カテゴリ:英国ドラマ( 73 )

英国ドラマ/「ミステリーinパラダイス」 シーズン4 後半4話視聴。

c0184546_003717.jpg

腰を痛めたこともあり、予定が思うように進まずバタバタしていましたが、ようやく落ち着いてきました。そして、気付けばもう18日…。うーん、時間が過ぎるのが早い。

では、本題。引き続き年末年始関連の話で恐縮ですが。前半の4話まで見たけど、後半の4話を録画予約し忘れて見れずにいたのですが、12月のリピート放送を録画して、年明けてからようやく全話視聴しました。

4話ラストでカミールが島を去った(降板)のは、よーく覚えていたけど、初っ端「え、この人ダレ?」な人がいました。もうすっかり忘れてるよ、ワタシ…(-ω-;)。
見て行くうちに思い出しました。フィデルの後任で入ってきて、カミールと女子トークしていた子(フロランス)ですね。制服じゃないから分からなかった(^_^;)。カミールがいた頃は制服警官だったけど、昇進してカミールの後任として、ハンフリーの相棒を務めているわけですね。
やけにハンフリーの扱いが上手いし、なんだか昔からいるような様子だったので、ワタシの知らないところで出て来た子か?と、自分の記憶をちょっと疑った。それもそのはず、カミールからハンフリーの取説もらっていたみたいです。(メモだかノートだか)。さすがカミール、ぬかりないな。

というわけで、彼女が昇進したので、制服警官(若い男子)JPが新たに加入。真面目な性格で、ベテラン警官のドウェインとはちょっと考え方が合わないところもあったけど、相棒の絆を深める出来事があってからは、すっかり打ち解けたようです。ドウェインは、南国育ちらしく陽気で女好きだし、いい加減なところもあるけど、友達想いの善いヤツなんだよ。

8話のネタバレ含みます!ご注意!!
[PR]

by norarican | 2016-01-18 23:50 | 英国ドラマ | Trackback | Comments(0)

英国ドラマ/「ミステリーinパラダイス」 シーズン4 4話まで視聴済み。

シルバーウィーク終了しましたねぇ。。。連日、朝早く出掛けて夜遅く帰宅する日々で、疲れというか寝不足で平日の方がよっぽど睡眠時間ある気がしました。しかし、毎日お天気が良くて、うっかり日焼け止め対策怠って出掛けちゃったもんで、すっかり日焼けしちゃいました。肌がジリジリ。でも、楽しかったー!!(*^_^*)。はぁぁぁぁ、日常に戻るのヤダよ~(>_<)。
ドラマ視聴は進まなかったけど、映画はリピート含めて4本見て来ました!それはおいおい語るとして。


c0184546_1344287.jpg


では、本題。現在4話まで視聴したところなのですが…。

わお…。わお…。(大事なので2回言いました)

いきなりの展開で頭がついて行かないんですが…。

カミールに片思いのハンフリーが、告白するのか?!しないのか?!モジモジしてるうちに、3話ラストでいい雰囲気になり、いよいよ告白か?!と思ったら、何やらカミールも話がある様子。微妙にかみ合わない会話。こ、このお約束の展開は…。

先に話始めたのはカミールで、その内容は、「パリへの異動話が来たの!」でした(´ロ`;)。潜入捜査官としてお声がかかったそうで、彼女は潜入捜査の仕事をしたがっていたので、異動話にウキウキ。反対に、やっと意を決して想いを告げようとした矢先の予想外の展開に、ハンフリー呆然。

続く4話で、ハンフリーの気持ちを知ってか、署長から「上司2人(署長とハンフリー)の同意がなければカミールの異動話は無くなる」、「その経緯はカミールに伝わることはない」と言われて、考え込むハンフリー。署長としては、カミールは有能な警察官だから手放したくないって気持ちもあるそうな。
カミールの気持ちを考えれば、パリに行かせてあげたい。でも、離れたくない。と、悶々としていたけど、結果カミールのパリ行きは立ち消えとなり、消沈するカミール。
なんだ、やっぱり行かないのかとホッとする反面、ハンフリーがカミールの気持ちより自分の気持ちを優先することにモヤモヤしていたら…。

ラストで、ハンフリーが正直に自分がパリ行きを潰したことを白状した後、先方に話をつけてカミールのパリ行きが決定いたしました!で、えっ…?Σ(゚△゚ )。明日、出発で、えっ…?Σ(゚△゚ )。カミールは嬉しそうにママに報告で、え…?Σ(゚△゚ )。な、なに?何が起こったの??

