<   2015年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

THE MENTALIST/シーズン6 第8話。

c0184546_024486.jpg

意外と早くまとめられたので、CBI解散後~を続けて投稿。8話がメイン。

※※完全ネタバレしてるのでご注意!!※※

バートラムのせいでFBIに結社の一員と疑われ監視されるリズボン達。その頃、ジェーンはバートラムから一度電話が来たものの用件を聞けずじまいで、再び電話がかかって来るのを待っていました。そこへリズボンが合流。アボットにはジェーンの居所は知らないと答えていたけど、ちゃんと連絡取り合っていたんですね。
どうしてもバートラムと話をしたいジェーンは、携帯を手放せないでいたのですが、当然FBIは監視していて、1度目の電話の後、バートラムとジェーンは連絡を取り合っている=ジェーンも結社の人間と疑いを強めるアボット。
順序としては、バートラム1度目の電話→リズボンにジェーンの居所を聞く→リズボン、知らないと答える→リズボン、ジェーンと密会、です。

ジェーンとリズボンが密会中に再びバートラムから電話。直接会いたいと言われ、ジェーンが場所を指定(墓地)。一緒に行くと言うリズボンを押し切り、護身用にと彼女から銃を借りて1人墓地へ向かうジェーン。
「僕を信じて!」て切々と訴えるジェーンに、躊躇しながらも銃を渡してしまうリズボンに、「ホント、ジェーンに甘いよな~。でも、あんな風に言われたら負けちゃうか…」と、1人納得(笑)。まあ、ジェーンを信じている&気持ちを理解しているからこそなんだろうけど。

FBIの追跡をかわしつつ待ち合わせ場所に向かおうとするジェーンでしたが、FBIていうかアボットはそんなに甘くはなく、完全に行く手を阻まれてしまう。そこへ到着したリズボンとチョウ達。行かせてくれと懇願するジェーンをアボットは一蹴するが、リズボン達の説得(後で出頭させる)&強行手段(アボットにブレイク結社の容疑をかける)によってアボットが折れてジェーンを解放。リズボン達は逮捕される。

しかし、アボットが簡単にジェーンを解放したのは、追跡装置を仕掛けていたからで、すぐさま追跡開始。でも、ジェーンの方もちゃんと手を打って、FBIを撒いて墓地に到着。指定した墓地は、RJに殺された妻子が眠る墓地でした。

※完全ネタバレしてるよ~!
[PR]

by norarican | 2015-09-30 21:24 | 【スーパードラマTV】

THE MENTALIST/シーズン6 第6~7話。

c0184546_23595752.jpg

前回の投稿からちょっと間が空いてしまいました(^_^;)。

後でまとめてドーンとネタバレ…て思ってたんだけど、どんどん先に視聴を進めてしまい、現在14話まで視聴済みで、新たな展開が始まりつつあるので、だいぶ記憶が薄れちゃってますけど、宿命の対決について残しておきます。
細かい事は端折っておおまかな要点と流れだけ…と思ったのですが、どんどん情報が増えて収集がつかなくなってしまったので分割。今回は、対決前~対決突入まで(7話あたりまで)。

※※ネタバレを含めてお送りしますので、未視聴の方はご注意!!!※※

まず、宿命の対決前のおさらい。
7人まで候補を絞り込んだけど、初っ端1人が脱落(パートリッジ鑑識官)。その後、怪しい動きをしていたカークランドの目的が判明して(RJへの復讐と秘密の組織探し)、RJの可能性無くなったと思ったら、ジェーンに手掛かりを残す前にRJの手下によって殺されてしまったのと同時に、手下の1人がRJ候補のFBI捜査官スミスと判明。

カークランド死亡で、候補は5人。そのうちの1人(スミス)がRJ側の人間と分かっているし、スミスがRJの可能性はだいぶ低いので(これまでの印象からして)、単なる協力者なり手下レベルと判断して、実質4人。CBI局長のバートラム、保安官のマカリスター、元CBIでビジュアライズ信者のハフナー、ビジュアライズのカリスマ教祖スタイルズ。

この時点でのRJの手掛かりは、1.「ジェーンが握手した人間」(by ローレライ)、2.「高所恐怖症」(by RJと知らずに診たカウンセラー)、3.「肩に3つの黒点のタトゥー」(by RJの嘘の依頼でチームに接触してきた探偵だか記者だか)の3つ。

