カテゴリ:まとめ語り( 16 )

視聴ドラマ感想 まとめて。

■『ミディアム』シーズン5
アリソンは夢見るだけじゃなくて乗っ取られ率が高くなってますね~。今のところ、犯罪をおかすところまではいってないけど、かなり疑われやすい状況にいたりしてハラハラします。事情を知らなければ確実に容疑者だと思う。

■『Law&Order:SVU』
S6突入しました。今回は早い段階で手をつけたのでマメに見てます。
語彙が少ないので同じこと何度も言ってますが、やはりストーリーの展開の仕方が実に上手くてぐいぐい引き込まれていきますね。45分があっという間。
考えさせられたのは、5歳の男の子が誕生会でいなくなった後遺体で見つかり、犯人は隣に住む13歳の少年だった事件ですね。加害者少年は精神障害による良心の欠落(罪の意識がない)みたいなものがあったようなんですが、被害者の父親とワン(どちらも精神科医)によると加害者少年の年齢(13歳以下だったかな)でこうした精神障害がある場合、治らないのだとか(ドラマ中でのセリフより)。これはちょっと衝撃でしたね。
被害者の父親が錯乱を装って少年を射殺するんですが、その父親が最後に「彼は殺人を繰り返すが私は繰り返さない」みたいなこと言ってたのが印象に残りました。
しかも、このエピソードの被害者の父親ってカイル・マクラクランなのね…!当たり前だけど…年取ったな~。面影あるけど言われなきゃ分からなかったよ。カッコいいことはカッコいいけどね。
あと、『ER』のジン・メイ(役者さんの名前忘れた…)も他のエピで出てた。

■『CSI』シーズン7
グリッソムがお休みに入りました。代わりに登場した捜査官(ケプラー)、なんか見覚えあるな~と思ったら、ウルヴァリンのお兄ちゃんですね。スピードル、ピーターが好きと言えばなんとなくお気付きかと思いますが、彼好みです。でもグリッソムの穴埋め的存在だから数話しか出ないんだよな~。残念。

■『ネイビーファイル』×『NCIS』
そうそう。スーパードラマTVで放送中の『ネイビーファイル』がようやくS8が今月下旬から放送されるようです。待ってたよ~。『NCIS』とのクロスオーバーはたしか20話あたりだったと思うのでまだまだ先ですが、今から録画予約しとこうと思います。DVD出てないから(S3までは出てる)放送で見るしかないんだよね。
[PR]

by norarican | 2010-05-12 23:39 | まとめ語り | Trackback | Comments(0)

視聴ドラマの感想 まとめて。

■「ライ・トゥ・ミー」
目線ひとつ、口の動きひとつで様々な感情を読み取ったりで見てて勉強になりますが、やっぱり実際にこんな人が周りにいたら、しかも上司だったらイヤですね。無能な上司も困るけど、何もかもお見通しな有能過ぎる上司も困るわー。気が抜けない。

■「ミディアム」S5
長女アリソンが2話になって登場。ちょっぴりメイクで大人になった様子も伺えますが、それでいて少女らしさも残っており、一緒に成長具合を楽しめていいですね。女の子は特に成長が著しいですから、シーズン変わったら突然派手になってたなんてこともなきにしもあらずですから…。少しずつ大人になって欲しい。

■「キャッスル」
なんとこの作品て10話で終わってしまうんですね。日本ドラマ並みの短さでビックリ。
たしかに数話が経過して、キャッスルの“人気推理作家”って個性があまり活かされてないような気がして、これフツーのちょっと変わったコンビの刑事ドラマに見えなくもないよね?ってうっすら思ってました。もっとキャッスルの作家としての才能が活かされるといいのに。キャッスルの個性を描くのか事件を描くのか、どっちつかずな印象…かな?
キャッスルの娘が可愛くて周りの大人にまったく影響されず真面目で素直で頭がよくて、本当によく出来た子で彼女のシーンがひとつの楽しみにだったりします。

■「THE メンタリスト」
4/26(月)に行われるジャパンプレミアにまったく当たる気なしのダメ元で応募したら、うっかり当たってしまいました。当たるはずがないと思って日時とか全然覚えてなくて、招待状がわりのハガキが届いてビックリ。来週の月曜じゃん!ていう。急な話で平日なので同行者が見つかるか不安だったんですけど、意外と早く見つかりました。ワタシの運が無駄にならなくて良かったー。

