カテゴリ:CSI:NY( 22 )

CSI:NY/シーズン9 放送スタート!

c0184546_183351.jpg

ファイナルシーズンとなるS9が始まりました。嬉しいような、悲しいような…。いや、もう本国ではとっくに放送終わってるんですけどね。NYも、とうとうファイナルかぁ~という思いでいっぱいです。いやいや、まだ放送は始まったばかり…!1話1話噛みしめて視聴します。

既に2話まで視聴済みですが、1話と2話って同じ人が出てる…?てことに、後々になってから気付いた次第です。起こる事件も同じというか、関連があるみたいだし、何か意味がありそうだけど、ワタシには分からずじまい…。なに、犯人役の人は特別な人なの??

前シーズンラストで背後から撃たれ、生死の境をさまよったマック。復帰するまでの半年間、クリスティがずっとそばで支えてくれて、彼女との仲が深まったようですが、回復したと思われるマックの体に異変が起きている模様です。どうやら人や物の名前、単語がすぐに出てこない(思い出せない)みたいで、撃たれた時の後遺症による記憶障害が起きているらしいです。医者には、一生治らないかもみたいな事言われて、愕然とするマックとワタシ。さらに、日常的に「思い出せない…」な場面があり、マックが焦りだったり不安だったりを感じているようなのが心配です。

仕事は完璧、自分にも他人にも厳しいマックにとって、今の状況は自分自身がもどかしくてたまらないんじゃないでしょうかね。ワタシも日々語彙が減っていくのを実感していますけど、超簡単な単語を思い出せない時なんかは、ちょっとショックですもの。うわー、ヤバイよーって。

今後はどんな風に展開していくのか、まだ2話なので分かりませんが、ドラマ後のインタビューによると、事件と平行して登場人物達の私生活について描かれることが多くなるらしいですよ。マックの心境にも変化が訪れるとか。今までも危険な目に遭ってきたけど、今は大切な人もいることだし、人生を考えるようになったのでしょうかね。

ところで、最近AXNなどで初期シーズンの「CSI:NY」を時々チラ見してるのですが…。フラックて、キャストの中で一番変化が目に見えるなあ…と感じてます。若い時に出演してるせいもあると思うけど、若手からベテランに成長したなぁ…て。今でもキャストの中では下から数えた方が早いだろうけど、真ん中すっ飛ばして初期→最新で見たら、えらい貫禄ついて見えた。9年の月日を実感。
[PR]

by norarican | 2014-01-21 23:53 | CSI:NY | Trackback | Comments(2)

CSI:NY/シーズン8 シーズンファイナル!

c0184546_0191864.jpg

クレアに始まり、クレアに終わる…といった感のあるシーズンファイナルの18話。
前シーズンのS7同様、シーズン更新が決まっていなかったので、ファイナルはクリフハンガーではなく、これで終わり…?な作りになってました。

※完全にネタバレしてますのでご注意!

冒頭、静まり返った薬局の店内。カメラが移動して映ったのは倒れている男。さらに移動して倒れている人物がもう1人映り、「え、誰?誰なの?!」と、うっすら頭で分かっていながらも、ドキドキハラハラしていたら、倒れていたのは背中を撃たれたマックでした。ですよねぇぇぇぇぇ(´ロ`;)。一体マックに何があったのか?!

時間を遡りマックが追っていた強盗事件と死の淵をさまよう現在のマックの話が平行。
マックは強盗事件を担当し捜査。やがて、容疑者の老人の身柄を確保。老人は薬を常用しており、彼の処方薬を取りに行こうとするダニーに自供を取るよう命じ、マックが薬局へ。そこで銃を持ったドラッグ強盗に出くわし銃撃戦となり、強盗は倒れる。危険を回避したと思った刹那、店内に飛び込んで来た女性を一般人だと思い、背を向けたところへ背後から発砲。マックは強盗の共犯である女性に撃たれてしまう…てのがマックが撃たれた経緯。

