カテゴリ:NCIS:LA( 29 )

NCIS:LA/シーズン5 17話まで視聴済み。

c0184546_2152547.jpg
≪このツーショットが今では懐かしさすら覚える…≫

毎週楽しみにしてたのに、帰宅したら何故か録画出来てなくて、ショックのあまり視聴が滞っていたら、あれよあれよと言う間に溜まってしまいまして。時間を見つけてコツコツ視聴を進めて、ようやく最新エピ直前まで視聴しました!結構頑張ったよ、ワタシ。

現在17話まで視聴済み。あ゛ー、もう17話かぁー。早いなぁー。

※ネタバレありますので、ご注意!!

ディークスとケンジーがようやく自分の気持ちに素直になって、一夜を共に過ごして関係が1歩進んだと思ったら、みんな(へティとカレンとワタシ)が懸念していたとおり恋愛感情が仕事に影響出ちゃって(特にディークス)、ケンジーご立腹でごにょごにょと言い訳するディークスにキツイ一発をお見舞いしたのは、すごく彼女らしい行動だったと思う。グーだったのがまた彼女らしい。
具体的に言うと、ケンジーが犯人の人質になっちゃって、ケンジーが撃ってって言ってるのに、撃てなかったディークス。結果的に犯人逃がしちゃって、ディークスはしきりに「狙えなかった」と主張してたけど、明らかに動揺してるのが分かったから、ケンジーにはバレバレ。しょんぼりするディークスは可愛かったけど、シビアな現場だから一瞬の迷いが命取りになることもあるしね。

その一方で、ケンジー達はそれ相応の訓練をしてるけど、ディークスは市警の刑事だから、同じようにしろというのも、ちょっと無理あるかな?と思わなくもない。感情優先になる気持ちも分かる気がする。だって、やっと想いが通じたんだもの。
ケンジーは、ディークスだけを責めてるわけじゃなくて、そうした事態を招いた自分にも腹立ててるんじゃないかと思う。ディークスへの怒りは八つ当たり…というのはワタシ設定(笑)。
でも、結局は相思相愛でやっと想いを遂げた2人は、なんだかんだで仲直りして、ラブラブモード!?かと思いきや、ケンジーは極秘任務とやらでチームから引き離されてしまいました。

2人がのぼせ過ぎないための一時的な措置かな?と思ったけど、以降ずっとケンジー@アフガニスタンと男子チーム@ロスが平行して、4~5話を過ぎてもケンジーの極秘任務が片付くどころか状況が複雑になっていくので、やっとこさ「おや…?」と思い始めた次第。気付くの遅すぎ。
ここまで長い別エピってことは、大抵が中の人の事情ですよね。よくよく見れば、ケンジーの動き少ないし、厚着@地元の格好だし。で、そういえばケンジー(中の人)て、最近結婚&出産したって記事見たな…と、うっすら思い出して記事検索。
そうそうコレコレ。お相手がディークス(中の人)のボディダブルしてる実兄で、色々な意味で「えー?!」て思ったんだったわ。ケンジーとディークスが、私生活では義理姉弟関係て面白い。それだけ撮影現場がいい雰囲気なのでしょうね~。

もうちょい続く。
[PR]

by norarican | 2014-12-04 23:16 | NCIS:LA

NCIS:LA/シーズン5 視聴始めてます。

c0184546_2195466.jpg
≪ずっと不眠だったディークスが安心して眠れる場所は、やっぱりそこだよね。そこしかないよね≫

第9話ラストにて。

「なんで私をデートに誘ったの?ハッキリ言いなさいよ!」とケンジーに厳しく追及されて、出て来た言葉が、「ここにいたくない」で、「…………はあ?」となるケンジーとワタシ。続けて、「僕のお家に帰りたい…………君と一緒に」と言い、しばし流れる沈黙の時間。
ワタシも頭フル回転させて考えてみたけど、これは彼なりにケンジーを誘ってるんだよね?ていうか、だからハッキリ言えって(笑)。

困惑するケンジーをつぶらな瞳で見つめるディークス。沈黙する2人を見守っている間、「今ここでこの子が首をかしげでもしたら、ワタシ悶絶する。間違いなく萌死にする」と思っていたら…。

やりおったぁぁぁぁぁーーーー!!!(`Д´)