ここまでが対決前の話。

候補者が5人になったのと、重要な手掛かり“3”を得たことで、ジェーンが単身で(リズボンを撒いた)候補者5人を集めて直接対決。肩を見せろと銃で脅したら、1人の肩にタトゥーがあるのを見て、お前がRJだったのか!と、気色ばむも他の2人の肩にも同じタトゥーが。

ネタバレあるよ!!
[PR]

by norarican | 2015-09-29 23:57 | 【スーパードラマTV】

映画/『キングスマン』

c0184546_0344235.jpgコリン・ファースのアクションスパイもの、ちょっとコメディと聞いて、これは是非とも見たい!と思い、シルバーウィーク前に行って来ました。公開から少し日が経っていたけど、結構人入ってました。CMやってたからかな?

コリン・ファースが超カッコイイ!超紳士!超スマート!思わず口開けて見惚れてしまうくらいのカッコ良さ。それだけでも充分見る価値あります。めっちゃ面白かったよ!!!(*≧∀≦*)

アクションもキレッキレで、戦い方もスマートなら戦う姿もスマート。コリンさん最大の見せ場であろう怒涛の格闘シーンでは、なかなかのバイオレンス描写なんだけど、どこか知性と気品が溢れてて、めちゃくちゃカッコイイ。抑え切れないものが滲み出ちゃってるって感じ。全員倒すまで結構時間かかるんだけど、テンポがいいので見やすいし、ひたすら相手を倒しまくる姿が圧巻です。

コリンさんは、「英国王のスピーチ」など重厚な演技派イメージが強かったんですけど、「ふわぁ~。コリン・ファースってこんなにカッコ良かったんだ…」て、つくづく感じた作品でした。(後日、若い頃の作品を知る友人に言ったら、元々カッコいい人ですけど何か?て言われた(^^;)。知らなくてすまん)。機敏なアクションがすごく様になっていたので、今後もたまにアクション映画に出演してくれたらいいと思います。ていうか、出て。是非。

ストーリーは、どの国にも属さない先鋭エリートスパイ集団・キングスマンのハリー(コリン・ファース)が、とある事情で新人スパイをスカウトすることになり、ちょっとした因果のある不良少年エグジーに声を掛けスパイ試験に参加させる話と、巨万の富を持つ実業家ヴァレンタイン(サミュエル・L・ジャクソン)の人類削減計画をキングスマンが阻止する話が平行。

エグジー役のタロン・エガートンは今作が映画デビューの新人だそうですが、コリン・ファース始めメインどころの役者さんが「よく知らないけど、スパイ映画とかシリアスor社会派な映画で見たことある!」(ホント失礼ですみません)なベテラン揃いで、これだけ揃ったアクションスパイコメディが面白くないわけがないよね!でした。
タロンさんは、役どころもマッチしていて、いい意味での若者らしい大胆不敵さみたいなのがあってすごく良かったです。周りが凄過ぎて、逆に緊張せずに堂々とやってる感じ。いや、実際は違うでしょうけどね(^_^;)。
コリンさんもカッコ良かったけど、タロンさんもイケメンで、1作で2度オイシイなお得感があってイイです。ベテランも新人もそれぞれ見せ場があり、テンポもバランスもちょうどいい。あり得ない描写も、適度な絶妙さなので、「ありえねぇー!(笑)」なんて突っ込みながら見れて楽しかった。

中盤、予想外の衝撃展開があって、「え゛っ…?( ゜д゜)」て、唖然呆然放心だったけど、そこで失速せず、むしろ加速していって全然飽きさせない展開になっているのがすごいと思った。フツーなら、テンションだだ下がりのはずなんだけど、ラストに向けてワクワクしてる自分がいた。

そして、絶体絶命のピンチでハラハラさせた後の起死回生の一発大逆転シーンで、「ちょ、その曲…!(笑)」て、豪快にお茶吹き出しそうになりました。めっちゃブラック。ものすごいステキシーンに見せてるけど、やってること無茶苦茶残酷だからね!えげつないからね!(笑)。不謹慎だけど、すみません、笑っちゃいました。
すんごい悪ノリだけど、不思議と気分は悪くない。むしろ、面白かった(笑)。ワタシ、そのセンスというか感性嫌いじゃないです。上品な悪ノリ(笑)。

