カテゴリ:【スーパードラマTV】( 113 )

Scorpion/スコーピオン/シーズン2 シーズンファイナル。

c0184546_036574.jpg

放送は随分前に終了してますが、S2見終わりましたー。て、実はとっくの昔に終わっていたのですが、まとめる時間がなくて今頃になってしまいました(^^;)。このドラマ25話まであるのね。
記憶を掘り起こしながら書いてますので、間違いがあったらごめんなさい。

※シーズンファイナルまでのネタバレ含みます!ご注意!!

ファイナルエピは、スコーピオンの創立メンバーで事件を起こして現在は精神科病院に収容中だったはずのマークが脱走しトビーを人質にしてチームに復讐する話でした。
クリフハンガーになるかとヒヤヒヤしましたが、事件自体は1話の中で完結してるので安心してください。クリフハンガーなのは、ウォルター&ペイジとトビー&ハッピーの恋愛模様の方でした。それぞれの恋の結末は次シーズンまで持ち越し~。

今シーズンはチームの恋愛模様の他に、たった1人の理解者だった姉を失ったウォルターの心境の変化、スライの成長などがありました。

まずスライ。愛するメーガンが亡くなった後は、自分の頭脳を活かして亡き妻のための慈善事業の資金集めに奔走する一方で、父親(軍人)から仕事の依頼があったり、任務で刑務所に潜入したりなどを経て、人として男として、ちょっとだけ成長したように思います。ホントにちょっとだけ(笑)。
あと、ラルフと仲良しな場面が増え、ラルフのプレゼンに付き添ったり、ペイジがラルフを預けるようになったりしました。

続いて、トビー&ハッピーのカップル。気持ちが通じ合った後は、結構仲良くやっていたように見えましたが、シーズンファイナルのラストでトビーがハッピーにプロポーズしたら、まさかの「できない」で、その理由が「もう結婚してる」でした。なんとなくそんな気がしていたのは、どこかで出て来たからなのか、他のドラマと混同してるのか…?チームのメンバー全員知らなかったようだけど、何故か元創立メンバーのマークはどうも知っていたっぽい。
トビーは気持ちを隠さないので、彼の方が愛情が強いのかと思ったら、ハッピーがトビーへの愛情を見せる場面(本人がいない所が多い)がちょいちょいあり、「なんだハッピーもトビーが好きなんじゃん」なんて思っていたのですよね。でも、今ひとつ踏み出せないというか、線を引いているような気がしたのは、それが理由だったのでしょうかね。意外と(?)複雑な恋愛だったのね。
 

もう少しつづく。
[PR]

by norarican | 2017-02-02 23:36 | 【スーパードラマTV】 | Trackback | Comments(0)

Scorpion/スコーピオン/シーズン2 20話まで視聴済み。

c0184546_383184.jpg

ラルフが大のお気に入りなので、彼の出番が多いor活躍する回は何度もリピートして見てます。
最近では、地震の影響で街のど真ん中でガス管が爆発する危険を回避するため、スコーピオンが奔走する回(17話)。
その前に、極寒の地で風邪を引いたトビーを看病するハッピーが、「実はコイツのこと好きなんだよね」て言ったら、ラルフが「うわあ、キモイ」て言ってて笑った。ラルフの中ではトビーが一番下なのかなって(笑)。

トビーとハッピーは、シーズン2に入って、諦める→やっぱり諦めないを繰り返して、任務で危険な目に遭う度にそれぞれ考え方に変化が出て来て、最終的にはハッピーがトビーを受け入れて付き合うことになったみたいです。
でも、ウォルターは任務に影響が出るからチーム内恋愛は禁止の考えで、2人が付き合うなら、チームを出て行くか別れるか選んでって、当たり前のようにサラッと言ってたけど、なんだかんだあって現在は認める努力してるみたいです。

話を戻して。ラルフ活躍回。

※ネタバレ含みます!ご注意!!

