カテゴリ:チャームド( 20 )

チャームド/シーズン1 BSにて視聴継続中。

お、なんか上手いこと更新出来てるみたい?今日は調子いい?さ、今のうちにアップしてこー!(ノ゚∀゚)ノ

ながら見出来るドラマが毎日あるって楽しい~♪゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚

現在、Dlifeで絶賛放送中の「チャームド」を毎日楽しく見ていますが、先日放送されたS1-18話の「最強の悪魔3兄弟」で、「NCIS」のトニーが出ててビックリ。え~、トニーこのドラマに出てたんだ~。
話はなんとなく覚えてたけど、トニーのことはまったく記憶に残ってませんでした。放送が1998~99年なので、「ダーク・エンジェル」のレギュラーになる前ですね。しかも、若く見えるのに、出演当時30歳だったと知り2度ビックリ。ていうか、「ダーク・エンジェル」(2000年)の時が、30超えてたことにビックリ。てっきり20代後半アラサーてやつだと思ってたYO!!!(゜∀゜)
「ダーク・エンジェル」の時の方が若く見える不思議。トニー、つーかマイケル・ウェザリーは若く見えるんですねぇ。

悪魔と人間のハーフで、完全な悪魔にならないために司祭になろうとしてる青年で、悪魔側に引き込もうとする兄弟から逃れ、プルーに助けてもらう役でした。プルーが一番最初に彼を助けたので関わることが多く、悪魔と戦うという吊り橋効果で、お互い好意を持っていましたが、青年は司祭になるので淡い恋物語で終わりました。
プルーの青年の第一印象は、「可愛い」で、ちょっとニヤニヤしてしまった。たしかに、可愛いよね。てかさ、トニーが45歳てビックリなんですけど(何度目)。10歳若くても通用しそう。

あと、「ママに会いたい」エピで、悪魔との契約を無効にするために、3姉妹が過去に行ってママに会うんですけども、ハリウェル家でちびプルー&パイパーと遊んでいるちびアンディがいて、プルーとアンディの縁の長さにしみじみしたりでした(シーズンの結末を知っているので)。幼馴染みなんですよね。
上の2人は子供の頃は魔法が使えていて(後に祖母が魔法と記憶を封印)、遊んでいるうちに“うっかり”or“咄嗟に”魔法を使ってしまって、アンディはいつも魔法かけられてしまっていたみたいです。
「アンディは魔法がトラウマになって、プルーのこと疑ってるんじゃない?!」の言葉に妙に納得でした。わけが分からないことがよくあったから、今もプルー達に関わる説明のつかない事が気になって仕方ないのかもしれませんね。

これまでに3姉妹が危ない場面が何度もあって、S1から強敵は現れていたんだな~と思ってるところです。恐怖で人を死に至らしめる悪魔(バルバスだっけ?そんなのいない?)とか。アイツ、この先何度も出てくるのよね。退治してもしても蘇ってくる。
でも、絶体絶命な危機に、3姉妹以外の別の何か(レオとか)が影でこっそり手助けしたりてのは、今見るとちょっと反則な気が(^^;)。シーズン進むと強大な悪魔には、いつも必ず3人の力で立ち向かってたから。

毎日見てると、あっという間にシーズン終わってしまうのですが、S1終了後続けてS2が放送されるみたいなので、ヤホーイ(・∀・)!!!です。とりあえずプルーが出てるS3までは好きシーズンなので見ようと思ってます。
S4~S5までだったか、フィービーがコールと出会って現を抜かし始めるあたりから、実はあまり見返す気が起きないんですよね…。フィービーのトラブルメーカーっぷりが拍車かかって、毎回イラッとしてた記憶が(^^;)。でも、ワイアットじゃなくて弟のクリスが出るシーズン見たいし…、て言ってて結局全部見るんだろうな(笑)。
[PR]

by norarican | 2014-04-30 23:31 | チャームド | Trackback | Comments(2)

