カテゴリ:その他の海外ドラマ( 75 )

そして誰もいなくなった/NHK-BS 2話まで視聴済み。

c0184546_0214412.jpg

NHKのBSで放送されたアガサ・クリスティ原作の英国ドラマ(2015年)。全3話で、現在2話まで見たとこです。BSて普段ほとんど見ないから、見るの忘れちゃうんだよね(^^;)。原題は、『And Then There Were None』。

これまでに何度も映像化されてきたであろう超有名なミステリー小説が原作ですが、読んだのは遠い遠い昔だし、近年映像で見ることもなかったので視聴することに。出演している役者さんが馴染みのある人が多かったのも一因。BSなので録画の予約忘れないか心配でしたが、とりあえず全3話録画出来ているようです。まだ最終話まで見れてないけど。

※2話までのネタバレ含みます!ご注意!!

トリックは鮮明に覚えているものの、犯人や結末はすっかり忘れてしまっているので、一度気になると知りたい欲求が湧いてきて(あえてネタバレ避けてます)、おかげで新鮮な気持ちで視聴しています。
孤島ミステリー&見立て殺人の代表的な作品で、ワタシの記憶では、作中に登場するのは「10人のインディアン」という童謡?でしたが、時代が変わった昨今では、「10人の兵隊さん」になってるみたいですね。

それぞれ違う理由で孤島(兵隊島)に集められた老若男女10人が脱出出手段を奪われ、次々に童謡と同じ手口で殺害され、そして誰もいなくなる…というお話。集められた10人はみな、過去に罪(殺人)を犯したものの罰せられなかった人達。

メインは、元家庭教師の女性と元傭兵の男性になるのかな。自らの罪に苦悩する人、開き直る人、正当化する人、それぞれの葛藤が描かれつつ、犯人は不明のまま物語というか殺人計画は進行していきます。
食卓に置かれた10体の兵士の人形がひとつずつ消えていくこと、犠牲者が童謡の歌詞と同じ姿なのも登場人物達の恐怖心を煽っている。彼らを招待したのは、オーエン夫妻(U.N.Owen)で、実は名前に秘密があったりする(2話で判明)。

10人の中に見たことある人が多いのも楽しみのひとつ。みんな死んでしまうけど(^^;)。
「ホビット」のエイダン・ターナー、「ジュラシック・パーク」のサム・ニール、「FOEVER」のアダム役の人など。一番若い生意気な青年もどこかで見たことあると思ったら、「ジュピター」の敵の末っ子でした(ちなみに長兄はエディ・レッドメイン)。その他のメンバーもワタシが知らないor思い出せないだけで、みんな映画や英国ドラマで見たような気がする方々。
これだけのメンバーが集まってるってすごいなー、面白いなーて思ったけど、展開が早いのでどんどん退場していく(笑)。てか、サム・ニールて英国人だったのな。

ネタバレつづく。
[PR]

by norarican | 2016-12-20 23:21 | その他の海外ドラマ

コンスタンティン/シーズン1 12話まで視聴済み。

c0184546_045814.jpg

このドラマのために別途加入したくらいなので、毎週の放送を心待ちにして楽しく視聴していますが、気付けば残すところ後1話となりました(全13話)。現在12話まで視聴済み。

内容も見たいと思っていた通りで、ワタシは満足してるのですが、コミックドラマ全盛の昨今、なぜこのドラマがシーズン1で終わってしまったのか不思議でなりません。主役のジョン・コンスタンティンも原作に近いキャラクターで合ってると思うんですけど…。ド派手なアクションや悪者を倒す的な要素が少ないから…とか?
ただ、ジョン以外のキャラクター(チャズとゼット)が出たり出なかったりするのが気になると言えば気になるかな。どちらかが居ない回もあれば、どちらも居なくてジョン1人だけ、という回もあって、それが若干気になります。今日は1人かい、みたいな。

※12話までのネタバレ含みます。ご注意!!