キングスマンは、どの国にも属さない設定だけど、英国風味が漂っていて(当たり前だけど)、どことなくMI6ぽいです。て、たぶんワタシの知識がスパイ=007だからですけど(^^;)。
劇中出て来るスパイグッズにもワクワク。昔ながらのものから今時のハイテクものまで、各種取り揃えております。楽しい~(・∀・)。

そして、最後の最後。序盤の出会いシーンと似たようなシチュエーションで、師匠の台詞をそっくりそのまま言うのが、彼が継承者であることを印象付けていたし、先人の後を継ぐ意志みたいなものを感じられて良かったです。ビシッとした容姿がソックリで、ちょっとビックリ。今までの仕返しも出来て気分爽快。

エグジーは、早々にスパイ試験に参加しちゃうし、衝撃展開もあって、実際ハリーとのシーンはそう多くないんだけど、話が進むうちにしっかり2人の間に絆が出来ているのが伝わってきて、少ないシーンで観客に伝えることが出来ていることにちょっと感動したりでした。演技とか演出とかが上手いんだろうな~て。すごく自然だった。

R15指定なので、バイオレンスだったり残酷だったりなシーンがところどころあるので(腕切り落としとか)、声高にオススメしにくいんだけど、そういった描写が大丈夫な方で、イケメン好きな方には是非オススメしたい作品です。若いのから渋いおじさままで、目の保養どころ揃ってます。切れ味のいいアクションと笑いもあります。

ところで、タロンさんですが、予告見た時からずーっとどこかで見たことある気がしてるんだけど、これが映画デビュー作だから、ワタシが目にする機会はないはずなんですよね。なので、たぶん知っる誰かに似てるんだろうけど、全然思い出せなくてずっとモヤモヤしてます。英国イケメンの王道て感じ(勝手なイメージ)で、ワタシかなり好みです。
彼は、今後出演作が続くようなので、スター街道まっしぐら?!

ちなみに、続編があるとかないとか、どこかで聞きましたが、もし続編があったらそれはそれで嬉しいけど…。主演どうする気なんだろ?!

※後から思い出したけど、エグジー達の教官?役の人て、記憶探偵(鍵のかかった少女)の人でした。
[PR]

by norarican | 2015-09-25 23:34 | 映画

英国ドラマ/「ミステリーinパラダイス」 シーズン4 4話まで視聴済み。

シルバーウィーク終了しましたねぇ。。。連日、朝早く出掛けて夜遅く帰宅する日々で、疲れというか寝不足で平日の方がよっぽど睡眠時間ある気がしました。しかし、毎日お天気が良くて、うっかり日焼け止め対策怠って出掛けちゃったもんで、すっかり日焼けしちゃいました。肌がジリジリ。でも、楽しかったー!!(*^_^*)。はぁぁぁぁ、日常に戻るのヤダよ~(>_<)。
ドラマ視聴は進まなかったけど、映画はリピート含めて4本見て来ました!それはおいおい語るとして。


c0184546_1344287.jpg


では、本題。現在4話まで視聴したところなのですが…。

わお…。わお…。(大事なので2回言いました)

いきなりの展開で頭がついて行かないんですが…。

カミールに片思いのハンフリーが、告白するのか?!しないのか?!モジモジしてるうちに、3話ラストでいい雰囲気になり、いよいよ告白か?!と思ったら、何やらカミールも話がある様子。微妙にかみ合わない会話。こ、このお約束の展開は…。

先に話始めたのはカミールで、その内容は、「パリへの異動話が来たの!」でした(´ロ`;)。潜入捜査官としてお声がかかったそうで、彼女は潜入捜査の仕事をしたがっていたので、異動話にウキウキ。反対に、やっと意を決して想いを告げようとした矢先の予想外の展開に、ハンフリー呆然。

続く4話で、ハンフリーの気持ちを知ってか、署長から「上司2人(署長とハンフリー)の同意がなければカミールの異動話は無くなる」、「その経緯はカミールに伝わることはない」と言われて、考え込むハンフリー。署長としては、カミールは有能な警察官だから手放したくないって気持ちもあるそうな。
カミールの気持ちを考えれば、パリに行かせてあげたい。でも、離れたくない。と、悶々としていたけど、結果カミールのパリ行きは立ち消えとなり、消沈するカミール。
なんだ、やっぱり行かないのかとホッとする反面、ハンフリーがカミールの気持ちより自分の気持ちを優先することにモヤモヤしていたら…。

ラストで、ハンフリーが正直に自分がパリ行きを潰したことを白状した後、先方に話をつけてカミールのパリ行きが決定いたしました!で、えっ…?Σ(゚△゚ )。明日、出発で、えっ…?Σ(゚△゚ )。カミールは嬉しそうにママに報告で、え…?Σ(゚△゚ )。な、なに?何が起こったの??

