<   2016年 12月 ( 14 )   > この月の画像一覧

コンスタンティン/シーズン1 12話まで視聴済み。

c0184546_045814.jpg

このドラマのために別途加入したくらいなので、毎週の放送を心待ちにして楽しく視聴していますが、気付けば残すところ後1話となりました(全13話)。現在12話まで視聴済み。

内容も見たいと思っていた通りで、ワタシは満足してるのですが、コミックドラマ全盛の昨今、なぜこのドラマがシーズン1で終わってしまったのか不思議でなりません。主役のジョン・コンスタンティンも原作に近いキャラクターで合ってると思うんですけど…。ド派手なアクションや悪者を倒す的な要素が少ないから…とか?
ただ、ジョン以外のキャラクター(チャズとゼット)が出たり出なかったりするのが気になると言えば気になるかな。どちらかが居ない回もあれば、どちらも居なくてジョン1人だけ、という回もあって、それが若干気になります。今日は1人かい、みたいな。

※12話までのネタバレ含みます。ご注意!!

ここまでの間に、チャズとゼットの過去が少し明かされました。
ゼットがワケあり放浪してるのは当初からチラチラ描かれていましたが、どうやら自分の力を悪事に利用しようとする父親から逃げるための放浪だった模様。連れ戻そうとする輩の手荒い方法などから、かなりの悪党or裏社会に精通している人物ぽい。
ゼットは、一度拉致されかけたけど自力で逃走。相手を殺してでも逃げるくらいのイキオイなので、本当に父親のところへは戻りたくないのでしょうね。

その後、彼女の脳に腫瘍が見つかり、能力は病気のせい?能力を使い続ければ命の危険がある?などが出て来て、いつの間にか家族なり仲間なりの情を感じていたジョンがゼットに負担をかけまいとするけど、当の本人はジョンのためになるのなら力を使い続けるみたいなこと言ってました。

一方、チャドは妻子がいることと、不死身の謎が描かれました。
チャドはジョンが守護の術をかけた状態で、火災現場に居合わせて、その場で死亡した40数名の命が彼の命となったらしいです。なので、不死身ではなく、限定で蘇ることが出来るということらしい。九つの魂みたいなことか。吸収した命に責任を感じてジョンに協力(=人助け)していたけど、それが原因で妻子と別れることになったようです。

もうちょい続く。
[PR]

by norarican | 2016-12-19 23:02 | その他の海外ドラマ

イレブンス・アワー FBI科学捜査ファイル/シーズン1 視聴始めました。

c0184546_048093.jpg

以前放送した時は一挙放送だったので都合がつかず、再放送されるの待ってました。やっと2話序盤~中盤のエピが見れるよ~。しかも、連続放送なので嬉しい限り。現在4話まで視聴済み。
「イレブンス・アワー」は、土壇場って意味。でも、見てる限りでは、そんなに“土壇場”感は意識してなそう。

どんな経緯なのかは分からないけど、FBIの科学顧問をしているジェイコブ・フッド博士と、そのお目付け役&警護担当のレイチェル・ヤング捜査官のコンビが科学が関わるor科学者の視点から事件を捜査するという内容。
ジェイコブはは飄々としていて、ちょっと変わり者だけどそれなりに知名度はあるらしい。科学者キャラによくある感じ。実際は分かりませんが、劇中での扱われ方見てると、だいぶ重要人物 …なのか?という印象。
レイチェルの方は、任務に忠実な超クールビューティー。美人でブロンドって、見た目はお人形さんみたいな人だけど、なかなか骨のある人物。

ワタシの印象では、『CSIじゃない科学捜査ドラマ』で、結構難しい話もあるので、たまに字幕を見逃してしまうとワケ分からなくなりますが、すごく面白いです。どうしてシーズン1で打ち切りになってしまったのか不思議なくらい。
放送していたのは2008年だというから、時期が合わなかったのかなーと思ったりです。CSIシリーズがすべて終了してしまった今なら、別の角度から科学を題材にしたドラマとして楽しめたんじゃないか?と思うです。実際、ワタシがそうなので。

終盤~ファイナルまで見ちゃってますが、全18話の毎日放送楽しみたいと思います♪
[PR]

by norarican | 2016-12-12 23:47 | 【AXN/AXNミステリー】

リーサル・ウェポン/シーズン1 視聴始めました。

c0184546_125584.jpg

先行放送が録画出来なかったので、レギュラー放送から視聴。現在3話まで視聴済み。
タイトルの「リーサル・ウェポン」は“最終兵器”て意味。このドラマ、珍しいことにAXNとWOWOWで同時期に放送するのね。AXNの方が一足早い(WOWOWは年明けから)のとリピートが多いので、AXNで視聴することに。

1987年の映画のドラマ版で、制作総指揮はマックG(「スパナチュ」など)。これは見なきゃでしょ。
映画版では、メインキャラのマーティン・リッグスをメル・ギブソンが演じていたそうな…という言い方から分かるように、ワタシは映画見てないです(^^;)。うっすら見聞きした程度。
でも、映画の続きというドラマではないので、ドラマからでも問題なさそうだし、むしろドラマの方がたくさんの要素が描かれていいんじゃないかと思います。
放送中にフルシーズンの制作が決定して、シリーズ更新も決まったと聞いたのも視聴を決めた要因。

※ネタバレ含みます!ご注意!!

