スーパーナチュラル/シーズン5 第7話。

とりあえずエピ10までレンタル出来ました。シリアス展開前後に息抜きエピがあるのがすぱなちゅらしくていいですね。ちょうどそんな時期だったみたいで面白エピ続きでした。

おいおい語っていきますが、まずはエピ7「危険なゲーム」から。

若い男性が突然老衰で死亡した事件を調査。調べていくと亡くなった男性はあちこちのBarに出没する男とポーカーをしていたことが分かる。そのポーカーで掛けるのは金銭ではなく自分の年齢25歳分で勝てば25歳若返り負ければ25歳年を取るというものだった。
今回のターゲットが字幕では“男魔女”となってましたけど、実際はなんていうのが正解なんでしょうね?魔法使い?でもなんか可愛いイメージだから呪術師?

ポーカーのことを知ったボビーは兄弟に内緒で男と勝負するも見事に負けてしまい25歳年を奪われてしまう。ボビーはシーズン最初に戦いで傷を負い、車椅子生活となってしまいハンターを続けることが困難になってました。それでも仲間からも信頼があり情報にも長けているので、ハンター仲間や兄弟から頼られ手助けしていたのですが、本人は狩りに出ることも出来ず生きる気力を失っていたようです。
それを知ったディーンがボビーの年を取り戻すべくポーカー勝負を挑むのですが…。



※ネタバレあるので気をつけて。

ボビーの年齢を取り戻すことは出来ましたが、自分の年は奪われてしまい、調査に出ていたサムが宿に戻った時にはすっかりディーンじいちゃんになってました。てか、ディーン別人だよね…?他の人は特殊メイクかCGなのにディーンが明らかに別人なんですけど(笑)やっぱ動き回るし体格とかは誤魔化せないからかな?

そんなわけで、この回はしばらくジェンさんお休みです。ディーンが25歳も年を取ってしまったというのにボビーもサムも比較的楽観視してるように見えるのは気のせいでしょうか?ディーンのピンチで、「いや、もっと焦った方がいいって!これ、かなりヤバイって!」て思うのにサムがやけにお気楽に構えてる感がたまにあるんですけど、ワタシの気のせいですか?

その後、術を解けばいいんだよ的な発想でポーカーのチップに目をつけ盗みに行くんですが、ディーンじいちゃんがすぐ息切れしちゃったりで結構足手まとい(笑)しかも、チップ関係ないし。
結局、男魔女と一緒にいた女性が訳あってディーン達に術を解く呪文をこっそり教えてくれて、サムがポーカー勝負に挑んでる間に呪文を実行。呪文は失敗に終わりましたが、ボビーとディーンに「お前には無理!」て言われていたサムが男魔女の心理攻撃に負けず勝負に勝ちディーンは無事に元に戻りました。ついさっきまで死にかけてたのに元に戻った途端嬉しそうに小躍りするディーンがなんとかも可愛らしかったです。

ラストでディーンが生きる意味を見失っていたボビーに、自分達兄弟にとってどんなに大切で貴重な存在なのかを訴え、無茶しないでくれみたいなことを言ってて、うっかりこっちも泣きそうになりました。ディーンの気持ちもボビーの気持ちも痛いほど分かるから。ホント、兄弟にとってボビーは大事な家族であり良き師匠であるわけだし、ボビーにとっても兄弟は本当の息子のような存在だと思うんだよね!ディーンがあんなに素直になれる存在って他にないと思うよ。

あ、そうそう。勝負を終えて出てくるサムがやけに股間をもぞもぞしてると思ったら、呪文が失敗した際、男魔女に罰として性病(ヘルペス)にかけられてしまったようです(笑)

男魔女は退治されなかったのですが、彼は一緒にいた女性と永遠に生きるために年齢をかけたポーカー勝負をしていたってことなんですよね…?勝ち取った年齢を女性に与えていたんだな…て理解したんですけど…。最後はその女性が彼と永遠を生きるよりも家族を選んだことで解決ってことなのかな。
[PR]

by norarican | 2010-10-05 23:57 | スーパーナチュラル