<   2010年 11月 ( 27 )   > この月の画像一覧

ウォーキング・デッド/シーズン1 第3話。※追記あり

町つーか市内を出たリック達が向かった先は…市外でキャンプしているもうひとつのグループのところでした。あれ…?仲間だったのか。その辺ちゃんと理解してなかったみたいです(^^;)
リックはアトランタ市内に食料調達に行ったグループと出会って仲間に加わったわけね。あと、屋上に置き去りにされた野蛮な男性の名前はメルルで、ゾンビはウォーカーと呼ばれてました。…な感じで、ワタシ的に意外な事実が判明(笑)した3話はお目当てのノーマン登場の回。

置き去りにしたメルルが気がかりなリックに他のメンバーは「彼は自業自得だ」みたいなことを言い、「だけど、彼の弟のダリルはなんて言うかな…」と本人よりも置き去りにした事実を仲間に告げることの方が気がかりな様子。この会話からしてメルルの弟もメルル同様ちょっとやっかい者な雰囲気です。そして、この回から名前が登場したってことはダリル=ノーマンなんですね。
キャンプに戻り他の仲間にメルルのことを告げると、「今狩りに行っているダリルがなんて言うか…」と、やはりみんなダリルが気がかり。すると、すぐ近くでウォーカーが野生の鹿をガツガツお召し上がり。そして、周りの木々がガサガサと揺れ、“他にもウォーカーが!?”と、その場に一瞬緊張が走り、ワタシも別な意味で緊張し構えた次の瞬間、現れたのはダリルでノーマン、キター!!!(゚∀゚)
露出が多いせいか、「処刑人Ⅱ」の時よりややふっくらした印象。てか、一回り成長してる?(笑)
ウォーカーに鹿を横取りされ悪態ついてキャンプに戻り、メルルのことを知らされ案の定ぶちギレ。ダリルはメルルを助け出すため市内へ行こうとする。

ノーマンは3話からの登場なのでゲスト扱いですが、リックの家族探しが終わった後、ストーリーはメルル救出作戦へと展開するようなので出番も多そうな気配です。
このドラマは既にシーズン2の製作が決定していますが、次シーズンは…。出ないだろうなあ…。

≪追記≫
ノーマンのインタビュー記事を見つけたので貼っておきます。

ストーリーについてはこちらで。
[PR]

by norarican | 2010-11-30 01:42 | ウォーキング・デッド

映画/『エクリプス~トワイライト・サーガ~』

c0184546_0502177.jpg遅ればせながら見てきました。

映画は時間に制限があるので、相変わらずパッパッと急に場面が切り替わった感があるのはもう諦めるとして、今作はこの章で必要なポイントが前作よりは上手くまとめられているような気がしました。
ベラの命を狙う敵がいるというのも分かりやすかったし、アクションシーンが多かったからかな。エドワードとジェイコブのベラを巡る対立に、ベラの命を守ろうとするそれぞれの気持ちを絡めて描かれていたように思います。カレン家の過去や人狼伝説もちょうどいい長さで分かりやすく描かれていたし。

そんなわけで、ジェイコブ含めた人狼達が常に半裸でいるのは仕方ないし(服着てた記憶がないくらい)、ベラがあっちフラフラこっちフラフラな2人の男を手玉に取ってるように見えてしまうのも仕方ないかなぁ…と思うのですが、それにしたってベラ行き来し過ぎですよね(笑)さすがのワタシでもジェイコブの前でエドワードとチュチュしてるのは、なんだかなぁ~でした(^^;)物語をぎゅっと凝縮しちゃうと、ベラってこんな嫌な女の子になっちゃうんだ…と思ったりです(笑)山奥での「Kiss me!」とか、多々出てくる「ケンカはやめて!私のために争わないで!」とか。あんたのどっちつかずな態度が原因じゃないのよ!て思ってしまうのも仕方ないですよね…。

熱く語ります。
[PR]

by norarican | 2010-11-29 01:07 | 映画

FRINGE/シーズン2 第15話。

※ネタバレなのでご注意。

■エピ15「ピーター」
前エピでオリヴィアにピーターが別世界から来たことがバレてしまい、ウォルターがオリヴィアに事情説明する回。ピーターがこちらに来た経緯が明かされます。……ということで、事件捜査は今回はナシ。ついでに成長したピーターも出番ナシ。

