<   2012年 02月 ( 26 )   > この月の画像一覧

ウェアハウス13/シーズン2 始まりました!

やって来ましたシーズン2!マクファーソンの策略によって倉庫(一部)の爆発に巻き込まれてしまったアーティーがどうなったのか?!無事なのか?!の続きです。

※がっつりネタバレしてるのでご注意!
※※あのね、ワタクシずっと「ニーナ」だと思ってたんですけど、正しくは「リーナ」でした。だって「ニーナ」って聞こえるんだもん!!(空耳ー)。1シーズンフル間違い。全部リーナに変換して読んでください。

クローディアに化け(遺物の指ぬき:身近な人物に変身できる)マクファーソンのブロンズを解凍して逃したニーナは、またブロンズ地区に侵入し、もう1人のブロンズを解凍。マクファーソンに引き渡し(友人て言ってたけど誰?)、再び倉庫の中へ。
ニーナはマクファーソンに「頼んだぞ」みたいなこと言われて戻ったんだけど…。え、みんなのところに戻るの?裏切者なのに??クローディアに嫌疑が向いているとはいえ、すごい神経というか実は相当なつわもの?なんて思っていたのですが…。実はこれにも裏があり…。

一方、アーティーを探していたピートとマイカの前に、イリュージョンのごとくアーティーが現れる。アーティーのポケットには、いつの間にか不死鳥(遺物)が入っていて、それがアーティーを救ってくれたのでした。しかし、不死鳥でアーティーが助かったのだとしたら、代わりの誰かが焼け死ぬことになるはず。それは誰か…。と、突然むせはじめるピート。
まさかピートが?!と一同は騒然とするも、埃でむせただけで、身代わりになったのはフレデリックの運転手。車は炎上しましたが、フレデリックは離れた場所で倒れていて無事でした。

その後、ピート達は監視カメラの映像を検証。ニーナも何食わぬ顔で一緒にいて、マイカと共にマクファーソンの内通者は信じたくはないけど、映像に写っているクローディアだと言い、ピートは絶対に信じないとクローディアを庇う。
肝心のアーティーは明言を避け、病院に運ばれたフレデリックの元へ。そこで、クローディアと兄のジョシュアに気をつけてあげてというフレデリックのメッセージを聞き、ジョシュアが所属しているスイスにある機関へ向かう(クローディアもスイスにいました)。

倉庫に残り調査するよう言われたピートとマイカは、マクファーソンの狙いを探る。すると、もう1人解凍された人物はH.Gウェルズと判明。ウェルズは有名な作家?で、調べると数ヶ月前にロンドンの屋敷で侵入騒ぎがあったが何も盗まれていなかったことが分かり、2人はアーティーの言いつけを破ってロンドンへ。

思い出しながら書いてたらすんげぇ長くなってしまった(^^;)。
[PR]

by norarican | 2012-02-29 00:50 | その他の海外ドラマ

BONES/シーズン6 19話まで視聴済み。

第19話は、スピンオフ「ザ・ファインダー」お披露目エピでした。

日本でも3月から「ザ・ファインダー」が始まるので、珍しく(?)ちょうどいいタイミングになってますね。しかし、どんな物でも探し出す千里眼を持つ男が、なぜ「BONES」のスピンオフになるのか(関連なさそうだったので)疑問だったのですが、それぞれ独立した原作小説だけど、「BONES」に「ファインダー」の主人公が登場しているのだとか。はあ…、なるほど。原作にのっとったってことですかね?それにしても、まったくジャンルが違う“スピンオフ”てのもあるんですね…。

エピソードの中では、スピンオフの主人公ウォルターはブースの軍隊時代の同僚で、ウォルターは息子の出産時に抜け出したブースを捕まえに来たのだそう。ブースは、そのことを今でも根に持っているみたいです。なので、友人でも同僚でもなく、“知人”。
ブースは彼の物探しの能力を知っていて、今回の捜査協力を求め彼を訪ねるのでした。ブースとウォルターに個人的な繋がりがあったわけですね。