その後、搬送先で緊急手術が行われ、何度も危ない状態に陥るマック。死の淵をさまよう間、マックは大切な人・仲間達と対話していた。仲間達とこれまで言えなかったことを正直に話し合う姿は、まるでマックから仲間達への最期の“贈る言葉”のよう。

完全ネタバレつづき!
[PR]

by norarican | 2013-05-15 00:13 | CSI:NY | Trackback | Comments(2)

CSI:NY/シーズン8 4話まで視聴済み。

c0184546_2592254.jpg
≪制服ダニーとマックのツーショットは結構お気に入り♪≫

シーズン8が始まり、現在4話まで視聴しました。

まずマックですが、2話で当然復帰しまして。復帰理由は、10年式典を終えて、「目的を果たしたから」だそう。たぶん、若い消防隊員のことですかね。チームのみんなはマックが復帰すると信じていたので、特別何かするでもなく、いつも通りの光景になってました。

で、昇進試験に合格し巡査部長になったダニーは、チームを離れて制服を着て部下もできました。制服警官のダニーが、どうCSIメンバー達と関わるのかと思っていたのですが(フラックとセットになると思ってた)、パトロール中事件に遭遇といった形で事件に関わる一方、リーダーとなった彼の成長具合が描かれてました。

若い巡査達の上司になり、時には叱り、時には褒め、マックも言っていたように、ダニーは相手を思いやれる良い上司だと思います。ダニーのお手本は、間違いなくマックでしょう。マックみたいになろうというのではなくて、自分がマックから教わったこと、マックから学んだこと、自分の体験や経験を生かそうとしているのが伝わってくるような気がします。
そして、マックは以前のように叱ることがなくなったダニーの成長を喜び、影ながら応援し見守っていて、部下の指導に悩むダニーの話相手になってあげながら、頑張ってる彼を褒めてあげ、そんなマックに褒められて、“くすぐったいけどちょっと嬉しい”なダニーを見てると、マックは永遠にダニーの頼れる上司なんだなと思います。チームを離れたことで、マックのリーダーとしての存在の大きさ、懐の深さを感じたんじゃないかとも思ったり。そう考えると、1度離れてみるのも良いのかもしれませんね。

子供が出来てリンジーと結婚して以降は、マックと関わることが少なく、フラックにお株を奪われていたダニーですけど、同じ立場になったことで接点が増え、フラックからお株を奪い返した感があってワタシ的には嬉しいです。マック同様、ダニーの成長が微笑ましくて、チームを離れても師弟関係が続いている2人のシーンを見ると、どうしても「(=∀=)ニヤー」な心境になるワタシをキモイとか思っても言っちゃダメです。

ダニーが女性の若手巡査クーパーに、厳しく叱った後にフォローするところがダニーらしくて、「あー、こんな上司なら惚れてまうよなー」と妻子持ちにありがちな展開を心配しましたが、別な方向のトラブルが4話で発生。

※結末ネタバレあります!

冒頭、ダニーが目を覚ますと、男性が胸を撃たれて倒れており、男性のそばにはダニーの護身用の銃を手にしたクーパーが。一体何があったのか?!
3話のラストで、クーパーが同僚の男性2人と飲みに行くからとダニーを誘っていて、ダニーは一旦断るものの、部下とのコミュニケーションを図るため、バーで合流していた場面があったので、その続きですかね。

射殺された男性は、かなり酔っていてバーでクーパーに絡んできたため、ダニーが少々手荒にバーから追い出した男性で、ダニーは部下と一緒にバーから出たところでいきなり襲われ、瓶で頭を殴られて気絶。
部下達の話によると、撃ったのはクーパーだけど、射殺された男性が撃ってきたから反撃したとのこと。部下達は銃を携帯してなくて、殴られたダニーに駆け寄った際、足首の銃に気付いて咄嗟に撃ったらしい。
同僚の2人は、逃げた仲間を追ったけど見失い、その時点で事件について証言出来るのはダニーを除く部下3人だけ。

妄想語りが長いです。
[PR]

by norarican | 2013-02-08 02:58 | CSI:NY | Trackback | Comments(0)

CSI:NY/シーズン8 第1話先行放送。

レギュラー放送は来年1月12(土)からですが、先日1話先行放送があったので視聴。
今回は前シーズンがクリフハンガーではなかったので、1話から新しい展開です。

※ネタバレしてますので、ご注意!!