当日は1、2話の試写とスペシャルゲストが来場するらしいのですが、会場が品川ステラボールってスタンディングじゃなかったっけ?コンサートでしか行ったことないからよく分からないんだけど…。まさかの立ち見…?
[PR]

by norarican | 2010-04-20 23:51 | まとめ語り | Trackback | Comments(0)

Dr.HOUSE&クリミナル・マインド

■『Dr.]HOUSE』シーズン1。
地上波での視聴が終了しました。
ハウスの元カノ、ステイシーだっけ?S2を先に見た時はそれほど感じなかったけど、S1終盤の登場から見てみると結構ヒドイ人だよね。いくら旦那を治すためとハウスの能力を信じてるんだろうけど、ハウスの昔の古傷を平気で抉ってる気がする。なんで今になって現れたのか。それも人妻として。て、ウィルソンが怒る気持ち理解出来るわ。彼女は彼女でハウスを想ってるんだろうけどさ。
そんなとこが旦那は気に入らないのかハウスのふてぶてしさがカンに触るのか、めっちゃ敵意剥き出しだしね。結婚してることと足の障害の分、ハウスは気持ち的に一歩引いてる感があるね。

旦那の治療後、いつもの隠れ場所(屋上?)でステイシーと話してる時、ちょっと傷ついたような顔してチラッとステイシーを横目で見るハウスに、「もー!その顔に超弱いんですけどー!」と叫び出したくなりました。その顔反則ー!!そんなところが憎めない。きっとウィルソンもカディもステイシーも、果てはキャメロン、フォアマンも。(チェイスは?)それにやられてるに違いない。(ここでも腐れ)
子供っぽい言動も皮肉屋なところも可愛く見えてきちゃうから、あら不思議。
ハウスのキャラクターに色々な意味でハマリかけてます。

■『クリミナル・マインド』シーズン1。
スーパードラマTVで放送が始まったのでS1から見始めてるんですけど、リードの変貌っぷりが楽しいです。
初期はいかにも奇才くんなイメージだけど、S3にもなるとべっぴんになったんだなーと改めて思います。まあ、元がいいからですけど。リードにも色々あったしね。
あとモーガンがスーツ姿なことが多くて、カーキ色のTシャツイメージが強かっただけにちょっと意外でした。肉体派なモーガンは常にTシャツ着用てイメージ。気付いてなかっただけかな…?

WOWOW視聴時、ドラマ後にキャストインタビューがあって、モーガンの中の人は、お父さんが日本で再婚して長年住んでいらっしゃるとか。かなりのナイスガイで好感度ぐんとアップ。ドア蹴破っても誰もいないことが多い…てぼやいてたのがツボでした。ワタシもそれなんとなく気付いてました(笑)。
リードは中の人も話し方とかしぐさとか、なんとなくリドっぽくてめっちゃキュート。お箸をプレゼントされて、「僕使えるよ!」て早速使って見せてくれたりとか。愛でたい存在。
別方向からの影響もあってモーガンとリードがワタシの中で急上昇中。
ギデオンはリドの保護者みたいなとことプロファイル能力が高いとこが好きだし、ガルシアも才能が秀でてるとことモーガンとの関係が楽しくて好き。中の人達も似たような感じで仲良しさんみたいですよ。
ホッチはねぇ。優秀なんだけどちょっと堅物なとこがなー。S1ほど野心家ではなくなったしちゃんとリドやモガン他のメンバーを理解してフォローしてくれるお父さん的存在になってきたんだけど…。あとひと押し!てとこかな。(何が?)中の人はステキなんだけどね。
[PR]

by norarican | 2009-10-05 22:10 | まとめ語り | Trackback | Comments(2)

視聴終了ドラマ その1。

■『CSI:ベガス』
AXNでの連続放送でシーズン1を見終わりました。

結構当初からみんな向上心というか野心というか、我が強いメンバーなんですねー。
マイアミ、NYの方から入ったので、なんかチーム内でも別チームとでもライバルだったり対立してたりな構図なのがちょっと慣れないというか、ギスギス感がチラチラ見え隠れしてる様が若干気が重かったりします。女性2人が2人とも気が強いてとこがね…。中和剤がグレッグとアーチーなのがちょっと弱いところかなー。
でもそれがベガスの持ち味なのかもしれない。

DVDではシーズン5に入ったところで、さらにフライングしてシーズン8のウォリック降板エピだけ見ました。
8年近く経過してるから当然だけど、1からいきなり8に飛ぶと、他のメンバーはそうでもないのにウォリックとニックの2人が急激に年取ったように感じる。顔のしわやふっくらさ加減に確実に歳月が流れている。1は顔のハリが全然違うよー。ギルや女性陣はあまり変わり無いのにねー。シーズン追って見てると感じないんだろうな。