能力については、特に詳細は描かれていなかった(と思うの…)ので、それが特殊能力なのか推理力や洞察力によるものなのか。そこら辺がちょっと分からなかったんですよね(^^;)。気付いたらどこかに電話してたり、何かに気付いたりして目当てのものを探し当ててました。

ウォルターはイラク派遣時に脳障害を負った話が何度か出て来て、それが原因ぽい流れだったんですけど、てことは特殊能力なのかな?治療すると無くなるみたいなこと言ってたような。ま、それは本編を見れば分かるでしょう(分からなかったりして^^;)。

ウォルターの仲間は、顧問弁護士(男性)とバーテン(女性)で、メンバー構成やマイアミという場所から、「バーン・ノーティス」を思い出します。
てか、マイアミにはホレイショがいてマイケルがいてデクスターがいて、今度はウォルターが加わるんですね!もう、みんな大集合しちゃえばいいじゃない!(笑)。

ブレナンの所に来たウォルターがアンジェラを妻と紹介するジャックに、「彼女は10評価のうち11で、君はせいぜい7くらいなのに君が彼女の夫だなんて信じられない」て言ってたのにちょっと笑ってしまった。背が高くて胸板厚いウォルターの横に立ってるジャックが、いかにも科学者っぽいもんだから(笑)。
[PR]

by norarican | 2012-02-28 00:47 | 【FOX/FOX CRIME】

4月下旬~6月公開映画/覚え書き。

アカデミー賞、作品賞はやはり「アーティスト」でしたね。主演男優賞も「アーティスト」で、受賞したのはフランス人俳優さんだとか。サイレント映画でフランス映画が受賞したのは快挙だとか。聞こえてくる話から受賞するような予感してたわー。“古き良き時代”的なもの、好きだよねー。「ヒューゴ~」は撮影賞(でしたっけ?)など5部門で受賞。
プレゼンターにヒゲ面のブラッドリー・クーパーが登場したらしいので、レッドカーペットと合わせてみたいなー。

さて、4月以降公開作品をメモしておきます。随時追加予定。

≪4月7日公開≫
■「劇場版 SPEC~天~」 ★
今まで“劇場版”公開されると見に行ってたけど、よくよく考えたら多分レンタルで充分だよね、ていうことに今更ながら気付いた。でも好きシリーズは見に行ってしまう。ケガするってわかってても…。

■「キリング・ショット」 ★
ブルース・ウィリスと「クリマイ/レッドセル」のフォレスト・ウィテカーが出演するっていうので。最近おっさんが活躍するド派手アクション見てないなー。

≪4月13日公開≫
■「バトルシップ」 ★★★
4月公開作で1番楽しみにしてる!ていうか、撮影してる最中から楽しみだったっつーの!いよいよ公開だっつーの!!キーワード:エイリアン、リーアム、エリック(アレクサンダー)、浅野忠信(日本人俳優て意味で)。

■「ジョン・カーター」 ★
アバターなどに影響を与えた…という宣伝文句ですが、予告見た限りではあまり惹かれなかったんですよね…。どうなんだろ?

≪4月14日公開≫
■「名探偵コナン 11人目のストライカー」 ★★★
毎年の恒例行事なので行きます。

■「キリング・フィールズ」 ★★
犯罪多発地帯で起こる事件話。「キックアス」のクロエちゃんが出てるのでチェックしてるけど、たぶん近場では見れなさそうな気配。DVDかなー。

≪4月20日公開≫
■「Black & White/ブラック & ホワイト」 ★★
クリス・パインが出るので気になってたところ、予告編見たらなかなか派手なアクションで面白そうで俄然見たくなりました。
有能なCIAエージェントで親友の2人が1人の女性を巡って恋敵になるアクション・コメディ。共演は「インセプション」のトム・ハーディですって。

≪4月21日公開≫
■「捜査官X」 ★
金城武さん出演の事件もの。初見イメージは「中国版金田一」かなーと。じっちゃんの方ね。陰湿なドロっとした闇暗いものを感じた。

