THE MENTALIST/シーズン6 第15話。

c0184546_0443887.jpg

放送の方は、そろそろシーズン6も終盤になっていますが、今更15話の「ジェーン達の命を狙っているのは誰だ?!」解決編。

※結末ネタバレしてます!ご注意!!

14話がヴァンペルトに忍び寄る怪しい影!で終了した後、続く15話でヴァンペルトは小屋の地下室に監禁されていました。リグスビー達もヴァンベルトが拉致されたことに気付いて捜索するも、なかなか手掛かりは掴めず。
容疑濃厚なハイバックを調べようとするも、早々に弁護士雇い、アリバイ証明したり、法を盾にFBIを挑発&捜査を妨害。しかし、証拠がなければ手も足も出ないのは事実で、イラつく面々。それがまたハイバックの優越感を満足させいるんでしょうねぇ。

その頃、ヴァンペルトは、1人で外に出る方法を必死に模索して、なんとか外に出られたものの(結構やる子)、あたり一面銀世界。どうやら人里離れた山小屋のようで、周りは森で人の気配もなく、ヴァンペルトは素早く山小屋を離れ車道に出て、偶然通りかかった車に助けを求める…。
て、タイミング良過ぎて、逆に怪しいですよね~。人気のない場所だし、無関係じゃない可能性もあるわけで。でも、ヴァンペルトは渡りに船とばかりに助けを求め、電話を借りるため、車を運転していた女性の家へ行くのですが…。
安堵したのもつかの間、案の定、女性に銃を突きつけられて、ヴァンペルトは再び囚われの身に。やっぱりねぇ~(-ω-;)。



 
ヴァンベルトが救助を求めた女性は、実はハイバックの姉で、今回の一連の事件の共犯者だったみたいです。首謀者はやっぱりハイバック。アイツ、元CBIを2人も殺した上に、ヴァンペルト監禁してるのに、無実を主張してたんだな。

2人は、親の離婚か何かで長いこと離れて暮らしていたので、存在が知られていなかったらしい。姉の話を総合すると、ハイバックは幼い頃に母親の男?から虐待されていたのに、当時は助けてあげられなかったから、今は弟のために何でもしてあげたいのだそう。例えそれが凶悪な犯罪であったとしても。姉は、罪悪感が強過ぎて、間違った罪滅ぼしの方法に至っちゃったのかなぁ…。まあ、ある意味、姉も被害者なんだろうし、虐待はとても不幸なことだけど、だからって何してもいいわけじゃないよね。ていうか、その憎しみや罪悪感はリズボン達じゃなくて君らの親に向けなよ~と思ったです。

姉はハイバックの指示待ちしていて、FBIから解放されたハイバックが動き出したところで、ジェーンが多少強引な手で弁護士を引き離した後、ハイバックにヴァンペルトの監禁場所に案内させて、ようやくヴァンペルト発見。こんな時、捜査官は身動き取れないけど、コンサルタントて立場のジェーンは強硬手段に出られるから頼もしいよね。ホントはいけないんだけど(^^;)。

しかし、ヴァンペルト発見に気を取られて、姉の不意打ちくらってしまいリグスビーが撃たれ、ジェーンも銃突き付けられて絶体絶命!殺される寸前!というところで、FBIが到着して、ハイバックと姉は射殺されました。危ないところだった~。
これで元CBIメンバーを逆恨みする危険な存在は永遠に排除されたわけですね。良かった。撃たれたリグスビーも大事には至らず。良かった良かった。

今回の働きを見て、アボットがリグスビーとヴァンペルトにFBI入りを打診するも、2人揃って「民間人でいいです」ってことで、2人はこれが本当の見おさめとなりました。2人は、RJ解決以降は、ゲスト扱いだったみたいです。たぶん。

そういえば、リグスビーが「ジェーンはボス(リズボン)のことが好きなんだと思っていた」とか言っていたような。あれ、逆だったかな?どっちにしても、リグスビーって鈍いようでいて鋭いとこあんだなって思った記憶が。周りはとっくに気付いているのに、肝心の本人たちは…てやつですね。

事件が解決した16話以降は、また新しい要素が出てきているので、シーズンファイナルがどうなるのか、気になるところです。クリフハンガーは止めて欲しいけど…。どうかな~?
[PR]

by norarican | 2015-10-27 22:44 | 【スーパードラマTV】