やっぱり、やりおったーーーーーー!!!(うるさい) やりましたよ!やりやがりましたよ!首かしげましたよ!!!やっぱりかー!やっぱりやるかー!!!このワンコめっ!ワンコめぇぇぇぇぇ!!!(超うるさい)

見た瞬間、鼻血が出るイキオイで発狂。悶絶。萌死。するかと思いました。いや、しかけた。確実に。
やだもう、この子。可愛過ぎる。可愛過ぎて苦しい。ケンジーにキツいこと言われてる間は、もうワンコにしか見えない。耳を垂らして、クゥーンて言ってるとしか思えない。ケンジーをちょっと遠慮がちに、でも目パチパチさせながらじっと見つめる姿、もうすべてが可愛過ぎて、あんぐり口開けてたことは内緒です。

で、ケンジーが席を立って、ディークスも後を追いましたが…。この後2人はどうなったのーーー?!
などと発狂しつつも一方で、現実問題2人がくっつくのは大歓迎ですが(どうせ周りにはバレバレだし)、仕事に影響は出ないのか?ヘティーやカレンが支障が出ると危惧しないのか?とか冷めた事考えてしまう自分がちょっと悲しいです。

※溺愛フィルターがかかり過ぎて、実際の言動と違っていても許してください。

NCISシリーズは、シーズンファイナルになるといつも軍がらみの複雑な話になるので、話について行くのがやっとの状態で、なかなか感想かけずにそのまま新シーズンに入ってしまうのですが、このドラマのS4~S5は、ワタシ溺愛のディークスが痛い目に遭った事で特にツライものとなりました。もう直視できないくらいでした(でも見たけど)。事件が解決しても、トラウマを引きずって、いつもの調子が出ないディークスに毎回心を痛めておりましたが、彼の心の拠り所ケンジーのおかげで少しずつ元気を取り戻して、現在は以前同様、明るくてウザくて可愛いディークスに戻っております。ケンジーさまさま。

ディークスが彷徨っている間、ヘティはディークスとケンジーを信じて様子を見守っていましたが、カレンはディークスの精神不安がチームや任務に影響を及ぼすのではないかと心配していて、そこにカレンの感情に左右されない冷静さ、リーダーとしての資質を見た気がします。冷たいようだけど、ディークスやチームの最善を考えているからこその発想(ディークスを外した方がいいんじゃないか?的な)だと思うんですよね。
そんなカレンの危惧は杞憂に終わりましたが。仲間だからこそ、厳しいことも言える。カレンは、危険な任務を遂行するチームのリーダーにふさわしい人物なんだなと改めて思った場面でした。
[PR]

by norarican | 2014-10-07 23:19 | NCIS:LA

NCIS:LA/シーズン4 ファイナル直前!

c0184546_22101813.jpg
はぁ~、もうファイナル直前だよ~。早いなぁ~。(ファイナルまだ見てない)そして、やっぱり出て来たシドロフ。ファイナルは、彼と決着がつくのかつかないのか、な展開になりそうですね。

今シーズンは、カレンがお遊びトークへの参加が増えたような気がして、何気に毎回楽しみにしてました。ドラマ見る時間なくても、最初のチームトークだけ先に見たり。それくらい楽しみにしてた。サムとのツーショットトークはこれまでもあったけど、4人の時は主にサムが絡んで、カレンは控え目というか見守ってる印象だけど、今シーズンはカレン自らディークスやケンジーいじりして、お笑い場面に絡んでいた気がする。
ディークスが買ってきたランチがマズくて、昨日の残りのピザをケンジーと競って取りに行こうとする姿が子供っぽくて新鮮で、そのシーンだけ何度かリピートして見ました。
あと、子守りを断るケンジーをいじったり、年寄り扱いするディークスにカチンとしたり。へティに詰め寄るシリアスなカレンが、ワタシの中では一番しっくり来るので、カレンがオモシロ台詞言ったりするのが、未だに新鮮で楽しい。

