カテゴリ:【FOX/FOX CRIME】( 203 )

オーメン/シーズン1 視聴してみました。

c0184546_155132.jpg

平日も休日も予定がいっぱいでなかなかPCに向かう時間が取れなくて、DMメールがものすごい数になってました(^^;)。

さて、今年最初のドラマ感想は、昨年のクリスマスイヴの深夜からクリスマスの朝にかけて一挙放送(全10話)された「オーメン」(原題:DAMIAN)。レギュラー放送はこれからのようです。

ホラー映画「オーメン」のドラマ版で、主人公はもちろんダミアン。映画の方は、母の影響で子供の頃に見た記憶があるのですが、この映画で「一見事故に見える奇怪なことは、実は悪魔の仕業」というのを知り、かなり衝撃を受けた覚えがあります。中でも、トラックの荷台に載っていたガラスが滑り落ちて、ダミアンに不都合な人間が命を落とすというシーンは未だに忘れられません。
あと、ダミアンの正体を知る神父が落雷によって折れた十字架だか避雷針だかで串刺しになる、とかも覚えてるけど…。あれはホントに「オーメン」だったかな?(^^;)。とにかく、純粋な悪の恐ろしさと悪魔の無敵さを感じた作品でした。

まあ、そんなこんなで馴染みがある作品なのと、悪魔の子ダミアンがドラマの主人公て何するの?と興味があったので視聴することに。さすがに10話一気に見る時間はなくて、半分くらいまで見たとこです。ちなみに、このドラマ、S1で終了です(^^;)。

主演のブラッドリー・ジェームズは、「魔術師マーリン」でアーサー王を演じていた英国俳優さんだそうです。ワタシは見たことないので分かりませんでしたが(^^;)。

ドラマは、映画のその後のダミアンを描いていて、映画のストーリーがダミアンの過去として時折フラッシュバックで出て来ます。「オーメン」シリーズのどこまでが引き継がれているのか分からないですけど(1作目は確実)で、両親が亡くなった後は、大統領夫妻(当時)に引き取られたらしいけど、寄宿舎に入り学校を転々としていたようなことも言っていて、詳細は不明。でも、かなり成長した&普通に生活していたダミアンが主人公なので、映画を見ていなくても大丈夫だと思う。たぶん。

※中盤までのネタバレ含みます!ご注意!!

ダミアンは、戦場カメラマンとして国外を飛び回り、仕事をしていて仲間もいて恋人(元カノだけど)もいる普通の人間として長いこと生活していた様子。でも、本人は常に自分の上に暗い雲が広がっているのを感じていたとか(それが原因でカノジョと別れた)。
そして、30歳の誕生日に仕事先の戦地で血の洗礼を受けたのをきっかけに、ダミアンの周りで不可解な死を遂げる人達が続出し始める…という話。

死者はすべて、ダミアンと何らかの関わりや繋がりがある人物(直接関係のない人物含む)で、ダミアンにとって都合の悪い人物。良い人悪い人問わず。
本人は自分が何者であるか、あまり分かっていない様子なので、しばらく悪魔的なこととは無縁の生活をしていたのかな?でも、寄宿舎では同級生にかなり酷いことしていて、悪魔の片鱗がまだ残っていたようだから、大人になるにつれて鳴りを潜めた…とか?
現在は、線路に落ちた子供を助けたり、元カノの身の安全を考えて別れたりしてたから、普通の人間の感覚は持ち合わせているぽい。
 

ネタバレ含みの続き。
[PR]

by norarican | 2017-01-17 23:54 | 【FOX/FOX CRIME】

OUTCAST/アウトキャスト/シーズン1 見終わりました。

c0184546_1505962.jpg

そういえば、シーズン1ファイナル(全10話)まで見たけど書いてなかったなーと、ふと思い出したので書いてみます。もうだいぶ前に放送が終了しているので、なかなかのうろ覚えなため、勘違いとか間違いがあったらすみません(-_-;)。

※ざっくりネタバレしてます。ご注意!!

