タグ:CHUCK ( 32 ) タグの人気記事

CHUCK/シーズン4 第19話まで視聴済み。

ケイシーの隠密行動が明らかになったところまで視聴しました。

今シーズンは、全21話だと思ってたら、なんと24話まであるんですね。マジ、フルシーズンだった。ひと段落ついて、また問題が持ち上がって、19話のラストでいよいよラスボス登場?!な展開になってました。

ケイシーをヘッドハンティングしたのは、NSAとか別組織だと思ってたけど、CIAの別チームだったんですかね?うっかりモーガンに秘密を知られてしまったケイシーは、硬く口止め。ケイシーとモーガン、娘さんのこともあって、すっかり相棒関係になってますね。ケイシーは苦々しいみたいだけど、なかなか良いコンビだと思います。

※ネタバレしてます!

その頃、サラとチャックは暇を持て余し、チャックは気にしないものの、任務大好きサラは、「私達、将軍に干されてるんじゃない?」と、苛立つ。そんな時、ケイシーの行動を不審に思ったサラは、チャックと共にケイシーを尾行。キャッスル内に自分達が出入り出来ない秘密の部屋があることを知り、やがてケイシーが別チームを結成したことを知る。

そのチームとは、局長(ケイシーをスカウトした女性)を中心に、ケイシーと他男女1名ずつの計4人。そして、チャックはケイシーのチームにいる男女が自分と同じインターセクトであることに気付く。局長は、新インターセクト計画の一環で、チャックパパのPC内にあるインターセクト情報を改良。チャックよりも優秀なインターセクトを作り出そうとしていたのでした。局長てのは、かなり野心家な女性で、チャックやサラのことを生温いと思ってるらしく敵対心むき出し。

サラは、自分達がAチームだと自負してたのに、ケイシーに裏切られたばかりか、自分達こそがBチーム(任務を干されている)と分かりショックを受ける。チャックはひたすら「僕達はチームだ!」とケイシーに訴えかけるも、ケイシー曰く、「自分は必要とされていなかった」で、これはこれでショック。

つづきもネタバレしてます。
[PR]

by norarican | 2013-03-12 23:12 | 【スーパードラマTV】 | Trackback | Comments(0)

CHUCK/シーズン4 第17話まで視聴済み。

冬眠週間に入ってしまったみたいで、寝ても寝ても寝足りない。起きた瞬間から眠い(-ω-;)

さて、「CHUCK」シーズン4ですが、現在17話まで視聴済みです。
c0184546_0571250.jpg
≪彼女がどう転ぶかに今後の展開がかかってる…!?≫

気がつくと溜まる→コツコツ視聴して最新エピに追いつく→息切れする→また溜まるを繰り返してるのですが…。正直なところ、今シーズン長くない?見ても見てもシーズンファイナルにならないんだけど(笑)。
これまで少しずつエピ数が増えて、今シーズンは全21話。ネットワーク局のフルシーズンかっていう。今シーズンはエピ数が多くて、ボルコフが敵には変わりないんだけど、あちこちに話が展開して盛りだくさん過ぎて、息切れしちゃうんですよねぇ。もちろん全エピ面白いんだけど、「今度はこの展開かー」と次から次へと騒動が持ち上がって、まとめ見してるワタシとしては、一難去ったら集中力が途切れてそのままズルズル…てのがパターン化してます(^^;)。

そんなわけで、だいぶ時間かけて視聴してるので、色々とうろ覚えですが、記憶に残っている限り大筋の流れを書いておきます。

チャックママの登場で、ママは絶対家族を裏切らない!と信じつつも、ボルコフの二重スパイ疑惑がずっとついて回ってて、ママの思わせ振りな言動に散々振り回されましたが、チャックのインターセクト封印を始めとする一連のことは、やはりすべてチャックを守るためでした。家族の安全を考えてのこと。
で、ボルコフのリーダー・アレクセイはママに恋しちゃったので、ママを寝返らせたということが判明。ママは彼の気持ちを利用して、あれこれ情報を引き出そうとしてるわけです。アレクセイは、恋に盲目になるほどバカではないけど、ママを想う気持ちが若干勝ってる様子。どうやら、パパ・オリオンがママの夫っていうのも知ってて、ママにパパを裏切らせ、オリオンからママを奪った形になってるみたいです。