大きな地震が起きて街中でガス管が爆発するかも?!な危機に、海水調査で海岸沿いにいたラルフとスライは、チームから離れた場所から任務にあたるんだけど、途中で大木の下敷きになり動けなくなったカップルに遭遇。車内には足を挟まれて動けない女性がいて、男性から救出を依頼されるのですが、この救出シーンが特にお気に入りでして。

つづきます。
[PR]

by norarican | 2016-12-24 23:07 | 【スーパードラマTV】 | Trackback | Comments(0)

NCIS:ニューオーリンズ/シーズン2 視聴始めてます。

c0184546_2431494.jpg

シーズン2の放送が始まり、現在4話まで視聴済み。

今シーズンから元ATFの潜入捜査官だったソーニャがチームに新加入。NCISの新人捜査官として、先輩2人にいじられまくってます。特にクリスから。
前シーズンはチームの新人てことでブロディがいじられ役だったけど、今は完全にソーニャ。オープニングからエンディングまで、ずっと同じことでいじってたりすることも。

2話で男子会に誘われなかったことを根に持ったソーニャがクリスに絡みまくりで、さすがに「まだ言ってるよ…」と、あまりのしつこさに苦笑い。もう許してあげてよ(^^;)。
また、時々「それ、ちょっとやり過ぎじゃない…?」なこともありますが、誰もが一度は経験してること…なのでしょうかね?

陽気なメンバーが加入したことで、キングがますますお父さん化し、部下は兄妹化してて楽しいです。3人がわちゃわちゃ騒いで、適度な所でキングが「そこまでだ」と止めに入り、釈然としないながらも大人しく従う姿が好きです。微笑ましさすら感じてしまう。キングが絶対的存在なのがワタシの中では嬉しいのでしょうね(笑)。

前シーズン、キングは奥さんと別居中でオフィスに寝泊まりしていたけど、正式に離婚したらしい今シーズンでは自宅を売り、一部を事件関係者の子供を引き取って育てているロレッタに渡し、残りのお金で古いBarを買い取ったので、自然とチームが集まる場所になってます。だって、料理も音楽も全部キングの担当だから。
Barは部下の3人がピッカピカに磨き上げ、その仕上がりにキングも驚いたほど。まあ、主にやったのはソーニャですが(^^;)。3人ともキングに褒められたくて、必死に頑張ったんじゃないでしょうかね(笑)。キングの言葉がご褒美…みたいな。

ただ、ちょっと心配なことも。ブロディの元に学生時代の写真が届いたのですが、身に覚えのない写真で、セバスチャンに調べてもらうことに。その結果、写真は亡くなった双子の妹(姉だっけか)のもの(合成)であることが判明。誰が、何の意図でそんな写真を作り、ブロディに送ってきたのか。何かの前触れ?
さらに、セバスチャンの元には、「レンガの道を進むか?」の謎メッセージが届き、セバスチャンが「YES」を押す…という場面があり、メッセージの意味もセバスチャンの選択理由もよく分からないまま過ぎてしまったのですが、その後の展開が出て来てないので、未だ謎です。

クリスは、新しい彼女が出来たとソーニャが冷やかしていたので、最愛の人の死から立ち直ったのかと思ったら、実はひと晩だけの関係を繰り返していたみたいで、出会った女性と一夜を共に過ごし、長いこと家に帰っていなかったらしい。どうりで。前に進むのは良いことだけど、ちょっと早いような気がしたんだよね(^^;)。
でも、キングに諭されて、悲しみと向き合い受け入れて、前に進む努力をする気になった…のかな?
[PR]

by norarican | 2016-12-22 23:42 | 【スーパードラマTV】 | Trackback | Comments(0)

リミットレス/シーズン1 視聴始めました。 ※追記あり

c0184546_1215188.jpg

レギュラー放送が始まりましたが、少し前に先行で2話放送されていたので視聴しました。
映画版見たし、主人公を演じていたブラッドリー・クーパーが制作総指揮で参加、出演も複数回あるというので、日本で放送されるの楽しみにしてました。

2話見た限りの印象ですが、シリアス傾向だった映画版に比べ、ドラマ版は主人公が明るい負け組のダメ男ということもあり、軽いタッチで描かれているように思いました。コミカルなやり取りなんかもあったり。舞台設定は、映画版のその後…になってます。

※2話までのネタバレ含みます!ご注意!!