気が動転してる間に、カミールを見送るために桟橋にみんなが集まって、最後にハンフリーが駆けつけて、手を振るカミールを乗せた船が遠ざかって行きました…。

はい、カミール終了ー。

てことで、カミールはここで降板らしいです(T_T)。マジかぁー!!!
まあ、今回は、明るく見送って、明るく去って行ったのがせめてもの救いかなぁ…。

これで、1話から通して出演しているオリジナルメンバーは、ドウェイン1人になりました(笑)。そんなに話数ないのに入れ替え激しいな!

ハンフリーとカミールの関係に進展があるのかと期待していたけど、まさかの展開にビックリした4話でした。5話からは、新しいメンバーが参加するらしいですよ。
[PR]

by norarican | 2015-09-24 23:31 | 英国ドラマ

映画/『ジュラシック・ワールド』

c0184546_230146.jpg先に見たのはトムさん映画ですが、シルバーウイーク中に再度行くかもしれないので(まだやってるらしい!)、2度見したら目線が変わるかも?!と思い、先にこっちあげときます。

※ネタバレ含みます!ご注意!!

「ジュラシック・パーク」の“正当な続編”と言われているだけあって、1作目の内容を引き継いだ設定になってる…みたいです。恐竜とかキャラクターとか。ていうのは、1作目をまともに覚えてないからで(^^;)。吹替えで何度か見たけど、細かいこと覚えてないんですよね。てへ。

1作目の事故から数十年後に再開して、よりリアルによりハイテクによりエキサイティングに楽しめるパークへと変貌した!な設定。
序盤から中盤にかけては、パーク内のアトラクションやらショーやら恐竜達やらを色々と見せてくれて、もうホントこんなパークがあったら行ってみたい!命の保証がされていれば!と切に思いました。めっちゃ楽しそうだよ~!命の危険さえなければ~!太古の生物を生身で、しかも間近で見れるなんて、ロマンですよねぇ。夢のようだなぁ。ま、夢なんですけども(笑)。
実現不可能じゃないかもしれないけど、出来ないんじゃなくてやらないんだろうな…て、このシリーズ見ると思います。研究者たちは、純粋な気持ちかもしれないけど、研究や運営には大金がかかるし、人間が人間である限り、必ず利己的な考えがどこかしらで生まれて絡んできたりするものだと思うから。恐竜たちに罪はないのよー。

中盤以降は、遺伝子操作によって生まれ、T-REX以上に凶暴で知能の高い恐竜インドミナスが脱走→暴走。こいつが様々な遺伝子を持ってるとかで、超やっかい。めちゃくちゃやっかい。
おまけに他の危険種も脱走しちゃったよ、大変!で、トラブル中に別のトラブルが発生して、パニック要素てんこもりなうえに、観光客が集まる場所に着くまでに捕獲できるか?!暴走を止められるか?!な中、悪い連中に正義の制裁は下るのか?!なことも加わって、暴走した恐竜をどうするか?よりも、逃げて!とにかく逃げて!でも、安全な場所てどこ?どこなのよー??と、見てるこっちも一緒になって、最悪の状況を打開できるのか、ハラハラドキドキを体験出来て、娯楽大作として楽しめる映画でした。難しいこと考えず見れるパニック映画って正統だと思うし、やっぱ王道が一番楽しい気がするー。て、1作目覚えてないワタシが言ってみます☆

最初は、パークを運営する仕事中毒のクレアが敵なのかと思ったら、途中から救出側に回り、悪役は最近お馴染み(?)の、「L&O:CI」のゴードン刑事こと ヴィンセント・ドノフリオさんでした。ていうか、この作品のゴードンは、ごっついどすこい体型で、しかも白ひげもじゃもじゃで、一瞬誰だか分からなかったです。サファリルックのサンタって言われた方がまだピンときたかも。めっちゃ凝視しちゃいましたよ。元々体格いい人だったけど…。は、腹が…。えらいことになってました。その衣装で正解?!