そのうち、アレクセイにチャックが息子だと明かさなければならない状況になったりで(チャックはCIAエージェントとして1度捕まってる)(なのに、意外とあっさり受け入れられた/笑)、終いにはアレクセイがママの家族と一緒に過ごしたいと言い出して、身重のエリーのことも知られてしまった以上は従わざるを得ず、奇妙な緊張感が流れる中で家族パーティー。
アレクセイは国際的な犯罪組織のリーダーだけどママを愛していて、ママはボルコフに潜入してて表向き裏切者だけどパパや子供達を愛していて、チャックはママの息子だけどCIAエージェントで、サラはCIAエージェントだけどチャックの恋人で、の中でチャックはデヴォンにだけこっそり打ち明け、何も知らないのは一般人で妊婦のエリーだけという状況でしたが、なんとかやり過ごしてママはアレクセイと去って行きました。

17話までのネタバレまとめ。
[PR]

by norarican | 2013-02-22 01:09 | 【スーパードラマTV】 | Trackback | Comments(0)

CHUCK/シーズン4 第8話まで。

c0184546_2213288.jpg
≪8話のゲストは「ターミネーター サラ・コナー・クロニクルズ」のサマー・グローでした≫

ちょっと気を抜くとすぐ溜まってしまって停滞しているのですが、7~8話を視聴。まとめて語ってます。

※ネタバレありなのでご注意!

チャックママ・メアリーが出て来てから、彼女が潜入してたり二重スパイになってたりするのでとにかく隠し事が多くて、信じては裏切られの繰り返しに若干ややこしさを感じてます(^^;)。まあ、チャックとエリーを大事に想って守ろうとしてることはたしかなんだけど、そのためには子供すらも欺くので、敵だと思ったら味方でした→やっぱ敵でした!と、こうもドンデン返しが続くと、信じることに疲れてくるというか…。ね。もうどっちでもいいじゃん!て気分(笑)。いや、もっと大きな逆転劇のための布石なんでしょうけど。

メアリーが二重スパイでボルコフに寝返ってることが分かり、サラはチャックを守るためにメアリーを拘束…したのが6話。
チャックはサラがメアリーを拘束したこと、そのことを黙っていたこと、エリーとママの再会直前のタイミングだったことなどが重なり、サラに裏切られたと感じケンカに発展してしまう。メアリーの件のモヤモヤに加え、初めてのケンカに戸惑うチャック。

その一方で事の真相を確かめるため、拘束されているメアリーにこっそり接触。メアリーは、チャックに潜入作戦が中止になったのは事実で、正体がバレていたからチャックとエリーを守るために二重スパイになったのだと話す。メアリーの潔白を証明出来るのは、MI:6の連絡員ということで、メアリーが信頼する連絡員と会うことになったチャック。で、登場した連絡員は、エージェントではなく少々くたびれたおっちゃん…だけど、この人たぶん大物ゲストなんだよね。だって、取り得のないくたびれキャラに見せたいようだけど、全然そう見えないもの(笑)。二枚目だし。(後で調べたら「007」4代目ボンドのティモシー・ダルトンでした)。

この連絡員、「おりゃー、ただの連絡員だから何も出来ねぇよ」と言いつつ、チャックと彼を追ってきた敵を偶然でばったばったと倒し、「あらまー、エージェントの講義が役に立ったわー」なんて、やたらトボけたフリしてて怪しい。メアリーの潔白を証明するファイルを入手した際、連絡員は撃たれてしまうんですけども、やけにあっさり終了なのも怪しい。

ネタバレのつづき。
[PR]

by norarican | 2012-12-06 02:37 | 【スーパードラマTV】 | Trackback | Comments(0)

CHUCK/シーズン4 視聴始めてます。

c0184546_0205576.jpg
≪出産前に2人だけで旅行に行くはずが、チャックとサラも同行することに…(Ep4より)≫

S4はとっくに始まってまして、現在6話まで視聴済みです。

※序盤エピまでのネタバレありです。ご注意!