主人公のブライアンは、夢を追い続けた結果、家族からも社会からも落ちこぼれてしまい、バイトで生計を立てている。そんなある日、昔のバンド仲間と再会したことから、脳を100%活性させるNZT48を服用することになり、やがて警察の捜査に協力することになる…というお話。

映画版は、薬を巡る争いに巻き込まれて命を狙われたり、副作用で大変なことになっちゃったりな話だったと思うのですが、ドラマ版は薬による覚醒能力を活用した事件捜査に方向転換したことで、ドラマからでも入りやすいし、見やすくなったような気がしました。ワタシが刑事もの好きだからかもしれないけど(^^;)。

勝ち組の旧友から勧められて薬を服用したら、突然自分が天才になった気がして、もっと薬が欲しくなって旧友を訪ねたら、旧友が何者かに殺されていて自分が疑われる…な展開は、映画版でも見たような…。もうだいぶ忘れちゃってるけど(^^;)。

ブラッドリー・クーパーは2話とも登場して、映画版同様の役柄。現在は上院議員だったかな。もっと上(大統領選)を狙えると期待されているけど、本人は今の地位がちょうどいいとか言ってる。そして、魔法のお薬の常用者。薬には激しい副作用があるんだけど(廃人になるレベル)、それを抑える薬?を開発したらしい。
脳を活性化させて超天才になれるなら、薬を有効活用出来る方法も考えられそうだよね…ていうのは映画版見た時の感想。

ブラッドリー演じるエディは、ブライアンに副作用を抑える薬を与えNZT49を常用するように言い、このことは誰にも話すなと口止め。何か良からぬことを画策しているような気配。ブライアンは、一度、約束を反故にしかけたけど、家族を人質に取られて断念。
その一方で、NZT48の存在と危険性は世間に知られているらしく、副作用が起きないブライアンは事件捜査に役立つと考えたFBI捜査官の強い勧めで、ブライアンはFBIのコンサルタント的立場(監視付き)になる…というのが2話までの内容。次回から、捜査現場でブライアンの活躍が見れるのかもしれないですね。

捜査当局からすれば、脳を活性化しようがしまいが、NZT48の常用者はただのドラッグ中毒でしかないので、すんなり受け入れられたわけではありません。なぜブライアンだけが副作用が出ないのか、色々テストしたり検査したりされてました。しかし、秘密は明かせないので、理由は謎のまま。なので、テストも検査もクリアしたけど、万が一があるかも…な認識になってたはず。

ブライアンがFBIへの協力を決めたのは、自分を心配してくれる父親が倒れたこともあって、安心させたいのとダメ息子の汚名を返上したいと思ったから。家族の食卓シーンは、誰が誰なんだかさっぱり分からないけど、たくさんいます(笑)。

他のキャストは、見たことある人いっぱいで、ブライアンを推すFBI捜査官ハリスが「デクスター」の妹デボラで、同僚ボイルが「CSI:NY」のホークス。そして、2人の上司が「GRIMM」のニックママでした。

シーズン1は、フルシーズン(全22話)あるけど、シーズン更新されず、シーズン1で終了になってます。たしか、他の媒体での制作を模索したけど、結局打ち切りが決まった…だったと思います。うろ覚えですみません(-ω-;)。
シーズン1で終わってしまうドラマですが、面白そうなので視聴続けたいと思います。

追記。
[PR]

by norarican | 2016-11-30 22:21 | 【スーパードラマTV】 | Trackback | Comments(0)

GRIMM/グリム/シーズン4 20話まで視聴済み。

c0184546_1193497.jpg

先週は、病院と映画で終わってしまったような気がする。地味に忙しくて、あまり覚えてないっていう…。まあ、映画見に行くために必死だったってのもありますが。たぶん、後日語ります。

さて、物語もシーズン終盤に入りましたが…。展開がイヤ過ぎて見てるのがツライです(泣)。どうしよう、全然楽しくない…。

途中停滞してしまって、数話まとめ見して、今19話?20話?くらいまで見たところです。
色々時系列とか違ってると思いますがご容赦ください。ネタバレ注意!!です。

ジュリエットのヘクセンビースト化が強くなるにつれ、性格も邪悪になっていき、アダリンドを恨むのはもちろん、ニックとその仲間達にも怒りをぶつけまくり、とりつくしまのない状態。そら、ニック達と関わったばかりに、望まない事に巻き込まれて人生めちゃめちゃにされてるんだから、怒るのは当然だよね。恨む気持ちも分かる。ジュリエットは何も悪くない。悪くないんだけど…。