■『ミディアム』
シーズン4を終わりました。
前半は行方不明者を捜索する団体の女性にどこか不信感がありながらも力を貸し、その彼女がとある事件でいなくなってからの後半はデヴァロスが弁護士として復帰し彼の事務所で働いて、とりあえずアリソンは無職卒業。
気がつけばリー刑事も周りの目を気にしながらも協力的になってて(リーの彼女も)、また信頼のおける仲間と能力を発揮して仕事出来るようになってアリソンの周りは落ち着いた感じです。
シーズン3の最後にアリソンの能力が世間にバレたことで、調査しやすくなった面もある感じですね。

ジョーの方は、後半で失業に終止符を打つかに思えたけど、共同経営者の女性のジョーへの対応が何やらあやしい雰囲気で、まさかの浮気?!不倫?!と思ったけど、毅然とした態度で、「自分が働くのは家族のためだ!こんなことされたら困る!僕は辞める!」て、きっぱり言い放ったジョーに「そんなに意思の強い子だったの?」と驚きつつも、かっこええわーと思ったりです。
結局、共同経営者の彼女にしてやられましたけど、ジョーにとって良い結末になったみたいなので、これで本当に失業とおさらばでしょうか。

子供たちはというと、末っ子のマリーがすくすくと美人さんに育っていて、ブリジットはますますコロコロしてて相変わらずの愛嬌で可愛くてほんわりします。アリエルは年齢的に大人への階段をのぼり始めてる様子ですけど、今シーズンの出演は少なめだった気が。たしか、キャメロン・ディアスさんと映画で共演してましたよね?そのせいかなと思ったんですが、はたしてどうでしょう。
[PR]

by norarican | 2009-09-07 23:57 | まとめ語り | Trackback | Comments(0)

NCIS&クローザー/ゲスト出演者。

『NCIS』のS3にダーク・エンジェルに出てた人がゲスト出演してました。すげえアバウトな表現ですけど(笑)
そういえば出てたなーとうっすら思い出したり。マックスと同じ研究所にいたリーダー格の子。役名が出てこない…。しかし、NCISメンバーとの共演はギプスとマクギーとだけでトニーはなし。残念。

あと、『クローザー』のS4ファーストエピに『チャームド』のレオが出てたんですけど、彼はチャームド終了以降、色々とゲスト出演してるのかな??
たまたまですけど、ワタシが見たのがロリコン高校教師だったりヒーローなりたがり放火殺人消防士だったりで、個人的に白の守護天使レオの印象が強いせいか、そんな役柄に軽くショック受けてたりします。なんでその役?みたいな。もちろん善も悪もこなしてこその俳優業でしょうし、そんな役ばかりではないと思いますけど…。これが所謂、役柄の固定イメージてやつですかね。

で、『クローザー』のS4を見てるわけですが、まだ1話だけなのでなんとも言えず。ていうか、S3の終わり方がどんなだったか忘れちゃってて…。クリフハンガーではなかったはずなんだけど…。
S3でブレンダにご執心だった放火犯が1話で再び登場。彼のブレンダに対する感情てなんだろうね。感覚的には分かるんだけど言葉にしようとすると難しい。気に入ってることは間違いないんだけど。
結局今回も逮捕出来ず彼は闇へと消えていくわけですが、今後もブレンダの前に現れる可能性高いですね。でもそういう要素があるのは面白い。
フリッツとの関係ですが、なんだかますますフリッツの扱いというか存在がひどいことになってて、さすがにこのままでフリッツに愛想尽かされないかちょっと心配になってきました。だ、大丈夫かな?!
[PR]

by norarican | 2009-06-20 23:49 | まとめ語り | Trackback | Comments(0)

CSI:NY&FBI失踪者を追え/シーズンファイナル。

引き続き視聴ドラマが終了して寂しいです。
今回終了したのは、『FBI失踪者を追え』のシーズン4と『CSI:NY』のシーズン4。

■『FBI失踪者を追え』
ラストエピは、「アンが無事で良かったー!」です。
シーズンファイナルとなると悲劇的な結末だったり思わせぶりだったりが多いのでちょっとハラハラしました。今シーズンはジャックの周りでお別れが多かったからこれ以上ジャックを悲しませたくなかった。
なんといってもアンは身重ですし、そのことでジャックともめた当日でしたからね。これでアンに何かあったらジャックは激しく後悔して自分を責めると思うんです。そんなジャック見たくない…!