エリーとの約束通りスパイを辞めると決めたチャック。しかし、前シーズンラストで亡きパパからのメッセージを見て、母親・メアリー探しをするため、結局スパイを続けることに。チャックは、エリーに打ち明けようとするのですが、エリーが妊娠したこともありタイミングを逃してしまい言えずじまい。でも、結局バレちゃうんですけどね。

序盤は、エリーに妊娠を機にサラとの将来を意識し始めたチャックと、まだ先のことは考えられないサラとの間で、気持ちのすれ違いが生じたりしていましたが、「ゆっくり関係を進めていきたい」というサラの気持ちを尊重することで落ち着きました。
“僕達の子供”とか言われると顔が曇るサラの気持ちよく分かるわー。だって、サラは根っからのスパイなんだもん。普通の生活(恋愛とか家族とか)したことないんだもん。いつでも危険と背中合わせなんだもん。チャックにはごく自然のことだけど、サラには別世界の話で、いきなり将来語られても戸惑っちゃうよね。

その後、任務で集めた情報から、母親のメアリーがボルコス(だっけか?)という組織に捕まっている捕虜だと思っていたら、実はボルコスの一員=悪人だとチャックが気付いたところで、当のメアリーから接触してきました。

で、第6話。
子供の頃に突然失踪し、長い間探しても居場所が分からず、会うどころか話さえ出来ずにいたのに、母から接触してきたうえにすんなり再会できることに戸惑いつつも、指定の場所でメアリーを待つチャック。少し離れた場所でチャックを監視するサラ。

ところが、サラの存在に気付いたメアリーがサラに銃を突きつけ、サラも銃を抜いてメアリーに向け、息子よりも先に母親と恋人が銃をつき合わせてご対面。慌てて駆けつけたチャックが互いを紹介したのですが…。
ボルコスに潜入中というメアリーに対し、サラはCIAに作戦?計画?の記録が残っていないとメアリーの話を疑問視する。メアリーは潜入時に記録は抹消されたと説明し、その証拠にボルコスの科学者が生物兵器を完成させバイヤーに売るという情報をリークするため、危険を冒してチャックに会いに来たと言う。
チャックは母親と離れていた間のことを話そうとするも、「知ってしまうとチャック達が危険だから、聞きたくない」と拒否され軽くショックを受ける。チャックも言ってたけど、メアリーは家族の一員である前にスパイなんだよね。ちなみに、メアリーはチャックがインターセクトなのは知ってるみたいです。

このエピは一応、ハロウィンエピってことになるのかな…?生物兵器っていうのが、人が恐怖を感じるもの(モンスターなど)の幻覚を見せて混乱させるというものだったし、バイ・モアでハロウィンに向けて盛り上げようと、おバカ3人組があれこれ準備してました。で、彼らが準備したおバカ映像がチャックを救うことになるんですけどね。いかにもこのドラマらしい。

6話のネタバレつづきます。
[PR]

by norarican | 2012-11-15 23:56 | 【スーパードラマTV】 | Trackback | Comments(2)

CHUCK/シーズン3 シーズンファイナル(19話)。

c0184546_2321730.jpg
≪もうこの光景は二度と見れないんだね…(´Д⊂グスン≫

S3のシーズンファイナルとなる19話。
エリーは子供の頃のことを思い出していた。大切なママのアクセサリーを壊し、わざとじゃないと言い訳するチャックを叱った際、パパから「エリーはお姉ちゃんなんだから、どんなことがあってもチャックを守ってあげるんだよ」と言われる。その言葉をかみしめ、チャックの救出に向かうエリー。