気が動転してる間に、カミールを見送るために桟橋にみんなが集まって、最後にハンフリーが駆けつけて、手を振るカミールを乗せた船が遠ざかって行きました…。

はい、カミール終了ー。

てことで、カミールはここで降板らしいです(T_T)。マジかぁー!!!
まあ、今回は、明るく見送って、明るく去って行ったのがせめてもの救いかなぁ…。

これで、1話から通して出演しているオリジナルメンバーは、ドウェイン1人になりました(笑)。そんなに話数ないのに入れ替え激しいな!

ハンフリーとカミールの関係に進展があるのかと期待していたけど、まさかの展開にビックリした4話でした。5話からは、新しいメンバーが参加するらしいですよ。
[PR]

by norarican | 2015-09-24 23:31 | 英国ドラマ | Trackback | Comments(0)

英国ドラマ/「ミステリーinパラダイス」 シーズン4 視聴開始。

c0184546_0522753.jpg


最新シーズンとなるシーズン4は、今年(2015)1月に放送されたばかりで、シーズン5の制作が決定しているそうです。

早速2話まで視聴。ていうか、2話連続放送だから早く見なきゃなんで(^^;)。
前シーズン、リチャードの後任でハンフリーがやってきましたが、シーズン4では、フィデルがどこかに異動した(?)設定でいなくなってました。活発に動ける若者だったし、色々吸収して成長してるところだったので、彼の成長が見れなくなったのは残念。

てことで、1話は、これまでチョイ出だった署長が臨時で捜査に参加してました。このまま、署長がチームに居座るのか?!と思ったら、2話目で女性巡査が新しく配属されました。フィデルの時同様、ドウェインが先輩風吹かせてコンビを組むのですが、これまたフィデル同様、新メンバーは少なくともドウェインよりは優秀みたいですよ。
今まで女性がカミール1人でしたが、女性が増えたことで、ガールズトーク的なノリも生まれて、新しい効果が出ているように思います。

あとは、ハンフリーがカミールへの想いを募らせて、奥手ながらも勇気出して映画に誘ったりしてるんだけど、「ごめんなさい、これからデートなの」と、あっさりフラれたりしてます。今のところ、ハンフリーの片思いだけど、これからどう展開していくのか。カミールはハンフリーの想いに気付くのか。気になるところです。
[PR]

by norarican | 2015-09-14 23:52 | 英国ドラマ | Trackback | Comments(0)

英国ドラマ/「刑事フォイル」 シーズン7 全3話。

c0184546_25149.jpg

シーズン7からは戦後のお話。

3話まとめてのことだけど、戦時中は敵を倒す、敵国に勝つという目標があって、それがある意味、国や国民をひとつにしていたんだけど、戦争が終わって人々が自由を取り戻すと、経済格差や戦争体験の有無など様々な差やすれ違いが生まれてしまって、なんとも世知辛いことになっていました。やるせない気持ちになった。
特に、戦地で戦っていたり捕虜になっていた兵士と、国に残った人々の間では、同じ戦時中でも別世界というか、それぞれ異なる時間が流れていたのだということを改めて感じるような場面が多かったように思います。
そして、戦時中よりも事件の背景やら事情やらがより複雑な気がした。戦争は表面的には終わったけど、水面下での国家同士の戦いが始まり現在に至るという感じ。情報戦争時代に突入したのだなぁ…て。

全3話の中で、印象に残ったのは第1話で、有名画家の殺害事件とロシア人捕虜の話。
フォイルは早く辞職したいのに、君は優秀だからとか人手不足だからと引き止められて、渋々期間限定で留まることに。てことで、終戦後のS7もまだまだ“刑事”でした。
フォイルは、辞職したらアメリカに行くつもりらしいです。やり残した仕事があるのだとか。