9.11から10年の時期に放送、NYという場所を舞台にしたドラマということで、S8の幕開けは9.11の10年式典に関わるエピソードでした。邦題の「9.11の記憶」の通り、愛妻を9.11で亡くしたマックを中心に、メンバー達の当時の記憶と共にストーリーが進んで行きました。

ていうか、のっけからジョーがチーフ代理になってて、彼女は「あくまでも臨時の代理」と言うのですが、マックの荷物は片付けられていて、マックが戻ってくる見込みはないように感じて、ちょっとショック。さらに、昇進試験に合格したダニーは、制服警官で登場して、CSIを離れたらしいことに追い討ちショック。おいおい、ワタシの好きキャラが2人ともCSIからいなくなるって、どゆことよ!?なに、なんなのコレ…?!と、CSIメンバーの劇的変化に衝撃を受けました。

マックはいずれ戻ってくるでしょうけど(だってそうじゃなきゃ終わっちゃうじゃない)、ダニーはおそらくそのまま…ですよね?まあ、制服警官が昇進の研修みたいなもので一定期間だけ、という可能性もありますけど(願望)。CSIのチーフになりたいようなこと言ってた気がするし。
1話を見た限りでは、ダニーはCSIから離れたものの、フラックとセットで事件に関わってくるようです。

つづきもネタバレ。
[PR]

by norarican | 2012-12-11 02:09 | CSI:NY | Trackback | Comments(0)

CSI:NY/シーズン7 シーズンファイナルの22話。

今シーズンのファイナルは、なんだか「え、これでシリーズ終了?」と勘違いしそうな終わり方でした。あれか、シーズン更新が決まってなかったとか…?でも、次がファイナルシーズンてわけじゃないのに…。やっぱり「??」(・へ・)??

ていうか、今がシーズン6なのかシーズン7なのか混乱しちゃうんですが(AXNのCM見てるから)、ジョーが新メンバーで加入したんだから、シーズン7ですよね。

シーズンファイナルは、マックがCSIチーフになって初めて担当した事件で、最後まで残っている9年前の未解決事件の話。ね、身辺整理っぽいでしょ?

※ネタバレあります!

冒頭、ダニーやフラックと共に突入したマックは、逃げた犯人の1人を追って屋上へ。しかし、犯人に銃を奪われ突きつけられてしまう。目の前には銃口。マック、絶体絶命…!そして、犯人は引き金を引く…。

が、銃は弾詰まりで発砲できず、マックは命拾いする。以来、何か思いつめたように考え込んでいたマックは、デスクの上に残されていた最後の未解決事件の再検証を始める。

事件は、2人が射殺されたコンビニ強盗で、犯人は店主の抵抗にあい負傷。残された証拠から犯人の身元は割れているが、犯人の元恋人が非協力的なこともあり、なかなか捕まえられないでいた。
マックはフラックと共に現場に行き、犯人がなぜ近い前の出入口ではなく、遠い後ろの出入口から逃走したのか疑問を抱く。

その後の検証で、現場から1人の幼い少女の指紋が発見され、その少女は事件の翌日に捜索願が出されていたことが分かる。後ろの出入口から逃走した理由とあわせて、少女は現場で事件を目撃し強盗犯に連れ去られたと推測。

新たな事実が分かり、ジョーが再度犯人の元恋人に事情聴取。少女のことを聞いた女性は、犯人が2人だったことを話し、主犯から届いたハガキを提出。主犯の居所を掴み逮捕。

主犯の男は、少女は共犯が連れ去ったと供述。共犯の男は、コンビニを襲ったものの主犯の犯行を止めようとしたり、まさかの凶行に怯えたり、少女を守ろうとしたりで、誰かを傷つけるつもりはなかった模様。まあ、犯罪は犯罪なんだけど。

