CSI:NY/シーズン7 もう21話。

普段、エピ数をあまり気に留めず見ているので、複数エピにまたがる話が出てくると、「あー、そろそろシーズンファイナルかー」と風物詩気分(例外あり)。
今回もマックの制服警官時代のパートナーと当時逮捕した犯人が登場して、シーズンの終わりに気付きました。22話なんて、あっという間だなー(´・ω・`)…て、正確にはあと1話残ってるのですが。

ダニーやフラックがクリフハンガーの主人公になるとハラハラしちゃって心臓持たないくらいなのに、マックだと妙にワクワクして気分が高揚するのは、これいかに。どんだけマックが好きなのかと。

では、まず1つ手前のエピから。
マックがフラックとダイナーで仲良く食事中、地図を片手に道を尋ねてきた隣の男に財布を盗まれる。すぐに気付いて男を追うが既に姿はなかった。ところが、ラボに戻ると当の男がジョーと共にマックのオフィスに。
男を案内したジョーによると、マックの財布を届けに来たという。マックは男が17年前パトロール警官だった時に逮捕したレイモンド・ハリスで、当時不当逮捕を訴えていたことを思い出す。
ハリスが接触してきた目的を探るため、マックは当時のパートナーだったハントを呼び出す。

ハリスはマックだけでなくハントの後をつけたりしていたが、逆にボコボコに叩きのめされてしまう。どうやらハントという人は、昔から手荒い事をするタイプの警官で、今のマックはハントのやり方を嫌悪している様子でした。
ハントは元パートナーで指導教官でもあったみたいなので、最初こそは敬意を払ってるんですけど、ハリスを叩きのめしたことが判明した後は、かなり厳しい態度に。規則や法を重んじるマックらしい。

ハリスはヒゲがないので最初分からなかったけど、「処刑人2」のロメオですね。やっぱヒゲがないと若いなー(笑)。

そして21話の「17年目の真実」。邦題の真実とは何か。マックが解き明かしていきます。



 
マックのメールで呼び出されたというハントがオフィスに現れる。しかし、マックには身に覚えがない。すると、突然ラボに大量の銃弾が撃ち込まれ、数名のスタッフとハントが負傷する。

ハントがハリスをボコった話を聞き、マックはハリスを無駄に刺激したと怒りを露わにする。ハントのせいで自分の大事な部下やスタッフ、ラボが襲われたんだもん。マックの怒りも当然ですよね。

オフィス襲撃はハリスの報復と考え、現場検証を開始。ラボ襲撃に使用された銃から出た証拠を元に、マックとダニーはハリスが逮捕前に住んでいたアパートへ捜索に向かう。部屋の中にいた人物が発砲してきたため応戦。しかし、中にいたのはハリスではなく現在の部屋の住人だった。

別人を射殺したことで内部調査の聴取が行われるが、マック達に手落ちはない。現住人も後ろ暗い人物で、警察が来て慌てたものとみられる。
CSIに出て来る内部調査は天敵だし、内部調査官がマックにハリスに対して個人的感情がある云々言ってたので、ちょっとハラハラしましたが、このエピ内では特に問題は起きませんでした。ホッ。

アパートの部屋を捜索すると、カーペットの下に血痕を発見。DNA検査で女性のものと判明する。

一方、逮捕当時ハリスのボスだった人物の遺体が発見され、拷問の末殺されていた。遺体そばに落ちていたロザリオのDNAがアパート床の血痕と一致。持ち主はハリスと婚姻申請をしていた女性であることが分かる。
しかし、ハリスが逮捕された後、何者かに殺害され、事件は未解決となっていた。

ハリスの執拗さが気になっていたマックは、ハリスの根深い恨みの原因を探ろうとする。当時の記録を見直していると、押収されたカバン(現金入り)に付着している血痕に目が止まる。
血痕の形状に違和感を持ったマックはジョーと共に検証した結果、血痕が飛んだ時はカバンには札束が満杯に入ってはずだった。しかし、記録に残っているのは、その約半分。

押収時の様子を思い起こし、マックはハントがカバンの札束を盗んだと推測。そして、押収額を知ったボスがハリスが盗んだものと思い、ハリスの恋人に金のありかを吐かせようとして殺害したのではないか?ボスは恋人の復讐で殺され、ハリスは金を盗んだのはハントとマックで、恋人の死に責任があると思っていると推測。

ところが、アパート床に残っていた凹みから、ハントの指輪の跡が発見され、恋人の殺害犯をハントと断定する。
ハントはカバンから盗んだ金をハリスの部屋に隠しておき、取りに行った際ハリスの恋人とハチ合わせし、発覚を恐れハリスの恋人を殴り殺したのでした。なんてヒドイことを…。典型的な悪徳警官。マックが嫌悪というか軽蔑するのも納得だな。

犯行を自供したハントを署に連行するマックだったが、その途中ハリスに襲われてしまう。うん、マックが車運転してる時点でなんとなく気付いてたー。来ると思ってたー。

ハリスは恋人の死の真相を知った後、マックの説得も空しく、わざと銃を向け射殺されました。これが17年目の真実というか決着、ですね。

自分の逮捕や服役に対してではなく、恋人の死の恨みてことは、やっぱハリスは犯罪者で逮捕は妥当だったってことでいいのかな…?内部調査官に聴取されていたのは、ハリスがマックを陥れようとしていたってことでいいのかしら…?

あとね、気になってるのは、ホークス。カノジョに誘われてハッパ?吸ったら、翌日抜き打ち検査あったけど、あれは無事クリアしたことになったんだろうか…?
ホークス、マジメなくせに意外と私生活ではダメ人間なのよねー(^^;)。どんな理由があってもマックの部下だったら絶対手出しちゃいけないと思うの。気持ちは理解してくれても、マックは絶対に許さないと思うの。あのカノジョ、“悪女”だと思うわー。ホークス、カノジョ(の体?)にメロメロみたいだよね~。

さあ、次はシーズンフィナーレです…!ホント早いなー。アメリカではシーズン継続が決定しているので、ひとまずシーズン9までは確実。
[PR]

by norarican | 2012-05-31 22:40 | CSI:NY