ここまでの間に、チャズとゼットの過去が少し明かされました。
ゼットがワケあり放浪してるのは当初からチラチラ描かれていましたが、どうやら自分の力を悪事に利用しようとする父親から逃げるための放浪だった模様。連れ戻そうとする輩の手荒い方法などから、かなりの悪党or裏社会に精通している人物ぽい。
ゼットは、一度拉致されかけたけど自力で逃走。相手を殺してでも逃げるくらいのイキオイなので、本当に父親のところへは戻りたくないのでしょうね。

その後、彼女の脳に腫瘍が見つかり、能力は病気のせい?能力を使い続ければ命の危険がある?などが出て来て、いつの間にか家族なり仲間なりの情を感じていたジョンがゼットに負担をかけまいとするけど、当の本人はジョンのためになるのなら力を使い続けるみたいなこと言ってました。

一方、チャドは妻子がいることと、不死身の謎が描かれました。
チャドはジョンが守護の術をかけた状態で、火災現場に居合わせて、その場で死亡した40数名の命が彼の命となったらしいです。なので、不死身ではなく、限定で蘇ることが出来るということらしい。九つの魂みたいなことか。吸収した命に責任を感じてジョンに協力(=人助け)していたけど、それが原因で妻子と別れることになったようです。

もうちょい続く。
[PR]

by norarican | 2016-12-19 23:02 | その他の海外ドラマ

海外ドラマ 日本リメイク版2本 今月から放送開始。

あまり日本のドラマは見ないのですが、海外ドラマの日本リメーク作品が同時期に放送されたので、お試しで視聴してみました。

未解決事件を扱う「コールドケース」(アメリカ)はWOWOW、驚異的嗅覚の持ち主が犯罪捜査する「スニッファー」(ウクライナ)はNHKで現在放送中。

■「コールドケース」
映像の雰囲気とかオリジナルにかなり近くてちょっと感動。登場人物の過去と現在の姿の見せ方とか、捜査資料の保管場所とか。めっちゃおんなじー!
舞台が日本てだけという感じで、かなりオリジナルに沿って制作されてました。「わー、ここまで寄せて(似せて)作ってるんだー」て思った。

自分の中では大昔の事件が多い印象だったので、オーディションで似た役者さんを起用するというのが頭にあったけど、あまり古くない事件であれば同一人物が演じるのも可能なんだ…と、改めて気付いた次第。そうか、そうだよねー。
時効がある(あった)日本でどう過去の事件を扱うのか?が一番興味あるところだったけど、第1話では現在発生した事件に関連して過去の事件も調べてみるという形になってた。

一応、1話完結だけど、1話中に複数事件が起きて、1つは解決、もう1つは次につづく…なのかな?冒頭の親子の事件に関する話は、第1話の中ではほとんど出て来なかった。
この親子の事件、ちょうどWOWOWの再放送で見たばかりだよ。蝶々が出て来るエピで、「これ、犯人知ってるー」て思って見てたら、メインは違う事件だった(^^;)。

あれ、そういえば音楽はどうだったんだろ…。映像ばかりに気を取られていて気付かなかった。当時の音楽が使われていたんだろうか。ちょっと見直してみよう。全10話だそうです。


■「スニッファー 嗅覚捜査官」
対して、こちらはだいぶ日本のオリジナル要素が入ってますね。「嗅覚で犯罪捜査」という設定は同じだけど、主人公のキャラや周囲との関係、ドラマの雰囲気などはだいぶ変えてた。
元のドラマは雰囲気も主人公も、もう少しお固い感じだけど(あと映像とか人間関係とかが暗い)、日本版はだいぶコミカルな印象でした。でも、これはこれでいいと思う。阿部さんも香川さんもハマってたし。

欲を言えば…。阿部さんと香川さんは、1話で初対面だったけど、オリジナル同様、旧友の方が良かったなー。でも、今後の展開などで変えた方が都合がいいというのがあったのかもしれないしね。
あ、煙で再現などの映像演出は同じですね。化学式とかも画面に出てました。まあ、出されてもさっぱり分かりませんでしたけど(^^;)。科学的根拠があるってことが分かるのでいいかも。
[PR]

by norarican | 2016-10-29 23:32 | その他の海外ドラマ

コンスタンティン/シーズン1 視聴始めました!

c0184546_0553465.jpg

シーズン1で打ち切りになってしまったドラマですが、どうしても見たかった&レンタルが待てなかったので、再放送に合わせてスターチャンネル契約して視聴してます。月額≒レンタル代て考えて思い切ってみました。毎週「コンスタンティン」見れることの喜びはプライスレス!

