カテゴリ:過去の出演作( 7 )

コリン・ファレル主演映画/「マイアミ・バイス」

気になる俳優さんの過去出演作を忘れないうちにレンタルリストに入れておくんだけど、やはり新作優先になってしまうのでなかなか見れず、そのうちリストに入れたことを忘れてしまうワタシ。そうなることは自分でも分かってるので、覚えてるうちにリストに入れるわけなんですが(^^;)。

で、新作を見きると、ふいに昔の洋画が送られてくるんですけども、今回やって来たのは「マイアミ・バイス」。2006年の作品。
CSのCMでタイトル聞いたことがあるくらいで、実際に見たことないんだけど、同タイトルドラマの映画版らしい。といっても、ドラマの監督が制作?脚本?したけど、リメイクだかリブートだかでキャストは一心され、中身もだいぶ異なっている模様。
CMのイメージだと、マイアミという土地柄、ラテンのノリで陽気だけど多発する麻薬犯罪に挑むタフな2人の刑事…だったんだけど、この作品はだいぶシリアスで男臭く、骨太な印象でした。

コリン・ファレルの出演作ということで見たのですが(他の出演者は特に気にしなかった)、見たことある人いっぱいいたよ。まずファレルが演じるソニーの相棒リカルド(リコ)がジェイミー・フォックスでW主演。2人の刑事に捜査を依頼するFBIが「アナ・トラヴィス」の警部。ソニー&リコのチームの1人(役名出てこず)が、「ブレイクアウト・キング」のレイ。ソニーが恋に堕ちる敵のボスの愛人がコン・リーでした。やっぱコン・リー、キレイだなー。

※ややネタバレしてますので、ご注意!

c0184546_041211.jpgマイアミ警察の特捜課のソニーとリコの元へ、2人の情報屋から取り乱した様子で連絡が入り、駆けつけると情報屋の家族は殺され、それを知った情報屋も自殺。同時期に犯罪組織に潜入していた捜査官3人も殺される。
殺害された捜査官達は、FBIやATFなど複数の司法機関が合同捜査していた事件を追っていて、内部情報の漏洩が疑ったFBIのフジマは、面が割れていない、かつ有能なソニーとリコに内通者探しを極秘で依頼。

2人は仲間と共に麻薬の運び屋として潜入するため、仲介役であるイエロと接触する。ソニーは、交渉の場に麻薬組織のボスの代理として同席した美女イザベラに惹かれ、やがて2人は深い関係になっていく…なお話。

その後、お試し仕事を経て運び屋として信用を得た2人と仲間達は、当初の目的(FBIなどが追っている件)であるイザベラのボスの仕事を受けることになり、事件解決に向けて動くのですが…。

ストーリーは、ソニーとイザベラの関係と密売組織に潜入する刑事達の話をメインに、リコの同僚で恋人が危険な目に遭ったり、ソニーとイザベラの仲に嫉妬したイエロがボスに密告してイザベラが縁切られたりがあって、終盤イエロ率いる密売組織との激しい銃撃戦に突入。この時、イザベラは自分が愛した男が警察であることを知るのです。

先に書いたように、ドラマCMのイメージとは違い、骨太な男達が組織に深く潜入する様子がシリアスに描かれているんですけども、場面の切り替わりが早かったり、シーンが短かったり、そのシーンが持つ意味が分からないまま過ぎてしまったりして、若干話がわかりにくくなってる気がしました。実は今でもよく分かってない(^^;)。かと思えば、「ここ、こんな長くいる?」と思うシーンが多々あって、単調で淡々な印象も。

ソニーとリコのバディがメインだけど、仲間達も仕事の時は一緒に行動してるのに、2人と仲間達との関わりがほとんど描かれていないのも気になるところ。扱いのわりには出番多いんだけど、何の説明もないので、いつの間にかいるって感じ。たぶん2人と同じ特捜課所属なんだろう…な?