チャームド/シーズン1 BSにて何度目かのリピート視聴始めました。

c0184546_1381476.jpg

無料BSチャンネルのDlifeで、4/7~「チャームド」S1の放送が始まると教えていただき(ありがとうございます!^^)、懐かしさもあって、ながら見用に録画を始めました。

スカパーチューナーを主に使っているので、BSの番組表てなかなか見ないですよね。なので、これまでDlifeで見ようと思っていたのに、うっかり見逃してきたドラマは数知れず…(いや、そんなにないけど)。実は、今回も第1話を見逃しました(^^;)。けど、DVDやAXNで結構リピート視聴していたので、まあまあ覚えてるから、2話から視聴でも問題なしってことで視聴開始。

力に目覚めた経緯や、パイパーのカレシが魔物だったり、レオの初登場など、要所要所は覚えてましたが、オープニング映像などは覚えているようで覚えていなくて、「こんなオープニングだったんだ…」て思ってるところです。
S1では、3人ともスキンシップが多くて、すごく仲良さげな雰囲気が出てるのにな~、とか。パイパーが料理好きでコックを目指してるとか、フィビーが自由過ぎて若干イラッとしたりとか、プルーがオークションハウスで働いているとか。プルーとアンディの恋バナとか。懐かしいことが逆に新鮮に見えたりしてます。ああ、あと、物を動かすというか吹き飛ばす力を使う時、パイパーが手でやるのに慣れてたから、プルーが念じて動かしたりとか。いろいろ懐かしい~。

あ、それと、3姉妹の父・ヴィクターが、初登場時は、「クローザー」のフリンだったことにビックリでした。めっちゃ若い~。初登場の時は、演じてる人が違ったんですねぇ。しかも、何か訳ありそう(悪魔側についてる?)でいて、結局何しに来たんだかよく分からなかった(笑)。
てか、意外と早く(3話くらい?)登場してたことにも驚き。当初は、両親の出番はあまりなかったけど、後々、白の守護者(レオ)とかが出てくることによって、家族の繋がりが出て来て、パパの出番も多くなったから演じる人が変わったのかな~。

時間を見つけて、ぼちぼち視聴して行こうと思います!(゚∀゚)
[PR]

by norarican | 2014-04-17 00:37 | チャームド | Trackback | Comments(2)

チャームド/シーズン8 ファイナルシーズン ラスト2話。

個人的に思い入れのあるドラマなだけに、見てしまったら本当に終わってしまう気がして(いや、実際終わってるんだけども)、先延ばしにしようかとも思ったのですが、続きが知りたくて見てしまいました。

最後の最後まで3姉妹(つーかパイパー)の“究極”の試練は続きつつも、大フィナーレに向けてハリウェル一家大集合でファンとしてはとても感慨深いものがありました。
シーズン終盤はチビワイアットがしゃべれるようになったので、その可愛さにメロメロしてました。あと、3姉妹のパパカッコイイ。

前エピで、悪魔の魔法によって魔法界の住人から総スカンを食らってしまった3姉妹。魔法界を味方につけたビリー達によって、ハリウェル家を乗っ取られ魔界へと追いやられてしまう。影の経典を手に魔界で身を潜める3人でしたが、いつまでもこうしてはいられないとビリー姉妹との対決を決意し、魔界から脱出しようとする。
そこへ悪魔が現れ、3姉妹に協定を持ち掛ける。彼らは悪がある限り蘇り続け魔界を支配するトライアットを疎んじていて、3姉妹の力を利用としてトライアットを倒そうと計画。トライアットを倒せば3姉妹の役目は終わり世界に一時の平和が訪れ、魔界の新勢力が力をつける頃には魔法界も世代交代をしている、3姉妹と自分達の利害は一致している、という悪魔の言い分も一理あると3姉妹つーかパイパーは考え始める。