※現在3話まで視聴済み。ネタバレ含みますのでご注意!

第1話で友人の娘で霊視能力を受け継いだリブは去ってしまったけど、災いを記した地図を残してくれたので、ジョンはその地図を元に行動しています。

そして、2話からは、霊視能力のある女性ゼットが登場。彼女は、長いこと謎の男(ジョン)のことを夢で見ていて、男の正体も理由も分からないまま、男が見た世界(一部)を共有していた。
ところが、2話で災い解決のために来ていたジョンと街でハチ合わせし、夢の男が実在することに感動&興奮。ジョンのことをもっと知りたいとつきまとうように。
ずっとジョンと同じ世界=悪魔だの悪霊だのを見て来て、夢物語と思っていたら現実だったと分かったら、そら知りたいこと山積みですよね。

最初は邪険にしていたジョンも、ゼットの能力が使えると分かり、彼女に協力させて災いを解決。ジョンは、ゼットの美貌と能力は認めてるみたいだけど、元々一匹狼だし自分といると命の危険があるし能力以外は信用していないので、彼女を遠ざけようとしてますが、ゼットはまったく物怖じせず諦めずにジョンに付きまとってます(隠れ家探し出してやって来た)。ちなみに、チャズはゼットの仲間入りは賛成してるみたいです。彼女の能力は役に立つって。

リブは本当に素人さんで突然のことにかなりビビッていたけど、ゼットはだいぶ強気で度胸のある娘さんなので、若くて美しい娘さんにジョンがやや押され気味なのが面白い。あと、ジョンの周りの目を気にしな過ぎるところがステキ(笑)。とりあえず、全身泥まみれで街歩いてるのにはお茶吹いた。
3話で、いわくつきの代物を巡って、パパ・ミッドナイトというブゥードゥー司祭の恨みを買ってしまったぽい…?

スーパーナチュラルな災い解決の1話完結で見やすいし面白いと思うのに、なんで打ち切られてしまったんだろうか。『ARROW』とのクロスオーバー(お披露目?)も面白かったのになー。
[PR]

by norarican | 2016-10-18 23:55 | その他の海外ドラマ

THE FLASH/シーズン1 第8話(地上波放送)。

c0184546_059145.jpg

先日、深夜の地上波で偶々「フラッシュ」を見たのですが、ちょうど「ARROW」とのクロスオーバーエピで、どちらも全然見てないけど、そのエピだけチラ見。「ARROW」とのクロスオーバーは何度かあるのかな?初めてじゃないみたいでした。

「フラッシュ」はCSでの放送がないので、そのうちレンタルで一気見しようかな~なんて思っていたら、いつの間にか地上波深夜で放送が始まっていて、気付いた時には数話が過ぎちゃってました。なので、結局レンタルする予定。

オリバーとお馴染みの仲間達がフラッシュの先輩的な立ち位置なのが楽しかったし、やっぱ人気ドラマの主要メンバーが他のドラマにゲスト出演するというのは豪華でテンションあがる。主役達が同じ画面に映ってるっていうのは、なんとも言えない特別感。色々なドラマのクロスオーバー見て来たけど、ヒーローものはまた違った空気を感じて面白かった。「アベンジャーズ」みたいなことだからね。楽しいよね。

エピソードのタイトルは、「FLASH vs ARROW」でしたが、半分しか見てないので、対決したのかどうかは分かりません。

今後の予定では、「ARROW」「フラッシュ」「SUPERGIRL」「レジェンド・オブ・トゥモロー」がクロスオーバーするんだっけか?DCコミックは、元々あまり馴染みがないので、ドラマ版は分かるキャラだけ見てる。
ちなみに、「ARROW」のシーズン4では、「コンスタンティン」とのクロスオーバーもあって(第5話)、せっかくだからキャッチアップでそのエピだけ見てやろうと思います。