その頃、ショウは収容先に向かう途中で車を止め、脱走に見せかけて殺そうと3人の拘束を解いていた。そこまで憎しみが募っているのかショウ。

一方、チャック達を移送する車を見つけたモーガンとデヴォンは、エリーが到着するのを待っていた。自分達に出来ることは何かと考えていると、彼らの乗っている車はケイシーの車であることを思い出し、試しにいじってみたら、うっかり何かのスイッチを押してしまい、移送車目掛けてミサイルが発射される。ボンドカーか。
おかげでショウは吹っ飛び気絶。その隙にチャック達を救出し、策を練る。拘束されている将軍と連絡を取り、あるサミットが開催され、そこに各機関や組織に潜り込んでいるリングのTOP5が集結することを知る。

ショウとリングを倒すためチャック、サラ、ケイシー、モーガンの4人はスパイの集まるサミットに潜入する。

結末ネタバレありますよ!
[PR]

by norarican | 2012-10-30 23:01 | 【スーパードラマTV】 | Trackback | Comments(0)

CHUCK/シーズン3 第18話。

ようやく最新エピに追いついたので、週いち放送を楽しみに待つ状況になりました♪
で、今更なのはいつものことですが、S3ファイナルのネタバレ語りしておきます。

18話と19話は続きで、19話がシーズンファイナル。いやもうね、ショウがね…。まさかこんな悪者になるなんて…。思いもしなかったわー。気に入っていたキャラ(中の人含め)だっただけに、ただただ「ああ、勿体無い」という気持ちが溢れてきました。
チャック側からしたら憎むべき相手なんだけども。あのことに関しては許せないんだけども。憎めないんだよなー。美形だからかなー。
c0184546_0353548.jpg

まず18話から。
ここまでの間に水面下で着々と準備が進められていて、ついに実行される時が来た!で、事態は急展開。エリーが知らずに軟禁されていたのをきっかけに、ショウにハメられてチャックやサラ、ケイシー、さらには将軍までもが追い込まれて、超ハラハラしたっつーの!!

で、エリーが軟禁された施設は、てっきりCIAを装ったリングの施設だと思ったら、本物のCIAだったのね。てことは、CIAにはショウ以外にもリングのメンバーが潜入してるってことだよね…?大丈夫か、CIA。
チャック達もそのつもりで不法侵入したけど途中で政府の施設だと気付いて、事情説明しようとしたら死んだと思っていたショウが現れ、パリでの出来事を上手く摩り替えてチャックが自分を攻撃したことにして、チャック=インターセクトの性能を問題視するよう仕向け、バトウスキー計画の存在そのものが危ぶまれる事態に発展。
ショウの巧みな誘導つーか話術?が実に見事で、優秀なトップエージェントだから彼の言うことは誰も疑わないし、自分の存在価値を充分に利用してるとこがさすがだなーて。だからこそ、リングが目をつけたんだと思いますが。て、感心してる場合じゃないんですけど(^^;)。

ショウはチャック達や計画の一部始終を知ってるから有利だし、どんなに反論しても戯言にしか聞こえなくて(ショウの話が筋が通ってるから)、ヤキモキしっぱなしでした。トップエージェントと、ついこの間まで民間人だった新米エージェントの発言力の差が違い過ぎてもどかしさいっぱい。
決定的だったのは、計画の是非を問う聴聞会みたいな場所で、ショウが自分と同様にデータが蘇っている様子を見たチャックが、ショウはリングのスパイでリング版インターセクトをDLしたことを証明しようと攻撃したけど、ショウはかわさず負傷してしまったこと。完全にチャックが暴走して、エージェントを攻撃した図の出来上がり。チャックは体が勝手に反応すると思ったのに、ショウは大衆の面前でみすみすバレるような行動なんてしないと。どこまでも優秀です。

完全なネタバレあり。
[PR]

by norarican | 2012-10-27 00:19 | 【スーパードラマTV】 | Trackback | Comments(0)