ワタシ目線の感想としては、吹替えで見たので、オーウェン役のクリス・プラットさんがしゃべる度に、「千秋センパイ」て思ったこと。あと、千秋センパイ(違う)の、「俺のラピトル」て言葉に激萌えしたこと。いいな~、ワタシも言ってみたい~!恐竜使いになって、「俺のラプトルに手を出すな!」て言ってみたい~!(>_<)。オーウェンに懐いてるラビタル4兄妹?姉妹?にも萌えました。かわええ(〃▽〃)。名前もちゃんとついてるんですよ。本人達も自分の名前分かってるんですよ。いいな、いいな~。

クリスさんは、この作品ではあまりお笑いなしで、終始カッコ良くてめちゃくちゃ頼りになる猛獣ならぬ恐竜使いに徹していました。もうこの人が来たら安心!大丈夫!なんとかしてくれる!てくらい頼もしい存在でした。
とにかくカッコいいので、見れただけで満足なんですけど、クレアも美人なのにサバサバ系で、見てて気持ち良かったです。中の人(ブライス・ダラス・ハワード)も、アメリカのトーク番組で見た限りでは、とても明るくて楽しい人でした。
ちなみに、研究室の遺伝子博士だか学者だかは、1作目にも登場していたらしいですけど、ワタシ的には「L&O:SVU」に出てた精神鑑定士のFBIの人(ドクター・ホアン)です。彼、最後は逃げちゃいましたけど、あれが次に繋がるんでしょうか…ね?

最後は、人間じゃなくて恐竜がパニックを収めてましたけど、それで正解だったのか…?解き放たれた恐竜たちがどうなるのか気になります。陸上系はいいとして、空系やり水系の恐竜は、結構な範囲を移動出来ちゃうんじゃないのかしら?そして、1度ならず2度までも大惨事を起こしたパークに未来はあるのか?

アメリカでは、興行成績塗り替えて歴代何位とかいうほどの超大ヒットで、たしか続編が決まったんでしたっけ?続編(があるとして)は、果たしてどういう展開になるのか?!クリスさんの続投も決まったような話も聞いたので楽しみです!ラプトル、ラプトル~♪
気になるところです!
[PR]

by norarican | 2015-09-16 23:29 | 映画

英国ドラマ/「ミステリーinパラダイス」 シーズン4 視聴開始。

c0184546_0522753.jpg


最新シーズンとなるシーズン4は、今年(2015)1月に放送されたばかりで、シーズン5の制作が決定しているそうです。

早速2話まで視聴。ていうか、2話連続放送だから早く見なきゃなんで(^^;)。
前シーズン、リチャードの後任でハンフリーがやってきましたが、シーズン4では、フィデルがどこかに異動した(?)設定でいなくなってました。活発に動ける若者だったし、色々吸収して成長してるところだったので、彼の成長が見れなくなったのは残念。

てことで、1話は、これまでチョイ出だった署長が臨時で捜査に参加してました。このまま、署長がチームに居座るのか?!と思ったら、2話目で女性巡査が新しく配属されました。フィデルの時同様、ドウェインが先輩風吹かせてコンビを組むのですが、これまたフィデル同様、新メンバーは少なくともドウェインよりは優秀みたいですよ。
今まで女性がカミール1人でしたが、女性が増えたことで、ガールズトーク的なノリも生まれて、新しい効果が出ているように思います。

あとは、ハンフリーがカミールへの想いを募らせて、奥手ながらも勇気出して映画に誘ったりしてるんだけど、「ごめんなさい、これからデートなの」と、あっさりフラれたりしてます。今のところ、ハンフリーの片思いだけど、これからどう展開していくのか。カミールはハンフリーの想いに気付くのか。気になるところです。
[PR]

by norarican | 2015-09-14 23:52 | 英国ドラマ

英国ドラマ/「刑事フォイル」 シーズン7 全3話。

c0184546_25149.jpg

シーズン7からは戦後のお話。

3話まとめてのことだけど、戦時中は敵を倒す、敵国に勝つという目標があって、それがある意味、国や国民をひとつにしていたんだけど、戦争が終わって人々が自由を取り戻すと、経済格差や戦争体験の有無など様々な差やすれ違いが生まれてしまって、なんとも世知辛いことになっていました。やるせない気持ちになった。
特に、戦地で戦っていたり捕虜になっていた兵士と、国に残った人々の間では、同じ戦時中でも別世界というか、それぞれ異なる時間が流れていたのだということを改めて感じるような場面が多かったように思います。
そして、戦時中よりも事件の背景やら事情やらがより複雑な気がした。戦争は表面的には終わったけど、水面下での国家同士の戦いが始まり現在に至るという感じ。情報戦争時代に突入したのだなぁ…て。