そして、ワタシのお気に入りディークスは、いつも何どきも可愛くて、どのエピも楽しませてもらったけど、終盤エピで印象に残ってるのは22話だったか(うろ覚え)。武器庫で銃の手入れしてるケンジーに、「何してる?」とディークス。「何って?見ての通りよ」とケンジーが答えると、「そうじゃなくて…」と、彼女が手にしている布を指して、「なんで俺のTシャツで銃磨いてるの?」だった事。お茶吹いた。
ケンジーが持っていたのは、ディークスが長年愛用していたTシャツで、学生時代に組んでいたバンドの物なのだとか。それを聞いたケンジーに、「歌って!」とからかわれ、「歌わないと、サムとカレンにバラすから」て脅され、「わかった、わかったから!」と大人しく従うディークス。そんなに2人にバラされたくないのか、と思うと可愛いやら楽しいやら(笑)。エリックが呼びに来たので歌わずに済んだけど。

ファイナル直前の23話で、なぜかグレンジャーからの要請で、潜入捜査していたディークス。また“マックス”を名乗っていたけど、以前のマックスとは少々キャラ設定が違う模様。しかし、ディークスが潜入してたことを相棒のケンジーが知らないって。グレンジャーでなければ何か考えがあっての事と思うけど、彼の場合ろくな事にならないって分かってるからウザイ。
[PR]

by norarican | 2013-12-26 22:10 | NCIS:LA

NCIS:LA/シーズン4 19話まで視聴済み。

c0184546_0394534.jpg
≪REDチームのみなさんと。※間違いを探せ!≫

18、19話は、スピンオフドラマのお披露目エピでした。おう、すっかり忘れてたよ…。「NCIS:RED」だっけか。「NCIS:LA」のスピンオフで、へティが統括している別チームてことになるのかな。

チーム全員がコンテナで共同生活しながら捜査活動する“レッド・チーム”てのがいて、アメリカ各地を転々としているらしい。そこにカレンとサムが協力・合流して捜査する形で話が展開。必然的にお留守番組のディークスの出番は少なめ。なので、ワタシ的には、あまり嬉しくないエピ(笑)。

REDチームは、女性がリーダー(パリス)でへティの信頼も厚く、カレンやサムとも馴染みらしい。メンバーは、若い女性と男性2人。男性の1人が、「ER」のモリスで、もう1人は刑事ドラマ等でよく見る顔。つい最近だと、「メンタリスト」S4でジェーンが記憶喪失になった回に出てた。
計4人だったところに、パリスと過去にワケありらしいロイてのが途中参戦。へティの考えで、彼を呼び寄せてチームに合流させたらしい。てことで、本編の方は、パリスとロイの微妙な関係が中心になっていくのかしらね。

ワタシは、モリス以外はあまり馴染みないし、モリスは別に好みじゃないし(失礼)、目の保養て意味でのお楽しみがなかったので、正直このメンバーで「うーん」だったけど、パリスとロイの中の人は人気ドラマの有名どころだったんですね。パリスは「24」、ロイは「SATC」だとか。うん、どっちも見てないから、馴染みないのも当然だね☆
本編が始まったら、2人の中にヤキモキしたりすんのかな…?てか、モリスじゃない方の人、早々に怪我してストーリーから離脱しちゃったんですけど。え、なに、彼はここでもゲストだったの??お披露目と本編でメンバー入れ替わったりすることもあるので、始まってみなきゃ分からないですね。
このドラマの話題聞かないけど、まだアメリカで放送始ってないないんだろうか?

てなわけで、18話と19話は、レッド・チームメインで寂しかったけど、その前の17話は面白かった。

17話の話はこちらで。
[PR]

by norarican | 2013-11-30 00:53 | NCIS:LA

NCIS:LA/シーズン4 14話まで視聴済み。

出たよ、グレンジャー('A`) (14話にて)。ねえねえ、グレンジャーいるー?

グレンジャーってば、出てくる度に自らの無能っぷりを晒していくくせに、まったく堪えてなくて、よく恥ずかしげもなくノコノコ顔出せるな~と、むしろ感心しちゃうくらいなのですが、今回も期待を裏切らない(?)無能っぷりを発揮。
フラッと現れて引っかきまわして、面倒起こして、結局後始末というか尻拭いするのはカレン達で、今まで上手く収まってたのはカレン達が優秀な捜査官だからなのに、へティ含めて「お前らのやり方認めない」的な態度で、ホントになんでこの人が副局長になれたのか不思議で仕方ない。LA班(潜入捜査)には向いてないってことなのかなぁ?つーか、もうチームに関わらないで欲しいよ。アンタが出てくる度にチームが危険に晒されるんですけど…!なんて思ってたら……。

※14話のネタバレあり。ご注意!

