FOREVER Dr.モーガンのNY事件簿/シーズン1 視聴始めました。

c0184546_1225326.jpg

AXNの今秋の新作の1つ。以前、アメリカの放送を見た人が「面白い!」と言っていたのをネットで見かけて気になっていたのと、主演俳優さんがイケメンさんなので視聴してみました。現在2話まで視聴したところですが、すごい面白いです!(・∀・)

※2話までのネタバレ含みます!ご注意!!

主演のヨアン・グリフィズさんは、オリジナル版(と言っていいのか?)「ファンタスティック・フォー」の主演だった人ですよね。彼が演じるヘンリー・モーガンは、200年前船医をしていた時、奴隷を庇って殺されて海に捨てられ、その時何かが起きて不死身となってしまう。正確には、死ぬと生き返る。死ねない、終わりのない人生。200年前、最初に死んだ年以降年も取らない不老。

彼は、死ぬと死体が消えて、決まって水中で生き返る。しかも、なぜか全裸。故に警察のお世話になることも。そのことを知っているのは、エイブという老人だけで、全裸の彼を迎えに来てくれる。
ヘンリーは、自らの謎を解くために死の研究を続けていて、最も死人が集まるNYの監察医局に勤めており、エイブが営む骨董品店で一緒に暮らしている。ちなみに、ヘンリーの助手ルーカスは、「BONES」のブレナンの助手の1人。

ある日、乗っていた地下鉄が衝突事故を起こして、乗客全員死亡の中ヘンリーは無事(?)生き返り、運転士の検死を担当。検死結果を聞きに来た刑事のマルティネスに、運転士は毒殺されたと告げる。マルティネス刑事は、ワタシの中では「CSI:マイアミ」のマリソル。
そこへ、謎の男から電話が入り、衝突事故はヘンリーの蘇りを試すために起こしたものだと知らされる。

秘密がバレたと慌ててNYから去ろうとする(研究材料にされたくない)ヘンリーでしたが、エイブの反対で断念。エイブは、自分がいなくなった後のことを心配して、これまでと同じじゃダメだって思ってるみたいです。ヘンリーは、ずっと同じことを繰り返せるけど、エイブには限りがあるからね。

面白いのは、不死身なことを利用して死因を特定したり、武器を持った相手にも立ち向かったり出来ること。毒物を試してみたり、犯行を止めるために捨て身になったり、危険な場所に行ってうっかり車に轢かれたり。
痛みや苦しみはあるから、なるべく避けたいけど、死ぬこと自体に恐怖はないし、人生終了の心配はないから、事件捜査する上で不死身って超便利。永遠の時間に苦しんでいる本人には申し訳ないけど(^^;)。
あと、長い時間の中で、出来る限りのすべてをやり尽くしているヘンリーは、死に関することだけじゃなくて、歴史とか言語とかの知識も豊富。まあ、当たり前ちゃー当たり前なんだけど。

そんなヘンリーの豊かな知識が、事件解決の近道であることにマルティネスが気付いて、ぽつぽつ彼を頼りにし始めたところです。ちなみに、マルティネスは、夫を亡くしたばかりで、まだ気持ちの整理がついていない様子。携帯の待ち受けの男性がおそらく亡き夫…かな?

あと、ヘンリーには過去に最愛の女性・アビゲイルがいて、彼女と出会ったのは軍医をしていた1945年。収容所で生まれたという赤子を抱いているアビゲイルと出会い、その後彼女と恋仲になったようですが、どうやら彼女はヘンリーの秘密を知っていたみたいです。で、2人が出会った時に抱いていた赤子がエイブでした。
当時のことはヘンリーの回想という形で、現代のストーリーの合間にちょいちょい差し込まれます。

そして、謎の男は、電車の事故以来、「自分と同じ能力を持つ者」として、ずっとヘンリーを監視しているようで、ヘンリーが死ぬ度に、「あれは痛そうだった」とか電話して来たり、手紙寄こしたりで、完全にストーカー。話の流れからすると、アビゲイルと出会った1945年がキーポイントぽいです。
2話のラストで、謎の男はアダムと名乗り、2000年生きていることが判明。200年はまだまだ若いな扱いで、その辺はヴァンパイアドラマでよく見かける話。
アダムの目的がなんなのか、まだ不明ですが、いくら不死身でも常に行動を監視されてるのは憂鬱ですよね。

1話からすごく面白くて、2話の放送が待ち遠しいくらいで、謎はたくさんあるけど、全体的に軽いタッチで描かれているので見やすいです。

ネタバレですが…。

こんなに面白いのに、シーズン1(全22話)で終了なんて、ありえない!というのが今のところの気持ちです。2015年5月まで放送されていましたが、シリーズ更新はキャンセルされたとのこと。ヨアンさんはガックリして落ち込んでいると、どこかのネットニュースで見ました。放送局代えて復活とかないのかなぁ…。
[PR]

by norarican | 2015-10-08 23:22 | 【AXN/AXNミステリー】