毎回じっくり見てはいるものの、宗教絡みのせいか、いまいち理解し切れない部分もあったりします。
カイルとアンダーソン牧師は協力関係になったと思ったら、アンダーソンがカイルの能力をやっかみ始めて、八つ当たりしたり自暴自棄になったりで、決して友好的とは言えない状態。しょっちゅう揉めてた。結局最後は仲違いしちゃったんだっけか。

カイルだって好きで能力があるわけじゃないし、特別な存在になりたかったわけでもない。むしろ、そのためにツライ事ばかりだったのにね。でも、アンダーソンにしてみたら、自分なりに一生懸命やってるのに、なんで自分には出来ないんだ、なんで自分にはその力がないんだ…と苦しんでたみたい。ない物ねだりなんだよね。
あとは、悪魔?に刻印つけられて住民の前で暴れたりとかありました。

アンダーソンは、そのうち教会に通うシングルマザーといい仲になったけど、彼女のティーンエイジャーの息子がアンダーソンのことを快く思っていなくて、反抗しまくりで悪魔に付け入られそう…ていうか息子自ら飛び込んでいってる感じです。カイルに親切だった隣人の老人が亡くなり、老人の家には悪魔の元締め?シドニーが住みついて、ティーンエイジャーの息子がよく入り浸っている。無謀なことしたい年頃なんでしょうね。

カイルは、元嫁のアリソンが悪魔に取り着かれて子供を虐待していて、母親の時同様、彼女の体を痛めつけて悪魔を追い出したんだけど、傍から見ればDV夫なので、嫁&子(アンバー)には近づけない状態でした。
アリソンの方は、取り着かれていた時の記憶が曖昧だったけど、段々思い出してきたみたいで、アンバーの身を案じて不安にかられ始めていた様子。完全に悪魔が抜けきっていない?な疑問をカイルは抱いてた。
その後、カイルとヨリを戻したと思ったら、子供を傷つけるのを恐れて彼の元にアンバーを残して去って行ってしまいました。

あとは、カイルの妹メーガンがとりつかれて旦那殺しちゃったりとかもありました。妹旦那、家族のために色々やってくれていたのに、瞬殺されてビックリした。えええええー?!実は助かったりしない?て思ったけど、即死だったみたい。
悪魔が街に集結してるのは、“融合”てのが目的で、そのためにカイルが必要…なのかな??

シーズンファイナルでは、メーガンが暴走してアンバーと自分の子ホリーに矛先を向け始めてカイルが駆けつけるとメーガンは姿を消していた。その後、アンバーにもカイルと同じ能力があることが発覚して(襲われたカイルを助けた)、娘を守るために街を出ようとしたけど、憑依された?住民達に囲まれてしまった…てところで終了…だったと思う。

最後まで見たものの、「なんだかよく分からない…」ていう感想が毎回口から出ちゃうようなドラマだったけど、分からないからこそ、ついつい見てしまう…という不思議な魅力のあるドラマでした。
割とブツブツとストーリーが途切れる感があって、メインの話が全然進まなかったりするんだけど、もしかしたらワタシがちゃんと理解出来ていないだけかもしれない(^^;)。

S2が放送されれば、とりあえずS1の続きは見るつもり。Not1話完結は見慣れていないので、エピ数次第かなー。
[PR]

by norarican | 2016-11-05 02:01 | 【FOX/FOX CRIME】

OUTCAST/アウトキャスト/シーズン1 第5話まで視聴済み。

c0184546_205811.jpg

現在5話まで視聴済みなんですが、毎週、「なんだか、よく分からないな…」と、思いつつ見ています(-ω-)。

いや、悪魔祓いの話てのは分かるんですよ。だけど、その悪魔祓いも成功したと思ったら、実は成功してないっぽい…?な感じだし、登場人物達の行動が謎過ぎてよく分からない。つーか、ちょこっとだけ出て来て謎行動するので、「はて…?この人誰だっけ?」というのがよくある(^^;)。まあ、たぶんワタシだけだと思うけど。

ワタシの中で確かな存在なのは、カイルと牧師で、カイルが悪魔にとって天敵であるということは分かる。誰が悪魔憑きなのか、あまりハッキリとしていないので、カイルが触れて嫌がれば悪魔憑き。でも、この2人も一応“悪魔祓い”の協力関係でいつも一緒に行動しているのに、意見が対立したり言い争いしてたりする。
カイルの妻と子供もなんだか怪しい。カイルが妻子に会えないのは(接近禁止)、妻が悪魔に憑かれていて、カイルが殴って悪魔を追い出したのが、表向きカイルのDVてことになっているみたいなんだけど…。

カイルの妹は妻子と仲良くやってるらしい。で、その妹も、実は昔家にいた里子に虐待されていた過去があるとか、その妹をカイルが守っていてくれてたとか、キャラクターの経歴や相関図がちょっとずつ明かされるんだけど、それが何を意味しているのか、よく分からない。

牧師の友人である警察署長と妹夫が見つけた森の奥にあったコンテナに、何故署長の友人の消防長?の私物があったのか?何故消防長がコンテナを燃やしたのか?