で、ある日、有名な画家が殺害されて、昇進&異動したミルナーが部下を連れて捜査に行ったら、第一発見者がサムでした。サムは、画家のところで秘書兼お世話係をしていて遺体を発見。画家のところには、ロシア人捕虜の青年が労働奉仕?で働いていたけど、行方が分からないことから、ミルナーは第一容疑者と考える。そこへ、別件で画家に会いに来たフォイルに遭遇。フォイルは、政府関係者から移送中に脱走したロシア人捕虜の捜索を依頼されていて、画家のところに捕虜の青年がいる関係で、画家に話を聞きに来たところでした。

ところが、ミルナーはやけにフォイルに他人行儀というか、事務的な態度で、「ここはうちの管轄ですから」とフォイルを追い返そうとしたり(別件で来たって言ってるのに)、サムを心配してるのに会わせるのを渋ったり。まあ、その前に、大きな事件を解決して自分の実力を証明したいような様子だったから、フォイルに関わって欲しくなかったんだろうね。フォイルが関わったら、フォイルが解決しちゃうからな(笑)。手出さないで!ひとりで出来るから!てことかと。

ネタバレ続きます。
[PR]

by norarican | 2015-09-10 23:49 | 英国ドラマ | Trackback | Comments(0)

英国ドラマ/「刑事フォイル」 シーズン6 第3話。

c0184546_0253825.jpg

既にシーズン7も見終わって、シーズン8の視聴を始めていますが、ひとまず区切りってことで、シーズン6ラストの第3話の話をしておきます。

S6は、舞台背景が終戦間近なシーズンでしたが、第3話ではいよいよ終戦ムードが高まり、後は公式宣言?を待つばかりな状態で、世界的に大きな変化が訪れようとする中、フォイル達の周辺でも色々と変化がありました。
終戦に伴いなのか、フォイル達が所属していた警察署は閉鎖され、新しい署にお引っ越しとかで、署員がバタバタと荷造りの最中。フォイルは、署が移転するタイミングで退職、ミルナーは他の署に異動して、警部補に昇進するかどうかの連絡待ち、サムは次の職探し(フォイルが退職するので)。しかし、サムの仕事はなかなか決まらず、フォイルの勧めで帰還兵のお世話をする団体でボランティアすることに。

そして、フォイルの息子アンドリューは、会話の中で連絡はないけど、任務地だかロンドンだかにいると言っていたのですが、第3話でひょっこり帰ってきました。てっきりもう出てくることはないと思っていたので、なぜにこのタイミング?と、正直ちょっと不思議。終戦だからかな…?それに、サムに対してあんな不誠実なことしたのに、よく戻って来れたな…て(笑)。でも、フォイルが嬉しそうな顔してるので許します。

アンドリュー曰く、戦力外通告されて戻って来たのだとか。なんでも、耳鼻科系の病気?になってしまい、入院してたそうで、その影響で目を悪くして、もうパイロットは出来ないそうな。親子でお酒飲みながら、生きて帰って来たことをしみじみ噛み締めていましたが、どうしても避けては通れないサムの件。そりゃそうですよね、今もフォイル専属の運転手なんですから。
どちらが切り出したか忘れましたが、アンドリューは現地で恋に落ちたという女性とは別れたそうで、「サムに会いたい」て。いやいや、久しぶりの手紙で別れ話したのアナタでしょ!(笑)。フォイルにも、「(お前が)振ったのに?」て、チクリと言われてました。

ネタバレ含みつつ続く。
[PR]

by norarican | 2015-08-25 23:25 | 英国ドラマ | Trackback | Comments(0)

英国ドラマ/「刑事フォイル」 シーズン6 視聴始めました。

c0184546_1192813.jpg

前回視聴した時は、セレクトエピだったと後から知り、今回ファイナルを含むシーズンを全て放送するというので、再度頭から録画。コツコツと視聴しましたが、どれが抜けエピだったのか分からないっていう(^^;)。みんな見たことある気がするよ?