ニックは何とかジュリエットを救済する方法を探そうとするんだけども、「むしろ、今の自分が気に入ってる」とか言って拒絶。本来の気性の激しさが表に出てきちゃってるのかなあ…と思うと、ワタシの中の苦手意識が発動しちゃって、ワタシが拒否反応。なんでこんな展開になっちゃったんだろ…(遠い目)。
 

思いっきりネタバレしてます。
[PR]

by norarican | 2016-11-14 23:19 | 【スーパードラマTV】 | Trackback | Comments(0)

Scorpion/スコーピオン/シーズン2 12話まで視聴済み。

c0184546_0475014.jpg

1話は見たけど、2話を見逃したままキャッチアップも録れずにいましたが、連続放送が始まったのでようやく見れました。それ以降は順調に視聴していて、現在12話まで視聴済み。

この間に、チームを認めてくれていた新長官が結局は自身の政治的イメージのためにチームを利用していただかで、信頼関係が崩れてチームのボスは副長官に交代…だったと思う。ちょっとうろ覚えなので違ってたらごめん(^^;)。とにかく長官役の「FOREVER」マルティネスは出て来なくなりました。レギュラーじゃなかったのね。副長官は長官に比べると、若干頼りなげに見えるけど(実力はあるけど)、チームのことを好意的に見てくれているので好感持てます。

※12話までのネタバレ含みます!ご注意!!

ウォルターの姉メーガンの病気が刻々と進行する中、S1にも出て来た大富豪起業家のリチャードの依頼で、ウォルターが関わった超ハイテクビルのお披露目当日、ウォルターが罠にハメられてシステムがウイルスに感染して大惨事が起きるエピが前後編で「やっぱりなー!」だったけどチームが無事に解決したり(6~7話)、潜入のためスーパーヒーローのコスプレするチームの面々(ケイヴ含む)が見れたり(5話)、ウォルターが裁判所命令を取ってメーガンに治療を強制しようとするも彼女の意志を守りたいシルヴェスターが病室でメーガンと結婚して命令を取り消させる(配偶者>裁判所命令)(10話)などがありましたが、このドラマのワタシ的イチオシキャラはラルフなのが、彼が大活躍する8話の『暴走列車』がいたくお気に入りです。


学校関係で仕方なく組まされた同級生親子と地下鉄に乗っていたラルフとペイジ。ところが、その電車が強盗目的で何者かに乗っ取られて大暴走。早く止めないと衝突する!な緊急事態になり、専門的な話ばかり(しかも高度)して同級生から変人扱いされていたけど、ラルフが理論に基づいて的確に指示したり、その場にある物でスピーカー作ったり、電子錠をやっぱりその場にある物で開けちゃったりで、みんなの見る目が変わって行くのが楽しかった。

特に、電子錠を解錠する時、周りはラルフが何をしてるのか全然理解出来なくて、ペイジが「何してるの?」と聞くと、鍵の仕組みを説明して、「だから、鍵がなくてもこうすれば…ドアは開く」て言うと同時に扉が開いた時には、めっちゃドヤ顔したくなりました、ワタシが。ラルフの頭脳が認められのが嬉しい。大人はオロオロするばかりなのに、ラルフは至って冷静に指摘したりしてて、「お、おう…」な大人が面白い。

あと、ウォルターを助けるために大事にしていた望遠鏡が犠牲になっちゃって、「僕の望遠鏡…(´・ω・`)」て悲しげなのが可愛い。そして、天才ウォルターの相棒はラルフにしか務まらないっていうのも萌える。天才の言うことは天才にしか理解出来ない。
ラルフがあの電車に乗っていたのが幸いだったよね!ラルフのおかげだからね!

ラルフ語りつづく。
[PR]

by norarican | 2016-10-11 23:21 | 【スーパードラマTV】 | Trackback | Comments(0)

GRIMM/グリム/シーズン4 14話まで視聴済み。

c0184546_0504384.jpg

現在14話まで視聴済み。

モンローとロザリーの異種族結婚に関わる問題が解決した後は、ジュリエットの身に起きている事が本格化したのですが…。なんだか、どえらいことになってきちゃってますよぉぅ(-ω-;)。CMでも言ってるけど、「その代償はあまりにも大きかった」です。

※14話までのネタバレしてます!ご注意!!