テキサスで刑事だったマーティン・リッグスは、妊娠中の愛しい妻と生まれる直前の子供を事故で失ってしまう。以来、自暴自棄な生活を送っていたが、LA市警に転属になり、ロジャー・マータフの相棒となる。

ロジャーは、心臓の手術を受け療養した後に復帰。愛妻のおかげで経済的にも恵まれ、子供3人(年頃の男女2人+赤ん坊)と幸せな家庭で良き夫、良きパパをしている。ていうか、奥さんとラブラブ。
無駄な危険は極力避けたいと思っていたが、復帰初日に組まされたマーティンに振り回されることになる…なお話。

ロジャーは家族もいるし病み明けなこともあり、命が惜しい真面目で堅物の慎重派。一方、マーティンは命が惜しくないノリの軽い無謀派。まったく正反対の2人だけど、マーティンに自覚がある+正義感が強い分、険悪にならず良い関係が築けそうな予感がしてます。
2人のやり取りなどがコミカルで笑えるシーンや適度にスゴイアクションがあったりで面白かったです。1話完結なのも見やすくていい。

マーティンはかなり無茶なことするけど、相手への配慮や理解を示す態度が好感持てます。死にたがりのマーティンが自ら手を下さないのは、「妻が悲しむから」だそうで。彼がLAに来たのは、妻の父親のおかげらしい。妻父との会話で、「娘は君と一緒だったらどこにいても幸せだっただろう」て言葉で、マーティンと奥さんがどれだけ愛し合っていたのか伝わってきて、グッときた。

どこかの媒体で読んだのですが、制作側はどうしてもクレイン・クロフォードにマーティン役を引き受けてほしくて、本人が出演を決めるまでハラハラしてたそう。急に、「山登ってくる(考えるために)」とか言い出したらしい(笑)。
ワタシ的には、「ザ・グレイズ」のレイとか「レバレッジ」のエリオットのライバルとか、ちょっと問題や闇を抱えた役で見ることが多いのですが、当初はメル・ギブソンの役をやるの?!(我の強いイメージだったので)て思ったけど、視聴してみたら、悲しい過去を持つマーティン役は似合ってると思ったりです。繊細だったり脆くて危うい感じの役が似合うよな~て、しみじみ思った。

元特殊部隊?シールズ?で能力的には文句なしなのもカッコイイ。そのうえ、自分の命なんて惜しくない!じゃ、そら無敵ですよね。何でも出来ちゃいますよね。
個人的に、表面上はふざけてるけど内面の脆さがふとした時に垣間見えるキャラてのは好物なので、それが彼でフルシーズン見れるのが今から楽しみです♪

マーティンのカウンセラー役で、「ワイルド・スピード」シリーズのミアが出演してます。彼女、結構ドラマも出てるのね。
[PR]

by norarican | 2016-12-08 23:02 | 【AXN/AXNミステリー】

映画/『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』

c0184546_0582984.jpg

先日、主演のトム・クルーズが来日したと思っていたのに、気付いたら上映時間が限られていて、慌てて駆け込み観賞してきました。

仕事繋がりで連絡を取り合っていたターナー少佐のオフィスを訪ねたら、彼女は数日前に反逆罪で逮捕されていた…から始まり、ジャックも不当に身柄を拘束されたけど、ジャックの手引きで2人とも脱走。
さらに、ジャックの娘かも?な少女の存在が明らかになり、やがて民間軍事企業が絡んだアフガニスタンでの武器横流し疑惑に発展。
ジャックとターナー少佐、そしてジャックの娘かもしれない少女はプロの殺し屋と軍の内部調査部に追われながら、身の潔白を証明するため、アフガンでの真相解明に奔走する…なお話。

※ネタバレ含みます!ご注意!!

淡々とした印象の前作よりも話の流れやアクションのテンポが良くて、相棒と守る存在がいたことで面白くなっていたと思います。事情を知らない少女の存在が危なっかしくてハラハラしたり、真相に辿り着けるのか?なドキドキもあって、トムさんが出演するアクション映画はこうでないと!みたいな。

トムさんの存在感が強過ぎて、いまいちジャック・リーチャーのキャラクターが掴めずにいますが、タフな女性と生意気盛りの少女の2人に揉まれてるトムさんはなかなか面白かったです。女性2人とトムさんて組み合わせって、なかなか珍しいよね?

あと、お茶目なとこもあるけどスゴイんです、なのが良かった。ハードボイルド過ぎないのが個人的には見やすくて良かったけど、原作ありきの作品なのでそれが良いのか悪いのかは分かりません(^^;)。武器やハイテク機器を所持していないのに、めっぽう強いてのがまたカッコイイ。

今回、相棒となる少佐が「アベンジャーズ」のマリア・ヒル。他にもドラマでよく見る方々が出演していたのも楽しかった。
覚えてる限りだと…。彼女の上司がドラマでよく見る俳優さんで、ワタシ的には、「CSI:マイアミ」のカリーの元カレ。少佐の部下でジャック達を追う軍人が「レバレッジ」のハーディソン。敵のボスが「プリブレ」のティーバックでした。

ジャック・リーチャーのキャラが確立されていないような気がしないでもないですが、ご本人がシリーズ化に意欲を見せているそうなので、次もあるのかも?
個人的には、黙々と1人で行動するよりも誰かしら相棒がいる方がトムさんの凄さと魅力を実感できると思っているので、続編作るなら相棒必須でお願いします。
[PR]

by norarican | 2016-12-02 01:07 | 映画