今回のことで堪忍袋の緒が切れたのか、カレンがへティに「もう我慢出来ないから彼を外せ」みたいなこと言ってました。今回は特にメンバーが危険な目にあったから、グレンジャー外しに向けてやっと動き出すかも?!
へティは動かなかったわけじゃなくて、動けなかった&様子見してたんだけども、今度ばかりは本気になりそうな気配。グレンジャーは、へティに関する話は聞いているものの「ホントか~?ただの噂だろ~?」的な甘い考えが時折垣間見れるので、そのまま余裕かまして泣きを見ればいいのに…!(←よほど嫌いなようです)


今回は、カルテルのボスの身柄確保に向かった特殊部隊が返り討ちにあって全滅。どうやら情報が漏れてたらしいってことで、特殊部隊を訓練していた民間企業(TRP)にカレン達が潜入することに。TRPは、訓練した部隊がアルカイダに楽勝だったとかで、ビビるディークス。そりゃそうだよね、カレン達はそれなりの訓練受けてるけど、ディークスは刑事だし、訓練ギライだもの。特殊部隊として訓練に参加するなんて無謀だよね。本番に強い子なのは分かってるけど、ちょっと心配。

本番さながらの訓練を受けつつ、内部を探っているうちに、TRPの1人が訓練中に死亡。訓練を隠れ蓑にした殺人の可能性もあるってことで、内通者探しと犯人探しが平行。TRP全員に容疑が向けられる中、身元を調査するうちに、元軍人(海兵隊の偵察部隊)のTRPリーダーが過去にグレンジャーと任務で関わった人物と判明。グレンジャーは、そのことを隠してカレン達を潜入させていて、そのことだけでも「またお前か…!」なのに、あろうことか絶賛捜査中にも関わらずリーダーを勝手にボートハウスに呼び寄せて接触。捜査のこととかペラペラ話してて、「コイツ…」と絶句。あまりのアホさ加減に言葉が出なかったよ。

え、副局長ともあろう人がそんなバカげた行動する?ていうか、お前の方がよっぽど脅威じゃね?百歩譲って、昔の仲間だから信じてた(信じたい)としても、組織そのものに疑いがある状態でそれはないだろ。部下達の身が危険に晒される可能性を自ら招くって、ものすごく考えられないんですけど!それも一度や二度じゃないんだから、いい加減学べよ!お前が守るものは一体なんだ?!本当の敵は味方にいるっつーけど、それを地でいってますよね、グレンジャーて。ここまでくると、可哀想になってきます(笑)。職業柄、もっと人を疑ってもいいんじゃないかと。あなた、そんな純真なキャラじゃないでしょうよー。

ネタバレつづき。
[PR]

by norarican | 2013-10-25 01:37 | NCIS:LA

NCIS:LA/シーズン4 12話まで視聴済み。

c0184546_2247036.jpg
≪ワタシにとっては、ディークスいてこそのNCIS:LA≫

ディークスが刑事のお仕事(公判だったか?)で1回お休みした9話の次エピ(空母での捜査)を見て、つくづくワタシはディークスがいないと、いまひとつ物足りない、楽しめないのだと痛感いたしました。
話そのものは面白いんですよ、もちろん。カレンだってサムだってケンジーだって好きですよ。だけど、カレンもサムも大人でクール過ぎて、息抜き場面での(ワタシが求める)可愛らしさが足りないんですよね。エリックやネルでは補えない。しかも、ケンジーの臨時パートナーがグレンジャーだったし…。あの人出てくるとメンドクサイんだもの(-ω-;)。

※ネタバレしてますよ!

10話になりますが、空母でNCIS捜査官の遺体が発見され、捜査のために潜入することになったカレン達。カレンは後任の捜査官、サムは大佐?、ケンジーは中佐?、ディークスは民間人(設備担当者だったか)。
ケンジーに背が高くてハンサムな案内役がついて、冷やかしつつも2人のことか気になるディークス。偶然通りかかった際、ケンジーが案内役の体に触れていた(ポンポンと叩く程度)のを目撃しちゃって、2人に目が釘付けで余所見して歩いてたら、頭上の障害物に気付かず、思いっきりゴン!(いい音した)と額ぶつけて、「ア゛ァゥ!」。素で吹き出しました。可愛すぎるぞ、ディークス!