まず、シーズン構成について仕入れた情報を整理しておきます。でないと、頭混乱して集中できないので(^^;)。
英国での放送は、S1:4話、S2:4話、S3:4話、S4:4話、S5:3話、S6:3話、S7:3話、S8:3話で、シリーズ終了がシーズン8で、2015年2月に放送されたばかり。
一方、日本(AXNミステリー)での放送は、S4の4話を何故か2話ずつに分けて、S4:2話、S5:2話として放送。結果、シーズン数が1つズレて、ファイナル=シーズン9となっている模様(前後シーズンの話数は、英国同様)。

このドラマは、2007年に一度シリーズが終了しているのですが、それが英国ではS4、日本ではS5となっているようです。ということで、フォイルが辞表を出して警察を去って行くエピソードがやはり当時はシリーズ終了だったみたいですね。しかし、復活を望む声が多く寄せられシリーズ再開。それが今回AXNミステリーで放送されているS6のようです(英国ではS5)。

てなわけで、ワタシ初視聴のS6。フォイルが警察辞めちゃったのに、「刑事フォイル」(邦題)とはこれいかに…と思いつつ視聴。

※ネタバレあります!ご注意!!

フォイルが辞めましたが、ミルナーは署に残ったようで、新しい上司(後任警視正)の元で事件の捜査。どこかのシーズンで交代した受付の巡査がフォイルがいた頃を懐かしむ中、ようやく出て来たフォイルは、サムにタイプしてもらって、本の制作中でした。これまでの仕事のまとめ的な?
サムは、フォイルが退職後、後任警視正にクビにされ、元の所属の婦人部隊?に戻り、とある場所の資料室で働いておりました。ちなみに、時代設定は、終戦間近の1944年頃で、フォイルが警察を辞めてから1年後。

フォイルは別の仕事に就いてる様子もなく、サムにタイプしてもらったり、新しい上司に物足りなさを感じているミルナーの相談に乗ったりしてました。新任の警視正は、どこかやる気がない人で、型どおりの捜査をして終了といった感じで、フォイルとサムが去ってからは、ミルナーはもちろん、受付の巡査含む職員全員の覇気というか活気みたいなものが無くなってしまったぽいです。

つづきもネタバレ!
[PR]

by norarican | 2015-08-06 23:19 | 英国ドラマ | Trackback | Comments(0)

英国ドラマ/「刑事フォイル」 シーズン5までのセレクトエピソード視聴終了。

c0184546_1512227.jpg

今回放送されたシーズン5までの全12話を視聴。エピソード数は、S1:2話、S2:3話、S3:3話、S4:2話、S5:2話。全部放送してくれてるのかと思ってたけど、どうやらセレクトエピソードだったらしい。

S2あたりでフォイルの息子アンドリューに結婚を考えているカノジョがいると思ったら、事件絡みで別れて、S3ではケガで休養中にフォイルの専属運転手サムと恋仲に。サムは信頼ある部下だし、何よりとても良い子なので、フォイルも安心して任せられると思ったら(フォイルには内緒で付き合ってたけど、とっくにバレてた)、アンドリューが空軍パイロットの教官になり転属。ちなみに、アンドリューはエースパイロットだったけど、仲間や親友が戦死、重圧などで精神的に参っているところでした。

ところが、S4になったら、アンドリューから便りが届かないとサムがフォイルに愚痴をこぼしていたと思ったら、「1人じゃ寂しかったから、現地でカノジョ作った。ごめん」と、別れの手紙。あっと言う間に(劇中では月日が流れてるけど)破局しちゃいましたー。うそーん。誠実な子だと思ったのに!(>_<)
S3まではレギュラー登場していたアンドリューも、S4~S5は出演なし。だから、破局だったのかな。

その後、戦争に米国が参戦した関係で、地元に米兵がやってきて、その中の1人がサムに猛アタック。デートに誘って、早い段階でプロポーズするほど相手は真剣で、結婚となると国を離れるとか今の仕事はどうするとか、サムにとっては色々悩むところですが、ひとまずは終戦後の話ってことで、良好な関係を続けているようです。

また、フォイル、部下のミルナー、アンドリュー、それぞれが事件の容疑者になったりな展開もありました。特にミルナーの時は、彼を快く思っていない同期(階級は下)が証拠捏造して陥れたりして、当然フォイルは信じてくれてるだろうけど、証拠や証言が出て来てかなり難しい状況だったので、ちょっとハラハラしました。が、やはりフォイル。すべてお見通しでした。