CHUCK/シーズン3 第17話。

この3日間、なんだかものすごくたくさんの用事を片づけた感がします。あー、これから平日が始まるだなんてウソ…。

さて、最新シーズンのS4はとっくに始まってますが、17話の簡単あらすじ&視聴感想。勿論ネタバレです。

男に頼まれたエリーは家族だけの秘密の方法でパパに連絡を取り(新聞広告に暗号文掲載)、エリーからのメッセージを見たパパは子供達に会いに来てしまう。ということで、シーズン恒例(?)のパパ再登場。

パパと再会したチャックは、インターセクト2をDLしたことやスパイになったことを隠してしまう。パパはチャックがCIAと関わることに反対で、チャックのために命がけで前インターセクトを消去してくれたのに、言えるわけないよ!だからなんですが、隠し事は不信感を生むからやめておけとあれほど…。

エリーの方は、何も知らなければ聞かれても答えられない、だから安全、ていう考えなんでしょうけど、こっちはエリーがまんまと騙されてパパとの連絡方法とかペラペラしゃべってるの見てると、ヤキモキしちゃってしょうがない。何も知らないから別の誰かに簡単に騙されちゃうてこともあるんだよ。

そしてとうとう、父親を保護するという男に、エリーは協力してしまう。ケイシーを敵だと思い込まされているので、電波妨害装置とか部屋に置いちゃうんだよね。

インターセクト2やスパイになったことは、結局パパにバレて、チャックの身に危険があることを知ったパパは、インターセクトを制御するための装置を開発。リングに居場所を知られてしまったものの、サラ達が助けに来てくれて解決。パパは、チャックのために完成を目指すのでした。

しかし、エリーはリングに連れ去られてしまい軟禁されてしまい(エリーは気付いてない)、見覚えのある白い部屋でデータをDLする男のIDがショウだったところで終了。やっぱりショウは生きてた?!ていうか、リング版インターセクトは欠陥があるんじゃなかったのかい?DLして大丈夫なの??
[PR]

by norarican | 2012-10-08 00:42 | 【スーパードラマTV】 | Trackback | Comments(0)

CHUCK/シーズン3 第14~16話。

続けて視聴済みの16話まで語ります。

#14では、パリを出たチャックとサラは、今まで抑え込んでいた鬱憤を晴らすかのように、列車の中で濃厚で甘い時を過ごす。チャックは、プラハの再現をしようと言い、サラも同意。再び巡ってきた2人のターニングポイント。2人はスパイを辞めて逃避行することを決意するのでした。(将軍に知られたら別れさせられちゃうから)

ところが、サラは染み込んだスパイ体質が抜けず、またチャックも勝手にデータも蘇ってしまい、列車内で偶然見かけたテロリストに反応。それぞれこっそり内偵するもお互い勘付いて、それならばと、2人は列車のテロリストを捕まえて、それを最後の任務にしようとする。

スパイ引退→逃避行を決めて、意気揚々のチャックとサラでしたが、その後ケイシーとモーガンが乱入したりピンチになったりで、結局悪者を捕まえることをやめられず、2人は前言撤回。将軍に正直に話して、付き合いもスパイも続けることを認めてもらうことにしました。

#15は、チャックとサラはスパイ同士の恋愛について先輩から学んだり、同居するかしないで意見が合わなかったりですが、2人の気持ちが通じ合っている今はヤキモキせずに見れます。むしろ、微笑ましい。
モーガンはケイシーとスパイ訓練。チャックが構ってくれなくなった2人のコンビがなかなか面白い。

と、比較的穏やかなエピが続く中、1人何も知らされていないエリーにじわじわと黒い影が忍び寄っていました。

エリーは念願だった大学の研究員に合格したものの、バトウスキー計画のみなさんから距離を置きたい(エリーを守りたい)デヴォンに国境なき医師団に誘われ、夢か夫かで迷い周りに相談したりでしたが、結局デヴォンと一緒にアフリカへ行くことになりました。研究員はずっと夢だったけど、これからはデヴォンと一緒にいることが私には大事、みたいなことらしい。