「コンスタンティン」、再放送されたらスターチャンネル契約しようと思ってるんだけど、今のところ放送予定ないんだよね…。最初の放送の時に腹括っときゃ良かった(-ω-;)。
「ARROW」は、キャラがどんどん増えるのと、オリバーが女にだらしなさすぎるので(笑)、シーズン2あたりで視聴止まってます。なので、現在の状況はさっぱり分からないけど(フェリシティのことはCMで知ってます)、クロスオーバーだけ見ます。
[PR]

by norarican | 2016-06-24 21:58 | その他の海外ドラマ

コンスタンティン/シーズン1 第1話をお試し視聴。

c0184546_122786.jpg

少し前にスターチャンネルで1話無料のお試し放送をしていたので録画してみました。
主演の俳優さんが好きなのと、ドラマの内容に興味があった…ていうか、超見たかったので、1話だけでも見たい!と思って。

内容は、悪魔払いを生業とする黒魔術に精通した探偵と悪魔との戦いのお話で、元々はDCコミックのキャラクター。2005年にキアヌ・リーブス主演で映画にもなってる。
キアヌさんの時は、黒をメインとした風貌でクールな印象だったけど、ドラマは、より原作に近いとのことで、よれよれのトレンチコートを羽織ってもっさりとしてる。「すぱなちゅ」のキャスに似ていて、キャスはコンスタンティンが元なのか?と思うくらい。なので、映画のドラマ版ではなく、原作を元にドラマ化…なのかな?

主人公のジョン・コンスタンティンを演じるのは、「クリミナル・マインド:レッドセル」で元英国軍人のスナイパー役だったマット・ライアン。あのドラマの中ではお気に入りさんだったので、彼が主演でドラマ化されると聞いて是非とも見たいと思ってました。
が、よりによってスターチャンネルで日本初放送(-ω-;)。1つのドラマ目当てに契約するにはちょっと躊躇してしまって、2話以降はレンタル化されるのを待つしかないんですが…。1話がめっちゃ面白かったし続きが超気になる!もっと見たい!全部見たい!早くDVD化してくれ!!と、1話だけ見たて溜飲下げるはずが、かえって仇になった感じです。
でも実は、キアヌさんの映画は見ていなくて、人伝にざっくり話を聞いた程度(^^;)。いつか見ようと思いつつ今日に至っています。これを機にレンタルしてみるかなー。

お試し視聴した1話は、アストラという幼い少女を悪魔から救えず、精神的ダメージを受けてしまったジョンは悪魔払いから手を引き、自ら精神病院に入院。ところが、悪魔からのメッセージを受け取り、かつての仲間(協力者?)の娘リブを救うため、再び悪魔と戦うことになるという内容。
仲間だった人物は最近亡くなって、娘のリブがその能力(霊的なもの)を受け継ぎ(覚醒)悪魔に狙われるようになったのだとか。

リブは父親は生まれる前に亡くなったと聞いていたので、突然現れたジョンの話をにわかには信じられなかったけど、身の回りで不可思議な出来事が次々と起こり、友人が犠牲になったり命を狙われたりしたことで、「君の父親と約束したから君を守る」というジョンと行動を共にすることに。リブの能力てのは災いを予知すること。父親は霊視などもしていたそうなので、正体見破ったり出来るのかな。父親の遺品である首飾りを持つと視えるらしい。

1話は、悪魔からリブを守ることで、無事にリブを守った後、彼女は自分が予知した災いを目の当たりにして、これ以上ジョンと関わることを避け、遠い地へと去っていったようです。悪魔と戦うなんて、並大抵の覚悟じゃ出来ないですよね。でも、彼女は災いを予知した地図を残していってくれたので、その地図を元にジョンは動くんじゃないでしょうかね。

その他の登場人物は、ジョンの仲間のチャズで、彼はリブを守る際に体を貫かれたので、てっきり死んだと思ったら、次のシーンでケロッと戻って来て、リブもビックリ。ワタシもビックリ。本人曰く、「複雑な事情がある」そうです。一体何者なんでしょ。
あとは、大学で怪奇現象を研究してるぽい人。彼はアストラ救出にも協力していたけど、救出失敗がトラウマになって薬漬けの生活になり、ジョンの協力要請を拒んでいました。でも、半分脅されてジョンに渋々協力することに。出来れば厄介事を持ちこむジョンと関わりたくないみたいです。