ミルナーには奥さんがいたけど、片足を失ったミルナーを受け入れられず、彼を蔑むようになり、終いには出て行ってしまいました。ミルナーの方も妻に愛想が尽きて、事件絡みで元カノと再会してヨリを戻していたので、てっきり離婚したと思ったら、実は離婚してなかった。そして、2年半後ひょっこり戻ってきて、「やり直したいの」と言い出して、これはやっかいなことになるな…と思ったら、殺人事件の被害者に。ま、それでミルナーが疑われたわけなんですが。戻って来なきゃ生きてたかもしれないのにね。

今回の放送のラストとなるS5の2話目では、上層部が戦争を理由に殺人事件の犯人を見逃す結果になり、「戦争を盾に法が無視されるのであれば、自分は必要ない」と、失望したフォイルが辞職願出したところで終了ー。だよねー。そこで終わるよねー。
表向き、正当防衛が認められた形になるけど、フォイルは計画殺人だと見抜いて上層部に訴えたんですよね。でも、受け入れられなかった。なのに、フォイルが辞めようとすると、「君は優秀な刑事だから残って欲しい」と引きとめたりして、これまで3人だったか?変わった警視監とやらが何を考えているのかサッパリ。赴任した時は、フォイルを邪険にするような態度取ってたのに。よくわからん。

フォイルの有能っぷりは、なかなか有名らしくて、フォイルが捜査にあたることになったと焦る政府関係者もいたり、逆に所詮刑事と甘く見てたら見事に真相暴かれて自滅したりなこともありました。当の本人は、飄々としてますけどね。

英国ドラマ見てると母から「暗い」とか「長い」とか言われるけど、本筋の事件があって、その周辺で細々としたトラブルや出来事があって、一見関係なさそうに見えて、実はすべて繋がっていました!てのをきっちり説明してくれるので、スッキリするんですよね。米ドラのような派手さはないけど、その分心理的な描写や要素があるし、ちゃんと辻褄合わせが出来てるところが好きです。と言いつつも、中だるみ感があるのは否めなくて、実際ワタシも中盤あたりはながら見したりしてました(^^;)。

続きもAXNミステリーで放送して欲しいな~。ていうか、全エピソード放送して欲しいんだけど、出来ない事情でもあるのかしら?!
[PR]

by norarican | 2015-02-20 01:48 | 英国ドラマ | Trackback | Comments(0)

英国ドラマ/「刑事フォイル」 シーズン1 視聴してみました。

c0184546_22455.jpg

これまでタイミングが合わずに見送っていたのですが、新シーズンに合わせてシーズン1から放送してくれるというので録画。現在2話まで視聴。

ざくっと調べたところ、2002年からシリーズが始まり、現在まで9シリーズ(各シーズン3~4話位)放送されているようです。
戦時下が舞台の刑事ドラマ…くらいの前知識だったのですが、欧州のどこかの国にドイツ軍が侵攻したとかしないとか、ヒトラーとか出てくるので、第二次世界大戦中のお話みたいですね。

フォイルは奥さんは亡くしていて、1人息子を大切にしているけど、1話で空軍に入隊することになり、とても心配している様子。また、息子も父親の心配を重々承知していて、里帰りの様子を見ると父子関係はかなり良好なようです。

異動を願い出たけど、却下され刑事を続ける?警察に赴任?することになったところから物語がスタート。女性の運転手サムが付いた後、足を失った帰還兵で元警官のミルナーをスカウトして3人態勢に。
今のところ、戦争の混乱に乗じた事件の捜査をしていますが、戦争真っ只中なので空気やら話題やらが暗いのはもちろん、事件関係者がどうせ侵攻されたら終わりだとか、捜査なんて意味がない的なこと言うので、ますます気が沈みますが、それでもフォイルは、「自分は刑事でこれが自分の仕事」と事件を解決していきます。

もしかしたら、フォイルも心のどこかで同じようなこと思ってるかもしれないけど、刑事である以上は事件解決します、犯人逮捕します、というところに、彼の誠実な人柄と正義感、芯の強さを感じて好感触。フォイルの物腰の柔らかさも見やすさの一因で、時代背景は暗いけど、良く出来たキャラクターと上質なミステリーということで、録画しておいて時間のある時に視聴しようかと思ってます。