1話完結じゃないドラマを見慣れていないせいか、1エピの中でちょっとずつ個々の話が進むので、それが“よく分からない”て感じる要因だと思う、たぶん。だから、ついつい見てしまう…んだけど、結果が出るかどうかは分からないですよね(-ω-;)。

でも、なんだかんだ言って次も見てしまうんだろうな~。終着点がどこ(何)なのか知りたい。
[PR]

by norarican | 2016-07-07 23:50 | 【FOX/FOX CRIME】

キャッスル/シーズン7 10話まで視聴済み。

c0184546_1232956.jpg

現在10話まで視聴済み。

今のところ、失踪に関するエピソードはなく、パラレルだったり西部劇だったりアクション映画だったりと、ちょっと変わったエピソードが続いてるなという印象。タイトルコールの音楽もエピソードに合わせたものに変化していて面白い。

※がっつりネタバレしてます!ご注意!!

パラレルエピ(第6話)は、未だ結婚の見通しが立たない2人が、「もしも出会っていなかったら」と冗談で話していたことがある物をきっかけにキャッスルだけが別世界へ。

その世界では、キャッスルはベストセラー作家じゃなくて、有名舞台女優の母親に養ってもらっている立場で、娘のアレクセイは黒髪のギャルで父親とは不仲で離れて暮らしている。ベケットは根っからの仕事人間で警部になっているし、エスポとラニは別の人生を歩んでいて、ライアンは…なんだっけ?忘れちゃった(^^;)
そんな世界で、“自分にとって大切なもの”に気付いたキャッスルは、事件解決後に元の世界に戻った途端、「式をあげよう!今すぐ」で、初めは戸惑っていたベケットも二つ返事でOK。めっちゃ嬉しそうでした。

というわけで、大きな節目となるはずの結婚式は、エピソードのラストにがっつり合成風景をバックに家族だけで執り行われたのでした。後日談によると、あの風景、ハンプトンズだったらしい。どっかの写真スタジオかと思った。
あまりの急展開に、若干置いてけぼりくらって、「………え?」て思ったけど、2人、特にベケットがとにかく喜んでいて、周りのみんなもめちゃハッピーだったので、これで良かったんだと思います。

ネタバレつづき。
[PR]

by norarican | 2016-06-29 22:23 | 【FOX/FOX CRIME】

OUTCAST/アウトキャスト/シーズン1 第1話お試し視聴。

c0184546_234754100.jpg

あまり事前に情報を調べず、CMで流れる『ウォーキング・デッドの原作者の新作』とか映像の雰囲気で、「たぶんホラーっぽい?」くらいの認識でお試し視聴。何が何だか分からないまま見ていましたが、これ悪魔祓いのお話ですかね?

主人公のカイルは、幼い頃から周囲の人間の奇怪な言動で不幸な事が起きていたけど、実はカイルが悪魔に狙われていた…てことだったみたい。(のっけからネタばらしすみません(^^;))
幼少の頃は母親(病気だと思われていた)から酷い虐待を受け、その後は妻が母親と同じような状態になって娘に虐待(現在は離婚してる)などがあり、今は生まれ育った家で暮らしている。妹(義理)が近くに住んでいて気にかけてくれているけど、妹夫(警官)はあからさまにカイルを嫌っていて、家族(特に子供)を近づけたくない様子なので、たぶん警戒するだけの何かがあったんだと思う。カイル自身も人との関わりを避けて、ひっそり生きてるみたいだし。