全3話の中で、印象に残ったのは第1話で、有名画家の殺害事件とロシア人捕虜の話。
フォイルは早く辞職したいのに、君は優秀だからとか人手不足だからと引き止められて、渋々期間限定で留まることに。てことで、終戦後のS7もまだまだ“刑事”でした。
フォイルは、辞職したらアメリカに行くつもりらしいです。やり残した仕事があるのだとか。

で、ある日、有名な画家が殺害されて、昇進&異動したミルナーが部下を連れて捜査に行ったら、第一発見者がサムでした。サムは、画家のところで秘書兼お世話係をしていて遺体を発見。画家のところには、ロシア人捕虜の青年が労働奉仕?で働いていたけど、行方が分からないことから、ミルナーは第一容疑者と考える。そこへ、別件で画家に会いに来たフォイルに遭遇。フォイルは、政府関係者から移送中に脱走したロシア人捕虜の捜索を依頼されていて、画家のところに捕虜の青年がいる関係で、画家に話を聞きに来たところでした。

ところが、ミルナーはやけにフォイルに他人行儀というか、事務的な態度で、「ここはうちの管轄ですから」とフォイルを追い返そうとしたり(別件で来たって言ってるのに)、サムを心配してるのに会わせるのを渋ったり。まあ、その前に、大きな事件を解決して自分の実力を証明したいような様子だったから、フォイルに関わって欲しくなかったんだろうね。フォイルが関わったら、フォイルが解決しちゃうからな(笑)。手出さないで!ひとりで出来るから!てことかと。

ネタバレ続きます。
[PR]

by norarican | 2015-09-10 23:49 | 英国ドラマ

GRIMM/グリム/シーズン3 7話まで視聴済み。

c0184546_1495734.jpg

色々語りたいことあるんですけど、あり過ぎて頭の整理が追いつきません(-ω-;)。時間も足りないので、なかなか叶いませんが、シルバーウイーク近くになるとまた忙しくなるので、今のうちにポツポツ吐き出せたら…いいなぁ…(遠い目)。

過去の記憶を呼び起こして語ってるので、色々間違えていたらごめんなさい。

シーズン3の視聴始めて、現在7話まで視聴済み。試写会で2話までお先見していたので、新シーズン語るタイミング逃していたので、ここまでの話の流れをサラッとだけど書いておきます。

※7話までのネタバレ含みます!ご注意!!

前シーズンで、レナード警部の異母兄弟だっけか?兄エリックの策略によって、ゾンビにされてしまったニック。相棒のハンク達が救出を試みるも、ニックを乗せた飛行機は飛び立ってしまいました。
ニックはエリックによって国外へ連れて行かれてしまうのか?!だとしたら、ニック奪還の舞台はヨーロッパになる?!と勝手に妄想膨らませていたら、ニック自力で食いとめました…!(゚∀゚)

正しくは、国外に出る前に機内で目覚めて大暴れした結果、飛行機が墜落。ゾンビ化したニック逃走…です。
この時、エリック含め、人をゾンビ化させるヴェッセンも死亡したと思うんだけど、違ってたらゴメン。
エリック達は、まんまとニックにゾンビ液かけたものの、グリムの血は一般人とはゾンビ化以外の効果を発揮してしまうらしく、国外に出る前に目覚めたのも計算外だったし、バーサーカーになったのも計算外だったんじゃないかな。たぶん。

墜落現場から逃走したバーサーカーニックは、混乱&興奮状態で目に入るものすべてに噛みつくといった風。凶暴な獣が人間の街にやってきたような感じ。
近くのBarに入って大暴れし(ガラの悪い人が集まってた)、数人を病院送りにした後、タイミング悪くニックの射程範囲内に入ってしまった一般市民(親子)の前でガルガルやってるところに、飛行機墜落を知ってニックを探し回っていたハンクとレナードが到着。家族を守ろうと銃を持ち出す父親を宥めて、なんとかニックの身柄を確保し連れ帰る。