アストラて女の子は、表向きは何者かによって惨殺され、犯人は未だ捕まらず。救出出来なかったジョンは、責任を感じて精神を病んだ、てことになってるみたいです。でも、彼女の魂は悪魔によって地獄に連れて行かれたてのが真相。彼女は何か特別な子なんでしょうかね。
そして、ジョンの守護天使を名乗る者。白い羽だったから天使なんでしょうけど、ジョンに何かと警告したりアドバイスしたりしてます。どうもジョンと悪魔を戦わせたいらしい。

好きジャンルだし、お気に入りの俳優さんだし、1話しか見てないけど、ワタシ的にはすごく面白かったんですけども、聞いたところによると、どうやらシーズン1で打ち切りらしいです(´・ω・`)。今年の初めまで放送されていて(全13話)、その後打ち切り決定したぽい。最終話はクリフハンガーになっているとかで、他局での制作も検討していたそうだけど、後日談は特に見当たらなかったです。
シーズン1で打ち切りとなると、DVD化も危ういかも?!な話もあって、スカパー他局で放送される可能性は低いし、あったとしても当分先だろうし、リピート放送(現在は放送中)か一挙放送のタイミングでチャンネル契約することも考えてます。まあ、打ち切りドラマでも全然DVD化されてますけどね。日米の放送局で差があったりするのかなーと思って。あ、レンタルより配信サイトの方が可能性高いかしら…?とにかく、なんとかして全話見てやろうと思ってます。
[PR]

by norarican | 2016-03-24 23:02 | その他の海外ドラマ

刑事マードックの捜査ファイル/シーズン3 シーズンファイナル。

ようやくシーズンファイナルを視聴。ジュリアの転職話が本格化してました。

※ネタバレあります!

マードックは、遠くへの転職も勿論ショックだけど、ジュリアが何も相談せずに1人で決めたことに大きなショック受ける。ジュリアは、「生きてる人を救いたい」、「女の自分にはまたとないチャンス」だと言っていて、マードックよりもキャリアを優先させると言ってるように聞こえる。マードックは、ジュリアが自立した女性であることは充分理解してたつもりだったから、「僕たちは特別だと思ってたのに…」と戸惑う。
「週末に会えるわ」とジュリアは簡単に言うけど、お互い忙しくて会えない可能性の方が高い。マードックは、離れ離れになることに不安を感じる。しかし、事件が発生して、ちゃんと話合う機会も時間もなくて、慌ただしく時間は過ぎて行き…。

一方、事件の方は、密室で焼死体が見つかり、やがて顔見知りの政府関係者が絡んできたことで、マイクロ波を使った殺人の可能性が高くなる。マイクロ波装置=兵器を持ち出した犯人の目星はついてるけど、共犯がいるらしいということで、装置の行方と共犯者探しをすることに。
マイクロ波て電子レンジに活用されてるものだけど、発明当時(ドラマの時代)は、兵器として考えられていたんですねぇ。たしかに、目に見えないものだから、有利なのかもしれないけど…。あまり実用的ではないような…。てか、やっぱ画期的な発明や化学てのは、当たり前のように戦争の道具になってしまうのですねぇ…。

「将来、家で簡単に短い時間で芋が蒸かせるようになるかも?!」と言うジョージに、「実用的じゃないよ」とマードック。でも、実際は、後世で電子レンジに活用されていて、ちょっとしたタイムスリップ気分を感じる面白い会話だなと思ったりです。

ネタバレはつづく。
[PR]

by norarican | 2014-04-15 02:03 | その他の海外ドラマ

刑事マードックの捜査ファイル/シーズン3 終盤。

賞味期限が5日ほど過ぎたヨーグルトを、「あー、過ぎてるなー」くらいの気持ちで、ホントに何も考えずに食べたんですけど…。3日ほど腸内活動が活発になって、常にお腹がゴロゴロ。突発的な腹痛に襲われたり、胸やけがしたり、吐き気がしたりで、寝込むほどではなかったけど落ち着かなくて大変でした。やっぱりね、乳製品の賞味期限切れを甘く見ちゃいけませんね。以後、気をつけます。