出演してる人は、みんな、「どこかで見たことあるような…」気がするんだけど、気のせいかもしれない。とりあえず、第1話に若かりし頃のジェームズ・マカヴォイ(X-MENなど)と、映画「ゴーン・ガール」で失踪する嫁(役の人)が出てました。たぶん。ジェームズさんは空爆で恋人を失う青年で、嫁さんは事件関係者の上流階級のご令嬢でした。
[PR]

by norarican | 2015-01-31 02:18 | 英国ドラマ | Trackback | Comments(0)

英国ドラマ/「新米刑事モース~オックスフォード事件簿~」 Case1~5

c0184546_049412.jpg
Case3~5は、年始頃に放送されているのを見たのですが、新エピソード(Case6~7)の放送に合わせて、Case1~5を再放送してくれるというので録画視聴。
本家の「主任警部モース」は、何話かをチラッと見ただけだけど、ワタシは、新米の頃を描いたこちらの方が好きです。モースの初々しいキャラもそうですが、話がミステリー要素が高い気がする。時代背景などもあるかもしれないけど、謎に満ちた難事件とモースの天才的ひらめきが、「シャーロック・ホームズ」的な面白さがあって、まさに英国ミステリーといったところが好き。まあ、一番の理由は、たぶんモースを演じている役者さん(ショーン・エヴァンス)がいいからなんですけども。

舞台は60年代のオックスフォードで、知識もなければ土地勘もまったくないので、ヒントがあったところで何も分からず、モースがひらめいて事件を解決するのをただ見てるだけなんですけども、そのひらめきを待つ間ワクワク。モースが、いつ、どこで、何をきっかけに閃くのか。そして、謎が解けたモースが説明してくれる時が一番楽しい~。何がきっかけになったのかもちゃんと説明してくれるので分かりやすい。親切モース。
難解な事件であればあるほど、その楽しみは増幅されて、1エピソード1時間半あるにも関わらず、あっと言う間に感じます。ホント楽しい。

あと、職務階級(というのか?)が絶対の時代で、当時モースは刑事巡査=事務職なのですが(事件捜査は刑事部長以上)、偶然事件に関わりサーズデイ警部補にその才能を見出されて、彼の補佐として特別に捜査に参加。サーズデイ警部補は、実績と人望があるから多少の自由は効くらしい。サーズデイは、モースの才能を信頼していて目をかけてくれるけど、全面的にモースを庇うわけじゃなくて、組織間の圧力などに従ったり窘めたり引くこともある。

階級が下のモースが警部補に目を掛けられて、本来とは違う仕事をするとなると、当然それを快く思わないorモースの才能を妬む人がいて、冷遇されたり嫌味や皮肉を言われたりするんだけども、それを尻目に見事に事件を解決して行くのが痛快。
モースがすごく大事なこと言ってるのに、「それは今関係ないだろ!」とか「何言ってんだ?」て、逆に変人扱い。モースのおかげで事件が解決出来ているというのに、謎解きに頭を悩ませているモースに、「お前にできないことなんてないんだろ?」とか言う。ていうか、モースが謎を解いてくれるのを待ってるしか出来ないくせに、随分とエラそうだな!なんですけど、言った本人的には、自分の方が階級が上なんだから、エラそうにしてて当たり前て時代なんでしょうね。

そういった人間関係の中、モースが事件を解決して行くお話です。(長かったな!)

モースは、音楽をこよなく愛する青年で、クラッシックやオペラなどに精通している。幼少期は、あまり幸せではなかったぽく、警察に入る前は少しの間軍に入隊。大学は、名門オックスフォードだったらしい。配属当初は、警察を辞めるつもりで辞表を書いていて、一度は提出したけど、上層部の不祥事とサーズデイのおかげで撤回。前任の警視正の不正を暴いてしまったがために、一旦は事務職に戻るも、偶々事件の一報を受けたことがきっかけで再びサーズデイの補佐になる。で、連続殺人犯との対決に勝ったことで、とりあえず功績だけは認められて、事務職ながらサーズデイの補佐として捜査に参加することに。