そうこうしてるうちに、トライアットがワイアットの力を利用して虚空を解き放つと言い出し、よせばいいのに周りの忠告を無視して強行。ワイアットがビリーを警戒してないことを悪用し、「ママを助けるため」と嘘をついて連れ出す。
もうね、子供の穢れない信頼を利用する時点でビリー終わってると思うよ。もちろん躊躇したけど、結局クリスティに押し切られてたからね。3姉妹と戦うのが世界を救うことであり自分達の運命だと頭では分かっていても、どうしても割り切れなくて違和感を感じつつもズルズルとクリスティの言いなりになってて、この戦いの元凶てビリーなんじゃ…な気がしてきたよ(ーー;)。姉を想う気持ちも分かるけど、いい加減目覚ませよ、現実を見ろよ、ともどかしい気分。

虚空は以前にも出て来て、善でも悪でもなく制御不能の強大で、魔王が死んでしまうほど危険な力のこと。たしか、パンドラの箱みたいなもんじゃなかったかな?そのもの?以前は、善と悪が協力して封印したのですが、解く鍵はやはり3姉妹の力。ビリー達はワイアットを引き入れることで、3姉妹の力に匹敵する力を得ようとしたわけです。

解き放たれた虚空は、同時に呪文を唱えていた3姉妹とビリー姉妹の体内に。虚空は貪欲に魔力を求め、乗っ取られた5人の魔女は敵味方関係なく攻撃。大丈夫とタカをくくっていたトライアットは、あっさり3姉妹によって消されました。ほらね、いわんこっちゃない。

つづき&フィナーレ。
[PR]

by norarican | 2012-08-23 21:28 | チャームド | Trackback | Comments(2)

チャームド/シーズン8 ファイナルシーズン後半。

HDD整理の一環で、これまた今更~?!ですが、「チャームド」のファイナルシーズンとなるS8後半を続けて視聴。これは一気に見てやろうと思って意図的に溜め込んでたのですが、なかなか時間が取れず現在まで至っておりました。

というわけで、残り後2話というところまで見ました。

シーズン前半は、別人になった3姉妹とレオが再び本来の姿になり、新人魔女のビリーが現れ、幼い頃に攫われたビリーの姉が実は悪魔に攫われていたことが分かり、やがて新たな脅威と戦うために運命の天使によってレオを喪失してしまうところまで。
後半は、レオを取り戻そうと新たな脅威に備える3姉妹と、ビリーの姉クリスティ探しから始まります。

が、ビリーの姉は意外と早く見つかりました(^^;)。悪魔退治絡みで出会った人物の助けを借りたビリーは新たな魔力(裏魔力とか言ってた)を強化。見たいものを具現化する魔力とかで、クリスティが見ている光景に自身が入り込み、彼女が地下牢に閉じ込められていると判明。そして、次エピでクリスティ救出してました。早っ!∑( ̄□ ̄;)。思わずエピソード飛ばしちゃったかと思って確認しちゃったよ(^^;)。

15年振りに地上に出て来たクリスティ。幼い頃に攫われ監禁されていたせいで、人間社会に慣れず(所謂オオカミ少女状態)苦労してましたが、ビリーが付きっきりでお世話。2人は仲の良い姉妹だったそうです。

その間、ペイジは今シーズンの彼氏ヘンリーと仲が深まり、魔女であることを告白。当然ヘイリーは驚くも受け入れ、やがてペイジにプロポーズ。2人は結婚いたしました。
ヘイリーは苦労人だからか柔軟性があって魔法にも理解があるので、ペイジが頭の中に入り込んでしまった時もペイジの代理として3姉妹の力を使う場面に加わったりしてました。夫婦ともなれば、それなりに色々ありますが概ね順調です。

ハリウェル家を出てアパートで1人暮らしを始めたフィービーは、別人の時に出来た彼氏と別れて以来、悪魔退治やレオ探し、コラムニストの仕事に追われて恋愛から遠ざかっていましたが、恋愛体質のフィービーがしばらくご無沙汰なのは不憫と、長老達がせめてもの罪滅ぼしにキューピット(ラテン系)を差し向ける。

フィービー専門として現れたキューピット(ラテン系)は相性の良い相手を見つけては紹介するも、フィービーは興味を持てず。実はフィービーはツライ別れを繰り返して来た結果、恋愛に臆病になりバリアーを張ってしまっていたのでした。そんなフィービーに「愛は何にも勝るもの」と力説するキューピット(ラテン系)。バリアーの原因を探るため彼と共に過去の恋愛遍歴を辿り、ステキな人と出会った時の胸の高揚感を思い出しバリアー消滅。新しい恋に前向きに。