共犯の男と少女の行方を追い、2人が偽名で暮らしていた際、少女が薬を常用していたことが分かり、処方薬から居場所を突き止める。共犯の男は少女を育て、2人は本物の親子のように暮らしていた。
少女の母親は、失踪当時毎日酒浸りで、少女は母親のためにアスピリンを買いに夜遅くにコンビニに出掛け、事件に遭遇。以来、母親は改心して娘を待ち続けてました。そういういきさつがあったからか、少女は自分を守ってくれた共犯の男に心を開き、信頼していたんじゃないかと。共犯の男も少女に愛情を注いでいたようだし。

もうちょっと続く。
[PR]

by norarican | 2012-06-08 01:01 | CSI:NY | Trackback | Comments(0)

CSI:NY/シーズン7 もう21話。

普段、エピ数をあまり気に留めず見ているので、複数エピにまたがる話が出てくると、「あー、そろそろシーズンファイナルかー」と風物詩気分(例外あり)。
今回もマックの制服警官時代のパートナーと当時逮捕した犯人が登場して、シーズンの終わりに気付きました。22話なんて、あっという間だなー(´・ω・`)…て、正確にはあと1話残ってるのですが。

ダニーやフラックがクリフハンガーの主人公になるとハラハラしちゃって心臓持たないくらいなのに、マックだと妙にワクワクして気分が高揚するのは、これいかに。どんだけマックが好きなのかと。

では、まず1つ手前のエピから。
マックがフラックとダイナーで仲良く食事中、地図を片手に道を尋ねてきた隣の男に財布を盗まれる。すぐに気付いて男を追うが既に姿はなかった。ところが、ラボに戻ると当の男がジョーと共にマックのオフィスに。
男を案内したジョーによると、マックの財布を届けに来たという。マックは男が17年前パトロール警官だった時に逮捕したレイモンド・ハリスで、当時不当逮捕を訴えていたことを思い出す。
ハリスが接触してきた目的を探るため、マックは当時のパートナーだったハントを呼び出す。

ハリスはマックだけでなくハントの後をつけたりしていたが、逆にボコボコに叩きのめされてしまう。どうやらハントという人は、昔から手荒い事をするタイプの警官で、今のマックはハントのやり方を嫌悪している様子でした。
ハントは元パートナーで指導教官でもあったみたいなので、最初こそは敬意を払ってるんですけど、ハリスを叩きのめしたことが判明した後は、かなり厳しい態度に。規則や法を重んじるマックらしい。

ハリスはヒゲがないので最初分からなかったけど、「処刑人2」のロメオですね。やっぱヒゲがないと若いなー(笑)。

そして21話の「17年目の真実」。邦題の真実とは何か。マックが解き明かしていきます。

21話のネタバレー。
[PR]

by norarican | 2012-05-31 22:40 | CSI:NY | Trackback | Comments(0)

CSI:NY/シーズン7 視聴始めました。

続けてNY話。現在第5話まで視聴いたしました。溜め込んでいたので、見ても見ても続きがあるが嬉しくてつい。

シーズン6でステラが降板した話は聞いていたので、S6ラストがクリフハンガーだったし、てっきりS7最初はさよならエピがあるもんだと思い、彼女がどんな風に去って行くのか気になっていたのですが…。
オープニングで既にステラが居なくて、新加入の元FBIのジョーがラボに到着して、すぐに捜査に加わってて、え…?(´・ω・`)。しかも、ステラ居ないのに、なんでみんなそんな自然なの…?で、置いてけぼり気分を味わいました。

ああ、そうそう、大事なこと書かなきゃね。思いっきりネタばれしますよ。畳まずに書きますよ。


S6ラストの銃声は、一旦は銃を下ろしかけたリンジーが娘とダニーを救うためにシェーンを撃ったものでした。シェーンは死亡しましたが、彼が生きている間メッサー家は命の危険に晒され、捕まえても刑務所に入れても逃げてしまうんだから安心できないですよね…。