そんな中、町の子供に奇怪な言動が出始めたので親が牧師に相談。以前も似たようなことがあったらしいけど、どうやら発端はカイルが町に戻ってきたからぽいです。で、牧師さんがよくドラマなどで見る悪魔祓いを始めたので、ここでようやく「ああ、悪魔関係の話なのか…」と気付いた次第。
牧師さんは頑張っていたけど、完全に祓うことは出来ず、子供の状態は悪化するばかり。すぱなちゅ知識だと、信仰心の深さが悪魔祓いの能力に関係したりするんだよね。

カイルは牧師から話を聞いて子供のことが気になり、悪魔祓いに同行した結果、彼に協力することになりました。母親の時は殴ったら正気に戻ったとか言っていたし、悪魔がカイルの精気?を奪うような場面もあったので、カイルには特別な何かがあるのかしらね?
子供にとりついていた悪魔の捨てゼリフによって、狙われているのはカイルだった…という流れ。カイル狙いで、お母さんも妻も悪魔にとりつかれたってことなのかな。

「ウォーキング・デッド」ぽい映像演出で、そこそこグロ描写があったりします。ゴミ屋敷とか虫とかあり得ない方向に曲がる人体とか。悪魔つき作品で何が怖いかって、骨格とか構造とかを無視した形になる人体ですよ。これに一番恐怖を感じる。一目で異質なことが分かる。

カイルを演じてる役者さんは、「グリム」のニックに似てると思った。キャラは、誠実そうだけど不幸な生い立ちのせいか、めっちゃ暗い影背負ってる。
悪魔祓いの過程で、子供を本気で殴ったりするので、傍から見れば幼い子供を暴行する異常者。警察に逮捕されかけたりで、妹夫が嫌な顔するのも無理ないか。この辺は、すぱなちゅのウィンチェスター兄弟に共通するところがあるね。カイルの場合は、牧師さんが話通してくれるけど。
でも、それも牧師と署長が懇意だから見逃してる、みたいな見方されてる。悪魔つきは精神病と判断されることもあるから、周りに理解を求めるのは難しいことだよね。
宗教的なことはあまりよく分からないけど、神の存在は信じるのに悪魔の存在は信じないってのも不思議な話だなあ…といつも思う。

とりあえず、続きが気になるし、1シーズン10話なので、引き続き見る予定です。深刻過ぎたり重過ぎたりしたら止めるかもだけど(^^;)。ちなみに、シーズン2の制作が既に決まってるらしいです。

牧師と仲良しの署長が、どこかで見たことあるなと思ったら、リブート版「ファンタスティック・フォー」のお父さんでした。そうだ、そうだ。
[PR]

by norarican | 2016-06-10 23:47 | 【FOX/FOX CRIME】

キャッスル/シーズン7 視聴始めてます。(5話まで視聴済み)

c0184546_23434356.jpg

アメリカの更新情報やらを見ていると、自分が今何シーズン見てるのか、たまに分からなくなるんですけど、現在日本で放送されているのがシーズン7ですね。記憶に留めるために宣言しときます。

このドラマはあまり語らずにシーズンファイナルを迎えることが多いのですが、前シーズンのラストは衝撃的過ぎて語れずじまいだった(^_^;)。これぞクリフハンガー!とも言えるラストで、本国よりも情報が少ないまま、しばらく放置待たされる身としては、「うぎゃー!」と身悶えるしかないわけで。

そんなこんなでシーズン7の放送が始まり、やっと続きが見れて現在5話まで視聴済みです。

※シーズン6のラスト~シーズン7序盤のネタバレ含みます!ご注意!!

シーズン6は、結婚式に向けての準備を着々と進める2人が描かれていましたが、happyであればあるほど、「きっとファイナルは式で何か起きるんだろうな…」いう予定調和な空気を感じていましたが、案の定シーズンファイナルで事件発生。しかも、まさかのキャッスル失踪?!