あと、せっかくのマイアミ特有の昼と夜のギャップの変化みたいなものがあまり感じられず、夜の場面が多いので画面が暗くてですね。銃撃戦も夜だからTVで見てると、ちょっとキツかったかなー。

コリンさんは、ちょいロン毛でワイルド。男の色気がむんむん漂ってて、コン・リー演じるイザベラとのベッドシーンが妙に生々しく見えてしまうのは、例のビデオ流出事件が念頭にあったから…なのは否定できません(^^;)。
でも画的なことを言えば、正直ちょっと不自然、なのに微妙に長い。もっと濃厚で扇情的or情熱的に描かれていたら、2人の関係性や感情にもっと深みが出たんじゃないかなーと思ったり。決して、コリン・ファレルの濃厚なベッドシーンが見たいという、個人的な願望だけで言ってるのではないですよ(笑)。あの状況であの体勢で1度もキス無しなのは、やっぱ不自然だと思うの。
潜入捜査につきものの複雑な心理をより深く表現出来たんじゃないかな、と。敵と分かっていながら女を愛してしまう男と、嘘と知らずに男を愛してしまう女。例え気持ち(愛情)は本物でも、偽りの上に成り立っている関係に苦悩する…みたいなの。

銃撃戦は面白かったけど、ラストはソニーとイザベラ、リコと恋人のシーンで終わっちゃって、あれ…?肝心の内通者探しは…?イザベラのボスも野放し…?ワタシが1番大事なとこ見落としちゃったのかな…?で、結局何が解決したのか、最後まで「よく分からない」て気持ちのまま終了。なんとも消化不良な感じで、2時間超えで、これはちょっとツライ。

あとね、バディものなんだけど、ソニーとリコの絆やコンビネーション、阿吽の呼吸を感じる場面があまり無かったのが残念。キャラも良かったし、演じてる2人も良かっただけに勿体無い。悪くないんだけど、良いとも言えない。俳優目当てで見る分には良い…かも?
[PR]

by norarican | 2013-03-15 01:04 | 過去の出演作

ジェレミー・レナー ゲスト出演ドラマ/『Dr.HOUSE』S4

「ザ・タウン」での演技が印象に残っていたジェレミー・レナー。先日鑑賞した「マイティー・ソー」でチラッと出演してたのを見て、ちょっと気になったのでプロフィールを検索。過去の出演作を見るとドラマへのゲスト出演も多数あって、その中に『Dr.HOUSE』を発見!
「ドラマならば見れる!」と出演エピを調べてみたらS4の第9話「ゲームオーバー」(原題:GAMES)に出ていたそうな。わー、まったく覚えてなーい。当時は彼のことを知らなかったから当然といえば当然なんですが、そもそもS4の細かいエピソードなんてワタシが覚えているはずもなく。早速DVDを引っ張り出して視聴しました。気になることはすぐ実行するタイプです。

ジェレミーはパンクロッカー(歌手)の役で、ドラック中毒で依存症の症状をすべて発症し、ハウスの診断を受けることになってました。新しい部下を決めていた頃ですね。アンバー、13番、タウブ、カトナーの4人の中から2人選ぶようカディに迫られ、ジェレミー演じる患者の診断を4人で競わせる“GAME”を始めたのでした。
なので、患者に接触するのは主に4人なんですが、ハウスが診察する場面が1ヶ所だけありジェレミーとのツーショットになぜかテンション上がりました(笑)。

ジェレミーはワタシの中でショーン(パトリック・フラナリー)に近い匂いを感じる役者さんなんです。あくまでワタシの中での基準ですよ(^^;)。すごく演技に惹きつけられて見入ってしまうタイプ。
『Dr.HOUSE』の他に『CSI:科学捜査班』もあったので、後日見ようと思います。

後々調べてみたのですが、「マイティー・ソー」にチラッと出てたのは次回作の「ジ・アベンジャーズ」の布石だそうで。ジェレミーはホークアイという弓の名手にキャスティングされているのだとか。なるほど、そうだったのか。スターク(アイアンマン)の名前が出て来たのもそういう訳だったんですね。
[PR]

by norarican | 2011-07-22 01:14 | 過去の出演作

過去の出演作、検索中。

友人と映画話してて、「だいたい1時間半~40分くらいの映画が多い」て何気なく言ったら、「え゛っ!?映画で2時間ないもの(そんな短いの)ってあるの?」て、めっちゃ驚かれました…。ああ、ワタシここんとこミニシアター系とかDVDスルーとかばっか見てたからな(^^;)。

リーアムの「96時間」見たしWOWOW(だったか?)で放送された「レクイエム」録画したし、今度はブラッドリーの見ようかしらと思って調べてみたんですけど…。彼は2009年の「ハング・オーバー」でブレイクしたから、まだ主演作やメインキャストの作品て、あまりないのね(^^;)。オムニバスはレンタルじゃ勿体無いし、何よりブラッドリーを存分に堪能できないし…。

で、DVDスルーの主演作(「ミッドナイト・ミート・トレイン」)があるのを知ったんですが、これがホラーだったりする。怖いだけのホラーなら頑張って見ちゃうけど、かなりグロくて痛いらしい。ダメだ…。無理だ…。ちなみに「あずみ」の監督のハリウッドでビュー作らしいです。グロさ加減がなんとなく予想できる。ブレイク前だったから可能なキャスティングだったんだろうなー。
「ケース39」はかろうじて見れそうだけど、どうかなー?