その後、「証拠を見つけたよ!」と、遺体発見現場でほうれん草の破片を見つけて、犯人に繋がる証拠だと主張するもみんなとりあってくれず、「この中で刑事なのは俺だけだから~」(訳:この破片に注目するのは刑事の俺だけ)と言っていたんですけども(もちろん、サム達は「自分達は捜査官だ」と反論)、これが意外なことに(?)事実になりまして。

殺害現場を見つけたディークスが、「俺は名刑事だから犯行現場を見つけられた~」と、3人よりも先に見つけて、フフン♪とご機嫌な様子がまた可愛い。でも、写真撮った直後に、後ろから犯人に襲われちゃいましたけどね☆(無事でした)

やっぱ、この子の可愛さと、いじり倒される愛されキャラ、まったくめげない陽気さとお茶目さ。これがないと、ワタシは楽しめないんだと、つくづく感じました。9話と10話の楽しみ度が全然違って、自分でもビックリした(笑)。あまりにも可愛いので、空母エピ複数リピートしたよ。

そして、現在12話まで視聴済みですが、盗難車事件の話(11話)で、スペイン語ですかね?を話す容疑者のところに潜入するケンジーのバックアップで、ディークスも片言のスペイン語を話すんですけども、ケンジー曰く「文法がめちゃくちゃなんだよ、バカ」だそうで(笑)。
そのエピのラストで、ケンジーがレストラン予約してるのを聞いて、てっきり「俺の誕生日、お祝いしてくれるんだ」て思ってたら、「ごめん、違う」て本気で謝られてて切な(笑)。でも、へティがちゃんと覚えててくれて、みんなにお祝いしてもらえて良かった。

あとは、最新エピ(12話、ネイト帰還)で、金を取り立てるガラの悪い連中に扮したサムが、同じく身分偽って容疑者と接触していたへティに、「黙ってろ、チビ」的な、それはもう汚い言葉で罵倒してて、聞いてるこっちがハラハラしました(笑)。
サムは、“役を演じてる”で済ませて、この際だから言いたいこと言ってるんでしょうけど、脅してる相手は素人だし、それほど徹底した役作りは必要ない場面だし、へティが口パクパクさせて憤慨してたので、ワタシの方が「お願い、やめて。もうそれ以上言わないでー(´ロ`;)」な気分になりました。ありゃ、相当怒ってるよ。サムてば、なんてチャレンジャーなんだ。怖い、怖いよ。後が怖いよー((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル

案の定、事件解決後、へティに呼びとめられたサム。「あれは役作りだったの分かってるよね?」「まさか怒ってないよね?」て、平静装いつつへティの顔色伺ってたけど、内心ガクブルだったに違いない(笑)。

何度も言うけど、ディークスが慌てた時など、「ケンジー(↑)?」て語尾あげて呼ぶのが好き。(←唐突)
[PR]

by norarican | 2013-10-04 22:54 | NCIS:LA

NCIS:LA/シーズン4 視聴開始してます。

c0184546_22201624.jpg
≪ママ達の写真があったら良かったんだけど…≫

レギュラー放送の2カ月前くらいにS4先行放送見ちゃって、幕開けエピを語らない(語れない)まま、現在6話まで視聴済み。

※6話までのネタバレ含みます!ご注意!

いやー、ビックリした。サムに家族がいることは以前明かされて、それだけでもビックリしたっていうのに。第6話で家族つーか奥さん登場。でも、よくよく考えたら、潜入が主な仕事で常に行動パターンを変えるくらい慎重に行動しているサムに家族がいるとしたら、事情をよく知ってなきゃ維持していけないよね。家族が危険に巻き込まれる可能性は十分あるんだから。
妻子がいるって聞いた時は、家族はサムの職種知ってるのかな…?表と裏の顔があるのかな…?なんて、ぼんやり思ってたけど。普通の家族ってわけにはいかないよなー。