その後、ロザリーの治療薬でゾンビ化が解けたものの、ゾンビ中の記憶が一切ないニック。予想外の事が起きてしまったし、ニックは悪くないので、レナード達はBarでの暴行や家族を襲おうとした人物は、エリックが用意した偽IDの人物で通すことに。
みんながニックを守ろうと必死になっているのにちょっと胸熱。当の本人がまったく記憶がないのが切ない。レナードは、大暴れしたBarの防犯カメラ映像をこっそり破壊したし、ハンクも家族を守ろうとする父親に大嘘ついたりして、警察官としての倫理に反することだけど、人間の基準では説明できない事や事情が絡んでいるからねぇ。
さらに、Barで病院送りにした1人が病院で死亡して、事件は単なる客同士のケンカではなくなってしまい、何が何でも隠し通さなければマズイ状況になりました。

……てのが、2話までの内容だったかな?
あと、アダリンドの怪しい儀式の様子も平行して描かれていて、儀式が無事成功したらしいところまでだった気がする。アダリンドは、ニックに奪われた魔力を取り戻すのが目的で、そのためにお腹の子を利用するつもりらしいんだけど、どう利用しようとしているのか、一連の儀式にはどんな意味があるのか、イマイチ理解出来てない(^^;)。王家の血を引く子供は、かなり貴重な存在とか言ってた気もする。

3話以降、ニックは時々死ぬけど、それ以外は問題なく通常業務に戻っていて、比較的穏やかです。穏やかってのが正しい表現かどうかだけど(笑)。

7話までのネタバレあり!
[PR]

by norarican | 2015-09-09 23:46 | 【スーパードラマTV】

9~10月の放送予定メモ。

先週から今週にかけて天候不順が続き、スカパー受信への影響続出です。該当時期に録画したドラマのほとんどが被害受けてて、「うわー、またかー!(´ロ`;) 」てなってます。とにかく、どっかしらチラついてる。たまに止まる。
リピート放送があればいいけど、後から視聴でリピート間に合わずとか、リピートなしとかだとホント困るー。自然相手なので仕方ないこととはいえ…。どんどん視聴が止まっていくよ…。

では、本題。まずは、すっかり9月になってしまいましたが、今月の新作or新シリーズはあまりなくて、楽しみにしてるのは、AXNミステリーの「ミステリーinパラダイス」S4と、AXNの「FOREVER Dr.モーガンのNY事件簿」くらいかな~?

◆AXNミステリー/「ミステリーinパラダイス」S4
9/10(木) 22:00~ (2話連続)
今シーズンも全8話で、2話連続放送だとか。既にシーズン5の制作も決定してるらしいです。
前シーズンで新加入したドジっ子警部の活躍がまた見れるのが嬉しい~!けど、イギリスドラマは回数が少ないのがちと寂しい。でも、楽しみにしてるよ!

◆AXN/「FOREVER Dr.モーガンのNY事件簿」
字幕版は、9/21(月)~ですが、吹替え版を見ようと思ってるので9/25(金)から。
永遠の命を与えられ200年生きてるドクター(監察医)の事件捜査ドラマのようです。主演は、オリジナル版「ファンタスティック・フォー」で主人公を演じた英国俳優ヨアン・グリフィズ。ちなみに、吹替えの声は、「クリマイ」のホッチ(森田順平さん)。
昨年秋~今年春まで放送されて全22話。シーズン2の制作はキャンセルされたそうで、どうやらシーズン1で終わっちゃうみたいです(汗)。でも見るよ!


続いて10月。待ってました!の新シーズンと新作があるので、放送が待ち遠しい限りです♪

≪WOWOW≫
■「エレメンタリー/ホームズ&ワトソン in NY」シーズン3(全24話)
10月1日(木) PM10:00~
マイクロフト兄ちゃんが実はMI6の協力者でした!な印象が強くて、シーズンファイナルの記憶がおぼろげなんだけども…。
国際犯罪組織みたいなところがNYにいるシャーロックをやっかい払いしたくて、ジョンが拉致された…んだっけか…?それで、兄ちゃんと一緒にイギリスに帰るとか帰らないとか言ってた…?ダメだ、全然思い出せない(´д`;)。新シーズン始る前に見直そう。