結婚式当日、キャッスルは現れず、炎上している彼の車が発見されるも、車内にも周辺にもキャッスルの姿はなく…。ベケットの必死の捜索も虚しく、ただ時間だけが過ぎていったある日、手掛かりとなる車が圧砕されキャッスルは居なかったものの、圧砕を依頼した人物がキャッスルだった…!
事件に巻き込まれたと思っていたけど、実は狂言?自ら姿を消した??と、ベケットの中に不穏な疑惑が芽生え始めたところに、キャッスル発見の連絡が入る。

海上(だっけか?)で発見されたキャッスルは衰弱していたけど命に別条はなし。しかし、姿を消していた数ヶ月間の記憶を失っていました。彼の記憶は、結婚式に向かうところで途切れていて、病院で目覚めるまだの間のことはさっぱり分からない様子。偽装も疑われたけど、本人はむしろ自分に何があったのか知りたがっていて、TV出演の際、懸賞金をかけて情報提供呼び掛けたくらいなので、そこは信じていいみたい。

有力な情報提供かと思って出掛けて行ったら宇宙人誘拐説で空振りだったりしたけど、あるカップルの写真提供により、カナダのモントリオールの銀行前に男性と一緒にいたことが判明。発見時、隠すようにスボンに縫い付けられていた鍵は銀行の貸し金庫の鍵じゃね?てことで、娘のアレクシスと一緒に手掛かりを探しにカナダの銀行へ。
 

ネタバレのつづき。
[PR]

by norarican | 2016-05-20 23:28 | 【FOX/FOX CRIME】

バトル・クリーク 格差警察署/シーズン1 シーズンファイナル&シリーズ終了。

c0184546_194029.jpg

全13話見終わりました。

放送も視聴も随分前に終わっていたのですが、最終話を語っていなかったので今更ですが投稿します。シーズン1で終わりだし、区切りつけるために。

最終話となる13話は、全編に渡ってミルトの過去のお話。彼がなぜFBIの鼻つまみものになったのか、今のような人物になったきっかけ、とか。

思いっきりネタバレすると…。

昔のミルトは、ギリアウトな無謀で強引な捜査を行う、事件解決のためなら手段を問わない型破りなラスタイプの捜査官だったようです。で、ある時、麻薬の売人を捕まえるだかで、軽い罪を犯した若者を強引に捜査に協力させたあげく、2人の若い命が犠牲に。捜査に落ち度はなかったものの、ミルトはこの事件を機に改心し贖罪の意味を込めて規則を守る品行方正な捜査官になったのだそう。

ストーリーは、ミルトが使用していた車が爆破されたところから始まり、ミルトがラスにだけ命を狙われていることを明かして、同僚達には秘密で協力依頼。ところが、2人とも犯人に襲われて、気付いた時には車のトランクの中。そこで、××がラスに事情を説明する形で、過去を打ち明けて行く(回想シーン込み)という流れ。

ラストは、ミルトに恨みを持つ人物が犯人で、危機一髪のところで仲間達が駆けつけたけど、なぜかミルトは犯人から一度奪った銃を渡して、犯人の思い通りにさせることに。撃つも撃たないも犯人の自由。そして、犯人はミルトに向けて発砲。ミルトは、止血するラスと笑い合って終了…。正直、意味が分からない(笑)。
撃たれたことによって、ミルトが長年抱えていた心の荷が少し軽くなったってことなんでしょうか?
ちなみに、犯人役は「Dr.ハウス」のジミーでした。

メインの2人のキャラ設定は良かったと思うんだけど、イマイチ掴み切れないというか分かりにくいというか
噛み合わな過ぎるというか。ラスとミルトの距離が全然縮まった感がなかったのがワタシ的には入り込めない部分でした。やっぱり、どこか相手を信頼していると感じさせるところがないと楽しめない。
また、ミルトは本来の自分ではなく、いわば仮の姿だったわけですが、そこがラスもワタシも彼を信用出来ないと感じる部分でもありました。

シーズン中に少しずつでも関係が変化するとか、互いに歩み寄りが見られたら、また違ったんじゃないかなーと思うところ。格差があるけど、なぜか気が合うところがある…とかね。あと、格差感をもっと出したら良かったなーと。バディものなのにあまりバディ感がなかったのがワタシ的には残念でした。中の人は、2人とも好きで楽しみにしていたから余計に。