さて、少しさかのぼって、第3話だったか。メインキャスト4人のママがゲスト出演した回。
勝手に5話くらいと勘違いしていたので、思っていたよりも早くの登場で、思わず巻き戻して何度も見てしまった。だって、ホントに一瞬なんだもん。ポーカー場に事件の手掛かりを探しに行った際、混雑している中カレンが先頭で歩いていると、マダム4人のテーブルをすり抜けた時にちょっとぶつかってしまう。カレンは「失礼」と謝り、サムがフォローを入れるというという場面(ケンジーとディークスはセリフなし)。

4人が通り抜けた後、マダムがメンバーに対して、「あら、礼儀正しい子ね」とお褒めの言葉。たぶん、自分の子供に対してのセリフがそれぞれあった(ディークスのママはなし?)&歩いてる順番から察するに、画面右からサム・カレン・ケンジー・ディークスのママなのかな?サムとカレンはキャリアがあるので、ママも場慣れしてるように見えたけど、ケンジーとディークスのママは若くて初々しい感じがした。似てるかなーと思ったけど、傍目(画面)にはあまり分からず(^^;)。

6話のネタバレあり。
[PR]

by norarican | 2013-08-29 22:45 | NCIS:LA

NCIS:LA/シーズン3 シーズンファイナル。

今更感想。もうとっくに同枠で本家NCISの新シーズンが放送されてますが、S3のシーズンファイナルまでの2話を視聴しました。23話と24話。この2話は続きになっているので、珍しくシーズンファイナルでカタがつくのかと思ったら、きっちりクリフハンガーになっとりました。三篇に渡る続きエピ。やられた。
しかも、グレンジャーがまたでしゃばってきて能無し晒してた。何の役にも立たず、捜査を混乱させるだけで、こんだけ無能をさらけ出してるこの人の存在意味と理由がいまいち分からないんですよねぇ(^^;)。毎度、捜査で間違った推理や判断してて、いつもカレンの方が正しくて、この人よく副局長になれたなぁーて思ってしまう。全然部下を信頼してないし、人望もない。本家「NCIS」の局長レオンも政治的なことでギブスを牽制したりするけど、結局はギブスを信じて任せてる事もあるけど、この人にはないんだもの。まあ、憎まれ役なんでしょうけど。

その前に21話が「HAWAII FIVE-0」とのクロスオーバーでダニーとチンがLAに来たり、22話でケンジーとディークスが住宅街に潜むロシアスパイを探すため夫婦になりすましたりでした。ダニーとディークスは意外とウマが合わなかった(笑)。ダニーは生粋の刑事だから、ディークスみたいなお調子者の軽いノリにはついていけなそうだもんな。
c0184546_23573896.jpg

話を戻して。※ネタバレしてます

今回出て来たのは、“カメレオン”と呼ばれる男。以前出て来た時のことは、かなりうろ覚えなんですけど…。包帯ぐるぐる巻いてベッドに横たわった状態で、カレンに恨みつらみを言ってた奴なのはうっすら覚えてます。たしか、逮捕の時にカレンに顔を撃たれて、身体(口とか手足)が動かしにくくなったとかで、相当カレンを恨んでた様子だったような…。間にいくつもエピ挟んでると忘れちゃうので(自業自得)、関連エピをまとめて公表して欲しい。そしたら、そのエピ見直すから。

事の始まりは、家族経営の銃器店の店員が殺され、潜入している捜査官レンコーと連絡が取れなくなったことから。何者かから店主に密告メールが送られたことも分かり、カレン達は客を装って直接店へ出向く。正体がバレて激しい銃撃戦になるも、なんとか制圧。レンコーは無事で、応援がかけつけ現場検証が始められている最中、レンコーが狙撃され後に死亡。ケンジーはレンコーと顔見知りだったらしく、ディークスのおしゃべり(ケンジーを元気づけるため)に付き合えないほどショック受けてました。

銃器店の店員殺しとレンコー狙撃事件を捜査していたカレン達は(共に狙撃されているから)、“カメレオン”と呼ばれる男に辿りつく。ところが、カメレオンはハンターを爆弾を乗せた車に縛り付けていて、カレンと話をさせた後、起爆装置を作動。ハンターは目の前で爆死してしまう。
ハンターはS3が始まる前後にヘティの代理で登場し、ヘティと入れ替えに退場する際、欧州の組織に潜入するための下地作りをして行ったけど、それが関係してるのかな…?潜入していた彼女をカメレオンが捕まえたってことなんだろうか?ちょっとこの辺の理解があいまい(^^;)。