1985年ウォルターは別世界を覗く窓の開発に成功していた。向こうとこちらを繋ぐのは世界の崩壊を招き危険なことなので避け、技術の発展している向こうの世界を覗き見て、こちらでその技術を模倣、応用するという手段を取っていた。ところが、ピーターが遺伝的な病に冒され、ウォルターは治療薬の開発に没頭するが、ピーターに残された時間はあとわずかだった。
ウォルターは別世界のピーターも同じように病にかかり、父親が薬を開発しているはずで、技術の進んでいる別世界ならば治療薬が出来るかもしれないと窓から別世界の父親(=ウォルター)を観察する。しかし、薬の開発は間に合わずピーターは亡くなってしまう。

つづく。
[PR]

by norarican | 2010-11-28 01:16 | FRINGE

ガイド誌チェック/12月の視聴予定。※追記あり

来月ってもう12月なんですよねー。今年も残すところ後1ヶ月ちょっとか…。あー、1年て早いなー。ていうのをたぶん毎年言ってると思う。で、年末年始には「1日中溜まってるドラマを見て過ごしたいのに出来ない…!」って言うと思う。

そんな2010年最後の月、ワタシ的目玉はやはり「CHUCK」S2ですかね。楽しみにしてたっつーの。待ってたっつーの。遅いっつーの。

■『CHUCK/チャック』 シーズン2(スーパードラマTV)
12月23日(木) 22:00~/全22話

■『LAW&ORDER:CI』 シーズン4(FOX CRIME)
12月10日(金) 21:00~(2話連続)


新作で期待しているのは「NCIS:L.A」ですね。こちらは先日「NCIS」でお披露目エピ見て、ギブスと関係のありそうな女性ボスのメイシーが「CSI」のソフィアでしたが、彼女は本編には出ていないそうで。「NCIS」でのラストが本編に続くんでしょうか…?
NCISのスピンオフだけどL.Aは潜入捜査班なので、犯罪組織などへの潜入にハラハラしそうで、規模も国家的だったり国際的で複雑そうな気がするんですが…どうでしょう?
“おじさま好き”のワタシとしては、L.Aは主要キャストが比較的若いので(アラフォーはワタシ的には若い世代)、個人的趣向の期待度はそれほど高くないのですが(^^;)、本国アメリカでは視聴率、人気共に評判いいですし、アビーもゲスト出演したりすると聞いているので期待してます。

■『NCIS:LA ~極秘潜入捜査班』(FOX)
12月9日(木) 23:00~/全24話

■『パトリシア・コーンウェル捜査官ガラーノ』(AXNミステリー)
12月4日(土) 13:00 ~ 15:00
『パトリシア・コーンウェル前線』
12月11日(土) 13:00 ~ 15:00

あとは、年末に一挙放送される「WHITE COLLAR」S1。時間調整出来そうなので録画します。失敗しませんよーに!

≪追記≫
忘れてた…て、忘れちゃいけなかった!!『クリマイ』と『CSI:NY』の最新シーズンの先行放送!WOWOW無料放送の日12/4(土)に放送ですよ!!
しかし、早めに予約しておこうと思ったらガイド誌とチューナーの番組表で時間が違う…。あれ…?時間変更になったの?しかも、『クリマイ』が放送される時間が「未定」になってました…。むう。ギリになってから予約した方がいいかなー。
下記の日程はWOWOWのサイトに載っていたものです。

■『クリミナル・マインド』 シーズン5
12/4(土) PM2:40~

■『CSI:NY』 シーズン6
12/4(土) PM3:50~
[PR]

by norarican | 2010-11-27 01:42 | 放送スケジュール

Dr.HOUSE/シーズン5 終盤。

うぇっ!?うえぇぇ…?!ええええー!!!∑∑∑(゚Д゚;) だった20話。

邦題は、てっきり患者のことかと思っていたのですが…。わー、ビックリしたー。ホント、ビックリした。心構え出来てなかったよー。後々考えてみると、そういえば、そんな話を聞いていたかも…。でも…。それにしたって何の前触れもなくこんなに突然…。完全に劇中の人物達と同じ気持ちで見てました。

完全ネタバレ。
[PR]

by norarican | 2010-11-26 00:15 | 【FOX/FOX CRIME】

ウォーキング・デッド/シーズン1 第2話まで。

ルーターを買い替え復活…!買い替えで済んで良かったー。更新できなかった分をまとめて更新。


さて、本国アメリカでは10/30に放送開始で、日本でも11/5から放送開始と日米ほぼ同時進行のこのドラマ。ワタシ的ジャンルは“ゾンビもの”ですが、作品紹介などによると“パニック・サバイバルドラマ”というらしいです。
ゾンビやホラー系は好んで見る方ではないので(だって怖いから)、ジャンル知識の低いワタシの印象は「バイオハザードみたいなもん」です。ごめんなさい。ゾンビ撃退=バイオハザードという短絡的な発想。全然世界観とか主人公のキャラ設定とか違うのに…たぶん。