では、本題。
S3に入って仲良くやっていたかに見えたマードックとジュリアでしたが、微妙に気持ちのすれ違いが生じてきているようです。ジュリアは、当時では珍しい女医さん。医大で唯一の女性でキャリアのために子供を諦めた過去もあり、自立した先進的いうか向上心が強い女性。マードックもそんな彼女の意志を尊重して受け入れて、ジュリアの方もマードックを心から愛しているのだと思うんですけども、一度芽生えた気持ちはどんどん膨らんでいっているみたいです。立ち止まって、自分の人生を見つめ直した時に、良い話が舞い込んできたら、それが魅力的に見えてしまうのも無理ないですよね。
あと、マードックの方に気掛かりな事件と夫婦が出現したことも関係あるのかも?!そっちに気を取られていたら、ジュリアが自分の将来について考え始めていましたよ、みたいな。

その夫婦というのは、町の富豪で有力者のペンドリック夫妻。夫は、「リスナー」のクライン。最初の出会い(?)は、絵画の盗難事件。マードックが実行犯を追いつめたものの、反撃されて危ないところをペンドリックに救われた(犯人を射殺)のですが、彼が強盗事件に関与してるかも?な疑いを持っていたので、マードックを救うフリして共犯者の口封じしたのでは?と、ますます疑いは深まる。が、証拠がないし、実行犯も分かったことで事件は一応解決。
この時、マードックは捜査の一環で、芸術家の卵を支援していたペンドリック夫人(サリー)と話す機会が多く、どうも夫人の方も科学に精通しているマードックに興味を持ったらしく、疑わしい夫よりは親しい間柄に。

ところが、「優秀な遺伝子を残せば世界は平和」みたいな理論を掲げる集会で再会。集まったのは上流階級の方々などで、中にはHGウェルズ(作家)も。要は、下々の人達は生きる価値ないから、社会とか助ける必要ないわよね、的なことを主張して、それに賛同する方々の集まり。マードックは内容を知らずにジュリアと参加して、支持者のペンドリックを危険な思想の持ち主とさらに警戒。

※ネタバレしてます!
[PR]

by norarican | 2014-03-19 00:39 | その他の海外ドラマ

刑事マードックの捜査ファイル/シーズン3 突入。

c0184546_0155077.jpg
シーズン3のリピート放送、来月あるかなぁ~なんて思ってたら、シーズン2放送終了後すぐに始まると気付いて、慌てて予約入れて見てみたら…字幕版でした。うそーん (  ゚ ▽ ゚ ;)。チャンネル銀河でも字幕版放送するんだ!ちょっとビックリ。まあ、ワタシの勝手な思い込みですけどね(笑)。
ホッチなマードックに慣れてたから、出来れば吹替で見たかったけど、この際背に腹は変えられない(大げさ)と、ひとまず字幕版で視聴することに。最初は違和感あったものの(本人の声です)見てるうちに慣れてきました。オリジナルは優しい声なのな。

※シーズン2ファイナル~シーズン3始まりまでのネタバレあります!

シーズン3初っ端、マードックが記憶喪失でイギリスにいて、しかも銃を持った男達に追われてて混乱。シーズン2のラストで、ジュリアに「やっぱり君がいい」「君がいないとダメなんだ」と告白してヨリを戻して、ラブラブな2人が見れると思っていたのに…。なに、これ…。さらに、カナダとイギリスが蒸気機関車?列車?で行き来できるみたいなこと言ってて、地理関係が掴めず再び混乱。そして、飛行機がなかったり、遠く離れた標的を撃てる銃など「はっ!そんなものあり得ない!」時代だったことで、ますます混乱。
地理関係は最後までよく分からなかったけど、今では当たり前のものがない時代で、プチ混乱するのが実は楽しかったりする。

マードックが記憶を無くしてる間、トロントではマードックは失踪して1週間経ったことになっていて、彼の身に何かあったのではないかと、警部をはじめクラブツリー巡査やジュリアが心配して捜索に取りかかる。
その頃、マードックは遠く離れた地で、銃を持った男達に追われていたわけですが、その間、真面目で誠実、そして優秀なマードックは、誰からも信頼されていて、記憶を無くしても協力&世話してくれる女性がそばにいるモテ男さんだと証明されました。