デヴォンと共に国境なき医師団で仕事をこなすエリーでしたが、言葉も通じず満足な治療道具もなく、過酷で不慣れな環境の中でくじけそうになっていました。デヴォンほどの熱い情熱がないのも一因のよう。そんな時、医師団の男性に励まされ、少し元気を取り戻したエリー。

16話はこちらで。
[PR]

by norarican | 2012-10-04 23:02 | 【スーパードラマTV】 | Trackback | Comments(0)

CHUCK/シーズン3 第13話。

13話は大きな転機のエピでした。記憶が薄れて始めてきてるので、ちょっとうろ覚えですが、大事なとこは残ってるはずです。

12話でショウとDCへ行ってしまうサラに愛の告白をし、一緒に逃げようと告げたチャック。サラはチャックのキスを受け入れたものの、心は既に決まっていたようでショウとDCへ行くかと思われましたが…。
ケイシーからレッド・テストの真相を聞き、サラは心変わりした様子だったのですが、ショウが現れサラを連れ去ってしまう。
その頃、サラを待つチャックの元へ将軍からの呼び出し。キャッスルで、リングの施設で発見された映像を復元したところ、レッド・テストの標的だった二重スパイが盗み出した物は、サラのレッド・テストの映像だったことが判明。そして、チャックと将軍はその標的がショウの妻だったことを知る。

で、本題の13話。
サラと連絡が取れなくなり、ショウと一緒ならサラが危ないと彼女の身を案じるチャック。サラを見つけ出すためにケイシーに協力を求めるが、「私は一般人なのだから」と断られ、代わりに応援部隊を紹介される。

その頃サラはショウと共にリングの本部だという場所に潜入。そして、施設の中でショウが見た映像を見せられ、レッド・テストで殺した女性がショウの妻だったことを知る。
動揺するサラにショウは、「リングが仕組んだことで君は利用されただけ。君は悪くない」と慰める。その様子を部隊と共に目撃するチャック。チャックの心配は無用なもので、救出作戦は無駄に終わったのでした。

将軍によると、サラのレッド・テストの指示は上司のみが知るところだけど、死亡しているので分からないとのこと。CIAが優秀なエージェントの妻殺しを指示する理由が分からないみたいなこといってたけど、ショウの妻もエージェントなので、もしかしたらそこら辺に理由があるとか?もしくはリングの策略とか?(有能なショウを寝返らせるためetc)。今後、詳細が明らかになるのかな…?

ショウとサラの間にわだかまりがあるだろうとの理由で、将軍はチーム解散させると言うがショウはこれを拒否。予定通りショウとサラはリング作戦を指揮するためDCへ行くことに。しかし、チャックは救出作戦の失態を咎められ、居残りを命じられてしまう。
サラと離れ離れになることを悲観して荒れるチャックだったが、サラがやって来てケイシーから真相を聞いたと言い、「私も初めて会った時、恋におちた」「今でも私のチャック」などと言って、はれて2人は相思相愛に。
ここ、ようやく2人が自分に正直になって相手に愛を告げて、想いが成就する感動的場面なんだろうけど…。感動するどころか、「えー(笑)」て思ってしまった(笑)。
サラの中で、チャックへの気持ちとショウへの気持ちは別物だったんだろうと思うし、チャックが人を殺したかどうかは大きな境界線だったんだろうけど…。なんだろ、この消化しきれない気持ち(笑)。まあ、チャックがそれでいいって言うなら、いいですけどね。2人が幸せならそれでいいけどね。

一方、ショウは妻を殺したのがサラだと分かった後もプロに徹しているのかと思ったら…。

ネタバレつづきます。
[PR]

by norarican | 2012-10-02 23:56 | 【スーパードラマTV】 | Trackback | Comments(0)

CHUCK/シーズン3 第12話まで。

ここ数日、ネットなのかPCなのか分かりませんが調子が悪くて、ブログが表示出来ませんでした。今日は一応難なく表示されたけど、ログインすると展開が遅い…。何が原因なんじゃろか。むーん。