≪5月19日公開≫
■「ダーク・シャドウ」 ★★★
ジョニデさんの白塗りヴァンパイアもの。先日公開されたヴィジュアルにややビックリでしたが、監督がティム・バートンなんだから普通なわけないよね。

■「バッド・ティーチャー」 ★★
キャメロン・ディアス&ジャスティン・ティンバーレイクの恋愛コメディ。たしか1年くらい前に公開された映画だったような…。以前交際していた2人が共演ということで話題にもなりヒットしたのだとか。
キャメロン演じる玉の輿を狙う教師が狙った男性を落とそうと、ものすごい必死のアピール仕掛ける話。水浴びてセクシーアピールしてるキャメロンの映像を見た記憶があるんだけど、たぶんこれだったと思う。

≪5月25日公開≫
■「メン・イン・ブラック3」 ★★
ウィル・スミスと「ボス」CMでお馴染みのトミーリー・ジョーンズがコンビの第3弾。2は、たぶんテレビで見たけど、あんまり覚えてない…。

≪5月26日公開≫
■「ミッドナイト・イン・パリ」 ★
パリを舞台にしたタイムスリップもの。以前、紹介映像見て、ファンタジーなストーリーという印象だったので興味がわき、監督がヴァン・アレンてことで覚えてました。

≪6月8日公開≫
■「幸せへのキセキ」 ★★
マット・デイモン主演の家族再生物語。実話が元になってるらしいです。
愛する妻を失くし落ち込む父親が、家族と出直すために引っ越した先が閉園寸前の動物園付き物件で、素人オーナーに反発する飼育員達と共に動物園を再建し、家族の絆を取り戻す…みたいな話ですよ、たぶん。

≪6月30日公開≫
■「アメイジング・スパイダーマン」 ★★★
キャスト一新でまた新たな気持ちで見れるかなと。スパイダーマン目線の予告編にすごい興奮した。飛んでる!ワタシ飛んでる!

≪6月公開≫
■「スノーホワイト」 ★★★
近場で公開されるみたいなので見に行けそう!「トワイライト」のベラ(の中の人)主演のアクション・ファンタジー。ベラの中の人は、結構ロックな人そうなのでクールな役が似合いそう。
[PR]

by norarican | 2012-02-27 23:41 | 映画

リスナー 心を読む青い瞳/シーズン2 最終話。

シーズンファイナルの13話。

※ネタバレしてますので気をつけて!

前エピラストでオリビアから「このままでは(能力を使い続ければ)確実に死ぬわよ」と言われたトビー。オリビアは決して脅しているわけではなく心配して言っているのですが、トビーは捜査に協力して人を助けることが好きで、人と繋がるためにやっているのだと言い、やはり止めるつもりはないようです。
しかし、頭の中のフラッシュは酷くなる一方で、ミシェルにも心配されたトビーは少し捜査を休むと申し出る。もちろんミシェルは承諾し、自分達だけで事件を解決しようとする。
捜査休止の話をトビーから聞いたオズは、本業に専念できると歓迎。オズも隊長も、最近捜査の方の比重が大きくなってることを心配していたみたいですね。隊長はトビーのキャリアとかも心配してくれているようだし。

ところが、今回の事件に能力者が関わっている疑いがあり、ミシェル達だけでは手に負えず、結局トビーに協力を依頼。
事件というのは、当初自殺と思われた数人が過去に暴走族仲間だったことが分かり、自殺者と接触あるいは自殺現場に同じ女性がいたことから他殺の疑いが出て来たというもの。女性がなんらかの関わりがあると考えたミシェルは事情聴取するが、拘留を引き延ばすはずが釈放してしまう。しかし、なぜ自分が彼女を釈放したのか分からない。そこで、ミシェルは女性は人の心を操っているのではないかと考え、トビーの体を気遣いながらも相談。話を聞いたトビーは女性に会いに行くのですが…。