ジュリエットは自身に起きている異変を内密にレナードに相談した後、彼に紹介されたヘンリエッタという人物(ヘクセンビースト)に会いに行くも、彼女から「もう戻れない」と断言されてしまうのでした。えええー!! (;゚д゚)。そうなの?そんな大変なことになってるの??わずかな望みをかけて会いに行ったのに、絶望的なこと言われちゃったよー。ちなみに、ジュリエットの能力はかなり強いものだそう。魔術の影響なんですかね?突然変異種の方が優性てやつ?
やっぱり普通の人間が黒魔術して、ノーリスクのわけないか…。アダリンドの力を奪った方法とか、これまで出て来た方法は効かないんですって。

ジュリエットは、ニックが追ってる事件の関係でベッセンラインに襲われたけど逆に殺しちゃったり、娘を取り戻すためにポートランドに戻って来たアダリンドを撃退しちゃったりで、力もコントロール出来るようになったみたいだし、その力が強大なものというのも本当らしい。アダリンドがビックリしてたからね。最強のヘクセンビーストが誕生してしまったということか…(-ω-)。

そんなこんながあって、ジュリエットはついにニックに打ち明ける決意をするのですが…。ヘクセンビーストにヴォーガしたジュリエットを見て、驚愕するニック。アダリンドがまた化けていると思い込み、銃をジュリエットに向けてしまうのでした。
ジュリエットはこれを恐れていたわけですが、まあ、これまでのことを思えば、ニックの反応は仕方ないと言えば仕方ないよね。責めないであげて。

ニックは、目の前のヘクセンビーストがジュリエット本人だと分かると激しく動揺し混乱する。今まで黙っていたことや真っ先にレナードに相談してたこと、そもそもの原因は自分にあること、ヴェッセンと化してしまったジュリエットを受け入れられるかどうか、今までと同じように愛せるかどうか…などなど。
そして、1人で悶々と考えた結果、ジュリエットを愛してると答えを出し、一緒に乗り越えよう(戻れる方法を探すとか)と彼女に告げるのですが…。

もう少し続く。
[PR]

by norarican | 2016-09-30 23:50 | 【スーパードラマTV】 | Trackback | Comments(0)

THE MENTALIST/シーズン7 シリーズ終了!

c0184546_0472158.jpg

終わってしまったー(>_<)。

終わってしまったのが寂しくて、なかなか書けずにいましたが、区切りをつけるために腹をくくることにします。

シリーズが終了してしまうのは寂しいけど、納得出来る部分もあるし、何より前シーズンのS6後半~今シーズン(S7)は毎エピ見ていて楽しかったし、見たいと望んでいたラストになっていたので大満足!でスッキリしてます。ラストがキチンと描かれるドラマはそう多くないので、余計に気持ちいい。

放送はとっくに終了してますが、ファイナルシーズン終盤からシリーズ終了エピまで。

※ネタバレしてますのでご注意!!※

最終話までの3話(11話~13話)は、連続した内容でした。リズボンから距離を置こうとしていたジェーンでしたが、事件の情報を知っているというサイキックが登場したので、結局戻ってきて捜査に参加することに。
一方で、水辺の小屋を購入してリズボンと一緒にいる準備を進めようとするも、リズボンから「まだ指輪をしている」と指摘されたりで、2人の関係について決断をしなければならない時期にきていました。
リズボンはジェーンに決断を迫ったり責めたりしてるわけでなく、まだ過去を吹っ切れてないんじゃないの?的な問いかけだったんだと思う。後で思えば、ジェーンの気持ちを確かめておきたかったのかなーって。

11話でカップルが殺害される事件が起きて、その情報を持っているというか知っているという自称サイキックが現れ、ジェーンは経験者なのでインチキだと否定するも、自称サイキックの発言で事件が連続殺人事件に発展。
やがて、自称サイキックがマスコミに注目され始めて、まるで昔のジェーンのよう。ワイリーなんかは、ベガのこともあって信じかけていたけど、ジェーンはとことん否定。自称vsジェーンのサイキック対決になるのかと思ったら、自称が「偽物」と腕に書かれた遺体が発見され、事件は思わぬ方向に展開。