ジャックとアンのベビーは無事産まれるんでしょうか。そして、2人の関係は進展するのかな?下の娘にアンを紹介してて、いい雰囲気だったけど…。どうかなー。S5が楽しみです。

で、ダニーですけど、エレナと電話連絡中に発砲音が聞こえてダニーが妙にエレナの心配していたんですけど、これはS5への布石?!(゚∀゚)ワクワク
まあ、これでダニーがエレナがくっついたりしたら少人数のチーム内でカプルが2組って、どんだけ世界狭いのよ的なことになりかねないので可能性は低い気がしますが。でも『ER』の例もあるしな。ゼロじゃない。

■『CSI:NY』
「マックともあろう人がなぜ何の確証もないまま犯人の言うことを信じたのか?!」という疑問が残る最後でしたけど、ホントにまだまだ全然途中なところで“マックの運命やいかに?!”的な終わり方で毎度のことながら「うぎゃー!!(ノ ゚Д゚)ノ ==== ┻--┻」です。しかも、次のS5は今冬放送て、遠いな、オイッ…!!
いや、でも放送が決定してるだけありがたいか。『失踪者を追え』は、次シーズンの放送がいつなのか分からないしな。
S4は途中視聴なので新シーズン開始時に連続放送してくれることを心から期待しております。

でも人質になったのがマック以外の誰かだったらもっと危なっかしくてハラハラしちゃうのにマックだとまだ安心というか。もちろん危険は危険なんだけど。マックだったら絶対になんとか切り抜けられる!て思う。
これがダニーだったりしたら、もう危なっかしくて見てらんない!な状態だったと思います。誰がってワタシが。
[PR]

by norarican | 2009-06-06 23:17 | まとめ語り | Trackback | Comments(0)

いろいろまとめて(その2)

■『クリミナル・マインド』シーズン1
レンタルで視聴開始してます。

ある分野のスペシャリストが集結して事件を解決していく、てのが自分の性にあってて面白いです。プロファイル捜査班の話なので、少々猟奇的な事件多しですが、一見奇妙で難解に見える事件も丁寧に紐解いていけば“何事にも理由がある”的なとこに行き着いてり色々なことが見えて来るので、その過程が面白くてグイグイ惹きつけられていきます。
登場人物もひとくせある人から常識的な人まで。タイプの違う人間が個々の得意分野で力を発揮したり意見をぶつけあったりしてて、それも魅力のひとつです。米ドラは人間描写が丁寧に描かれているので好き。感情移入しやすい。好みに合えば。

■『失踪者を追え』シーズン1
最終エピソード(911関係、前編・後編)はとても考えさせられるものがありました。他の国の自分が口に出来ることではないので自重しますが(ていうか、言葉に出来ない)、当事者であるアメリカの人達にはもっともっと深いとこで様々なことを感じたのではないかなあと。もちろんアメリカだけでなくて世界中の方々が巻き込まれたことなんですけど。
さて。その強引な性格で自ら窮地に立った感のあるジャック(への字口のボス)ですが、シーズン2ではどうなるのでしょうか。レンタルはシーズン3まで可能なので続けて見れるのが嬉しい。
[PR]

by norarican | 2008-08-29 23:37 | まとめ語り | Trackback | Comments(0)

いろいろまとめて(その1)

■『Law&Order:SVU』シーズン3
ちょっと変則放送だってことに3話目で気付いて良かったです。

シーズン3からちょこちょこ顔を出すようになった精神鑑定の専門家?アドバイザー?がアジア系の人(30代くらい)なんですけど、妙にカッコイイ。背小さいのが惜しい。捜査班の面々は縦にも横にも大きいのでそんな彼らの中心で講義始めちゃうとヘタしたら消えちゃいそう。でもカコイイです。米ドラマのアジア系というと韓国系の人が多いけど、ちょっと系統が違う気がするんだけど、中国系かな…?