トビーったら女性とちょっと話した後、その場で突然いちゃつき始めてビックリ(笑)。あれは女性がトビーを操ったんでしょうか?ベッドでのトビーは自分の意思はちゃんと保ってるみたいだったけど…。

結末ネタバレあり。
[PR]

by norarican | 2012-02-26 01:16 | 【FOX/FOX CRIME】

映画/『J・エドガー』

c0184546_103091.jpg惜しくもアカデミー賞ノミネート(主演男優賞)にはなりませんでしたが、ディカプリオさんの演技と描かれている人物に興味があったので見に行ってきました。

まるで伝記を見ているような作品でした。ストーリーが第三者に記録させるという体裁をとっているから、そういう印象になるのも当然かもですが。
日本では馴染みのない人物でしょうから、J・エドガーという人物に興味が持てなければ、ちょっとツライかも…?

個人的には、もっとFBI長官として君臨した人物の光と影みたいなものを想像してたんですけど、実際は1人の人間、1個人としての“J・エドガー”という人物について、可能な限り近づいて描かれていた、描こうとしていたという印象です。でも考えてみれば監督がクリント・イーストウッドですもんね。そういうカラーになるか。

裏の顔は当然色々不都合があるから公にはされていないでしょうし、私生活についても謎の多い人物だったというから、明確には描かず(描くことが出来ない)に、周りから聞こえてくる事や伝えられている話を元にギリギリのところまで描いて、後は見てる側に判断を任せている…というのを感じました。
これを見て、どう思うか、どう考えるかはこちらの自由。そうかもしれないし、そうじゃないかもしれない。ワタシは「そう言われていた人物なんだ」「周りからはそう見られていたのか」と思いながら見ました。
野心家で徹底した差別主義だった反面、生涯そばで仕えてくれる人が2人もいて人望のある人物だったり(でもなぜ2人がそこまで彼に惹かれたのかは謎)。謎が多いということは、複雑というか多面性のある人物だったのではないかなあ…と思ったりです。

ただ、人物描写は良く出来ていると思うのですが、そもそも人物にほとんど馴染みがないので、それ以上でもそれ以下でもなく、という感じでした。
20代~70代までを演じたディカプリオの熱演っぷりは素晴らしいし見応えあると思うのですが、権力に翳りが見えた70代場面が多く、老けメイク姿が予想以上に長かったのが少々残念に思うところです。時間が短ければ違和感感じずにいられたと思うんだよな…。あの特殊メイク、もう少し自然に出来なかったんだろうか。

ケネディ大統領役で「バーン・ノーティス」のジェフリー・ドノヴァンが出てました。当時のヘアスタイルで登場してましたが、クラシカルなヘアスタイルのマイケルが妙に新鮮でした。
[PR]

by norarican | 2012-02-25 01:11 | 映画

FBI失踪者を追え/シーズン7 第12話。

やっぱりなぁー(-ω-;)

サムのところへ来たブライアンは、親権放棄したけどやっぱり子供の人生に関わりたいと言ってきて、サムも子供のために父親が必要と考えているみたいで、少し考えさせて欲しいと前向きに返事。サムはジャックに相談するも口論となってしまう。
ジャックはもうサムの中で答えが出ているのを感じているんですよね。それはサムも感じているはず。だけど、ジャックとヨリを戻す寸前だったから、話さずにはいられないつーか、ジャックに自分の判断が正しいんだって背中を押して欲しかったんだと思うんですよねー。2人が元サヤにおさまってくれるのを望んでいるワタシとしては、「ジャックにあの子の父親は無理」ていうサムの言葉がすごく寂しかったよー。うん、まあ、たしかにその通りなんだけども。

その後、ジャックはサムの決断を尊重すると言い、ブライアンを受け入れるつもりなら自分はサポートすると譲歩。今までの彼にはない発言にサムもビックリ、ワタシもビックリ(笑)。これはすごい進歩だと思いますよ!