ところで、サランド・ブロックと共演し、ラジーでカップル賞を獲ってしまった「ウルトラ I LOVE YOU!」(アカデミーとラジーの両方に出席したサランドがカッコ良かったよね!)、これ劇場公開されなかったんですね。てっきりされてると思ってた。とりあえずこれから見るかぁ…。ラブコメは「バレンタインデー」とかで見てるから違うジャンルのものが見たかったんだけど。
[PR]

by norarican | 2011-06-10 00:40 | 過去の出演作

マーク・ハーモン 出演作メモ。

NCISのギブスがハンサム過ぎて心奪われっぱなしなので中の人の出演作が見たくてたまりません。職員の注意を自分に向けるための口笛とか。たまんない。あのひと笛でその場にいる全員を冷静にさせるなんて。どんだけしつけがいいんだ。て、これはギブスの話でした。

話を戻して。
ギブス以外の彼を見てみたくて、中でも1番見たいのは「シカゴ・ホープ」が見たいんですけど残念ながらDVD化されてないんですよね。日本でも放送してたのになんでかなー?古いから?ビデオはS3まで出てるらしいのですが…。VHSて何?
断片的には見たことあるんですけど、しっかりと意識して連続して見たい。

仕方ないので「ザ・ホワイトハウス」に出演した回を見ようと思ってます。出演時期は2002年だからNCISの時とさほど変わりはないと思いますが。DVDの特典映像でこのドラマを見てマークさんをギブスにキャスティングしたとかしないとか言ってたので。その時に備えて出演エピをメモしときます。
シーズン3:19話、20話、21話、22話。

映画で見れそうなのは「フォーチューン・クッキー」かなー。後は昔過ぎるか近いかなので。中間時期を見てみたい。…となると、やっぱ「シカゴ・ホープ」なんだよなー。むむむ。
[PR]

by norarican | 2010-03-15 00:45 | 過去の出演作

好きなんだからしょうがない。

スピードルが好き過ぎて中の人(ロリーコクレーン)の過去出演作品調べちゃったのでメモ。

「バッド・チューニング」(1993)
「レニー・ゼルウィガーの危険な天使」(1994)
「エンパイア レコード」(1995)
「ブラック&ホワイト」(1998)
「フローレス」(1999)
「スキャナー・ダークリー」(2006)
「クライシス」(2006)
「Right at Your Door」(2006)

「The Company」(2007)-テレビシリーズ

「スキャーナー・ダークリー」はキアヌ・リーブスやロバート・ダウニー・Jrなどと共演。
「クライシス」はロリーが主演のパニック映画らしい。(ちらっと感想読んだ)
あとはココで。
古いのより『マイアミ』以降の作品が見たいかな。ていうか、2006年に公開された作品が多いのね。時期的に考えて、その後『マイアミ』S6にゲスト出演したのかな…?
[PR]

by norarican | 2009-10-09 20:39 | 過去の出演作

他作品出演 確認中。

好きな俳優さんが以前出演していた作品を確認しております。

■ダニー(CSI:NY)
『バフィー』第1話の「ヘルマウスへようこそ」で姿確認。
オープニングでヴァンパイアの餌食になる若者役でした。クレジットが“Boy”となっていたのでチョイ役と言っていいのかな。ロッカーから“ぬうっ”と出てくる(発見される)死体役なんかもやってました。たしかに若いけど、髪型も今と同じ短髪なのであまり変わってない印象。

『CSI』のS3、1話で姿確認。
改造車(?)の集会に顔を出すちょっとワル&軽薄なキャラでCSIメンバーに事情聴取され事件に繋がる情報をもたらす役でした。出番はそれ1回で出演時間はほんのわずか。1分あるかないかくらい。この人が数年後、NYのCSIメンバーになるなんてねえ…。なんて思いながら見てました。ベガスとNYのクロスもあったらいいのに。

■ブース(BONES)
『バフィー』にてブースの若かりし頃の姿も見れました。
エンジェルて役でまだ物語の始めなので謎めいた役でしたけど、エンジェル主役のドラマが製作されたと聞いたので人気があったのでしょう。たしかにカコイイです。今もカコイイけど。