がっつりネタバレしてるよ!
[PR]

by norarican | 2016-09-07 01:04 | 【スーパードラマTV】 | Trackback | Comments(0)

GRIMM/グリム/シーズン4 10話まで視聴済み。

c0184546_127554.jpg

≪モンロー救出に向かうニックとその仲間達。見えないけどハンクもいるよー≫


※10話までのネタバレあり!ご注意!※

鍵を狙うヴェッセンに追われてポートランドまで逃げて来たジョシュは、しばらくニックの家で居候していましたが、ニックやトラブルと一緒にいるうちに、父親が戦っていた世界(グリムとヴェッセンの世界)について、ようやく本気で理解し始めて、家に戻りたい(いつまでも逃げてるわけにはいかない)と思うように。新米グリムの自分と共通する気持ちもあったことから、トラブルはジョシュを守るため、彼と一緒に行くことになりました。

恩人であり師匠であるニックから、「お前に任せる」と言われて嬉しそうなトラブルが印象的だった。これまで誰からも信用されず1人で生きて来たけど、ニックと出会って自分の生きる道を見つけたことはとても大きなことだったんだろうね。みんなには告げず、ニックにだけ別れを言ってジョシュと共に去って行きました。
ジョシュの問題は後々出て来ると思うので、トラブルはしばらくお休みってことかな?

一方、アダリンドの子供を巡る争いは、グリムと王家の他にレナードのママ、そしてレジスタンスも加わるようなので、これはかなり壮絶な争奪戦になりそうな予感です。が、その前に、片づけなければいけない問題が。

まず、モンローとロザリーの別種婚に反対する組織ヴッセンラインによる嫌がらせと脅迫が激化。ヴェッセンラインは、人間社会で行ったら白人至上主義みたいなもんかな。リーダーがモンローと同じ種族ぽい。
モンローとロザリーに警護をつけたけど、監視してくれている警官に夜食を届けに行ったモンローが襲われてしまいました…で、まさかの“つづく”(^^;)。どうりで全然話が進まないと思ったよ。

がっつりネタバレ!
[PR]

by norarican | 2016-09-05 01:47 | 【スーパードラマTV】 | Trackback | Comments(0)

GRIMM/グリム/シーズン4 6話まで視聴済み。

c0184546_1215240.jpg

ニックが力を取り戻せないまま5話になり、そのうちニックも様々な事情から、「もうグリムに戻らなくてもいいかも…」な流れになり、それなら自分がいると却って危険てことでトラブルが町を出ると言い出したりしましたが、レナード母がようやく力を取り戻す方法を発見。
ところが、その方法とはアダリンドがしたことをジュリエットとアダリンドを入れ替えて行うというもの。要するに、アダリンドがジュリエットに化けたのだから、今度はジュリエットがアダリンドに化けてニックと寝るてこと。

ジュリエットを巻き込むこと、見た目アダリンドと寝ることに抵抗を感じて、一旦は保留したものの、ニックがグリムじゃなくなったことがヴェッセンの間で広まり(バドがうっかり友達に漏らしてしまった)、ニック(グリム)を快く思わない連中が襲撃計画を匂わせたり(トラブルがしっかり釘刺しておきました)、モンローとロザリーの別種婚に反対する連中の過激な嫌がらせが続いたこと(これが一番大きい)から、ジュリエットが魔術を試すことをニックに提案。

グリムでない自分の無力さや喪失感を感じていたニックは、ジュリエットの言葉にグリムに戻る決心をして、6話でやっとこさ魔術を試すことになりました。結構長かったなー。いつまで引っ張るのかと、ちょっと心配しちゃったよ(^^;)。だって、グリムじゃないニックはフツーの刑事だからね。

善は急げ!てことで、すぐさまレナード母指導の元、魔術を決行。姿形はアダリンドだけど意識はジュリエットてことで、2人は少し気が楽になったみたいです。
「私公認で堂々と浮気が出来るのよ」と軽口言いながら仲良くベットイン。コトが終わった後、ジュリエットはすぐに戻ったけど、ニックの方は時間がかかるみたいなので、ひとまず事件の捜査をすることに。
 

ネタバレつづき!
[PR]

by norarican | 2016-08-08 01:34 | 【スーパードラマTV】 | Trackback | Comments(0)