ワタシ的には、ジャックとサムが口論してるところに、「お邪魔でした~?」と堂々と入ってきて、ジャックに「お前、タイミング最悪!」と言われても怯むことなく、「ちょっと人を探しているもんでねぇ~」と軽いノリで返すダニーが好きです。ダニーは意外とマーティンよりジャックと仲が良くて、上司と部下でありながら、からかったり、からかわれたり、愚痴ったり愚痴られたりの気さくな間柄なのがいいです。そんな2人の姿もあと少し…。さみしい。
[PR]

by norarican | 2012-02-24 00:47 | FBI 失踪者を追え

4月の放送予定メモ。

3月のガイド誌が届きましたが、4月の放送情報が続々アップされてるので先にまとめておきます。
さすが春!といった具合で、新シーズン目白押しで嬉しい反面、全部見切れるのか自分…と不安な面も。まだ視聴できてないドラマがたくさんあるのに~(ニヤけ顔で)。春までに色々追いつきたい。
どれもワタシにとって目玉ですが、「やっときたよー!」だったのは『ユーリカ』。前シーズンからのブランクを1番長く感じた。

■「CSI:科学捜査班」シーズン11
4月21日(土) PM10:00~
前シーズンラストで因人にめった刺しにされたラングストンは一体どうなったのか。たしかローレンス・フィッシュバーンはこのシーズンで降板でしたっけ。
話は全然違いますが、「リスナー」のミシェルて、「CSI」S9でウォリックの後に新加入したライリーだったのね。髪型が違うと雰囲気もガラリと変わりますね。ライリー、在席期間は短かったけど、なぜかよく覚えてる。忘れっぽいワタシにしては。やっぱ美人だから印象に残ってたのかな。

■「ミディアム」シーズン7(最終章)
4月9日(月) PM11:00~(全13話)
あーうー。いよいよファイナルシーズンだ。番組終了のニュースを聞いた時には、日本は遅れて放送だから、あと2~3年は見れると思っていたのですが…。最後のシーズンがとうとう来てしまいました。てか、エピソードて半分の13話しかないのね(-ω-;)

■「救命医ハンク」シーズン3
4月5日(木) PM11:00~(全16話)
前シーズンのラストでハンクはボリスに解雇されてしまったため父親の恋人の豪邸に間借りし、エヴァンは恋人と海外旅行に、ジルは研修で海外へ行ったのですが、リディアは結局婚約者と結婚したんだろうか?ハンクとボリスの関係は修復するんでしょうか?

※WOWOW放送の上記3作品は3月最初の土日に新シーズン1話先行放送がありまーす♪

■「エグザイル戦慄の絆」
4月14日(土)
WOWOWプレミアで放送されるミステリー(たぶん)。内容は忘れてしまいましたが、この枠で放送される作品は面白いので見てみようと思ってます。

■「バーン・ノーティス」シーズン4(吹替版)
4月4日(水) PM10:00~(全18話)
前シーズンラストの続きが気になってS4の1話だけ字幕版で見て、後はレンタルしようと思っていたのですが、ままならないまま吹替放送が始まるのでこっちで見ます。

■「キャッスル」シーズン3
4月13日(金) PM11:00~(全24話)
ベケットにカレシが出来て2人のラブラブっぷりに、そろそろリサーチ止めると言い出したキャッスルが、新作執筆のために元妻とどこかへ行くことになって元夫婦で仲良く去って行くのを見送ったのが前シーズンのラストでしたっけね。
さて、キャッスルはどんな風に戻ってくるのでしょうか。そして、キャッスルがいない間、ベケットの心に変化はあったのでしょうか。
ところで、ベケットのカレシ(役の人)が先日放送された「L&O:SVU」で卑劣なレイプ犯役で出てて、キャラクターのギャップがあまりに違い過ぎてちょっとビックリ。二枚目で体も鍛えてて女性にモテそうなのに、暴力的な行為でなければ女性とヤレないという役どころ。見た目がいい分、妙に納得できたというか、ハマってた(^^;)。(←キャラ設定にって意味ね)

■「ユーリカ」シーズン4
4月2日(月) PM10:00~
やっと、キター(゜∀゜)ー!のシーズン4。たしかゾーイが外の大学に進学するんでユーリカ出て行くところだったはず。ゾーイ、もう出ないのかな~?