■『NCIS』シーズン1
今まで流してきた事柄が色々と判明したので、これからのシーズンがより楽しく見れそうです。やっぱ最初から見てた方が絶対面白いねってことで。
マクギーは当初派遣的な扱いでたまに出てくる程度だったんですねえ。その後正式にチームの一員になったのかしら。アビーとも結構親密ていうか恋仲でちょっとビックリ。ちょっと変わった人同士てことで妙に気が合ってるくらいのレベルだと思ってた。
アリとギブス、ケイトの関係、背後関係もシーズン1からずっと続いていたのかと。いまいち組織の関係図みたいなのが分からなかったので。いや、今もあまりよく理解出来てないんですけど…。それを踏まえてシーズン3でケイトが去ってシヴァがNCISに来た経緯を考えると複雑だな…て今頃思ってみたりです。あと、ダッキーの助手のこととか。
[PR]

by norarican | 2008-08-29 22:34 | まとめ語り | Trackback | Comments(0)

『NCIS』と『FBI 失踪者を追え』

■『NCIS』シーズン1
マラソン放送(火~金)を見始めました。

最初の頃はトニーはギプスに後頭部叩かれてないんですね。ずっと定番なのかと思ってた。あれはマクビーが来てからなのかな…?その代わりではないでしょうけど、毎回ギプスが事件解決後に女性の運転する車に乗り込んで去って行きます。カッコイイわー。てか、マクビーていつからいるんだろ…?シーズン2の新メンバー??
4人のかけあいを多く見ているせいか、マクビーがいないとすごく寂しいし、なんか物足りない。会話の連鎖が全部トニーで止まっちゃうんだもん。ギプスとケイトの2人掛りでいじめられる(?)トニーがちょっと不憫。マクビーオチの方がテンポよくて面白い。

■『FBI 失踪者を追え』シーズン1
引き続き見ております。

終盤になって初期の頃に出てきた未解決の失踪事件(2歳の子供)が解決するエピが出てきまして。5年間何も進展も情報もなかった事件がいきなりの急展開であっさり解決しちゃって、なんで当時はその情報が活かされなかったのか?!て若干の疑問は浮かびましたけど、泣けました。事件に関わった人たち(当事者も含めて)の環境は大きく変わってしまったけど、ひとつ区切りがついたのだと思うと、5年という月日の間を想像して泣けてきます。
もっと早く見つけられたんじゃないかと思うけど、捜査にも限界があるので見つかったこと自体が奇跡に近いことなのかなと。

登場人物にもちょっと愛着がわいてきて、若い2人の男性捜査官が性格が対照的でいいです。どちらかと言えば吹替えで何故か関西弁な彼が好き。でも、事件に関わる人物描写がメインらしく、捜査官個人に対する描写が比較的控えめなのでまだ謎が多いです。『コールドケース』で一時期リリーの恋人だった検事さん?がこの作品でも捜査官の元カレ(市警刑事)で出てきました。

≪追記≫
なんかもう名前がめちゃくちゃだな。
ギプス×→ギブス○
マクビー×→マクギー○
[PR]

by norarican | 2008-08-18 00:41 | まとめ語り | Trackback | Comments(0)

『FBI 失踪者を追え』

『性×罪捜査班』のシーズン2まで見終わって次シーズンの放送まで少し間があるので、『WITHOUT A TRACE』(FBI失踪者を追え)をレンタルで見始めました。

サブタイトル?邦題?にあるように、FBIの失踪者捜査班が失踪者(主に失踪から48時間以内)を探すというもの。事件に巻き込まれた可能性もあるし、自ら姿を消す場合もあり、後者の場合個人的な事情の他、なんらか事件に関係していることもあるので、あらゆる方向、可能性を考えて捜査して行くわけです。48時間というのは、失踪者が生存(発見?)している可能性のある範囲のこと…だったと思う。たしか。しかし、48時間を過ぎたからといって諦めるわけではないんですけど。

このドラマに限らずですけど、1話目はどうしても登場人物や作品の雰囲気に馴染めなくて「んー。どうかなー」と思いながら視聴しておりましたが、3回目くらいでようやくキャラの個性などがなんとなく分かってきたし、目撃情報や推理、心理分析などによって失踪者の足取りが徐々に判明していく過程が面白くて引き込まれていきました。なんで?どうして?が解明されていって最後はすっきりする。ただ、今のところ失踪者が無事戻ってきてるからなんですけど。目撃情報とかがちゃんと映像で再現されるところもいい。聞いたところでは、当時ERの裏で放送されていて視聴率でERを上回る人気ドラマだったとか。

初めてDVDで視聴する作品は音声をオリジナルor吹替えの判断に迷うのですが、大概は吹替えを選んでます(ながら見できるから)。で、今回も吹替えを選択したんですけど、なぜか関西弁の(というかイントネーションが違う)捜査官がいます(笑)。ちょっと違和感があるものの、面白いのでこのまま吹替え続行しようと思ってます。
[PR]

by norarican | 2008-08-17 22:44 | まとめ語り | Trackback | Comments(0)