S7冒頭でリンジーは表彰され、勲章を授与されていたのですがなんだか浮かない顔。リンジーはシェーンを射殺したことで、ちょっと精神的に参っていたみたいです。人を1人撃ち殺したのに勲章をもらったことが彼女の中では気持ちの折り合いがつかなかったのでしょうね。だけど、そんなリンジーを救ったのは頼れるリーダー・マックでした。うーん、やっぱ頼りになるわ~。

で、ステラはリンジーへのお祝いの手紙の中で、ニューオリンズのチーフになったことがファーストエピ中盤で明かされました。ステラはゲスト出演するいう話なので、今後ちゃんとお別れエピがあるのかも?!でなきゃ6年も出演してたのに寂し過ぎますよね。

新たに加入したジョーはハウス(「Dr.HOUSE」)の元カノで病院の弁護士だった人ですね。彼女はサバサバしてて明るくて楽しい人柄で良き姉御という感じ。すんなりチームに溶け込んでました。

5話まで視聴した時点では、今シーズンアダムがすごく頑張ってる気がします。ダニーが父親になりリンジーとシアワセになって構ってくれなくなった教育する相手がいなくなってしまったので、今度はアダムがマックに教育されたらいいよ。
普段は厳しいマックを恐れているのに、犯人を見つけるため怒られるのを承知で命令違反してて、意外に度胸あるじゃん!でした。ま、その後こってりしぼられましたけど(笑)。
アダムは2日間の自宅謹慎になったけど、本人含めチームの誰もがその処分に納得してたし、アダムの気持ちを理解しつつ、あえて処分したところがマックらしい。ルール違反をしたら罰を受ける。チームを維持して守るために必要なことだからね。
アダムがもっと愛ある叱責をマックから受けたらいいと思います。アメとムチを使い分けて。アダムが成長していくために。
[PR]

by norarican | 2012-02-12 01:43 | CSI:NY | Trackback | Comments(0)

CSI:NY/シーズン6 シーズンファイナル!

はい、こちらもようやく視聴しました(;゜∀゜)=3

シーズン6ファイナルは、兄の無実を信じて事件関係者を次々と殺したけど、CSIの活躍で兄の殺人が証明されたのち兄は自殺した(ワタシの記憶が正しければ)弟シェーン・ケイシーが再び登場。
て、この人何回出て来るのかしら…と、ちょっと調べたら初登場はシーズン3だったのね。んで、兄が良心の呵責に耐え切れず自殺したのは、兄が人殺しだって証明したお前らのせいだ!とか言ってたよね。
たしか、シーズン6中でダニーの警察バッジ含む所持品がジムかどこかで盗まれたのもシェーンが関係してたんでしたっけ?
ちなみに、このシェーン、「ターミネーター2」でジョン・コナーを演じた美少年エドワード・ファーロング。どこかで見たことあると思った。現在の風貌はアレだけど、やはりどこか美少年の面影が残ってる気がする…。

ファイナルエピでは、このシェーンが捕まったけど脱獄して、再逮捕されるも再び逃亡。どんだけ逃げられてんだって話ですが。
シェーンが脱獄してから再逮捕されるまでの足取りを追い、行く先々に残されたシェーンのメッセージを紐解きながら彼の行方と企みを探っていくマック達。

一方、ダニーとリンジーは家族でバカンスに出発する直前、シェーンの逃亡の連絡を受ける。しかし、マックに休暇を楽しめと言われ、メッサー家はバカンスに出発。
その後、シェーンが残したメッセージから狙いがダニーであることが判明。直ちに危険を知らせようとするも、行く先が分からずマック達は必死にメダニー達の居所を割り出そうとする…。