メインの2人以外のキャラがあまり目立たないのに、肝心のメインの印象も若干とっちらかってる…というのが勿体無いなと思ったドラマでした。
[PR]

by norarican | 2016-02-18 22:08 | 【FOX/FOX CRIME】

スリーピー・ホロウ/シーズン3 5話まで視聴済み。

c0184546_155777.jpg
≪BONESとのクロスオーバーは、S3#5とS11#5でした≫


既にシーズン3も始まり、5話まできていますが、年末年始に頑張ったおかげで、ようやく放送に追いついてきたところです。

シーズン3は、新たな展開というか驚異が登場しましたが、海の向こうでは存続が危ぶまれているとかなんとか言っていたので(違ってたらごめん)、新展開が受け入れられなかったのかな!?なんて思っていましたが、視聴してみたらこれまでと変わらず面白いです。むしろ、個人的には今の展開の方がより1話完結型で見やすくていいと思ってます。
S2までは“首なし騎士”とか“悪魔との戦い”とか“証人”とか、スリーピー・ホロウ独特のテーマがあったのに対して、S3は新しい局面に突入して、若干「すぱなちゅ」ぽいかな?とは思いますが。ワタシ的には大歓迎。
これまでは、イカボットに深い関連のあることがテーマだったけど(嫁とか息子とか)、彼が客観的な立場になったのが見やすさの要因かなと分析してみたり。当時のイカボットに関係する事件は多いですけどね。アメリカの歴史に関連してるっていうのが面白い。史実に基づきながら、フィクション交えてる。日本で言ったら、大河ドラマみたいな感じかな?(え、違う?)。フィクションつーか、ファンタジーだけど(笑)。

ちょっと情報整理するために、前シーズンのファイナルの超簡単なおさらいしときます。だいぶ、うろ覚えですがご容赦ください。

※S2ファイナルのネタバレ含みますのでご注意。

S2終盤は、イカボット嫁が、夫よりも息子大事!で、地上の地獄化を目論む息子に肩入れし、自らも黒魔術を操る黒魔女へと変貌し、イカボット&アビーの敵対。元々、能力の高い魔女だったので、ものすごーくやっかいな存在になりました。
嫁&息子がタッグを組んで、イカボットとアビーを攻撃するも、先に息子が負けたんだっけか。愛する息子(見た目はおじいちゃん)を失って、半狂乱になった嫁が、“時の魔法”とやらで(旅魔法だったかな?)、現実を変えるために過去にタイムスリップ。そして、嫁を止めようとしたアビーも一緒にタイムスリップしてしまう。

嫁は現在の記憶を残したまま戻れたけど、存在すらしていないアビーが過去に行っちゃって、しかも1人で、どうなんの、これー?!と、ハラハラ。嫁の企みを阻止しようと孤軍奮闘で頑張るアビーだけど、さすがに1人じゃ無理っしょー。イカボットは、当時のイカボット(嫁が魔女だと知らない)だしー。

案の定、“奇妙な服を着ている”とか人種差別受けたりで、囚われたりしたけど、初めはまったく信じていなかったイカボットが少しずつアビーの言うことを信じてきて、事情に明るい人物として、ジェファーソンだっけか?と引き合わせてくれて、ようやく話が通じてちょっとホッ。
イカボットも、尊敬する師匠がそう言うなら間違いないのかも?!な流れになって、これで元の世界に戻れるのか?と思ったら、首なし騎士の襲撃(嫁の差し金)で、ジェファーソン死亡。もう未来の世界つーか地球全体がめちゃめちゃだな(笑)。てか、アビーが過去に来ちゃった時点で歴史変わってるか。実際、瀕死のイカボットがベッドの上にいるはずだったのに(嫁はイカボットを殺そうとしてた)、別人がいたしね。でも、大丈夫!だって、ドラマだから!

追い込まれたアビー達の起死回生の秘策は、アビーの先祖、『グレースのノート』を残してくれたグレースでした。なんでも、彼女は時の魔法を無効化出来るのだとか。わー、すごい。なんて好都合ー(笑)。
無効化すれば、時の旅人である嫁とアビーは元の世界に戻り、未来の世界だけでなく過去の世界もすべて元通りになるそうな。アビーの先祖ってすごい人なんだねぇ。

グレースとアビーの奇跡の対面もそこそこにして、早速無効化に取りかかるグレース。アビー達の動きを察知した嫁も駆けつけて、妨害しようとするも、わずかにグレース&アビーの方が勝って、魔法の無効化に成功。嫁とアビーは、現代に戻ってきました。そして、対決の末、敗れた嫁は、灰となって消えていきました(200年前の人だからね)。