ハンターとヘティの関係について少し明かされていました。7歳の頃からヘティが面倒みていたとか。カレン同様、ヘティに見守られて成長し、捜査官になった人物のようです。幼少の頃から接していたような会話もされていました。
ヘティにとって部下である捜査官達は子供同然で、ドムを失った時(二人目だった)に辞職を考えていたくらいだから、今回1度に2人(レンコーとハンター)も失って、その悲しみは遥かに深いものだったんじゃないかと思います。

結末ネタバレー。
[PR]

by norarican | 2013-03-21 23:40 | NCIS:LA

NCIS:LA/シーズン3 第17話(後編)。

c0184546_21221870.jpg
≪ケンジーのために奔走する男子3人≫

前編ラストで、犯人の名前を口にする前に何者かに狙撃されたハリスとケンジー。2人の密会場所はハリスとチームだけの秘密だったはず。なぜ情報が漏れたのか?そして、狙撃犯は誰なのか??ケンジーの父親を含む仲間達の死の真相の解明、さらにケンジーと深い関係のある意外な人物(?)が登場した後編。
怪しげな言動から、もしやグレンジャー…?と思っていましたが(半分願望)、チームも同様に彼に疑いの目を向けつつ、殺人犯探しを始める。

※ガンガンネタバレしていきますよー。

まず、撃たれたケンジーは防弾チョッキで無事でした。が、高速弾が当たったということで、あばらにヒビが入ったようで、かなり痛む模様。しかし、ケンジーは狙撃犯を追ってその場を離れ、銃声を聞いて援護に駆けつけたカレン、サム、ディークスはケンジーを見失ってしまう。この時、ネルも銃を構えてて、珍しい画が見れました。ネルて銃携帯出来るんだ。

その後、ケンジーの行方を追うため近辺の監視映像をチェックしていたエリックが、グレンジャーの姿を発見。彼に話を聞くため身柄の確保に向かう。ヘティはディークスに今のケンジーに友人が必要だと伝え、ディークスは含みのあるヘティの言葉を充分理解してるし、本人も何があっても全力でケンジーを支えるつもりだったと思うんですよね。

足取りを隠して狙撃犯を探すケンジーは、自分が尾行されていることに気付き、逆に相手をノックアウト。ケンジーつえぇぇぇ(笑)。車を奪うと、ナビに目的地が登録されいて、ケンジーはナビどおりに車を走らせ、ある家へと辿り着く。

その頃、エリックのもとへ車強奪事件の情報が入る。目撃情報によると、若い女性が自分の2倍ほどある男を倒して車を奪って逃走したとのこと。それを聞いたディークスは、咄嗟に「さすが俺の女」と楽しげに口走る。ディークスの聞き捨てならぬ言葉に、瞬時に反応するエリックとネル(笑)。そら、「俺の女」とか言われたら、脊髄反射するわな(笑)。思わず本音が出ちゃったディークスは、「どういう関係なのかな~?」なんて突っ込んでくる2人にしどろもどろで言い訳。いいじゃん、“俺の女”(実際は“my girl”)で。あとで、ケンジーにしばかれるだろうけど(笑)。

窓から家の中を伺っていたケンジーは、室内にいる男女に見覚えのある様子。と、そこへ車のGPSを辿って来たディークスが駆けつける。単独行動をとっていたケンジーが危なっかしくて(命狙われてるし)ハラハラでしたが、ディークスが合流して、ちょっとホッ。
ひとまず撃たれた傷を見ようとディークスに促されガレージへ。ためらうことなくディークスの前で服を脱ぐケンジー。目をそらすタイミングを逃したのかディークスガン見。どぎまぎしながら傷のチェックを終え、ケンジーが服を着ようとすると、ディークスは照れた様子で目をそらし、「え、今?!」てケンジーに突っ込まれてました(笑)。