知らぬうちに事件に巻き込まれ一時的な記憶喪失になったものの、記憶を失ってしまったものの、無事に事件を解決&記憶を取り戻した後、トロントに戻ったマードックを署員全員が出迎え祝福。駆けつけたジュリアと再会した時には、人目も憚らず抱き合って、そっちの意味でもみんなから祝福されてました。
ジュリアとの仲は、暗黙の了解だったけど、これで公認の仲となりましたね。よかった、よかった。2人の再会シーンはワタシもちょっと感動してしまった。

S2ファイナルとS3-2話のネタバレ。
[PR]

by norarican | 2014-02-03 23:13 | その他の海外ドラマ

刑事マードックの捜査ファイル/シーズン2 ファイナル直前。。

視聴局をAXNミステリーからチャンネル銀河に変えて、シーズン2(15話~)を視聴。年末に特別編成のため一旦中断し、年が明けて引き続き放送(2話連続)してくれてるので見てるのですが、シーズン2は、マードックの恋模様が描かれており、王道と分かっていてもヤキモキせずにはいられない。

シーズン2序盤は、検視官のジュリア(ドクター・オグデン)と距離が縮まり、2人はとても良い雰囲気だったのですが、中盤エピでジュリアが医者になるために中絶していたことを知り、気持ちにズレが生じてしまいました。当時、中絶は違法だった?らしく、また女性が医者になることはとても大変な時代。ジュリアは、夢を優先させるために、子供を諦めたらしいです。それが原因で、子供が産めなくなってしまったんだっけか?違ってたらごめん。
マードックは、敬虔なクリスチャンでもあるので、ジュリアのことは愛してるけど、2人は別れてしまいました。ジュリアも秘密を打ち明けた際、覚悟していたようで、仕方ないといった感じでした。

お互い未練がありながらも別れた後、マードックはある事件で出会った少年の母親(未亡人)に好意を抱き、その後未亡人の方が積極的にアプローチしてきて、気付いたらデートする仲になってました。
親しくなるちょっと前、医師としてマードックの診察をする元カノと、甲斐甲斐しく世話を焼きたがる未亡人に挟まれて苦笑いしているマードックの図がすんごい気まずい空気で、見てるこっちがいたたまれなかった(笑)。

ていうか、マードックがハッキリしないのがいけないと思うんですよね。ジュリアと別れたものの心の底ではまだ彼女を想っていて、だけど家庭を築くという意味で(当時は重要なこと)ジュリアとの将来はなくて、気持ちが激しく揺れてる時に未亡人と出会って、自分に懐いている少年もいて、幸せな家庭を築くなら彼女と…とか考えてみたけど、ふとした時に頭に浮かぶ(妄想)するのはジュリアでした…みたいな。どっちや…!つーか、もう決まってるじゃん…!
ジュリアとは、仕事上切っても切れない仲なので、余計に想いを断ち切ることは難しかったと思われます。

そんなどっちつかずなマードックの気持ちを察して理解していた未亡人でしたが、終盤の事件でマードックから未亡人に協力要請→未亡人、マードックと一緒の時間が増えると喜ぶ→マードック、犯人と接触するため未亡人の身の上話(個人情報)を勝手に犯人に伝える→息子が一番大事な未亡人、息子まで囮にされた事に憤慨…なことがありまして。事件解決後、ちょっと距離を置かれて、後日謝罪を受け入れてもらったけど、未亡人から「私かドクターか」の答えを迫られて、結局マードックはジュリアを忘れられないってことで、未亡人とはもう会わないことになりました。

ジュリアの方もマードックに未練ありながらも、表面上は未亡人とのお付き合いは祝福していたし、自分も他の男性とデートしたりしてましたが…。さて、この2人、結局どうなるのでしょうかね。

次の26話がシーズン2の最終話になるのですが、チャンネル銀河では既にシーズン3まで放送されているとのことなので、続けてシーズン3放送してくれると期待してます!(゚∀゚)
[PR]

by norarican | 2014-01-24 01:10 | その他の海外ドラマ