ところが、バリアーが無くなったフィービーが好きになった相手は、目の前のキューピット(イケメン・ラテン系)。関わる男性と100パー恋に落ちる法則は、最終シーズンも健在でした(笑)。
規則があるからとかあれこれ悩んだけど、“愛は何にも勝るもの”とゆことで告白。実はキューピット(イケメン・ラテン系)もフィービーに惹かれていたけど、彼女に素敵な相手を見つけてあげることが自分の使命だと思って気持ちを抑えてました。というわけで、2人の想いが通じたところまで。

ちなみに、フィービーにとって1番ツライ別れはコールを自らの手で葬ったことでした。まあ、あれは当然だよね…。ワタシもコール登場シーズンは胸が痛くて見返す気になれない。でも、2人が今でも想いあっているとコール再登場エピで改めて分かった。切ないけど、甘い思い出。

まだまだ続くよ!
[PR]

by norarican | 2012-08-09 23:43 | チャームド | Trackback | Comments(0)

チャームド/シーズン8 ファイナルシーズン視聴開始。

ファイナルシーズンとなるS8が今年の夏にいよいよ放送開始。本国では2005~6年(たぶん)にかけて放送されたので、だいぶ後になってからの放送ですね。なもんで、ファッションなどは3姉妹はオシャレさんなので違和感ないのですが、出てくる話題や時期ネタがちょっと古かったりします(^^;)。

新シーズンが始まって、しばらく溜まっちゃっていたのですが、ようやく最新エピに追いつきました。
前シーズンラストで悪魔と警察、両方に追い詰められた3姉妹とレオは、魔法で別人となり力の象徴であるハリウェル家を後にしたのですが…。

※中盤までのネタバレあります!

新シーズンでは4人とも家に戻ってました。もちろん別人として。ハリウェル家で4人の葬儀が行われ、姉妹の父親ビクターの元に4人は遠い親戚として戻り、ハリウェルの家で新しい生活をスタート。鏡に映る姿以外は従来のキャストですが、傍目には別人設定で、誰が誰だか分からずややこしいので、家族には本来の姿が見えるよう魔法をかけて問題解決。魔法て便利。

序盤は悪魔退治と警察から逃れるため、3姉妹は自分自身を葬り、これまでの人生をすべて捨てて、新しい人生を歩き始めたものの、目の前の罪無き者を救えないこと、魔法が使えないことに加えて、パワーの源である家やワイアットを狙う悪魔が現れたりで、あれこれと思い悩む話が展開。
特にペイジは半分白の守護者なので、魔法と完全には縁が切れず。他の2人は…。フィビーはいつも通り新しい男性にときめき、パイパーはいつも通り普通の生活を望んでました。フィービーのBFて二枚目ばっかなのな。てか、フィービーもペイジも「出会いがない!」ていうけど、事件騒動絡みで出会う男性と、ほぼ100パーの確率で恋に落ちてますよね?(笑)

そんな中、ペイジの新しい担当魔女としてビリーという現役女子大生のギャル魔女が現れ、彼女は魔女になりたてで独学で学びコスプレに身を包みゲーム感覚で悪魔退治をしていましたが、悪魔を退治するため強くなりたい彼女と生きていることを隠したい3姉妹との利害が一致。
3姉妹は協力してビリーに魔法や薬などの知識を教え、ビリーは3姉妹から教わったことを実戦で活かし、やがて彼女たちは絆を深めて家族同然のようになっていきます。
ビリーは現代っ子らしく探知にPC使ったり、ちょっと言うこと聞かなかったり、無鉄砲なところがありますが、基本素直で真面目な良い子です。やはり善の魔女だからか?