保安官のリックは犯人を追跡中に撃たれ重傷を負ってしまう。そして、彼が次に目覚めた時、周りは荒れ果て人の気配がなく死人が溢れ返りゾンビが徘徊する世界へと変貌していた。リックは訳が分からないまま家に戻るが妻と息子の姿はない。しかし、リックは2人が生きていることを確信し、家族を探しに町を出る…なお話です。

家がもぬけの殻で呆然としていたリックは父親と幼い息子の親子にゾンビと間違われ襲われるのですが、誤解が解けた後、何も知らないリック(と視聴者)に父親が色々教えてくれます。
父親の話によると…。
・ゾンビに噛まれたり引っかかれたりすると高熱が出て死亡。その後蘇り、血肉を求めて彷徨う。
・ゾンビは話さない。音のする方へ集まって来る。
・仕留めるためには頭を狙う。(頭に何かいるって言ってた)
・町だけでなくアメリカ中が同じように荒廃している。
・アトランタ(だったかな?)に避難所があり、多くの人がそこへ向かった。
だそうです。ゾンビの攻撃力や俊敏力はそれほど高くなく、感染するのは人間だけのようです。徘徊するのが基本動作なので、屋内などで静かにして存在に気付かれなければ襲われずに済むみたいですよ。

そもそも何きっかけだったのかは不明で、リックが撃たれてから目覚めるまでどのくらい経過しているのかも分からないので、一体どのくらいの間にそうなったのかも不明です。
とにかくリックは荷物をまとめた痕跡があることから、妻と息子は避難所へ向かったと確信して町を出るわけです。

ネタバレありますよ。
[PR]

by norarican | 2010-11-25 01:01 | ウォーキング・デッド

『ヘイヴン~謎の潜む町』&『シャッタード/多重人格捜査官』

ユニバーサルチャンネル放送のドラマ2作品をまとめて。

■『ヘイヴン―謎の潜む町―』
10/18の放送開始から引き続き視聴中。現在5話まで見終わりました。
本国では7月に放送され視聴率が良かったそうで、シーズン2の製作が決定してるそうです。

ファーストエピでは、ある人物が異常気象引き起こしていましたが、その後は、蝶が人の死を預言したり、食べ物が目の前で腐ったり、老衰で死んだ老人が実は30代だったり、精神病患者は正気に、正気の人は凶暴になったりな超常現象が次々と起きてます(順不同)。
すべて街の住民の誰かに寄って引き起こされ、本人が能力に気付いてない場合もあり。なので、事件が起きてから現象の詳細を辿り、誰が原因で何が要因なのかを探って行くのが面白いです。

他の同ジャンルドラマと違うところは、超常現象が普通の人々によって引き起こされている点ですかね。もう5話までくると事件を起こしてるのは街の誰かてのはオードリー(FBI捜査官)もネイサン(地元刑事)も視聴者も分かってるので、じゃあ誰が?なぜ?どんな風に?と展開して行く謎解き過程が面白い。

住民に能力が備わったのは、劇中に出てくる「災い」てのが引き金と思われるのですが、それはもちろんまだ謎。毎エピ起こる超常現象の捜査に加え、オードリー、ネイサン、ネイサンが嫌いな同級生?との微妙な三角関係やオードリーの出生の秘密なども絡んで展開していくんですけど、複雑過ぎないところが見やすくていいです。
ちなみに、誰が原因と分かったところで法で裁くのは難しいので、毎度犯人は逮捕されず能力発生要因の回避などの対策がとられてます。

■『シャッタード/多重人格捜査官』
2話まで終わった時点で、ベンの人格交代のタイミングや時間が頻繁なのと、それが捜査官であることにどう影響していくのかが未だ見えません。
てか、今のところ影響あるのは主にプライベート面で、捜査中に粗暴なハリーになっちゃって、さあ大変…!な展開は控えめ。交代しちゃってもすぐ戻ったりするので、無難にベンが事件解決したりしてます。今の時点でこれだけコロコロ代わってるんだから、この先もっと酷くなるのかな…?