というのが、Case3くらいまでの話で、4~5になってくると、風当たりが冷たいのは相変わらずですが、周りも次々と難事件を解決していくモースを認め、頼りにしているようなフシが見えます。「モースが気になるのだったら、それはきっと事件に関係していること」みたいな。

個人的に、特に気に行ってるのは、Case3の猟奇的連続殺人犯とモースの謎解き対決。勝手に同類認定した犯人から推理対決挑まれて、モースが謎解きに奮闘する話で、モースでなければ真相に辿り着けなかったであろう事件ですごく面白かった。もちろん、他の事件もそうなんですけど、モースの実力をきちんと認めているのがサーズデイの他に連続殺人犯だったっていうのが皮肉だなと思って。

英国ドラマらしいミステリー要素の高さと、モースの謎解きが楽しいドラマで、今結構ハマっているところです。が、難点は、「SHERLOCK」同様、エピソード数が極端に少ないこと。1回に2~3話で、気付くと1年間空いていたりする。もっと見たいよ~(>_<)。
[PR]

by norarican | 2014-08-24 23:40 | 英国ドラマ | Trackback | Comments(2)

英国ドラマ/「ミステリーinパラダイス」 シーズン3 視聴終了。

全8話、視聴終了しました。一挙放送は嬉しいけど、HDD圧迫するからキツイわ~。

S3(先行の2話以降)は、ドジっ子ハンフリー警部補とカミール達が絆を深めていく過程が描かれているといった印象でした。元々の性格もあるのでしょうが、ハンフリーは好奇心が旺盛というか、人付き合いは好きなようで、積極的に人と関わったり出向いたりして、いつもニコニコ。リチャードとは別な意味でちょっと変わってるけど、愛すべきキャラクターですね。
このドラマは、ミステリー要素も高いので、一見難解なものだけど、最後に彼が謎を解いてくれるとスカッとします。ちゃんと視聴者にも伏線は提示されてるんだけども、ごくごく自然に描かれていて、実はその中に意外なヒントが…なパターンで、凡人には難しくて、やっぱハンフリーほどの閃きがなければムリなんでしょうな。何きっかけで気付くのかも面白ポイント。

あと、回を追うごとに、ハンフリーがカミールを意識してるっぽくて、一緒に捜査したり飲んだりしてるとすごく嬉しそう。一方、カミールの方は、世話のかかる子の面倒を見るお姉さん的な立場で、ハンフリーの気持ちには気付いていない様子。

そんな中、最終話で島への赴任をきっかけに別れてしまった元奥さんが島へとやって来ました。元奥さんの登場に、これは恋のトライアングル?!と思ったけど、とにかくハンフリーが彼女の存在に激しく動揺。「もうあなたのこと愛してないの…」とか言われた相手ですからね。そら、動揺しますよね。
元奥さんが島へ来たのは、ハンフリーとヨリを戻すため。もう愛してないんじゃなかったのかい。まあ、「離れてみて分かったの…」的なことなんでしょうけど。
元奥さんとの別れに傷ついていたハンフリーは、混乱してオロオロしたり、仕事もうわの空で事件に集中出来ずにいたけど、これじゃいかんと自分に喝入れて、きっぱりと元奥さんに復縁お断りの返事してました。ハンフリーは、島の暮らしが楽しいみたいですよ。

そして、元奥さんを振り切った理由がもうひとつ。ハンフリーは、カミールを愛しているのだそうです。突然の告白にワタシビックリ( ゜д゜)。え、早くない?(笑)。元奥さんがカミールへの愛を気付かせてくれたみたいです。でも、そのことを知っているのは、フィデルだけ。飲みの席で2人になった時に、自然にサラッと重大告白。フィデルもビックリ。ハンフリーは別に隠す気はないみたいだけど、聞いちゃったフィデルの方がギクシャクしちゃいそうだよ(笑)。
ワタシの目には、カミールは世話焼きお姉さんで、ハンフリーはそんなカミールにベタ惚れ&甘え上手な弟みたいに見えて、なかなか微笑ましくて良いコンビなんじゃないかと思ってます。

次シーズンで2人の仲に変化があるのか?!いつか分からないけど、次の放送楽しみにしたいと思います!
[PR]

by norarican | 2014-08-01 23:58 | 英国ドラマ | Trackback | Comments(0)