2016年 11月 29日 ( 1 )

映画/『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』 ※追記あり

c0184546_0574932.jpg

ハリポタの世界観を残しつつも、新たな主人公で新たな物語の幕開け!全世界が待ち望んでいた作品がいよいよ公開!てなことで早速見に行ってきました。
ニュート・スキャマンダーなエディ・レッドメインのビジュアルがあまりにもカッコいい&ハマリ過ぎで、公開を今か今かと待っておりました!やっと公開ですね♪

やはり人気シリーズですね~。客席はほぼ満員でした。字幕を選択してみたけど、結構前の方まで埋まってましたよ。地元の劇場でこんなに人が密集してるの初めてかもー。
エディさんも楽しみだったけど、魔法使いなコリン・ファレルも楽しみでした♪

ハリー達の物語よりずっと前、1920年代。ホグワーツを追放された魔法動物学者のニュート・スキャマンダーは、魔法動物のためにアメリカのNYを訪れた際、ひょんなことから彼のトランクが人間(アメリカではノー・マジ)と入れ替わってしまい、魔法動物が逃げ出してしまう。
当時のアメリカは、魔法界と人間界が緊張状態にあり、魔法騒ぎが起きれば戦争が勃発する危機に直面していた。スキャマンダーと魔法議会の捜査官のティナは、逃げた魔法動物の捕獲に奔走する…なお話。

そこに、制御不能な闇の力やそれを利用しようとしている不穏な存在、お尋ね者となってしまうスキャマンダーとその仲間達、ティナの妹クイニーと人間ダンの淡い恋物語、スキャマンダー達の友情物語、などが絡んで来ます。魔法動物を手厚く保護しているスキャマンダーの姿も。

※ネタバレちょっと含みます!ご注意!!

常に大きな暗い影が見え隠れし、シリアスで暗い話や映像が多かったハリポタシリーズと比べると、ややコミカルで明るいキャラクターやシーンが多くて、難しいこと考えずに見れてすごく楽しかった…!

エディさんは、ちょっと不器用&天然でとぼけたとこがあるけど、動物達への愛が溢れるスキャマンダーがすごく似合っていて、服装や髪形などのヒジュアル含めて全部が可愛かった(〃▽〃)。少年の心を持った青年がよく似合う!そして、ちょっとおどおどしてる姿とかめっちゃ萌える(笑)。尋問してるのがコリン・ファレルてのがまたイイ!!ちなみに、コリンさんはアメリカ人魔法使いの役でした。長官で闇祓いとかめっちゃ萌えるんですけど…!(*´д`*)

コリンさん演じるグレイブスが、母親から酷い虐待を受けている少年と秘密裏に接触して懐柔してるのですが、この少年がエズラ・ミラー(後の劇場版フラッシュ)で、不思議な髪型と繊細で脆くて心に闇を抱える役がピッタリだし、コリンさんとの距離感が妙に妖しく見えてしまうのは、ワタシの目が腐ってるからなんだろうか。
大人の方は私利私欲のために利用してるだけなんだけど、子供の方は絶望から救ってくれる唯一の味方だったと思うんだよね~。彼のためなら何でもやる…て思ってたはず。

後半は、闇の力が大暴れして、結構派手なアクションがあったりして、そういう点でもやや大人向けな感じ…かな?個人的には忘却の魔法をかける以降のシーンが好きです。破壊された建物をみんなが元に戻して行くとこが特に好き。魔法の素晴らしさを実感出来る。世の中に魔法使いがいて良かったよね~。

あと、ジョニー・デップがほんの一瞬出て来ます。この登場の仕方が、ワタシ的には“超オイシイ!(・∀・)”でテンション上がりました。エンドクレジットにもちゃんと名前あったけど、続編に出るんだっけか…?(うろ覚え)。

スキャマンダーなエディさんも可愛いけど、大小様々な魔法動物達が本当に可愛くて可愛くて。ヒカリ物好きのお茶目なニフラーも可愛いけど、ワタシは常にスキャマンダーの懐にいるボウトラックルが好きかな~。
途中、ワケあってスキャマンダーに売られてしまうんだけど、その後無事に戻って来た時、拗ねてるのが可愛いし、スキャマダーとのやり取りも可愛い。ワタシ、意外と植物系に弱いのかも(例:「ガーディアンズ・オブ~」のベビーグルート)。

ワタシ限定の話ですが…。ハリポタシリーズは長編小説の映像化なので、原作読んでるとかなり端折ってる感があったし、読んでいないと情報不足で分かりにくい部分がありましたが、今作は原作者が映像化のために脚本を書き下ろしたということもあり、キャラクターもストーリーも分かり易くて、見終わった後の「いまいちよく分からない」ていうモヤモヤ感がなかったのが良いなと思うところでした。率直に「面白かった!楽しかった!」と思えた。

たぶん、ロングラン上映だろうから、最低でももう1回は見に行こうと思ってます。これは何度でも見れるよ~。めっちゃ楽しかったよ~゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚

追記(ネタバレ覚え書き)
[PR]

by norarican | 2016-11-29 23:57 | 映画