■「トゥルーブラッド」シーズン3 第1 話先行放送
4月22日(日) 23:00~
レギュラー放送は5月だそうです。今シーズンは狼男のアルシード、ミシシッピのヴァンパイア王ラッセルが登場。前シーズン、プロポーズを受ける受けないの幸せなひと時の最中、突然ビルが消えてしまったところで終了。その続きですね。
3巻てどんな話だったっけ…。あー、ビルの元カノで創造主のロレーナが出て来るんだったか。ビル奪還に奮闘するスーキーと、スーキーに協力するエリック、そして新たなスープ・狼男のアルシードの登場で、スーキーもてもてシーズンでしたっけね…?
原作ではエリックとアルシードとの絡みが断然多かったのですがドラマではどうでしょう。
ちなみに本国では6月からシーズン5が放送で、「L&O:SVU」をS12を最後に降板したエリオット(クリストファー・メローニ)が古代ヴァンパイア役で出演すると話題になってました。古代ヴァンパイアて誰…?

■「トゥルーブラッド」シーズン3 特番
4月19日(木) 19:45~
特番が15分ていうのがちょっと寂しいところですが、製作陣やキャストのインタビューなんかもあるようなので一応チェック。新たに登場するキャラクターが紹介されてるといいなー。

■<番外編>
4月のさらに先、5月の話ですが、話題の新作「ALCATRAZ / アルカトラズ」の日本放送日が決定したようです。5月6日(日)よりAXNにて放送開始。題材的にすごく興味があって日本で放送されるのを待ってました!
しかし、「LOST」ぽい雰囲気を感じるので、1話完結じゃなかった場合、視聴を続けられるかどうか…。つづきものって完走したことないんだよねー(^^;)。1シーズンすら続かない。でも一応見ます。
[PR]

by norarican | 2012-02-23 00:46 | 放送スケジュール

CHASE/逃亡者を追え!/シーズン1 15話まで。

14話はなんとも歯切れの悪い結末でした。

※ネタバレしてますので気をつけて。

保安官補が妻を殺して逃走。犯人はシングルマザーを狙っていると思われたが、実は犯人が狙っていたのは母親ではなく娘の方だった。そして、彼には数年前に関係を持った母娘がいた…な話。

アニーが寸前のところまで追いかけたのですが、まんまと逃げられてしまうという結末でビックリ。子供に手を出す卑劣な奴なのに……ぬぐぐぐぐぐ(ー益ー;)。やっぱ捕まえてこその爽快感だと思うんですけどー。こんな幕切れヤダー。絶対捕まえて欲しかったー。え、これどっかに続くの?何かの布石なの??
でも、犯人どっかアジアの国に行ってたよね?てか、なんで出国できた?保安官補だったから知識あるから裏の裏をかいくぐったんだろうか?

この事件の捜査中、何か思うところがありげだったデイジー。ラストに車でどこかの家の前まで行き、車内から音楽を教えているらしい住人(老人男性)をじぃぃぃぃーと睨みつけて酒をあおってました。これはもしや、デイジーの過去に今回の事件と同様のことが…?

そして、チーム内ではアニー救出に関しての内部調査が始まり、上層部らしき人物はルークに父親のことを出しながら真実を話すよう忠告。要は父親と自分のために仲間を売れと。でもルークはジミーの作戦に異議をとなえ反発したものの、仲間を裏切るつもりはないんですよね。たぶんジミーが思ってるより仲間を大切にしてるし、仲間意識強いと思うんだ。だけど、それが行動に繋がってないから(ルール優先とか)ジミーは信用できないんだろうなあ…と。

で、救出時に蚊帳の外だったルークは、内部調査によってますます疎外されてるようで気まずい空気。特にジミー。アニーが無事に戻って来た時に、ジミーがルークに「お前は何もしなかった」と、ぼそっと言ったのがすごい印象に残ってる。それは否定しようのない事実だからね。ルークが悪いわけじゃないけど、デイジーもマルコも心のどこかでそう思ってるはず。