もうちょっとつづく。
[PR]

by norarican | 2011-09-28 00:33 | チャームド | Trackback | Comments(0)

チャームド/シーズン7 シーズンファイナルまで。

ちょっとうろ覚えなんですけど、覚えている限りのことをメモっておきます。違ったらごめんなさい。
もちろんネタバレありなので、ご注意あれ。

ハリウェル家の地下に眠る集束点を狙う上級悪魔は、3姉妹の力を弱めて影の経典を手に入れようと企み、これが見事に成功してしまう。3姉妹は経典を奪われ、やがて経典に書かれた呪文によって魔力も奪われてしまう。
3姉妹が上級悪魔相手に悪戦苦闘してる間、シェリダンはFBI?の協力をえてハリウェル家を包囲。FBIも不可解な事件に3姉妹が関わっていると調査していたようです。超常現象とかなんとか言ってましたが、まあ、まさか魔女とか悪魔とかが実在するとは思ってないでしょうね。
強力な助っ人を得て逮捕に執念を燃やすシェリダンでしたが、FBIの制止も聞かず単独で家の中に潜入し、屋根裏で上級悪魔と出くわしてしまい、あっけなく殺されてしまいました。だから深入りするなとあれほど…。

そして、ついに集束点の力を手に入れた上級悪魔でしたが、3姉妹によって力もろとも消滅させられる…んですが、これどうやったのか肝心なところをど忘れしてしまいました…あああああ (´Д`;)
この上級悪魔は強力な力があるわけじゃないんだけど、かなり慎重な策略家で結構手強くてハラハラしましたが、きっと残り10分で万事解決してくれるのよね!と信じていたら、ホントにその通りになりました(笑)。

悪魔との対決で家の中で爆発が起こり、周囲で待機していたFBIが突入。3姉妹の姿はなく、中に入れず心配していたレオの前に3人の女性が現れる。実は、彼女達は姿を変えた3姉妹でした。そんな魔法使えるならもっと早…。レオも姿を変え別人となった4人は、なんとなく異変に気付いたダリルが見送る中、ハリウェル家を後にしたのでした。
経典は取り戻したけど、代々受け継がれていたハリウェル家は完全に捜査当局の監視対象になるだろうし、何より4人が別人になっちゃって次シーズンどうなっちゃうんでしょうか?

ネット情報によると、実はシーズン7で終了するはずだったのに、もう1シーズンやることになってしまったため、別人になったというラストが製作陣を悩ませる結果になってしまったのだとか。なるほど。だから、化身が出てきたりレオが人間になったり経典が奪われたり集束点が出てきたり3姉妹に捜査の手が伸びたりと大波乱のシーズンだったのかな…?

というわけで、肝心なところを忘れてしまってますが、最後は4人が別人になったことだけ覚えておけば次シーズン(S8)を迎えられるんじゃないかと思ってます。
このドラマはたしか夏頃、新シーズン放送だったかな。ファイナルシーズンはどんな展開になるのでしょうか。これまで度々問題視されていたワイアットの強力な魔力や弟クリスのことも気になるところです。その辺、決着がつくんでしょうかね?てか、4人が別人になってしまったのをどう繋げたのか。それが1番気になるところです。
[PR]

by norarican | 2011-04-04 23:31 | チャームド | Trackback | Comments(0)

チャームド/シーズン7 化身編終了後。

化身編終了後~ファイナル前まで。

家族のために天界を裏切り化身となったレオへの処罰として長老達は、「そんなに家族が大事なら記憶を消されて遠くに飛ばされても戻れるよね?」なテストを行い、見事パスしたレオは長老として世界を救うよりも人間として家族を守ることを選択。かくしてレオは人間に戻されたのでした。
これでずっと家族と一緒にいられるわけなんですが、魔力を失い、存在も証明できない(何十年も前に死んでるからね)レオは、自分に何が出来るのか思い悩むように。まあ、急に人間になって自分が無力に思えたんでしょうね。
そういえば…よくよく考えたら未来のクリスがいなくなってから、3姉妹に担当の白の守護者っていないんですよね。いつもレオが治してくれてたから…?
あとは、ペイジの白の守護者の力が強まった結果、白の守護者になる(でも担当は別)と同時に、魔法の知識が豊富だということでレオが魔法学校の校長になったりでした。

