレて、ファイナル=シーズン9となっている模様(前後シーズンの話数は、英国同様)。

このドラマは、2007年に一度シリーズが終了しているのですが、それが英国ではS4、日本ではS5となっているようです。ということで、フォイルが辞表を出して警察を去って行くエピソードがやはり当時はシリーズ終了だったみたいですね。しかし、復活を望む声が多く寄せられシリーズ再開。それが今回AXNミステリーで放送されているS6のようです(英国ではS5)。

てなわけで、ワタシ初視聴のS6。フォイルが警察辞めちゃったのに、「刑事フォイル」(邦題)とはこれいかに…と思いつつ視聴。

※ネタバレあります!ご注意!!

フォイルが辞めましたが、ミルナーは署に残ったようで、新しい上司(後任警視正)の元で事件の捜査。どこかのシーズンで交代した受付の巡査がフォイルがいた頃を懐かしむ中、ようやく出て来たフォイルは、サムにタイプしてもらって、本の制作中でした。これまでの仕事のまとめ的な?
サムは、フォイルが退職後、後任警視正にクビにされ、元の所属の婦人部隊?に戻り、とある場所の資料室で働いておりました。ちなみに、時代設定は、終戦間近の1944年頃で、フォイルが警察を辞めてから1年後。

フォイルは別の仕事に就いてる様子もなく、サムにタイプしてもらったり、新しい上司に物足りなさを感じているミルナーの相談に乗ったりしてました。新任の警視正は、どこかやる気がない人で、型どおりの捜査をして終了といった感じで、フォイルとサムが去ってからは、ミルナーはもちろん、受付の巡査含む職員全員の覇気というか活気みたいなものが無くなってしまったぽいです。



 
そんなこんなで、ミルナーは転属(異動)を考えていた模様。ところが、ミルナーが担当した搾取事件に関連して、容疑者から脅迫を受けた後、命の危険が脅かされる最中(車に轢かれそうになった)、たまたまミルナーと一緒にいた後任警視正が射殺されてしまって、フォイルの後任あえなく退場。

そして、フォイルが警察を去るきっかけになった警視総監(だっけな?)がフォイルを尋ねて来て、「戻って来て欲しい」とお願い。今更、どの面下げて…ですが、本人反省しているようですし(言い訳にしか聞こえなかったけど)、自分に非があったこともうっすら認めているし、何より刑事が殺されて犯人捕まえないと警察の威信に関わるので、相手も必死。あと、「君がいないと署内の統率がとれない」みたいなことも言っていたので、フォイルの存在がいかに重要か、彼がいかに部下達に信頼されていたのかを知って、後悔していたみたいです。

当初は断っていたフォイルでしたが、警視総監が食い下がるし、自分の後任が殺されたということもあり、とりあえずその件に関しては引き受けましょう的な感じで復職。ミルナーも受付の巡査も喜んでました。
サムは、しばらく当時の仕事を続けていたけど、エピ終盤になって強引に運転手に復帰。これで以前のメンバーが揃いました。

後任警視正ですが、彼が無気力なのには理由がありまして…。息子2人が戦死して生きる気力を失っていたのに、強引に警察に復帰させられたそうです。あの警視総監、ロクなことしねぇな。その結果が殉職だなんて、本人はもちろん、奥さんもお気の毒としか言いようがない。

フォイルが復帰したので、バラバラだった事件(関係者)が繋がり、犯人逮捕で事件解決。やっぱフォイルってすげぇな!ミルナーも刑事の勘はたらいていたけど、残念ながら後任上司は活かしきれず。やっぱフォイルじゃなきゃダメなんだよね。

ちょっとネタバレすると、亡命ドイツ人神父が実は経歴偽っていることが地図からバレてしまい、最初の事件を起こして(被害者は地図製作者で敬虔なクリスチャン)、ミルナーも殺そうとしたらしいです。誤って後任警視正を殺してしまいましたが。
ミルナーが担当していた搾取事件(政府機関への水増し受注)は、被害者が所属していた地図制作の上官も関与していて、被害者の同僚が実は諜報員だったとか、被害者と付き合っていた女性がつい魔が差して浮気したら本命とは別れちゃって、浮気相手から付きまとわれていたの恋愛ドラブルがあったりとか。で、サムが働いていたのが、地図制作している建物内の資料室だったので、事件関係者と面識があり、話を聞いたりなど捜査のお役に立ってました。

事件解決後は、フォイルが復帰して、サムも強引に復帰して、ヘイスティング署は元通りとなりました。めでたし、めでたし。

補足情報として、サムは米兵と別れてしまったそうな。相手が国に帰ったこともあるらしいけど、あんなにサムに惚れ込んで、出会って間もないのにプロポーズまでしてたのにね…。あと、ミルナーは、美人の幼馴染と再婚したっぽいです。
[PR]

by norarican | 2015-08-06 23:19 | 英国ドラマ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://norabunke.exblog.jp/tb/24521450
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。