……といった内容だったけど、ワタシ結構このファイナルエピ好きです。追い込まれてからの逆転劇とか。都合が良くてもいいの。イカボットとアビーが勝てば。でもまあ、哀しい家族だったよね。イカボット達は。運命つーか使命に翻弄された家族だったなって。しかし、嫁がやや黒いのは、途中のエピでも明かされていたから、なるべくしてなったのかなぁ…、と思わなくもない。

そんなこんなの後のシーズン3。モロクに関連した話が終わって、物語は新しい展開へと突入ー。

S3 5話までのネタバレ含みます!
[PR]

by norarican | 2016-01-21 23:53 | 【FOX/FOX CRIME】

マイノリティ・リポート/シーズン1 視聴始めました。

c0184546_184819.jpg

映画を見たのが2~3年くらい前(レンタル観賞)で、まだうっすら記憶が残ってて、興味があったので視聴。ちなみに、映画版については、「パーソン・オブ・インタレスト」と当時観賞したばかりだった邦画の「プラチナデータ」を足して2で割ったような印象でした。主演は、トム・クルーズ。公開は2002年だったかな?

ドラマは、映画のラストからの続きで、10年後の未来世界。主人公は、映画でシステムの中枢にいたプリコグと呼ばれる能力者のうちの双子の弟ダッシュ。人里離れた場所で、姉と兄と暮らしていたけど、兄が先に都会に出て成功し、後を追ってダッシュも都会へと出て来た。ダッシュは、常に近い将来起こる犯罪のビジョンを見ていたが、断片的なものであるが故に事件を未然に防ぐことは出来ずにいた。

そんなある日、事件現場にいた刑事ヴェガと知り合い、やがてヴェガはダッシュがプリコグの1人であることに気付く。事件が起きてから捜査する従来の方法にジレンマを抱えていたヴェガは、ダッシュと行動を共にし、事件を未然に防ぐために奔走する…という話。

かなり映画の世界観を引き継いでいるけど、1話の中で簡単に説明してくれているので、初見でも大丈夫じゃないかと思う…てのは、ワタシが映画見てるから言えるのかも(^^;)。
未来世界の話てことで、映像的には、「オールモスト・ヒューマン」とか「コンティニアム」ぽい。超ハイテク化された世界。
メインキャストのダッシュは、能力のことや俗世間から離れていたこともあってか、あどけなさがあってスレてない純朴な感じが可愛いです(・∀・)。末っ子タイプ。

映画版の内容も混じっちゃってごちゃごちゃしてるけど許して。ていうか、自分が書いてて若干混乱してる(^^;)。

※映画・ドラマ、両方のネタバレ含みますのでご注意!!

映画版は、もっと早い段階で未来の犯罪者を捕まえていたので、まだ犯してもいない罪で捕まって収容されて、その後の人生を奪われる…などの問題が色々あったけど、ドラマ版は、犯行直前あるいは直後に介入してるので、内容的には、「POI」の能力者版てところでしょうか。

プリコグてのは、母親が中毒だった子供3人のことで、姉のアガサと弟のアーサーとダッシュ(双子)。能力が一番強いのがアガサで、双子兄のアーサーは事件関係者の名前など、双子弟のダッシュは犯罪現場のビジョン、と予知できる事(能力)が分かれている。
映画では、3人の予知を総合し特定した情報を元に、トム・クルーズ扮する犯罪予知局の刑事ジョンが事件が起きる前に犯罪者(予定)を捕えていて、システム導入後は、殺人などの犯罪が発生しない世の中でした。
システムが崩壊した後のドラマでは、再び犯罪が頻発する世の中になってしまっている。

予知システムには様々な問題があったから崩壊したんだけども、システムがある世界とない世界の両方を知る者(=ドラマ版)としては、割り切っている人が多い中、「あの頃は良かった…」と、犯罪のない世界を羨み、ジレンマを抱える人もいる。ヴェガはその中の1人で、事件が起きた後の現場を捜査しながら、「予知システムがあれば事件を防げたのに…」と、思うわけです。