それから、陽気な元悪魔ドレイクが3姉妹の前に現れたのですが、実はドレイクはコールと取引(人間にしてもらった)をしていて、一連のことで傷ついている3姉妹、特にフィービーに気持ちを取り戻してもらうためにやって来たのでした。ということで、コール再登場(1話だけ)です。
コールはパイパーにだけ姿を見せ、影からフィービーを見守ってて、本当にフィービーを愛し、これからも愛し続けるのだろうな~と思わせてくれました。そして、ドレイクは、儚く限りある命だからこそ一生懸命に明るく楽しく生きれて満足だったみたいです。ええ話だったわ。

ドレイク話が終わった後は、白の守護者として修行するペイジの話や未来のワイアットが現れて善から悪に変わったりしながら、化身の時に一時的に手を組んだ上級悪魔がハリウェル家の地下にある魔力の“集束点”(この字でいいのかな?)を虎視眈々と狙い、そこにシェリダンの3姉妹への異常な執着が絡んで、シーズンファイナルへ…!

ちなみに、未来のワイアットはたぶん「マイアミ」S8で頻繁に登場するAVラボの人…だと思う。
[PR]

by norarican | 2011-03-09 00:39 | チャームド | Trackback | Comments(0)

チャームド/シーズン7 化身編終盤。

ちょっと長いですが、化身編終盤のまとめ。

3姉妹とレオは悪魔のいないユートピアを実現するため化身に協力する一方で、ブロディはペイジの説得で一応は納得したものの、やっぱり化身に対する疑惑を抱えていた。そんなブロディの前にユートピア出現を阻もうとする上級悪魔が現れ(ユートピアに悪魔は存在できないのでね)、薬を使って化身の1人を殺すようブロディをそそのかす(化身は1人死ぬと全体の力が弱まるから)。
悪魔への協力は意にそぐわないが、それ以上に化身を信用できないブロディは実行し、化身の1人を殺すが自分も命を落としてしまう。その場に居合わせたペイジは化身にブロディを助けるよう頼むがユートピアを優先する化身はブロディを見殺しにする。

その後、ついにユートピアが出現し、人々は争うことがなくなった(=悪が無くなった)。しかし、ブロディを失ったペイジは、嘆き悲しむことなく淡々と彼の死を受け入れ、姉2人もまたブロディは穏やかな場所に行けたのだからこれで良かったのだと言う。
そんな3姉妹の様子を見て、レオは化身やユートピアに対して疑問を持ち始め、何かがおかしいと思いながらも、化身の目的が分からずに困惑していた。そこへ、ブロディをそそのかした上級悪魔が今度はレオの前に現れ、言葉巧みにレオを味方に引き入れ、化身を殺すためには3姉妹の力が必要だと吹き込む。

やがて明らかになったユートピアの正体とは、化身が常に人々を監視し、争い(悪)の芽を摘む=排除し、人の生死や感情、思想、行動などすべてを化身が左右し支配する世界=選択の自由を奪われた世界だった。
なんとか世界を取り戻そうとするレオは、予知が出来るフィービーに話をし、争いごとを起こして化身に消されることでフィービーに真実を伝えようとする。家族との平穏な生活を望んでいたはずのパイパーがレオが消えても悲しまない姿を見て、フィービーは目覚め、フィービーの説得で他の2人も目覚める。

3姉妹に消されることを恐れた化身は、世界をユートピア出現前に戻し、レオは生き返る。しかし、ブロディを生き返らせることは出来ず、悲しむペイジの前にブロディが現れ白の守護者になったことを告げる。
ブロディは守護者として生き返ったものの、一緒にはいられないので結局2人はお別れなんですよね…。でも、“いつかまた会える”ていう希望が残るからいいのかな…?