ケンジーはこの家の女性を守って欲しいとディークスに依頼。女性の身元を尋ねるディークスに、「私の母なの」と打ち明ける。ケンジーが母親の話を一切しなかったので、亡くなったのだと思っていたディークスはビックリ。ママとは事情があって15年間話をしていないのだとか。だけど、知ってか知らずかママの家は近所らしいです。
2人を連れて戻るというディークスに、「標的になっている自分といたらママが危ない。だから、あなたが守って」と力説。「みんなが心配しているのは分かってるけど」と言うケンジーに、「俺達の話をしよう」と切り出し(真剣な表情がカッコイイ)、ケンジーを1人にして危険な目に遭わせたくないディークスはごねるものの、「相棒だから頼んでるの。信じられるのはあなただけなの」なんて、必死に頼み込まれたら断れるはずもなく。母親を守りたいというケンジーの気持ちに応えるディークス。だけど、「え、でも、お母さんになんて言う?」「なんて言えばいい?」と、しきりに聞いてて、カノジョの親御さんと初対面するカレシか(笑)。

ママとご対面したディークスは、しどろもどろで説明。ママが美人だからなのか、ケンジーのママだからなのか。たぶん両方だろうな。て、どんだけ緊張してるんですか(笑)。要領を得ないディークスの話に、首をかしげるママ。意を決して(?)、「ケンジーの友人で、今一緒に働いてます」と正直に話すと、一発で信用してもらえました。

はい、こっから長いよー。
[PR]

by norarican | 2012-10-25 23:32 | NCIS:LA

NCIS:LA/シーズン3 第16話(前編)。

c0184546_2125958.jpg
後編は既に放送されてますが、まずは前編から。邦題を見た時に、話が続くのは予想できたので、2編揃ってから見ようかな…と思ったものの、結局我慢し切れず見てしまいました(^^;)。

前エピでグレンジャーがLAにやって来た目的は、「殺人犯を探すため」と言いケンジーに視線を送っていて、ケンジーがハワイに行ったことを聞いたりしていたので、彼女の父親(の死)が関係していることだろうなあ…とは思ってましたが…。まさかケンジーを殺人犯だと疑ってるだなんて。驚きですよ、グレンジャーのあまりの能無しさに。まあ、部下を信頼してない、信頼されてないグレンジャーだからこその発想でしょうけど!(←とことんキライらしい)。

※時系列無視してネタバレしてます。

海兵隊の狙撃手だったケンジーの父親ドナルド・ブライは表向きの任務とは別に、裏任務をしていたらしいです。そんな父親に厳しく鍛えられたのだから、ケンジーがカレンやサムと対等に戦えるのも頷けますね。

で、父親は事故死(交通事故だったか)していて、ケンジーは父親の死について疑いを持ち、調べるために捜査官になったんですよね。それで、当時の同僚を尋ねて話を聞く過程でハワイに行ってりしていたと。ところが、父親の仲間が次々と死亡して、表向き交通事故だけど、偶然にしては出来すぎている。今回の発端となったロスで交通事故死した退役曹長はドナルドの観測手をしていた人物で、最後に連絡を取ったのがケンジーだったことから、グレンジャーはケンジーが仲間達を次々と殺害したと考えているようです。
ケンジーは優秀な捜査官だし、戦闘技術も能力も高いから、相手が元軍人でも殺すことは難しくないだろう、みたいなことも言ってました。

でもね、それにはまずドナルドの死に仲間が関与していたかどうかの証明が必要だと思うんですよね。まあ、グレンジャーはまがりなりにも副局長なので、その辺の事情は知っているのかもしれませんが。次に、ケンジーが人を殺すなんてありえない。それが例え尊敬する父親の復讐だとしても。だけどグレンジャーには当然だけど分からないですからね。
ていうか、ケンジーが連続殺人犯だと疑うよりも、父親の死を探ろうとして仲間達に接触したことで、そのことについて知られてはマズイ人物がいて、殺人が起きたと考えるのがよっぽど現実味があると思うんですけどねぇ~?そういう考えには至らないのが不思議。やっぱ自分以外を疑うのは職業柄ですかね?

本来の目的(ケンジーへの殺害容疑および追求)を隠してLAに来て、無用にチームを引っ掻き回したことに、いたくご立腹のヘティからキツイお灸を据えられながらも、グレンジャーのケンジーへの嫌疑は変わらず、結局チームが捜査することに。ケンジーの犯行を証明するためではなく、ケンジーの無実を証明するために。ヘティ含めチームは、みんなはケンジーの身の潔白を信じている、というかグレンジャーの言うこと(嫌疑)を端っから信じてない。

がっつりネタバレしてますよ。
[PR]

by norarican | 2012-10-21 01:47 | NCIS:LA