15話もネタバレです。
[PR]

by norarican | 2012-02-22 00:51 | 【AXN/AXNミステリー】

映画な話。

■ワタシ待望のジェレミーさん主演の「ボーン・レガシー」の予告編・日本版が公開されました~。わーい♪ ヤバイ超カッコイイ(〃▽〃)。
ワタシの中でのお気に入りジェレミーさんはイメージギャップの大きさで「MI4」のブラントがダントツですが、クールな役もやっぱ様になってる。
マット・デイモンの「ボーン」シリーズは1作だけ見たような記憶があるけど、遠い昔なので覚えてません…。が、シリーズ一新てことなので何とかイケるんじゃないかな~と思ってるのですが。ま、ワタシの目的は主演やってるジェレミーさんが見れれば満足なんですけど!

映像は公式サイトで見れます。

■マット・デイモン主演の「幸せのキセキ」という家族再生物語の予告で、息子役の子を「どっかで見た!」「あ、「リアル・スティール」のマックスだ!」と思い出してスッキリしてたのですが、ふと正解が頭に浮かんで完全に勘違いだったことに気付きました。正解は、「FIVE-0」で軍関係の仕事してる父親を言いなりにするため人質にとられる息子だったわ。しかも、もう少し小さい時は「すぱなちゅ」の幼少期のサムだったっていう。
子供の成長って早いわー。そしてイケメンに育ったわー。

■「アメージング・スパイダーマン」の予告で、ピーターの幼少期場面に両親が出てくるのですが、父親に見覚えがあり、「誰だったけ?誰だっけー!」ともがいていたのですが、気を緩めた時に「あ、ボリス(救命医ハンク)だ」と思い出しました。

■先日観賞した「ドラゴン・タトゥーの女」で、リスベットを紹介する調査会社の人物が「ER」のルカ(ドクター・コバッチュ)でした。髪の大半が白かったせいか、急激に年取ったように見えてビックリした。え、今いくつよ?
なに、「ER」に出てた人は、しばらく見ないうちに髪が白くなる法則でもあんの?(例/ジョージ・クルーニー)
[PR]

by norarican | 2012-02-21 00:46 | 映画

リスナー 心を読む青い瞳/シーズン2 第12話まで視聴済み。

わー、やっぱりトビーの頭痛にはワケがあったんだー(´ロ`;)

※ネタバレしてます。

頭痛の件はあれ以降出てこなくて、その間トビーとオズが救急要請で駆けつけた先で人質になってしまったり、高圧的な女性検事(実はミシェルの上司といい仲)の裁判の証言(証人)を調べ直したりで、様々な場面での力の使い方や力は万能ではないことを見せてもらいましたが、ここに来て頭痛に加え視覚にフラッシュ現象のようなものも出て来て、読むことにも影響が出始めました。

そこでトビーはオリビアに検査を依頼。その結果、脳に異常は見つからなかったものの、脳の電子活動?とやらが激しく、神経科医によれば脳卒中が起きる前兆なのだとか。能力を長時間使い続け、脳が限界なのだと告げるオリビア。人より脳の活動が盛んだから人より脳が衰退するスピードも早いってことなんですかね。
トビーも自分の不調は充分わかってて、若干不安な様子。オリビアも心配、ワタシも心配。

単純に能力を使わなければいいのでは?と思うのですが…。頼られるとNOと言えないトビーのことだから事件捜査のために使っちゃうんだろうなあ…。人の命が懸かってるとかさー。むぅー。

ところで。ミシェルって、オシャレですよね~。いつも捜査官とは思えないほどファッショナブルで、毎回ファッション雑誌見てるみたいで楽しい。頭ちっちゃくて背が高くて手足の長いモデル体型だから、何でも着こなせてるし似合ってて、素敵だな~と思いながら見てます♪
[PR]

by norarican | 2012-02-20 01:44 | 【FOX/FOX CRIME】