というわけで、世界が元通りになって一件落着。ようやく化身編が終了…!です。
もうみんな気持ちや考えがコロコロ変わるし、悪魔の言葉に惑わされちゃうし、どう考えたってそんな都合のいい世界なんてあり得ないのに、嬉しそうに化身に協力する3姉妹とレオにハラハラ、ヤキモキさせられて落ち着きませんでしたよ。3姉妹とレオの一時の感情で世界が左右されてしまうなんて、たまったもんじゃないですよね(^^;)3姉妹は自分達が強大な力を持っていることをもっと認識するべき!(笑)

とにかくこれで終わった…とホッとしたところで、ブロディによって昏睡状態になっていたシェリダン?が職場復帰。で、出たー!(゜∀゜;)彼女がここで戻って来たってことは、シーズンファイナルに向けて鍵となりそうな予感。昏睡前後の記憶が曖昧らしいですが、彼女は無駄に3姉妹に執着してて面倒だから憂鬱だわー(笑)
[PR]

by norarican | 2011-03-03 00:21 | チャームド | Trackback | Comments(0)

チャームド/シーズン7 中盤あたり。

だいぶ前に放送終了しちゃってるのでざっくり概要。

化身の話はシーズン通して続くのかと思ったら終盤前に終わりました。何かおかしいと思いながらも化身の目的がさっぱり分からないので悶々とした状態の中、登場人物たちがころころと考え方を変えるので見るのがしんどくなっちゃって(^^;)

さて、なんだか化身がいいヤツに見えてきて、化身に拘り続けるブロディが悪いヤツに見えてきた中盤。
悪魔の情報を交換条件に人間になりたいという物見(ものみ)を悪魔から守るよう化身に言われレオと3姉妹は物見をかくまうのですが、その時物見がフィービーに見せた未来がとても平和で穏やかなもので、生涯悪魔と戦い続けることに嫌気がさしていた3姉妹の理想の世界だったことからフィービーも化身と物見のことを少し信じるようになるんですが…。

一方、転属になった女性刑事を探していたダリルは物見の力を借りて居場所を突き止めると、なんと女性刑事はブロディの麻酔銃によって昏睡状態になってました。なのにブロディは特に悪びれる風でもなく麻酔銃だから大丈夫みたいな、なんだか曖昧な言い方してて彼のことがよく分からなくなってきました。化身を倒すためだったらどんな手段を使ってでも!な化身への執着が周りを危険にさらすんじゃないかと不安です。

あ、レオは化身になったことを時間かけて説得するって言ってたのに、次エピであっさり告白して、やっぱりブロディに命狙われました。てか、長老達にも告白しちゃって、この間のエピはなんだったのー?みたいな。
とにかくレオは化身の力で悪魔がいない世界=家族の幸せと信じきってるし、フィービーの助けもあって長老達も考えが揺らいでいるようです。
で、本当に化身がブロディの両親を殺したのか、真実を知るためにペイジと過去に行き両親の死の瞬間に立ち会うわけです。ネタバレするとブロディの両親を殺したのは化身を倒す薬を狙った悪魔達でした。しかし、真実を知ったはずのブロディは化身を殺すための薬を過去から持ち帰ってきてて、やっぱり化身を倒すつもりのようです。ブロディにしてみればこれまで化身を倒すためだけに生きてきたのだから、そう簡単には変われないのでしょうし、念には念をで万が一を考えてなのかも。

化身は3姉妹の前に姿を現したり、フィービーが長老達に布教活動したりで「化身イイヤツ」な方向に進んでるんですけど、なんか都合良過ぎて裏があるんじゃないかと思ってしまう。善があって悪がある。光があって闇がある。陽があって陰がある。が自然の摂理なんじゃないんですかねえ?どちらかに偏った世界が決していい世界とは限らないと思うんだけどなー。

ところで、ブロディってどっかで見たことあると思いつつ、なかなか思い出せなかったんですが、「CSI:NY」S4でマックのストーカーだった333のアンディでしたね。
[PR]

by norarican | 2011-02-16 01:17 | チャームド | Trackback | Comments(0)