ささいな言葉きっかけで人格が交代しやすくなってるのは分かるんですが、きっかけの統一感が分かりにくいのと、戻るきっかけが分からないあたりが、個人的には、「んー………?」で、ちょっとイメージしてたのと違いました。でも、まだ2話なので先の展開に期待して、もうちょっと粘って見てみるつもりです。
[PR]

by norarican | 2010-11-24 22:30 | ヘイヴン/謎の潜む町

ノーマン・リーダス出演映画/『ゴーストハウス2』

c0184546_073766.jpg
2009年の出演作。原題は『Messengers 2: The Scarecrow』。

ノーマンは、とうもろこし畑を営む4人家族のお父さん(ジョン)役。
ストーリーは、畑は荒れ、作物は不作なうえにカラスに食い荒らされ、生活費にも困る日々で愛妻メアリーと支えあって頑張っているが、悪循環するばかりでなかなか上手く行かない。そんなある日、ジョンは納屋の奥から不気味なスケアクロウを見つける。しかし、息子が気味悪がるので放置していたが、なけなしの収穫もカラスに荒らされ、追い込まれたジョンは隣人のアドバイスもあり、結局畑にスケアクロウを立てる。
翌日、作物を食い荒らしていたカラスが大量死していた。それから、借金のかたに農地を差し押さえしようとしていた銀行家が事故死したり、妻のメアリーに言い寄っていた男(トニー)が自殺したり、壊れていた畑のポンプが突然直ったり、作物が実り始めたり、肥料がタダで手に入ったり、とジョンにとって都合の良いことばかりが起こり始める。
その一方で、ジョンが畑で見つけた指輪が亡くなったトニーのものだったことからメアリーとの間に誤解が生じたり、ジョンの奇妙な言動やセラピーを忘れたりで、家族(主に妻)との間がこじれていく。

ジョンはすべてが自分の為に起こり、スケアクロウが元凶だと銀行家が事故死した時点で薄々気付いていて、メアリーに誤解されたことからスケアクロウを廃棄しようとするのですが戻ってきてしまう。そのうち、幻覚が見えるようになっちゃったりで、このままでは家族に危険が及ぶかもしれない。どうするお父さん…!なお話です。

1作目は今や世界的人気者となったクリステン・スチュワート(『トワイライト』シリーズ)が出演していて予告編などを見た限りでは怖そうでしたが、この作品はホラー苦手なワタシでも全然見れるレベルでした。
一応ホラーというジャンルではありますが、不可思議な体験を通した家族再生(主に妻)というかお父さん奮闘記という印象が強いです。何度かある驚かし場面にいちいち飛び上がりましたけど、それはビックリしたのであって怖いからではなく。常に不気味な雰囲気が漂っているものの決定的な恐怖感てのがないって感じかなぁ。

完全にお父さんメインに物語が展開して行くので、渋みは増しているけどやっぱり可愛いノーマンを存分に堪能するって意味ではかなり良い作品かもしれません。生活力はないけど、良き夫であり良き父親として精一杯頑張っているノーマンが見れます。
太陽の光がふんだんに取り入れられているので、ノーマンが全体的に明るい茶系なのが個人的にすごい好みです。カントリー風の衣装なども含め。てか、ノーマン、田舎の農家のお父さんなのにカッコ良過ぎじゃね…?(笑)あと、奥さんも小奇麗過ぎじゃね…?全然、生活に苦労してるようには見えない。娘と息子に至ってはオマケ程度にしか出てきません。
朝だったはずが外に出たら夜だったり、夜だったのにちょっと話してたら朝になったで、とても1日が早く過ぎていきますが、ノーマンに集中していると、さほど気になりません。

感想つづき(ネタバレあり)
[PR]

by norarican | 2010-11-23 23:00 | ノーマン&ショーン出演作

壊れました。

ルーターが突然昇天なさいました。あああ、ネットが使えないどころかスカパーもLAN使ってるから録画できてねー!大変だ!大変だー!!

電子機器って唐突に突然お逝きなさりますよね。
明日が休みで良かった。買いに行かなきゃ。
[PR]

by norarican | 2010-11-23 01:26 | つぶやき

FRINGE/シーズン2 第14話まで。

■エピ13「ホロコースト」
結婚式でホロコースト経験者の血族のみが窒息死する事件を捜査。続いてカフェで目が茶色の者だけが犠牲になる事件が発生し、特定の標的のみに作用する生物兵器と断定。
毒物を調べていたウォルターは分子構造の中に製作者のサイン=父親のサインを発見する。ウォルターの父親は連合軍のスパイとしてナチスに潜入していて、科学情報を本に書き込んで持ち出していた。分子構造に覚えのあるウォルターは父の遺品から本を探すが、本は10年前にピーターが売ってしまっていた。父の大切な遺品を勝手に売られたことに憤慨するウォルター。ウォルターがピーターに怒り、ピーターが平謝りという珍しい図。
ピーターは金のために売ったとウォルターに告げていましたが、オリヴィアは見抜いておりピーターを追及すると、「ウォルターの宝物だから売った」と明かす。父親への反発&ちょっとした復讐ですね。
売った本から今回の生物兵器の情報が漏れたのではないかと本の行方を追うオリヴィアとピーター。

結末ネタバレとエピ14
[PR]

by norarican | 2010-11-21 00:57 | FRINGE