≪FOX≫
■「BONES」シーズン10(全22話)
10/23(金) 21:00~
前のシーズン9は、連続殺人鬼との確執を始め、個人的に衝撃エピソードが多かったなって印象。
ワタシのお気に入り助手のウェンデル君に起きた突然の困難は、ショックだったけど、事実を受け止めて乗り越えようと頑張る彼と、彼を支えるブレナンやブース達の優しさに泣いた。最後まで、終わり?終わりなの??てハラハラしたわ。
シーズンファイナルは、陰謀が絡んでたような気がするけど…。これも見直ししなきゃだな。

≪スーパードラマTV≫
■「NCIS: ニューオーリンズ」シーズン1
10月30日(金) 22:00~
「NCIS」S11(だったよな…?)でお披露目されたスピンオフがやっと見れる~!(〃▽〃)と思ったら、なぜかFOXじゃなくてスパドラで放送。ワタシ的には、どちらでも構わないんだけど、スパドラだと吹替版があって好きな方選べるのがいいよね。「NCIS」、「NCIS:LA」と共に好調なようで、シーズン2の制作決定してるそうです。
これに合わせてなのか、「NCIS」もS1から放送するらしいですよ。今、S4まで吹替版があって、色々な媒体で視聴できるようになったよな~(逆か?)。


で、ちょっと先の話になるけど、11月のWOWOWの放送情報が出ていたのでメモ。

≪WOWOW≫
■「CSI:サイバー」 11月14日~
「ミディアム」のアリソン(パトリシア・アークエット)主演の「CSI」の新スピンオフ。
本家はシリーズ終了しちゃったけど、このドラマの評判良かったと聞いたような…。本家のS12かS13でお披露目があって、日本での放送楽しみにしてました。
[PR]

by norarican | 2015-09-05 21:59 | 放送スケジュール

Scorpion/スコーピオン/シーズン1 15話まで視聴済み。

c0184546_052577.jpg

現在15話まで視聴済み。毎週放送が楽しみなくらい面白いです。

チームが活躍する場面が多様なのも面白いのですが、ラルフの父親ドリューが戻ってきて、ウォルターとペイジの関係に障害というか刺激が出て来て、俄然面白くなってきました。

※15話までの簡単なネタバレ含みます!ご注意!!

てっきりペイジは離婚か何かでシングルマザーなんだと思ってたけど、どうやらプロ野球(マイナーリーグかな?)選手のドリューが、仕事のために遠方に行くんで、別れただか離れただかしてたっぽい…?で、何話か忘れたけど、所属していたチームを解雇されただかしてひょっこり戻ってきて、ペイジ達とやり直すつもりでいるらしい。ラルフのためはもちろん、ペイジともヨリ戻したいそうな。
ペイジの方もパパ好きなラルフのために、家族が一緒にいることが望ましいと考えていて、それはウォルターも了承しているんだけども…。

この“両親が揃っている方が子供のため”て、よく出てくるけど、このドラマの場合、必ずしもそうではない例(ウォルター達)が目の前にいるから、全然納得できないのよね(^^;)。“ラルフにとって何が一番良いのか?”で、ウォルター、ペイジ、ドリューの三者三様の考えがあって、時に意見が対立したりしていて、そこが面白い。

ウォルターは、自身の経験を踏まえて、ラルフが能力を正しいことに使えるようにしてあげたいって考えてる。自分にケイヴがいたように。
シルヴェスターは過去にハッキングで悪さしてたし(ウォルターに見つけられて救われたらしい)、トビーはギャンブルでいかさまやったりして危ない連中に追われてたし、ハッピーは里親を転々とする幼少時代だったみたいだし。恵まれた能力を活かせる環境大事てウォルターが思うのも理解出来る。

だけど、ドリューは、あくまでもラルフに、“普通の生活”を送らせてあげたいという考え。自分やその他大勢と同じように、一般的な経験をさせてあげたいって。でも、ラルフは、“普通の子”じゃないんだよね。自分の息子が頭がいいのは分かってるけど、やっぱり普通の人のドリューには本当のところは理解できていないんじゃないかなぁ…。
ウォルターもドリューも、ラルフのことを大切に思っているんだけど、天才の経験談か一般人の考えかで、ペイジが板挟みになって悩んでいるところです。

すっかり長くなりました(汗)。
[PR]

by norarican | 2015-09-03 23:05 | 【スーパードラマTV】