チャームド/シーズン7 9話。

もうね、レオがどうなっちゃうのか気になって気になって仕方ないです。

レオは化身が世界を救うと本気で思ってるみたいですね。完全に洗脳されとる。善悪がなくなれば悪魔退治をしなくて済む。パイパーも子供達も悪魔に狙われることなく平和で幸せに暮らせると本気で信じてる。
レオはただ家族を取り戻したいだけなのに肝心のパイパーは相変わらずレオの転身っぷりに疑念を抱いていて、隠し事をしているなら話にならないとレオを避けておりました。
そんなパイパーにレオは自身が化身であることを隠し通すことに限界を感じ、パイパーならきっと理解してくれると信じ、他の化身達の反対を押し切ってパイパーに自分が化身となったことを告白。ところがパイパーに拒絶され、妹2人にも警戒されてしまう。
まあ、3姉妹の反応は当然ですよね。長老達が新たな敵と見て、自分達を危険にさらすかもしれない相手の仲間になっちゃったんだから。レオが血迷ったと思うのも当然。

しかし、化身が世界を救うと信じているレオは、長老達は誤解している。化身が世界を統一すれば悪魔と戦わずに済む平和な未来が待っている、と必死に説得。やがてパイパーだけはレオを信じるようになるが化身がブロディの両親つまり罪なき者を殺したことを知っているフィービーとペイジとにわかに対立するようになる。
そこへレオが化身だということをペイジから聞いたブロディが豹変し、化身は仲間の1人を殺せば他の連中の力も弱まるのだとかで、ブロディは両親が見つけた化身を殺す薬でレオを殺そうとする。なんでもブロディの両親はその薬を見つけたがために化身に殺されたそうです。
ブロディは20年追い続けた化身に対する復讐心でフィービーとペイジの言葉も聞こえないほど暴走。直接レオを殺すのだけはやめてくれたようですが、ペイジを麻酔銃で眠らせ、フィービーを人質にレオを脅し、仲間を呼び出すよう命じます。しかし、レオは応じようとはせずブロディを化身の力で殺してしまう。と、同時に化身を殺す薬の瓶がレオの足元で割れレオも薬によって死んでしまう。
「こんなはずでは…」と死の淵で後悔するレオの元に化身達が現れ、パイパーに告白すればこうなるのだと告げ、化身の力でパイパーに告白する前まで時間を戻してやり直すように言い、レオは化身達の力を借りて時間を戻し何事もなかったことになりました。そして、レオは焦らず時間をかけて3姉妹を説得することを決心したのでした。
…て、今まで見てたことが全部なかったことになっちゃったよー!(笑)
シュミレーションてやつですね。もしパイパーに告白したらどうなるか。ブロディは好きなペイジを手をかけちゃうし、レオは化身の力で罪なき者を殺しちゃうし、レオは化身として死んでしまうし、パイパーは最愛の人を失うし、フィービーは…信用していた人に裏切られたショックを受ける?となってしまうわけか。ひとつもいいことがないよ。てかね、化身になった時点でもう結末は見えてると思うのよね。それに気付かない限り未来は変わらない気がするんだけどなー。

あー、そうそう。ペイジとブロディはやっぱ付き合い始めました。久しぶりの女性とのデートにそわそわするブロディ。2人の間では化身の話はタブーと決めたようですが、化身の情報が入るとデート中でもどうしても無視出来ないようです。これじゃいつもと逆だね。
ブロディの初々しさに可愛らしさを感じていたのですが、化身を倒すためならペイジでも手に掛ける人だということを知ってしまってちょっとショックです。ま、それはレオと視聴者しか知らないことなんですが。

そういえばダリルが以前3姉妹を付回していた女性刑事の消息が掴めなくなったとフィービーに連絡してきて、ダリルはブロディが女性刑事をどうにかしたんじゃないかと思っているようです。ブロディは転属(配置換え?)になったと言ってたけど、まるで消えてしまったみたいに所在が確認出来ないのだとか。
魔法はもうこりごりだと初めはフィービーの協力の申し出を拒否して自力で辿るも行き詰ってしまい、結局フィービーに頼ることにしたようです。これでダリルとの絶交も解消かな…?
[PR]

by norarican | 2010-08-05 01:01 | チャームド | Trackback | Comments(0)