スーパーナチュラル/シーズン5 第15話。

今日、家電量販店ですぱなちゅS1のブルーレイBOXを見たんですけど、裏表紙の兄弟が超可愛いんですけど…!!何、あの幼いディーンは!!!兄ちゃんなのに弟より幼く見えて激可愛くて、もうその裏表紙だけでBD買っちゃおうかな…とか思い始めてます。マジ、そこが店内でなかったら人がいなかったら「ぎゃぼー!!!!!!」て絶叫してるところだった。

エピ15「蘇る死者たち」
死者が墓から蘇り自分を殺した人物に復讐した事件を調査。
事件が起きた場所はボビーの顔馴染みの土地で、ボビーはこの件に兄弟が関わるのを避けたがってる様子なんですね。地元の保安官も目の前に死んだはずの人がいるのに「だから何?」て兄弟逮捕するし。いやいやいやいや、目の前の人物、死人だぜ?でもスルー。



※ネタバレ注意。

どうも様子がおかしいと思ったら、実は保安官の幼い息子やボビーの奥さんも戻って来ていた、と。だから、兄弟を遠ざけようとしてたんですね。2人が知ったら退治されてしまうから。
でも、死人が生き返るのは自然の摂理に反したことで、何か裏がなければあり得ないわけですよ。ボビーも分かってるはずなのに、ボビーは奥さんを殺してしまった罪悪感とその彼女が戻って来た幸福感(それがたとえ幻でも)で現実を受け入れようとせず、兄弟は目を覚ますよう懸命に説得するけど頑なに拒否。待ち受けているのはもっと悲しい現実なのに、今はそれでもいいと。

たしかに死人とはいえ、顔が多少青白いだけで生前となんら変わりなく戻ってきたら、現実に目をそむけて自分を無理矢理納得させようとする気持ちも分からなくもない。特にボビーは過去に悪魔にとりつかれてたとはいえ、自分の手で奥さん殺してしまったしね。そのことを今までずっと深く後悔して罪悪感を抱いていたから…。

そうこうするうちに、蘇った死人に変化が現れ、次々と家族を襲い始め、やがてその変化はボビーの奥さんにも訪れる。変化に気付いた彼女は自分が完全に変化してしまう前に殺して欲しいとボビーに頼みます。当然ボビーは拒むのですが、奥さんから死者を蘇らせた“死の天使”(だったかな?)の伝言を聞き、泣く泣く再び奥さんを手に掛けるのです。2度も愛する奥さんを殺さなければならなかったボビー。相当つらかったでしょう。

そして兄弟はボビーから、この土地で死者が蘇ったのは、サムがルシファーを受け入れない理由のひとつが
ホビーだからだと聞かされます。要するに承諾を拒否する要因をひとつずつ排除して行こうとしていたわけですね。
それならボビーを直接狙えばいいものを、こんな人の最も痛いところを抉るような残酷なやり方、酷すぎる。ルシファーらしいと言うべきなのか。ホントに酷い。

今回のエピで「ペットセメタリー」を思い出しました。
[PR]

by norarican | 2010-10-23 00:56 | スーパーナチュラル