そんな時、プリコグの1人であるダッシュと出会い、「犯罪を未然に防ぎたい」て気持ちが一致して、行動を共にするようになるんだけど、ダッシュが見るのは断片的なビジョンなので、特定するのに時間がかかる。
そこで、長年会っていなかった兄のアーサーに協力を求めて会いに行く。彼はどうやら能力を活かして事業成功させているらしく、めっちゃお金持ってそうな風貌(笑)。ダッシュとは正反対の強気な俺様タイプで、随分と世間慣れしていて人生を謳歌している様子です。
1話の中では、姉のアガサも出て来て、彼女は遠く離れた場所で暮らしているけど、何か危険を予知してるっぽい?アーサーもそれを知ってるみたいで、能力の違いなのか、ダッシュはまだ知らないらしい。というところまでが第1話の内容。
あと、ダッシュのビジョンを共有するために、予知システムの元関係者?が出てきたりしてました。

先にも書いたように、「POI」に似た内容だけども、断片的なビジョンを特定していく過程がじれったくてヤキモキしたり、謎解きみたいで楽しかったり、ダッシュが可愛かったりで、個人的には好きなジャンルなので面白いと思ってます。今後、ヴェガとどのようにして捜査して行くのか気になるところ。

映画版の補足。※ネタバレ!
[PR]

by norarican | 2015-11-30 23:08 | 【FOX/FOX CRIME】

キャッスル/シーズン6 22話まで視聴済み。

c0184546_111613.jpg

てっきり投稿していたと思ったらしてなかったでござる(よくある)。

とっくに視聴は終了していますが、シーズンファイナル直前の22話が埋もれていたので今頃あげてみます。当時のままの感想なので、ちょっと時差があるかもだけど見逃して。

※ネタバレありなのでご注意!!

おー!結婚式を目前に控えて因縁の対決に決着ついたよー!゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚
相手の力を考えたら、ほぼ不可能に近いと思っていたけど、ベケット勝利!で決着がついて良かった!スッキリした!
色々な人が巻き込まれて、何人も犠牲になったり命落としたりしてた事件だったからねぇ。たった1人、自分の身を守るために、これほどのことをしたのかと思うと…。それに、ある意味国民全体を騙すようなものだからね。絶対許しちゃいかんと思ってた。

このドラマは、忘れた頃にポロッと出て来るので、今シーズンも中盤あたりで、ブラッケン議員絡みの話が出て来て、あー、そういえばまだ決着ついてないんだったな…なんて思ってたところでした。キャッスルとの結婚式を前に、新しい人生を歩む準備というか晴れ晴れとした気持ちになれて良かった!

ワタシの記憶の糸を辿って簡単な流れを書き出してみます。間違ってたらゴメン。

ベケットがまだ警察に入る前に、弁護士だった母親が殺害されたのが事の発端。事件は未解決のままで、ベケットは警察に入り時間のある時に母親の事件を調べていた。そして、キャッスルと出会って、本腰入れて事件のことを探っていたら、まずお母さんを殺した実行犯が判明。だけど、雇い主についての情報はあまり得られず、黒幕は大物?てことが分かったくらい。

次の展開までの間のことは、ちょっと忘れちゃったんですけど(^^;)…。たぶん、徐々に事件の真相に近づいていたんだと思う。小さな手掛かりを追ってとかで。で、当時の上司だったモンゴメリー警部が、実は黒幕の仲間だった!な衝撃事実が判明して、モンゴメリーはベケットを守るために相討ちして死亡。

モンゴメリーの死後、問題になっていたのは、モンゴメリーが保険として持っていた証拠をまとめたファイル。これをモンゴメリーから託されたスミスという人物から、ベケットが真相を探ろうとしなければ危険は及ばないとキャッスルが警告されていたりしたけど、結局ファイル目当ての殺し屋だかに抹殺されちゃって、ファイルも殺し屋共々消滅してしまったんだっけか。

その頃には、黒幕の正体も判明してて、検察から議員になったブラッケンで、次の大統領選挙に出馬するとかしないとか言われてる大物政治家。だから、黒い過去をすべて消す必要があったんだろうね。本当はファイルは消滅しちゃったけど、ベケットはファイルがあるように見せかけて、議員と取引した…だったと思う。自分だけでなく、周囲の人達にも危険が及ぶから、仕方なく。

本題の22話。※ネタバレあり!
[PR]

by norarican | 2015-11-12 23:10 | 【FOX/FOX CRIME】