■サム(SPN)
『ギルモア・ガールズ』シーズン3で確認。
可愛い。すげ可愛い。今より小ぎれいだし。いや、今が汚いってわけじゃなくて(笑)
役柄的なものもあるけど、ティーンエイジゃー!て感じではつらつさがある。いや、今がはつらつとしてないってわけじゃなくて(笑)
少年ぽい幼さが残ってる印象ですね。今は男らしさが増したかな。すごく瑞々しくて初々しい。そして、可愛い。人気あったの分かるわー。ああ、サムにもこんな可愛い時があったのねー。今は生意気になっちゃって。兄ちゃんのいうこと全然聞かないけど。(妄想です)

同じ作品で『HEROS』のピーター発見。彼もギルモア出てたんですね。優等生っぽいサムと違ってちょっと素行の悪い男の子でこれまたカコイイ。
私が見た時は、主演の女の子の元カレがサムで今カレ?がピーターな三角関係でサムとピーターがケンカしとりました。私から見ると“サムとピーターがケンカしとる”な風景でなんとも不思議でした。

■スピードル(CSI:マイアミ)
『24』に出演するのはホントだったみたいですね。海外情報に疎いから今頃言ってますけど^^;。
ココの記事読むと役名も出てる。ジョニー・デップの出演作にも出るらしいので日本公開チェックしとこ。( ..)φメモメモ

■『ベガス×マイアミ』クロスエピ
グリッソムはお留守番だったんですね…。ホレイショとのツーショット期待してたのになー。
マイアミに乗り込んで来た時のベガスチーム(キャサリン&ウォリック)…というか、キャサリンはちょっと縄張り意識強めなのね。「これはうちの事件だから」みたいなことをホレイショに言って牽制してたのが意外。NY×マイアミはそうでもなかったから。でも行方不明の少女を見つけたのはホレイショなんだけどね!
ホレイショは登場の時から子供に優しいキャラが強調されてたんだなー。もう完璧にキャラが出来上がってた。腰に手を当てるしぐさとかサングラスのかけ外しとか首をかしげるしぐさとか。立ち振る舞いが今と変わらない。スピードルが1番最後に登場して、「ベガスの人?よろしく」て気さくに挨拶してたし、カリーも明るくて人懐っこくて可愛らしい。全体的に明るい陽気な雰囲気を出してるって感じかな。
[PR]

by norarican | 2009-04-20 00:09 | 過去の出演作

覚え書き/他ドラマ出演作品。

ワタシが好きな出演者達が他のドラマでどんな役を演じていたのか、現在のキャラクター以外の彼らが見たくなったのでちょいと調べてみました。確実にピンポイントで見る気なので自分用にまとめておきます。
ネットで拾い集めた情報なので正確かどうかは自分で確認するまで分かりません^^;。

◆ダニー(CSI:NY)/カーマイン・ジョヴィナッツォ
・「バフィー」(邦題:恋する十字架)/シーズン1:1話、2話
・「CSI:科学捜査班」/シーズン3:1話
※全然関係ないけど、吹替版のダニーは「ER」のカーターなんですね。

◆フラック(CSI:NY)/エディ・ケイヒル
・「Sex and the city」/シーズン3:4話(サラ・ジェシカパーカー演じるキャリーの年下の恋人ショーン役)
※これがTV初登場。
・「Law & Order SVU」/シーズン2:17話
※全然まったく記憶に無い。
・「チャームド」/シーズン3:5話(長女・プルーの新しいボーイフレンド役)
(デート中、プルーが悪魔退治に行ってしまい放置される)※これなんとなく覚えてる。
・「フェリシティ」/シーズン3:9話~11話

◆デルコ(CSI:マイアミ)/アダム・ロドリゲス
・「ロズウェル」/シーズン3
※CSの“サイファイ・チャンネル”で見れそう。

◆スピードル(CSI:マイアミ)/ロリー・コクレーン
「24」のシーズン7に出るとか出ないとかってウワサ。「マイアミ」の最新シーズンにゲスト出演するとかしないとかってウワサも…。

◆ディーン(SPN)/ジェンセン・アクレス
・「ヤング・ヤングスーパーマン」/シーズン不明
(ラナ・ラング(クリスティン・クルック)に恋心を寄せるジェイソン・ティーグ役)
・「ダーク・エンジェル」/シーズン2
※これは確認済み。

◆サム(SPN)/ジャレッド・パダレッキ
・「ギルモアガールズ」に出演していたのは有名ですよね(SPNでもセリフに出てくる)。でも、見たことないんで、今“LaLaTV”で放送されてるのでチェックしてみるつもりです。ジャレが見れたらそれだけで満足なの。
[PR]

by norarican | 2009-03-21 23:55 | 過去の出演作