ここはドラマを盛り上げるためのハラハラポイントだと思うんですけど、警察に身をおく人間が行く先を誰にも告げずにバカンスに行くものなんでしょうか?それに2人が2人とも携帯の電源切ってるつーのも…ねえ?直前に関わりのある犯罪者が逃げたって連絡もらってるつーのに?その感覚がちょっと不思議でした。

あらすじのつづき。
[PR]

by norarican | 2012-02-11 00:14 | CSI:NY | Trackback | Comments(0)

CSI:NY/シーズン6 中盤あたり。

ちょっと前の話ですが、コンパスキラー事件が解決しました。10話?9話か。もっと長引くと思ってた。

さて、その解決編の前には、シーズン当初から危なげな言動でみんなを心配させていたフラックの傷心問題が解決しておりました。

※ここから先は妄想注意!

泥酔して街中で問題を起こしたフラックはギャング?の青年に助けられ、そんなフラックを迎えに来たのはマックでした。だよねー!
連絡のつかないことを心配しつつも、警官としての職務を忘れてしまったフラックを厳しく律すマック。それが、ワタシの脳中にいるマック(←?)だったら絶対そう言う!てことをドストレートに言っててテンションあがりました。ヤバイ…。
そして、マックが厳しいことを言いながらも自分のことを心配してくれたことを知り、「あなたの信頼を取り戻す」て言うフラックがこれまたワタシの脳内にいるフラックだったら絶対そう言ってる…!で、これで萌えない方がおかしいと思います…!(おかしいのはワタシです)
マックは自分にも人にも厳しく、規律にも厳しい厳格なお人ですが、彼が厳しく言えば言うほど、その相手はマックの期待や信頼が高い人物なんだと思うんですよね。それにただ厳しいだけじゃなくて、そこにちゃんと相手に対する愛情があるから言われた方もマックの期待に応えようと頑張れるんじゃないかと。だから、フラックの言ったことは極めて正しいことなんです。ワタシの脳内では。

しかし、コンパスキラーの結末が心神虚弱による勘違いだったとは…。

その後の「デスハウス」は、謎解きゲームな展開で面白かった。
室内に施された様々な謎を解いて仕掛け部屋に閉じ込められた人を救出するのですが、最後に救った女性はどうやって中に入ったのか?が未だ謎です。彼女を救うためにマックとステラ(のちにダニーとフラックが合流)が仕掛けを解くのは分かりますが、その仕掛けを女性一人でやったとは到底思えないしなあ…。
別の仕掛けでうっかり閉じ込められて、それを解放するためにはまた別の仕掛けがあった…ということなのかな?でも、マックが「問題はどうやって彼女が中に入ったか」て言ってたんだよなあ…。んー?
[PR]

by norarican | 2011-03-28 23:02 | CSI:NY | Trackback | Comments(0)

CSI:NY/シーズン6 視聴中。

クララが立った…!゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚

ホークス@ハイジに「クララのいくじなし…!」と言われ(言われてません)、ダニー@クララは弱気な自分の心に気付き、リハビリを頑張り、ようやく立てるようになりました!良かったね~(´Д⊂グスン
すっかり車椅子に馴染んでて、現場には出れないけどラボの仕事には支障ないみたいだったので、長引くかと心配していたのですが。完全復帰まで先は長いのかもしれませんが、立てたことが大きいですよね。みんなこれで一安心だ。あとはフラックだな…。

ダニーがリンジーとくっついてからは、マックとフラックのツーショットが多く見られるようになって、個人的には嬉しいんですけど、S6が始まってからのフラックはどこか抜け殻で無精ひげが痛々しくて見てられません。
ステラ(だったかな?)の「無精ひげなんて生やしたことなかったのに…」て言葉がとても重く感じられて切なかった…。

そして、事件の方は今度はコンパス・キラーなる者が出てきました。タクシー・キラー同様、数エピにまたがる事件になるみたいですが、現場に残されたコンパスにはどんな意味があるのか!?気になる!
[PR]

by norarican | 2011-02-01 00:27 | CSI:NY | Trackback | Comments(0)