では、ドラマの話。
前半手前あたりで視聴が中断してしまっていたのですが、来月から新シーズンが始まるということで、空いた時間にコツコツ視聴してまして。現在、ようやく終盤あたりまできたところです。
12話までの話をざっくりまとめて。もちろんネタバレで。

ものすごい余談ですが、ザッカリーさん初来日後に「マイティー・ソー」続編の出演が正式に決定したというニュースがあり、ご本人ツイッターに金髪画像がアップされているとつい最近聞いて見てみました。
口ひげと髪が金色(メッシュっぽい?)のザッカリーさん。すげぇカッコイイの。ファンドラル役のためなのかは不明ですが(画像のみ見たので)、金髪だと雰囲気変わるし、タッパもあるし、ソーやロキと並んでも引けをとらないんじゃないかしら…と想像したら期待が膨らんで、続編がますます楽しみになりました。
撮影が順調に進めば、後々画像など小出しに公開されそうですよね。チェックしとこ。


さて、本題。
スパイになったチャックは、新しいカノジョのハンナと仲良く過ごし、サラは彼女に恋するショウと共に任務につくことが多くなり、自然と良い雰囲気に。ところが、ショウの命を狙う暗殺者(ショウはリングに狙われてる)に成りすましたチャックは、サラがショウだけに本名を打ち明けるのを聞いてしまい、ショックを受けると同時に自分の本当の気持ちに気付く。サラへの気持ちを再確認したチャックは、苦悩の末ハンナに別れを告げるが、サラの気持ちはショウに傾いていた…?

つーか、サラも本当はチャックが好きなのにショウと付き合おうとしてて、ショウもチャックとサラの気持ちを知ってるのに気にしないみたいな感じで、それでいいのか…?と、どうもこの2人がくっつくのがしっくりこない。こんなに美男美女なのに歓迎できない(笑)。まあ、でもショウも亡き妻を忘れられず復讐のためリングを追ってるわけだし、お互いプロに徹して割り切った大人の関係ということなんですかねぇ?

ショウてのは、仕事も完璧ならば人間も完璧で、チャックは恋のライバルだけど、仲間として認めてるし、チャックの長所も理解してくれてる。上手く仕事した時はちゃんと褒めてもくれる。カッコイイし、時々可愛い。あまりにも完璧過ぎて、彼の魅力がイマイチ分からないワタシ(笑)。←ヘタレキャラ好き。

サラへの気持ちを押し隠していたチャックは、感情が邪魔になってインターセクト2が作動せず、任務につけずにいましたが、自分の気持ちを認めたことでインターセクト2が使えるようになりまして。サラに改めてアタックをする一方でスパイ訓練を受けるチャック。

その間、ケイシーはかつての上官(今はリング側)に命令されCIAの情報を盗み出したことが発覚。しかし、上官と決別し情報はリングに渡らずに済みましたが、組織を解雇される。BUY MORE勤務の一般人になり、「一般人だから」と大好きな武器もスパイ道具その他もすべて回収されてしまいました。
ここでケイシーの秘密が明かされ、ジョン・ケイシーてのは実は偽名で、本名の彼は死んだことになってるらしいです。ケイシーには結婚を約束した女性がいて、その女性には年頃の娘が。おそらくケイシーとの間の子なんでしょうが、女性の中の自分は死んでいるからと身分を明かさず立ち去るのでした。

そして、チャックがいよいよスパイの最終試験を受けることに。これに合格すれば正式にスパイとして認められると張り切るチャック。課題はCIAとリングの二重スパイを見つけ出すこと。インターセクト装備のチャックには簡単なことのように思えたのですが…。実はこの試験にはスパイになるための大きな試練があったのでした。その試練とは……。

ネタバレまとめ続き。
[PR]

by norarican | 2012-09-27 23:35 | 【スーパードラマTV】 | Trackback | Comments(0)